ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイク」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク
質問!バイク→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でバイク関連の質問をチェック

名前を付けたり話しかけたりするよね? 若者ほど熱愛傾向「バイクへの愛着度」実態調査
愛しているから愛車だもの。(2018/8/11)

ブレーキなし、ギアなし、サスなし 100年前に作られたハーレー・ダビッドソンのレース用バイクが脳筋すぎる
100年物のハーレー・ダビッドソン。(2018/8/10)

ヘルメットに速度メーターなど表示、視線そらさずバイク運転 JDIが開発
ヘルメットにヘッドアップディスプレイ組み込むことで、オートバイで走行中も、進行方向から視線をそらさずに速度メーターやGPS情報などを確認できる「HUD搭載スマートヘルメット」をJDIが開発した。(2018/8/1)

ハーレーが電動バイクに進出、2022年までの新型車の計画を発表 「LiveWire」を2019年に発売へ
中には「正直ハーレーっぽくないかも……」なスタイルのモデルも。(2018/8/1)

若年層を開拓:
米ハーレー、アジアで小型バイク投入へ 新規需要を開拓
米オートバイメーカーのハーレーダビッドソンは、アジアでの小型・軽量モデル投入や電動バイクの世界販売を柱とする経営計画を発表した。(2018/7/31)

こういうのめっちゃ憧れる! 蒸気機関を内蔵したSL風バイク「ブラックパール」がステキすぎる
スチームパンクがタイヤつけて走ってる。(2018/7/30)

鉄道やバスからシェアサイクルに乗り換えしやすく 経路案内、都内10区で実験
シェアサイクルと公共交通機関を組み合わせた経路を検索できるサービス「mixway」の実証実験が都内で7月31日に始まる。「駅すぱあと」を提供するヴァル研究所がドコモ・バイクシェアと実施。(2018/7/30)

それ航空機のヤツじゃねぇか! 300馬力の水平対向6気筒エンジンを搭載したモンスターバイク爆誕、リング状のタイヤでSF感バリバリ
暴挙にもほどがある。(2018/7/26)

「AIメーカー」登場 画像認識AI、誰でも簡単に作れる 「ポケモン判定」「バイクメーカー判定」など続々
「猫と犬を見分ける」など、画像を認識・分類するAIを誰でも簡単に作れる「AIメーカー」が登場。バイクの画像を入力すると、メーカーを判定するAIなどが作成され、盛り上がっている。(2018/7/23)

ピポポ……ゴシュジン、ノッテ 千葉工大が開発したAI搭載ロボット可変バイク「カングーロ」がめっちゃかわいい
かわいいうえにかしこい。(2018/7/23)

電気自動車:
バッテリー交換型電動バイクの実証実験、ホンダとパナソニックがインドネシアで
ホンダとパナソニックは2018年7月13日、インドネシアに共同出資で新会社を設立し、バッテリー交換型電動バイクを用いたバッテリーシェアリングの実証実験を開始すると発表した。充電の待ち時間や走行距離に対する不安を解消し、電動モビリティーの普及を後押しする。(2018/7/17)

VR×フィットネスバイクを体験してみた VRゲームで運動を新たな「エンターテインメント」に
VRデバイスをかぶりながらエクササイズする未来が来た。(2018/7/13)

エコカー技術:
ホンダが「世界初」のハイブリッドバイク、スターターモーターが4秒間アシスト
ホンダは2018年7月6日、原付二種スクーターの「PCXシリーズ」にハイブリッドモデルを追加して同年9月14日から販売すると発表した。量産二輪車として「世界で初めて」(ホンダ)、ハイブリッドシステムを採用する。スターターモーターに駆動アシストの機能を持たせることで、走行状況に応じた俊敏な加速を実現するとしている。(2018/7/12)

オートモーティブメルマガ 編集後記:
バイクのスピード感と、生身で道路のど真ん中にいる感じ
タンデムシートに乗ったときの目線の高さは、ハイエースの運転席と同じくらいでした。(2018/7/11)

未来のバイクか カンガルーっぽい変形ロボット「CanguRo」
千葉工業大学・未来ロボット技術研究センター(fuRo)が、搭乗型の変形ロボット・RideRoid(ライドロイド)シリーズ「CanguRo」を開発した。(2018/7/4)

「マリオカート8 デラックス」がNintendo Laboの「バイクToy-Con」に対応! 対応タイトルは今後も増えそう
視点がキャラクターの背中越しになって、臨場感もアップ。(2018/6/26)

