ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイク」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク
質問!バイク→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でバイク関連の質問をチェック

「YPJ-R」ロードテスト:
電動アシストが付いたロードバイクってどういうこと? 
ロードバイクと言えばスポーツ自転車の一種であり、自分の足こそが推力と考えがちだが、ヤマハ発動機が開発した「YPJ-R」は、電動アシスト機能を持つロードバイクなのだ。これは一体どういうことなのか、実際に乗って検証してみるのである。(2016/5/3)

製造IT導入事例:
「IoTクラウドを2週間で実装」、電動バイクレンタルサービスがオラクルを採用
日本オラクルは、東京都内で開催した自社イベント「Oracle Cloud Platform Summit Tokyo」に併せて、IoTにおける最新の取り組みに関する説明会を行った。同社のIoTクラウドサービス「Oracle IoT Cloud Service」を用いたソフトバンクの電動バイクレンタルサービスや、NECが実施した工場のリモート設備管理における検証事例を報告。両社とも、2週間でIoTクラウドを実装できたという。(2016/4/27)

折り畳み電動バイク「UPQ BIKE」、今夏登場 原付免許で公道を走れる
家電ブランドUPQが折り畳めるモバイル電動バイク「UPQ BIKE」を発表。発売は今夏を予定する。(2016/4/21)

Googleストリートビューに交通事故? 「日本三大酷道(こくどう)」として知られる国道425号線に転倒したバイクの姿が
整備が行き届いておらず、国道ならぬ“酷道”として有名な場所です。(2016/4/11)

どうしてこのデザインに行き着いたんだ! ヤマハがバイクに羽を生やすもネット上で「G」っぽいの声
夏になったら飛び回りそう。(2016/4/8)

VRライブプラットフォームも登場:
今、IBMが注目するIoTスタートアップ企業とは?
IBMのスタートアップ支援プログラム「BlueHub」の第2期が終了。IoTなどで事業拡大を目指す5つの企業がサービスの概要を説明した。ヘルスケアやオートバイ、農業などさまざまなアイデアがビジネスになろうとしている。(2016/4/8)

最新モデルのバイクが集結 画像で振り返る、東京モーターサイクルショー2016
国内最大級の自動二輪の祭典「東京モーターサイクルショー2016」の様子を画像でお伝えする。(2016/4/1)

こいつぁすごいぜ!:
イカすクルマニュース2015年度ランキング! 1位はヤマハのバイクとヤマ発の楽器
MONOistオートモーティブフォーラムの編集担当が「こいつぁすごいぜ!」と独断で判断した自動車関連のニュース「イカすクルマニュース」。2015年度のランキングでは、ヤマハがデザインしたバイク、ヤマハ発動機がデザインした楽器の記事がトップに。(2016/4/1)

食とアートの島を巡る:
IoTが変える観光の姿――瀬戸内の離島が「電動バイクレンタル」を始めた理由
ソフトバンクと日本オラクルが、瀬戸内海の豊島で電動バイクのレンタル事業を始めた。LTE通信を行う車載機器をバイクに内蔵し、位置やバッテリー残量など、さまざまなデータを取得するという。IoTは離島の観光にどんな影響を与えるのだろうか。(2016/3/31)

Samsungとヤマハ、バイク用スマートフロントガラスのコンセプト発表
SamsungがYamaha Motor Europeと協力し、バイクのフロントガラスにスマートフォンのナビやメッセージの着信通知を表示する「Smart Windshield」を開発した。(2016/3/29)

電気自動車:
IoTはもうかるサービスを作り出せるか、離島で電動バイクレンタルがスタート
ソフトバンクグループのPSソリューションズが運営する電動バイクのレンタルサービス「瀬戸内カレン」が香川県小豆郡の豊島(てしま)でスタートした。観光客を対象にホンダの電動バイク「EV-neo」を貸し出す。充電を再生エネルギー由来の電力で賄うとともに、バッテリーの残量や各車両の現在地、帰りの船に間に合うかどうかなどを「IoTで緩く見守る」(ソフトバンクの山口典男氏)のが特徴のサービスだ。(2016/3/29)

「東京モーターサイクルショー2016」バイクに寄り添うピチピチお姉さんたちを全力でまとめてみた
最新のモーターサイクルに負けないくらい魅力的なコンパニオンたち。(2016/3/27)

