ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  A

  • 関連の記事

「AQUOSケータイ 912SH」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「AQUOSケータイ 912SH」に関する情報が集まったページです。

ワンセグとブラウザの2画面表示OK! テレビとネットをより楽しめる「AQUOSケータイ 912SH」(懐かしのケータイ)
ディスプレイ部を回転できる「サイクロイドスタイル」ケータイの第3弾「AQUOSケータイ 912SH」。液晶はWVGAに高解像度化し、ワンセグとブラウザを並べて同時に表示できるようになりました。(2017/10/29)

「912SH」レビュー:
HSDPA+3インチワイドVGAが生きるWebブラウジング――「912SH」の実力を試す(後編)
3インチのワイドVGAディスプレイを搭載する「912SH」。高解像度な液晶で期待されるWebブラウザの使い勝手について「Yahoo!ケータイ」「PCサイトブラウザ」「jigブラウザ」の3つを比較してみた。(2007/9/14)

「912SH」レビュー:
ワンセグとメールもさらにグレードアップ――「912SH」の実力を試す(中編)
ワンセグケータイの代名詞ともなった“AQUOSケータイ”。その最新モデルがソフトバンクモバイルの「912SH」だ。徹底レビューの第2回はワンセグとメールがどれだけ進化したのか検証する。(2007/9/13)

「912SH」レビュー:
正当進化したAQUOSケータイ「912SH」の実力を試す(前編)
“AQUOSケータイ 3rd model”としてリリースされたソフトバンクモバイルのハイエンド端末「912SH」。徹底レビューの前編では、端末のユーザーインタフェースと基本的な機能をチェックする。(2007/9/12)

「912SH」の“ここ”が知りたい(6):
VGAサイズの動画を再生できるか――「912SH」
3インチのワイドVGA(480×800ピクセル)表示対応モバイルASV液晶を搭載した「912SH」。どれくらいの解像度の動画を再生できるのか検証した。(2007/8/23)

「912SH」の“ここ”が知りたい(5):
3Gハイスピードはどのくらい速いのか――「912SH」
HSDPAに対応した「912SH」だが、実際の通信速度はどれくらい速いのだろうか。また、“もっさり”していないかどうか、キーレスポンスについてもチェックした。(2007/8/8)

「912SH」の“ここ”が知りたい(4):
Bluetoothを使った音楽のワイヤレス再生を試す――「912SH」
機能面ではどうしても「ワンセグ」が目立つ912SHだが、音楽再生機能はどうだろうか。対応ファイル形式や混在プレイリストの可否、操作性やBluetoothの使い勝手などを調べた。(2007/8/7)

「912SH」の“ここ”が知りたい(3):
フォントはワイドVGAに最適化されているか?――「912SH」
912SHは、480×800ピクセル表示対応のワイドVGAディスプレイを搭載するのも特徴。1つの画面にどれほどの情報を表示できるのか、今回はディスプレイ性能について検証する。(2007/8/3)

荻窪圭の携帯カメラでこう遊べ:
カメラもハイエンドに進化した“AQUOSケータイ 3rd model”、その写りはどう?──「912SH」
今まではワンセグがメインで、カメラ機能はやや劣っていたソフトバンクモバイルのAQUOSケータイ。しかし“第3世代”として登場する「912SH」は、AF付きの320万画素CCDとワイドVGA対応の3インチディスプレイ、HSDPA、横向き用UIなどの特徴を備えて大きく進化した。というわけで“写り”はどうか、そして、カメラでどう“遊べる”かなどを早速チェックしていこう。(2007/7/26)

「912SH」の“ここ”が知りたい(2):
ワンセグの外部出力はできる?――「912SH」
912SHはワンセグ機能に特化した「AQUOSケータイ」が正統進化したモデルということもあり、ワンセグについての質問が集中した。外部連携、Bluetooth、ながら機能などについて検証する。(2007/7/25)

「912SH」の“ここ”が知りたい(1):
これまでのAQUOSケータイとどこが違う?――「912SH」
ソフトバンク向け「AQUOSケータイ」の3rdモデルとしてリリースされた「912SH」は、ワンセグはもちろん、3インチワイドVGA液晶、3Gハイスピード、Bluetooth、AF対応3.2Mカメラなど多彩な機能を備える。今回はAQUOSケータイとしての進化点を中心にチェックする。(2007/7/17)

「P904i」「W52CA」「912SH」などがモバイルSuicaに対応
JR東日本は、NTTドコモの「P904i」「SO903iTV」、auの「W52CA」「W52SH」「W52P」「W52S」「W53T」、ソフトバンクモバイルの「912SH」をモバイルSuica対応機種に追加した。(2007/6/28)

AQUOSケータイ「912SH」、新スパボ加入・新規の実質負担は2万5920円
ソフトバンクのAQUOSケータイ3rdモデル「912SH」が店頭に並んだ。新スパボ加入・新規の実質負担は2万5920円。新スパボ未加入の新規は4万950円だ。(2007/6/15)

3Gハイスピード対応のワイドVGA AQUOSケータイ「912SH」、6月9日発売
3インチのワイドVGAディスプレイに3.2MピクセルCCDカメラ、3Gハイスピード対応など、ハイエンド機にふさわしいスペックを搭載したAQUOSケータイの第3弾「912SH」が6月9日から発売される。(2007/6/7)

写真で解説する「912SH」
ソフトバンクモバイルの「912SH」は、AQUOSケータイの第3弾として投入される「911SH」の進化モデル。サイクロイドスタイルを生かすため、横画面での使い勝手を向上させているのもポイントだ。(2007/5/23)

ワイドVGA+3Mカメラ+HSDPAに進化したAQUOSケータイ第3弾──「912SH」
サイクロイド機構を採用したシャープのAQUOSケータイ「912SH」は、ワイドVGA液晶に3.2Mピクセルカメラを搭載した3Gハイスピード対応端末。新たに横UIも装備した。(2007/5/22)

「912SH」など携帯夏モデル、続々JATE通過
ソフトバンクモバイルのハイエンド機と思われるシャープ製端末「912SH」、ドコモの富士通製端末「F904i」、auの京セラ製端末「W44K II」など、2007年夏モデルとしての登場が予想される端末が続々JATEを通過した。(2007/4/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。