連載
» 2017年10月29日 10時00分 公開

ワンセグとブラウザの2画面表示OK! テレビとネットをより楽しめる「AQUOSケータイ 912SH」(懐かしのケータイ)

ディスプレイ部を回転できる「サイクロイドスタイル」ケータイの第3弾「AQUOSケータイ 912SH」。液晶はWVGAに高解像度化し、ワンセグとブラウザを並べて同時に表示できるようになりました。

[ITmedia]

 ITmedia Mobile編集部で発掘された、思い出のケータイを振り返る連載。今回紹介するのは、ソフトバンクモバイル(現・ソフトバンク)のシャープ製ケータイ「AQUOSケータイ 912SH」です。

「912SH」(閉じた正面)
「912SH」(開いた正面) 「912SH」

 「912SH」は、AQUOSケータイの第3弾として登場しました。ディスプレイを横に90度回転できる「サイクロイドスタイル」を採用する折り畳みケータイです。

 先代モデルの「911SH」と同じ3型のディスプレイですが、WQVGA(240×400ピクセル)からWVGA(480×800ピクセル)に解像度がアップして強化されています。

「912SH」(閉じた背面)
サイクロイドスタイル(正面)

 ディスプレイの高解像度化に合わせて、横画面で操作できるユーザーインタフェース(UI)を新たに採用しました。また、ワンセグとWebブラウザやメールを同時に表示できる「2画面表示」にも対応しました。PCサイトブラウザも横画面表示に対応していて、PCと同じように横長の画面でブラウジングできます。

サイクロイドスタイル(背面)
キー回り

 当時としてはトップクラスの1000mAhの大容量バッテリーの採用することで、ワンセグの連続視聴時間は5時間20分に伸びました。ステレオスピーカーを採用することで音質が向上しているほか、メインカメラのセンサーが911SHの「200万画素CMOS」から「320万画素CCD」に変わり、画質の向上が図られました。

右側面

「912SH」の主な仕様

  • 発売日:2007年6月9日
  • キャリア:ソフトバンクモバイル
  • メーカー:シャープ
  • サイズ:約50(幅)×108(高さ)×23(奥行き)mm
  • 重量:約144g
  • メインディスプレイ:3型(480×800ピクセル)モバイルASV液晶 26万2144色
  • サブディスプレイ:0.8型(96×32ピクセル)有機EL 1色
  • アウトカメラ:有効約320万画素CCD
  • インカメラ:有効約11万画素CMOS
  • ボディーカラー:メタルグレー、メタルブラック、ホワイトシルバー、メタルブルー、メタルレッド、メタルピンク

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ITmedia Mobile に「いいね!」しよう