東京モーターサイクルショー開幕 バイクよりも存在感? 会場を彩るコンパニオンたち
最新モデルのバイクにも負けない存在感を発揮する「東京モーターサイクルショー2016」のコンパニオンたちを一挙紹介する。(2016/3/25)

乗り物の挙動をIoTで可視化、ソフトバンクが「Internet of Moving Things」
ソフトバンクがパーソナルモビリティをIoTのエンドデバイスとする活用する「IoMT」事業を開始。第1弾として、瀬戸内海の豊島にて電動バイクレンタルサービスを開始する。(2016/3/18)

テラモーターズがドローン測量の新会社「計測時間を10分の1、コストを5分の1」に
電動バイクの開発販売を手掛けるテラモーターズが、産業用ドローンによる土木測量サービスを提供する新会社「テラドローン」を設立した。±5センチの高精度と「計測時間を10分の1、コストを5分の1に低減」をアピールする。(2016/3/16)

電気自動車:
水素で走る「燃料電池バイク」を公道へ、国交省が世界初の安全基準を策定
次世代エコカーとして注目が集まる燃料電池車。世界の中でも日本企業が強みとしている領域だが、それは四輪だけでなく二輪も同様だ。複数の国内メーカーが水素で走る“燃料電池バイク”の開発を進めている状況を受け、国土交通省は世界に先駆けて燃料電池二輪自動車の安全基準を策定した。(2016/2/26)

上海問屋、雨天でも快適?にバイクに乗れるヘルメット用ワイパー
ドスパラは、バイク用ヘルメットに取り付け可能な小型ワイパーアダプタ「ヘルメットワイパー」の取り扱いを開始した。(2016/2/12)

スマートシティ:
電動アシスト自転車が分散電源に、「常時フル充電」を実現するサイクルシェア
パナソニック、NTTドコモ、ドコモ・バイクシェアの3社は2016年4月から、東京都臨海地区で電動アシスト自転車のシェアリング実証を開始する。自転車本体だけでなく、バッテリーをシェアできるようにするのが特徴だ。災害時などにはこのバッテリーを予備電源として使えるようにするなど、将来に向けシェアリングサービスの社会インフラとしての活用も検討していくという。(2016/2/9)

「モンスターバイク」人気急上昇 超高額でも商談殺到 ホンダなど国内外で存在感
ずば抜けた走行性能を持つ「モンスターマシン」と呼ばれるバイクが人気を集めている。ホンダが昨年12月に納入を始めた排気量1000ccクラスの「RC213V-S」は、最高時速350キロで競う世界選手権レースの出場モデルを公道で走れるように改造。(2016/2/4)

2000万円超も:
まるでジェット機、おきて破りの300馬力――カワサキ、ホンダのモンスターバイク
走行性能が怪物級の「モンスターマシン」と呼ばれるバイクが人気を集めている。日本勢は技術力をアピールし、欧米勢の牙城である大型バイク市場で存在感の発揮を狙う。(2016/2/1)

スタンプクリエイターズ・ファイル:
オートバイ好きをこじらせて ヤマハ発動機のあふれる“エンジン愛”スタンプ
「ムネのドコドコが…止まらない…」――オートバイのエンジンをモチーフにしたスタンプがヤマハ発動機から登場。斜め上の発想にネットユーザーはざわざわ。あふれる“エンジン愛”が詰まっています。(2016/2/1)

自動運転技術:
ロッシを目指すヤマハ発動機のバイク運転ロボット、開発は第2段階へ
ヤマハ発動機は、ヒト型自律ライディングロボット「MOTOBOT(モトボット)」開発の第2フェーズ始動に伴い、現在の研究パートナーである米国の研究機関SRIインターナショナルと共同開発を継続することで合意。「2016 International CES」の会場内で、両社の担当者がMOTOBOTの開発内容について説明する予定だ。(2016/1/7)

CES 2016:
3Dプリンターで作る、通信機能搭載のIoTロードバイク「ORBITREC」
Cerevoが、3Dプリント技術を使った、センサーとBluetooth内蔵のIoTロードバイクを発表した。(2016/1/5)

