ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  9

  • 関連の記事

「920SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「920SH」に関する情報が集まったページです。

株取引に特化した「920SH YK」、SBI証券版アプリのサービスを12月13日で終了
ソフトバンクは、「株ケータイ 920SH YK」に内蔵したSBI証券版アプリのサービスを12月13日に終了する。その他のサービスを使ったモバイルトレードは引き続き利用できる。(2013/10/8)

ソフトバンクのシャープ端末に新着S!メールが表示されない現象──ソフト更新を開始
ソフトバンクモバイルは7月29日、シャープ製端末11機種で、ごくまれに新着S!メール受信操作をしないと新着S!メールが表示されない場合があることを明らかにした。「913SH」「920SH」「816SH」「820SH」「821SH」は、同日ソフトウェア更新を開始している。(2008/7/29)

株取引に特化した「株ケータイ 920SH YK」、3月22日発売
株取引専用アプリを内蔵した「株ケータイ 920SH YK」が3月22日に発売される。3.2インチのワイドVGA画面と横向きディスプレイ機構で携帯によるオンライントレードを快適に利用できる。(2008/3/18)

株取引専用キーを設けた“株ケータイ”――「920SH YK」
「920SH YK」は、株の取引が快適にできるソフトバンクモバイルの“株ケータイ”。株取引メニューを呼び出す専用キーや、フルワイドVGAディスプレイの搭載することで、アクセスのしやすさや一覧性に配慮した。(2008/1/28)

携帯販売ランキング(11月19日〜11月25日):
携帯冬商戦は、古い「0円」端末で戦うのか──各社異なる「新販売方式」の戦略
携帯各社の冬商戦向け新機種が続々登場している。ソフトバンクの新機種「920SH」は登場第2週で首位を獲得、ドコモは26日から905iシリーズを一挙に発売する。対してauは新機種の登場がいままでよりスローペースで、ハイエンド機種の登場はまだ先。販売ランキングに大きな変化がないのも気になる。では、早速今回のランキングをチェックしていこう。(2007/11/30)

4代目AQUOSケータイ「920SH」発売――新規8万5920円、実質1380円/月
ソフトバンクの4代目AQUOSケータイ「920SH」が発売された。「ソフトバンクオンラインショップ」での新規契約価格は、新スーパーボーナス一括で8万5920円。24回払いでの実質月額負担額は1380円。(2007/11/19)

フルワイドVGA液晶搭載の4代目AQUOSケータイ「920SH」、11月17日発売
ソフトバンクモバイルが、3.2インチのフルワイドVGA液晶を搭載した2007年秋冬モデルのフラッグシップ端末、4代目AQUOSケータイ「920SH」を11月17日に発売する。(2007/11/15)

写真で見る「822SH」
ソフトバンクモバイルのシャープ製端末「822SH」は、AQUOSケータイ 4th modelこと「920SH」の廉価版に位置づけられる端末だ。外観はほぼ同じで、一部機能のみが異なる。(2007/10/23)

写真で解説する「920SH」
シャープ製のHSDPA端末「920SH」は、AQUOSケータイの4世代目となるワンセグモデル。3.2インチの“フル”ワイドVGA液晶を搭載し、GSM方式をサポートしながら、厚さ18ミリというスリムさを実現している。(2007/10/22)

3.2インチ“フル”ワイドVGA液晶を18ミリの薄型ボディに搭載したAQUOSケータイ──「920SH」
「920SH」は、3.2インチの新モバイルASV液晶を搭載したハイエンドモデル。解像度は480×854ピクセルのワイドVGAで、16:9の画面比率を実現した。AQUOSケータイとして初めて国際ローミングに対応する。(2007/10/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。