スポーツサイクルも電動化 急勾配ラクラク、本格的な走行性能
スポーツサイクルに電動化の波が押し寄せている。各社が電動アシスト機能付きのスポーツサイクル(eバイク)を相次いで発売、普及に向けてペダルをこぎ出した。(2018/6/26)

バイクのようでクルマのような何か ドイツが生んだ変態マシン「アウディ・コルタ」が広島で目撃される
オーナーによる改造でさらにヤバイ。(2018/6/25)

素材はゼノモーフの死体!? プレデターがタイ王国に出現、禍々しいエイリアンバイクで爆走
何匹のゼノモーフが生贄になったのか。(2018/6/23)

後ろ姿がたまらん 旧ドイツ軍用バイク「BMW R75」をエレガントに変身させた「ブラックファントム」の色気がヤバイ
どこまでも追いかけたい。(2018/6/22)

1970年代からやってきた電動バイク「ONYX」が醸し出すレトロフューチャー感がすごい
コンセプトは「ノスタルジックな電動バイク」。(2018/6/14)

ミッキーマウスと原付バイクが融合!? ディズニーモータース「チムチム」ライフサイズモデルを初披露
世界で1台だけの超レア品。(2018/6/8)

うぉぉぉ、このカタチでこの現代に「新車」で登場 “戦時中”デザイン「Royal Enfield Classic 500 Pegasus Edition」がカッコよすぎ
イギリスの老舗バイクメーカーの「新作」。【写真19枚】(2018/6/7)

女性ライダー98%がバイクに乗る男性を「魅力的」に感じる 男女548人が答えた「ライダー実態調査2018」
ぼっちライダー率は18.6%。(2018/6/4)

時を司る憤怒の化身 時計をモチーフにしたカスタムバイク「Tempus Fury」が中二病すぎる
時属性……実在したのか!(2018/6/1)

原付バイクを改造した消防車両 本隊に先行して現場へ、状況確認や初期消火で迅速な展開に期待
小型の消火ユニットを搭載した原付。(2018/6/1)

170馬力で最大トルク393Nm 全知全能の神の名を冠する電動バイク「ZEUS」が最強すぎる
E-Twinユニットが170hpを発揮(2018/5/17)

衝撃事件の核心:
ポルシェであおり運転→バイク転倒……命を救うはずの医師だったのになぜ
排気音を響かせ、300馬力のスポーツカーは1台のバイクを執拗(しつよう)に追い回した−。神奈川県伊勢原市の路上でバイクに幅寄せして転倒させ、運転していた男性を負傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの疑いで25歳の無職の男が神奈川県警に逮捕、起訴された。(2018/5/17)

TechFactory通信 編集後記:
オートバイ販売動向に見る「MaaS」のヒント
昨今話題の「MaaS(Mobility as a Service:サービスとしてのモビリティ)」をより理解するためのヒントは、オートバイにある……かもしれません。(2018/5/12)

CAEニュース:
自動車開発におけるCAEやNVHを支援、ホイール6分力計「SWIFT Evo」を販売開始
東陽テクニカはホイール6分力計「SWIFT Evoシリーズ」を販売開始した。同製品では機能強化や精度向上、GUI改良を行った。低ヒステリシスとクロストーク、優れた非直線性を特長とし、オートバイおよび四輪バギーにも取り付け可能だ。Transducer Electronic Data Sheet(TEDS)も内蔵。CAEによる検証やNVHによる車両解析を支援する。(2018/5/7)

「ヤアアアァ!」→バイクを真っ二つ! 空手青年がスーパーパワーを見せるドッキリにニューヨーカー驚く
なんだかスッキリするドッキリ映像です。(2018/5/6)

Nintendo Laboで車いすをコントロール! バイクのように楽しく走る動画が話題に
今までにない形のゲームプレイが実現。(2018/5/3)

バイクの販売台数は減少傾向:
二輪車で新潮流「ネオレトロ」、古くて新しいバイクで市場活性化
見た目は昔風で中身は最新−。国内の大手二輪車メーカーは、伝統的なデザインに先進の運動性能を融合させた「ネオレトロ」という分野のバイクを相次ぎ投入している。年配のライダーが懐かしさを、若者は新鮮さを感じ購入。(2018/5/2)

あのモンキーが待望の復活!! かわいすぎるっ! ホンダのミニバイク「モンキー125」登場
125ccエンジンを搭載して新型に。7月12日発売。(2018/4/24)

