ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイク」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク
質問!バイク→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でバイク関連の質問をチェック

関連キーワード

セブン−イレブン、自転車シェア100店舗に拡大 6月末までに
コンビニエンスストアのセブン−イレブン・ジャパンとNTTドコモ子会社のドコモ・バイクシェアは、セブンの店舗で貸し出す自転車のシェアリングサービスを6月末までに100店舗、500台に拡大する。(2017/2/9)

甲斐寿憲のキニナルモバイル:
騒然 「ロードバイク バラバラ事件」の対策
最近、ネット上でローディー(ロードバイク乗り)の間で話題になっている事件がある。通称「ロードバイク盗難バラバラ事件」だ。どういう事件かというと……。(2017/1/26)

水曜インタビュー劇場(駒公演):
売れない時代に、UPQのバイクが好調な理由
家電ベンチャー「UPQ」が発売したバイクが、よく売れている。折り畳むことができる電動の原付バイクは、なぜ消費者に支持されたのか。同社の中澤CEOに、その理由を聞いたところ……。(2017/1/11)

Spigen、自転車・オートバイ用スマホホルダーを発売 5.8型スマホまで固定OK
Spigenが自転車・オートバイで使えるスマホホルダー「A250」を発売した。ハンドルバーに固定するタイプのホルダーで、取り付けも簡単であるという。(2017/1/10)

CES 2017:
“ホンダの倒れないバイク” あまりの大反響に中の人が「びっくり」 開発の狙いは(動画あり)
ホンダがCES 2017で展示した「Honda Riding Assist」に大きな注目が集まっている。担当者に来場者の反響や開発の理由を聞いた。(2017/1/10)

放っておいても倒れない!? 自らバランスを取って立つバイクをホンダが開発
スタンドが自動で出るとかでなく、バランスだけで立つようです。(2017/1/6)

人が乗っていてもいなくても:
ホンダ、倒れない「自立バイク」世界初公開
人が乗っていてもいなくても倒れない自立バイクをホンダが初公開。(2017/1/6)

CES 2017:
自立するバイク「Honda Riding Assist」登場 「ASIMO」のバランス制御を応用
ライダーがバランスを崩しても、バイク自体がバランスを保ち、転倒を防ぐ「Honda Riding Assist」を、ホンダがCES 2017に出展している。(2017/1/6)

景色は最高、動力は人力 エアロバイクなどで発電し水上移動するホバーボート型スポーツジム爆誕
“奴隷たちが働く謎の地下施設”みたいなものを想像しなければ楽しめそう。(2016/12/17)

ドミノ・ピザの「トナ改バイク」も登場! 東京コミコン注目のフードブースを紹介
(追記)思わず自腹で色々と買ってしまいました。(2016/12/4)

郵便屋さんファン必見! 郵便配達用バイク「ホンダMD90」のミニチュアモデル付き切手セットが誕生
赤白の車体でおなじみのアレ。(2016/12/4)

ドミノ・ピザ、「トナカイデリバリー」計画を中止……ってマジか! でも代替策の“トナ改”バイクがモフかわいい
中止の理由は「トナカイの訓練難航」……まあそうなるか。(2016/12/1)

155ccに:
ヤマハ、高速も走れる前2輪バイク
ヤマハ発は、フロント2輪バイクの新型「TRICITY 155 ABS」を発売する。(2016/11/25)

ドミノ・ピザが「トナカイデリバリー」計画を真面目に検討中 バイクが走れない雪道はトナカイさんがピザをお届け
自動車やスノーモービルを導入するより「現実的」だと判断。(2016/11/18)

ベスパに電動のコンセプトモデル登場 2017年後半に製品化を予定
オートバイの展示会「EICMA 2016」に出展。(2016/11/9)

盗んだ自転車で走ると「気持ちいい」……ネットオークション「アラート」機能で被害男性が執念の“追跡”
ロードバイクを狙った窃盗が都内で相次いでいる。ある窃盗犯を追い詰めたのは、被害男性の執念の“追跡”だった。(2016/10/31)

パパを“人間バイク”に変えるハンドル付きヘルメット「Piggyback Driver」が楽しそう
公園でパパを乗り回せ!(2016/10/19)

数十年後にはSFの世界がやってくる? BMWが考える"自由を体感できる未来のバイク"がむっちゃかっこいい
安全性が高く、ヘルメットもレザーの防護服も不要。(2016/10/13)

