ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOSケータイ 912SH」最新記事一覧

ワンセグとブラウザの2画面表示OK! テレビとネットをより楽しめる「AQUOSケータイ 912SH」(懐かしのケータイ)
ディスプレイ部を回転できる「サイクロイドスタイル」ケータイの第3弾「AQUOSケータイ 912SH」。液晶はWVGAに高解像度化し、ワンセグとブラウザを並べて同時に表示できるようになりました。(2017/10/29)

「912SH」レビュー:
HSDPA+3インチワイドVGAが生きるWebブラウジング――「912SH」の実力を試す(後編)
3インチのワイドVGAディスプレイを搭載する「912SH」。高解像度な液晶で期待されるWebブラウザの使い勝手について「Yahoo!ケータイ」「PCサイトブラウザ」「jigブラウザ」の3つを比較してみた。(2007/9/14)

「912SH」レビュー:
ワンセグとメールもさらにグレードアップ――「912SH」の実力を試す(中編)
ワンセグケータイの代名詞ともなった“AQUOSケータイ”。その最新モデルがソフトバンクモバイルの「912SH」だ。徹底レビューの第2回はワンセグとメールがどれだけ進化したのか検証する。(2007/9/13)

「912SH」レビュー:
正当進化したAQUOSケータイ「912SH」の実力を試す(前編)
“AQUOSケータイ 3rd model”としてリリースされたソフトバンクモバイルのハイエンド端末「912SH」。徹底レビューの前編では、端末のユーザーインタフェースと基本的な機能をチェックする。(2007/9/12)

「912SH」の“ここ”が知りたい(6):
VGAサイズの動画を再生できるか――「912SH」
3インチのワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応モバイルASV液晶を搭載した「912SH」。どれくらいの解像度の動画を再生できるのか検証した。(2007/8/23)

「912SH」の“ここ”が知りたい(5):
3Gハイスピードはどのくらい速いのか――「912SH」
HSDPAに対応した「912SH」だが、実際の通信速度はどれくらい速いのだろうか。また、“もっさり”していないかどうか、キーレスポンスについてもチェックした。(2007/8/8)

「912SH」の“ここ”が知りたい(4):
Bluetoothを使った音楽のワイヤレス再生を試す――「912SH」
機能面ではどうしても「ワンセグ」が目立つ912SHだが、音楽再生機能はどうだろうか。対応ファイル形式や混在プレイリストの可否、操作性やBluetoothの使い勝手などを調べた。(2007/8/7)

「912SH」の“ここ”が知りたい(3):
フォントはワイドVGAに最適化されているか?――「912SH」
912SHは、480×800ピクセル表示対応のワイドVGAディスプレイを搭載するのも特徴。1つの画面にどれほどの情報を表示できるのか、今回はディスプレイ性能について検証する。(2007/8/3)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
カメラもハイエンドに進化した“AQUOSケータイ 3rd model”、その写りはどう?──「912SH」
今まではワンセグがメインで、カメラ機能はやや劣っていたソフトバンクモバイルのAQUOSケータイ。しかし“第3世代”として登場する「912SH」は、AF付きの320万画素CCDとワイドVGA対応の3インチディスプレイ、HSDPA、横向き用UIなどの特徴を備えて大きく進化した。というわけで“写り”はどうか、そして、カメラでどう“遊べる”かなどを早速チェックしていこう。(2007/7/26)

「912SH」の“ここ”が知りたい(2):
ワンセグの外部出力はできる?――「912SH」
912SHはワンセグ機能に特化した「AQUOSケータイ」が正統進化したモデルということもあり、ワンセグについての質問が集中した。外部連携、Bluetooth、ながら機能などについて検証する。(2007/7/25)

「912SH」の“ここ”が知りたい(1):
これまでのAQUOSケータイとどこが違う?――「912SH」
ソフトバンク向け「AQUOSケータイ」の3rdモデルとしてリリースされた「912SH」は、ワンセグはもちろん、3インチワイドVGA液晶、3Gハイスピード、Bluetooth、AF対応3.2Mカメラなど多彩な機能を備える。今回はAQUOSケータイとしての進化点を中心にチェックする。(2007/7/17)

「P904i」「W52CA」「912SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、NTTドコモの「P904i」「SO903iTV」、auの「W52CA」「W52SH」「W52P」「W52S」「W53T」、ソフトバンクモバイルの「912SH」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/6/28)

AQUOSケータイ「912SH」、新スパボ加入・新規の実質負担は2万5920円
ソフトバンクのAQUOSケータイ3rdモデル「912SH」が店頭に並んだ。新スパボ加入・新規の実質負担は2万5920円。新スパボ未加入の新規は4万950円だ。(2007/6/15)

3Gハイスピード対応のワイドVGA AQUOSケータイ「912SH」、6月9日発売
3インチのワイドVGAディスプレイに3.2MピクセルCCDカメラ、3Gハイスピード対応など、ハイエンド機にふさわしいスペックを搭載したAQUOSケータイの第3弾「912SH」が6月9日から発売される。(2007/6/7)

写真で解説する「912SH」
ソフトバンクモバイルの「912SH」は、AQUOSケータイの第3弾として投入される「911SH」の進化モデル。サイクロイドスタイルを生かすため、横画面での使い勝手を向上させているのもポイントだ。(2007/5/23)

ワイドVGA+3Mカメラ+HSDPAに進化したAQUOSケータイ第3弾──「912SH」
サイクロイド機構を採用したシャープのAQUOSケータイ「912SH」は、ワイドVGA液晶に3.2Mピクセルカメラを搭載した3Gハイスピード対応端末。新たに横UIも装備した。(2007/5/22)

「912SH」など携帯夏モデル、続々JATE通過
ソフトバンクモバイルのハイエンド機と思われるシャープ製端末「912SH」、ドコモの富士通製端末「F904i」、auの京セラ製端末「W44K II」など、2007年夏モデルとしての登場が予想される端末が続々JATEを通過した。(2007/4/2)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。