漫画家が快適さを追求した結果「歯医者っぽくなった仕事場」にさらなる進化 トランスフォームで運動も可能に
通常モードから、立ち仕事に切り替えられる「スタンドモード」や、仕事をしながら運動できる「エアロバイクモード」に3段変形。(2018/4/23)

スティーブン・スピルバーグの描く「ガンダム」がすごい……親父も熱中するわけだ 映画「レディ・プレイヤー1」公開
4月20日(金)公開のスティーブン・スピルバーグ監督作品「レディ・プレイヤー1」にガンダム(RX-78-2)が登場。金田バイクはデロリアンとカーチェイスしてキングコングに……!?(2018/4/20)

「お気に入りは金田バイク」 スピルバーグ監督、13年ぶりの来日で日本カルチャーへの愛を語る
この日を待ってた!(2018/4/19)

ドワワワワ!!! アヒルの大群の道路横断にバイクも車も一時停止の事態発生
なにこれすごい。(2018/4/7)

“手ぶら”でOK、両国駅で「ロードバイク貸します」 サイクリスト列車「B.B.BASE」関連サービスが拡充
レンタル費用は1日2000円から。出発前の車両整備サービスなども開始。(2018/3/30)

電気自動車:
EV化の波は二輪にも、電動バイクの最前線
「東京モーターサイクルショー」では、モーターとバッテリーが動力源となる電動バイクの存在感が強まっていた。スクーターからレースマシンまで、電動バイクの“現在地”を紹介する。(2018/3/28)

やばい、あの「世界最速芝刈り機」がもっと過激になって帰ってきた! 192馬力モンスターバイクのエンジン搭載
「フフフ、待たせたな……」って。ホントにもう、欧州ホンダ開発者の皆さんったら。(画像20枚)(2018/3/26)

ヤマハやADIVAが初公開:
「東京モーターサイクルショー」開幕 「電動バイク」に熱視線
バイクの祭典「東京モーターサイクルショー」が開幕。最新モデルが東京ビッグサイトに集結した。(2018/3/23)

水曜インタビュー劇場(史上最高額公演):
和歌山発の「電動バイク」がヒットした、4つの理由
電動バイク「glafitバイク GFR-01」が人気を集めている。年間1500〜2000台売れればヒットと言われるなかで、このバイクはわずか4カ月で3000台以上も売れているのだ。多くの支持を集めている要因は何か。生みの親、鳴海禎造さんに話を聞いた。(2018/3/14)

ホンダ、新型ネイキッドバイクを一挙に3車種投入 写真で見る「CB1000R」「CB250R」「CB125R」
原付二種からリッタークラスまで。人気の250ccスポーツ「CBR250RR」にも新色。(2018/3/9)

痛車、痛バイクが大集結! あの「川崎大師」でマジに交通安全を祈願してもらってきた
全てのドライバーが穏やかな心でハンドルを握れますように。(2018/3/5)

キーワードは「地元」:
和歌山発のバイクが1億円の“共感”を集めた理由
クラウドファンディングを成功させるためには何が必要だろうか。和歌山県のベンチャー企業が実施した「glafitバイク」プロジェクトは国内最高額となる約1億2800万円を集め、注目を浴びた。なぜ多くの人が支持したのか。glafitの鳴海禎造社長に聞いた。(2018/2/26)

「ロックマン」のモチーフを盛り込んだロードバイク登場 ブルースやフォルテ柄のジャージも
30周年を記念したロックマン自転車がかっこいい。(2018/2/22)

成迫剛志の『ICT幸福論』:
世界はQRコードでできている バイクシェアに見る中国と日本の違い
中国・深センで見つけたバイクシェアの仕組みを、日本の仕組みと比較してみると、ユーザー目線で見た“本当に必要なこと”が見えてきた。“破壊的イノベーション”を加速する、意外な仕組みとは?(2018/1/18)

池田直渡「週刊モータージャーナル」2017総集編:
滅亡する50ccバイク、トヨタのGoogleキラー
筆者が書いた記事で2017年のページビュー・ベスト5を取りまとめた。今回は昨年を振り返る意味でも、そのトップ3について改めて述べたいと思う。(2018/1/1)

「LINE」活用でシームレスに使える:
LINE、シェアバイク「Mobike」と提携 18年上半期スタート
LINEがシェアバイク事業大手の「Mobike」と業務提携。「LINE」を活用したサービスを18年上半期をめどにスタートする。(2017/12/20)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。