ホンダとヤマハ発動機、原付バイクで協業検討 “ライバル同士”が提携へ
本田技研工業とヤマハ発動機が、日本市場向けの50cc原付スクーターなどの生産・開発で提携を検討すると発表。(2016/10/5)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2016(1):
サークル活動と甘く見るな! 学生フォーミュラは企業も顔負けのモノづくり対決
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントが「全日本学生フォーミュラ大会」をレポートします。第1回は審査のクライマックスでもあるエンデュランスです。数々の審査で好成績を収めた6校が20周の合計タイムを競います。マシンからはさまざまな設計思想が垣間見え、速さを競うだけではないモノづくり対決であることが分かります。(2016/10/3)

ゲームの中でたまに見るやつ ガトリングガンを取り付けたバイクが謎だけどかっこいい
何かの映画の撮影用かな……?(2016/10/1)

60年以上かけて集めたラジコンがロスト……米コレクター、倉庫が火災で全焼の災難
ラジコンやバイクなどのコレクションが燃え尽き、推定被害総額は30万ドル(約3000万円)とも。(2016/10/1)

手のひらサイズでファミコンが“再”登場! 「ニンテンドークラシックミニ ファミリーコンピュータ」
「ドンキーコング」や「マリオブラザーズ」「エキサイトバイク」「ゼルダの伝説」など30タイトルを収録。(2016/9/30)

賠償金100億円からの復活:
米を席巻したカワサキのポリスバイク、“欠陥”のぬれぎぬで敗訴も起死回生の逆転劇
カワサキの大型バイクを米国市場に普及させ、傑作バイクの生みの親である元川崎重工常務、百合草三佐雄さん。軌道に乗り始めた大型バイク事業を脅かし、社の存続さえ揺るがした事件の真相を聞いた。(2016/9/30)

「ニンジャ」開発 米国人から“サムライ”と呼ばれた男の秘話
世界最速の称号“NINJA=ニンジャ”の愛称で米国のバイク市場を席巻した伝説のバイク「GPZ900R」を開発したのは、元川崎重工常務の百合草三佐雄さん。米国人から“サムライ”と呼ばれた男が挑んだ米開拓秘話を紹介したい。(2016/9/29)

横浜・娯楽施設へ原付バイクが突入、暴走する迷惑行為をTwitterへ投稿 店舗は被害届を提出
店舗側は「厳しく対処してほしい」と取材に答えました。(2016/9/26)

新興国自動車事情(3):
小型バイクが減少し始めたバンコクの街並み、次に減るのはピックアップトラックか
タイは以前から「アジアのデトロイト」を掲げ、自動車産業の集積と育成を進めてきました。そのかいあってASEAN地域のなかではいち早く、生産拠点としての地位を確立。2015年の国内自動車販売台数は約80万台ですが、生産台数は191万台に達しています。今回はそんなタイの首都で3月末に開催されたバンコクモーターショーと、街の様子を紹介したいと思います。(2016/9/23)

未来のバイクきたこれ……! ライダーと会話できる人格を持った「AIバイク」、川崎重工が開発へ
お互いに成長する相棒バイク。(2016/8/26)

川崎重工、人格を持つ“AIバイク”開発へ ライダーと会話、セッティングもお任せ
川崎重工がIT技術を活用した次世代モーターサイクルの開発に着手。(2016/8/25)

これならケンシロウに勝ちそう 「北斗の拳」ジャギ様のフィギュアが予約開始、バイクに跨がり強敵感モリモリ
俺の名を言ってみろぉ!!(2016/8/17)

水曜インタビュー劇場(プール公演):
「YAMAHA」のプールが、学校でどんどん増えていったワケ
「ヤマハ発動機」といえば、多くの人が「バイクやヨットをつくっている会社でしょ」と想像するだろうが、実はプール事業も手掛けているのだ。しかも、学校用のプールはこれまで6000基以上も出荷していて、トップブランドとして君臨。なぜ同社のプールが増えていったのかというと……。(2016/8/10)

「UPQ BIKE me01」に取り付けられるレザーバッグ――バイクからスマホの充電もOK
UPQが折りたたみ型電動バイク「UPQ BIKE me01」専用のレザーバッグを発売。バイクのUSBポートから、カバンに収納したスマホの充電も可能。UPQ BIKE me01の予約受付も開始する。(2016/8/9)

くまモンGO! 鈴鹿8耐でオートバイを華麗に乗りこなすくまモンがきゃわわ
ライダースジャケット姿&ヘルメット姿がよく似合う。(2016/7/31)

世界から「つ」が消えたなら 「つ」がないとそこそこ困ることを三重県津市が教えてくれた
リングに上がるバイクドライバー? 歌を歌うのは、“霊長類最強”のあの人!(2016/7/16)