アニメ「ばくおん!!」第1弾PV メインキャラのライダー姿とガチのバイク音が熱い!
ぶおんぶおおおおおおん!(2016/1/5)

ヤマハ発動機が“エンジン”のLINEスタンプをリリース →「狂気を感じる」「レベルが高すぎる」などの声
オートバイ好きとエンジン愛をこじらせた結果。(2015/12/17)

アニメ「ばくおん!!」放送は2016年4月から、バイク関連企業が続々協力表明
バイクの「ろくおん!!」風景も公開。ぶおん、ぶおおおん♪(2015/12/15)

「ムネの“ドコドコ”が止まらない」 ヤマハ発動機、「オートバイ好きこじらせて」エンジンをLINEスタンプに
オートバイ好きをこじらせたヤマハ発動機が、エンジンをモチーフにしたLINEスタンプを発売した。(2015/12/15)

中高年齢層が支えるバイク市場:
国内オートバイ市場に活況の兆し? 若者にじわり浸透
国内のバイク市場にブームの兆しが見えている。メーカー各社はスマートフォン用の交流アプリなどで新たな楽しみを提案し、縮小傾向の市場底入れを目指している。(2015/12/11)

低迷の国内バイク市場に活況の兆し? 漫画「ばくおん!!」やアプリで若者にもじわり浸透
国内のバイク市場にブームの兆しが見えている。中高年齢層の「リターンライダー」の拡大に加え、学園マンガ「ばくおん!!」やバイク好きを公言するお笑い芸人の登場などで若年層にもじわりと人気が浸透しつつある。(2015/12/10)

なにこのトランスフォーマーみたいなバイク! ヤマハの新型バイク「MT-10」が中二病心をくすぐると話題に
やだ……かっこいい……。(2015/11/17)

女子大生5人組のロードバイク漫画「ろんぐらいだぁす!」来秋アニメ化! 監督は「モン娘」の吉原達也
30分枠での放送。(2015/11/6)

フリースケール SB0400/SB0401:
オートバイ/スクーター向けABS専用の集積回路
フリースケール・セミコンダクタ・ジャパンは、オートバイ/スクーター・アプリケーション向けに設計した高集積専用回路「SB0400」「SB0401」を発表した。ヒートシンクを必要としないため、費用とスペースを節約できる。(2015/11/4)

Vシネ「仮面ライダーチェイサー」にまさかの仮面ライダーアクセル登場 クルマ×バイクのライダーがフルスロットル
強い。(2015/11/1)

乗せてくれー! 子ども用バイクに先導される2匹のパグがまるでコメディのようでかわいい
どこまで行っても乗れない。(2015/11/1)

東京モーターショー2015:
バイク乗りロボット「MOTOBOT」はロッシを超え、“心地よいバイク”を生み出す
ヤマハ発動機が東京モーターショー2015で公開したバイク乗りロボット「MOTOBOT」。世界的ライダー、ロッシを超えるという壮大な目標を掲げるが、“彼”には違った使命もある。(2015/10/30)

ヤマハがオートバイを乗りこなすヒト型ロボットを開発 最高時速200キロ超え目指す
開催中の東京モーターショー2015で公開。(2015/10/29)

東京モーターショー2015:
目指すは200km/hのサーキット走行、ヤマハのバイク乗りロボ
ヤマハ発動機が東京モーターショー2015で、二輪車を運転できる人型自律ライディングロボット「MOTOBOT(モトボット)Ver.1」を初公開。難しい二輪車の走行を、ロボット側のみで制御し、自律的な運転操作を行っている。(2015/10/28)

バイク乗り驚喜 「RIDERS CLUB」500号記念で全号デジタル化して公開
バイクへの熱い思いに再び火が入る人も少なくないはず!(2015/10/27)

ぶおんぶおんぶぉ〜〜〜ん!!! 女子高の“バイク部”を描く「ばくおん!!」がオリジナルアニメDVD&テレビアニメ化決定
バイクメーカー5社全面協力。すごいぞ。(2015/10/20)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2015(2):
クルマ好きの学生たちの「悲喜こもごも」
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタント 関さんの「全日本学生フォーミュラ大会」取材レポート! 今回は各チームのピットにお邪魔して、いろいろな話を聞きました。(2015/10/8)

