ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「DIGNO C 404KC」最新記事一覧

Google・ドコモ・Y!mobileから――「Nexus 5X」のベストな買い方を探る6つのポイント
Android 6.0世代のリードデバイス「Nexus 5X」の出荷が始まった。日本では3つの販路がある同機だが、どこから買うのがベストなのか。6つのポイントから、考えてみよう。(2015/10/22)

ワイモバイル、タフネススマホ「DIGNO C 404KC」の新色を3月19日に発売
ワイモバイルは、防水・防じん・耐衝撃性能を備えたタフネススマートフォン「DIGNO C 404KC」に新色ホワイトを追加する。(2015/3/12)

Mobile Weekly Top10:
ドコモに聞く「ドコモ光」「ドコモ光パック」の優位性
“複雑”という声が上がる「ドコモ光」「ドコモ光パック」の料金プラン。いったいどんな優位性があるのか? 担当者へのインタビュー記事が注目を集めました。(2015/2/23)

ワイモバイルがスマホ初心者に優しいタフネススマホ「DIGNO C」発売――価格は2万8800円
ワイモバイルは、MIL規格準拠のタフネススマホ「DIGNO C 404KC」を2月27日に発売する。ソフトバンクの「DIGNO U」と同等のスペックで、スマホ初心者でも使いやすいオリジナルUIを用意した。(2015/2/20)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。