1万8000円のマウンテンバイクでダウンヒルしたらエライことになった
※プロによるテストです。良い子は“絶対に”マネしないでください(2016/7/3)

来夢先輩の美声(エンジン音)がひたすら鳴り響く、アニメ「ばくおん!!」第10話EDが衝撃だった
「来夢先輩の口バイクがプロ級」などファンから絶賛の声。(2016/6/7)

エアバスの子会社が3Dプリンター製の電動バイクを発表 ガイコツみたいな見た目でカッコイイ
エアバスグループが開発した航空機クラスの合金を使用。(2016/5/22)

バイクや自転車の盗難、爆発音で知らせる 世界一うるさいかもしれない警報装置「BIKE MINE」
自転車泥棒にとってはまさに地雷。(2016/5/21)

自動運転技術:
ヤマハ発動機のバイク運転ロボ「MOTOBOT」がロッシと遭遇、秘密兵器も開発中?
ヤマハ発動機が、ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT」の映像の続編を公開。既にサーキット内の自律走行が可能な段階まで開発が進んでいるMOTOBOTが、目標とする“史上最強のライダー”バレンティーノ・ロッシ(MotoGPレーサー)と初対面するという内容になっている。(2016/5/19)

「弱虫ペダル」アニメ第3期は2017年1月から スピンオフ「スペアバイク」もアニメ化
「弱虫ペダル SPARE BIKE」は9月に2週間限定で上映。(2016/5/15)

「ばくおん!!」公式痛バイクの2016年版が公開 佐倉羽音が作中で乗っているバイクを忠実に再現した塗装車も登場
痛バイクに乗る勇気のない人でも安心。(2016/5/10)

スポーツバイク初心者に読んでほしい記事まとめ
(2016/5/7)

「YPJ-R」ロードテスト:
電動アシストの「YPJ-R」でどこまで走れるか
一般的な電動アシスト自転車と比べて、搭載するバッテリー容量は約5分の1と小さい「YPJ-R」。でもロードバイクなので、走り続けられれば結構バッテリーは持つはずだ。そこでどれくらいバッテリーが持つのか、実際に走ってみた。(2016/5/5)

「YPJ-R」ロードテスト:
電動アシストロードバイク「YPJ-R」は値段相応と言えるのか
ヤマハ発動機が発売した電動アシストロードバイク「YPJ-R」とはどんな自転車なのか。25万円前後という価格は妥当なのか。あまり自転車に詳しくない人にも分かりやすく説明してみる。実際に坂を上ってその性能もチェックしてみた。(2016/5/4)

「YPJ-R」ロードテスト:
電動アシストが付いたロードバイクってどういうこと? 
ロードバイクと言えばスポーツ自転車の一種であり、自分の足こそが推力と考えがちだが、ヤマハ発動機が開発した「YPJ-R」は、電動アシスト機能を持つロードバイクなのだ。これは一体どういうことなのか、実際に乗って検証してみるのである。(2016/5/3)

製造IT導入事例:
「IoTクラウドを2週間で実装」、電動バイクレンタルサービスがオラクルを採用
日本オラクルは、東京都内で開催した自社イベント「Oracle Cloud Platform Summit Tokyo」に併せて、IoTにおける最新の取り組みに関する説明会を行った。同社のIoTクラウドサービス「Oracle IoT Cloud Service」を用いたソフトバンクの電動バイクレンタルサービスや、NECが実施した工場のリモート設備管理における検証事例を報告。両社とも、2週間でIoTクラウドを実装できたという。(2016/4/27)

折り畳み電動バイク「UPQ BIKE」、今夏登場 原付免許で公道を走れる
家電ブランドUPQが折り畳めるモバイル電動バイク「UPQ BIKE」を発表。発売は今夏を予定する。(2016/4/21)

Googleストリートビューに交通事故? 「日本三大酷道(こくどう)」として知られる国道425号線に転倒したバイクの姿が
整備が行き届いておらず、国道ならぬ“酷道”として有名な場所です。(2016/4/11)

どうしてこのデザインに行き着いたんだ! ヤマハがバイクに羽を生やすもネット上で「G」っぽいの声
夏になったら飛び回りそう。(2016/4/8)

VRライブプラットフォームも登場:
今、IBMが注目するIoTスタートアップ企業とは?
IBMのスタートアップ支援プログラム「BlueHub」の第2期が終了。IoTなどで事業拡大を目指す5つの企業がサービスの概要を説明した。ヘルスケアやオートバイ、農業などさまざまなアイデアがビジネスになろうとしている。(2016/4/8)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。