東京モーターショー2015:
ホンダは燃料電池車の市販車をお披露目、前2輪後1輪のハイブリッド三輪車も
ホンダは、「東京モーターショー2015」で、2015年度内に発売予定の燃料電池車である新型「FCV(仮称)」や、“WANDER=自由に動き回る”をコンセプトとする2種類のコンセプトカー、前2輪/後1輪のハイブリッドバイク「NEOWING」、電動スクーター「EV-Cub Concept」など12モデルを世界初公開する。(2015/9/30)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2015(1):
バネ上マウントのウィングの怖さ
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタント 関さんの「全日本学生フォーミュラ大会」取材レポート! 2015年の第13回大会は「ある変化」がありました。そして前回の覇者・名古屋大学、エンデュランス競技でトラブルが……!(2015/9/24)

電子ブックレット(メカ設計):
電動バイク「zecOO」開発秘話
人気過去連載や特集記事を1冊に再編集して無料ダウンロード提供する「エンジニア電子ブックレット」。今回は過去の人気記事から「『Inventor』の中には工作機械が全部入っている! 電動バイク『zecOO』開発秘話」をお届けします。(2015/9/16)

選べる4色:
ヤマハ、バイクのデザイン・カラーをモチーフにしたBluetooth対応CDコンポ「MCR-B043」を10月上旬発売
ヤマハは、Bluetooth対応CDコンポ「MCR-B043」を10月上旬に発売する。ヤマハのバイクMT-07A(ホワイト)、SR400(ブラック)、FJR1300(レッド)、YDS-1(オレンジ)をモチーフにした。(2015/9/8)

オートバイ、競技自転車 二輪に魅せられた男女を描いたWebコミック6選
無料のWebコミック作品の中から、お勧めをテーマに沿ってご紹介。(2015/8/19)

『RIDERS CLUB』37年分のアーカイブが期間限定公開 500号記念で
約9万ページ、バイク約4000台の記事を、『RIDERS CLUB』10月27日発売号の購入者を対象に2週間限定で無償公開する。(2015/8/18)

そのタイヤはボクのものだー! バイクを猛追するコアラさんが撮影される
オーストラリアでは不思議なことが起こるようです。(2015/8/17)

CFD活用事例インタビュー:
PR:第21回 「ヘルメットは丸い」という固定概念から解き放つCFD
スポーツサイクルやオートバイ用のヘルメットを展開するオージーケーカブトは、自社風洞実験設備でのシミュレーションだけでなく、製品開発の初期段階からCFDを本格活用し、ヘルメットの内面形状までも細かくシミュレーションしている。業界初のエアロパーツを生み出した高い技術力を持つ同社が目指すのは、さらなる空力性能の向上と開発サイクルの短縮だ。(2015/8/10)

医療機器ニュース:
訪問介護業界が電動バイクを初導入、テラモーターズの「BIZMOII」
テラモーターズは、同社の電動バイク「BIZMOII」が、医療看護介護リハビリ生活総合サービスステーションが運営する「あわーず訪問看護リハビリステーション」の4つの拠点に導入されたと発表した。訪問看護・介護業界における電動バイクの導入は初めてだという。(2015/8/7)

なぜかエイリアン:
愛車の風景をフルHDで――「バイク用ドライブレコーダー」
上海問屋が、バイク用のドライブレコーダーを発売した。価格は1万3999円。(2015/7/31)



余っているリソースを、主にはお金を介してソーシャルな形でシェアできるように仲介するサービス。インターネット上では以前からそうした要素を持ったサービスは存在していたように思うが、概念として名付けられることで一挙に注目が高まっている。

不正会計問題の発覚と対処、リストラ発表とその影響も含めた赤字の拡大というように、日本を代表する家電大手の一角がもろくも崩れようとしている。日本企業の苦戦が続き、それに伴う再編の進行は予想されていたが、この展開は想定外であり、どのような形で落着するものか、予断を許さない。

ビットコインの基幹技術としても知られる、P2Pネットワークを活用した台帳技術。これもまた昨今注目の的となっているFinTechのひとつとして、金融、IT・セキュリティ界隈では今やビットコインと同じくらいの頻度で取りざたされている。