ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バイク」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
誠Style:クルマ・バイク
質問!バイク→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でバイク関連の質問をチェック

大学キャンパス出張授業:
自動車アセスメントのための技術開発ではない、もっと安全なクルマを作るため
自動車業界の経営トップが大学生にクルマ・バイクの魅力や楽しさ、日本のモノづくりの重要性を伝える「大学キャンパス出張授業」。安全という個性を確立するまでの取り組みを伝えた、東京工業大学でのスバルの講演を紹介する。(2017/11/20)

大学キャンパス出張授業:
生産現場一筋のトヨタ副社長が学生に教える、「自働化」の在り方
自動車業界の経営トップが大学生にクルマ・バイクの魅力や楽しさ、日本のものづくりの重要性を伝える「大学キャンパス出張授業」。東京大学で登壇したトヨタ自動車 副社長の河合満氏の講演を紹介する。(2017/11/13)

たぶんお子様大興奮 「マリオカート」仕様の幼児バイクがかっこいい
そういえばクリスマスもうすぐ。(2017/11/9)

これはよさげな新色 人気スポーツバイク「YZF-R25」「YZF-R3」に2018年モデル
ヤマハの人気スポーツバイク「YZF-R25/R3」の2018年モデルが登場。1月20日発売。(2017/11/9)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2017(2):
勝つためのEV! ガソリン車だけの勝負じゃなくなってきたゾ!
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」とは。2017年も楽しくレポートします! さて第2回はどの大学が登場するでしょうか。(2017/11/8)

AmazonのCMみたいに孫のバイクに乗りたい―― おばあちゃんの夢をかなえた動画にほっこり
幸せそうな二人乗り。(2017/11/7)

新潟県であまりにも「不死鳥」な雲が撮影され話題に ツーリング中に思わずバイクを停めて撮影
秋の雲がつくりあげた現象。新潟の学生さんがツーリング中、偶然撮影しました。(2017/11/6)

これは遊べそう 折りたためる電動バイク「BLAZE SMART EV」が登場、小型軽量でお値段12万8000円から
家庭用コンセントで充電、最大30キロ走れる。(2017/11/6)

あの色が輝く「百式ロードバイク」登場 第2弾はアナハイム・エレクトロニクス社製、18万3000円から
ユニコーンガンダムモデルとシャア専用カーボンフレームも同時発売。(2017/11/2)

車を愛すコンサルタントの学生フォーミュラレポ2017(1):
クルマも機械も面白いよね! 女性リーダーも活躍する学生フォーミュラ
車とバイクが大好きなモノづくりコンサルタントから見た「全日本学生フォーミュラ大会」とは。2017年も楽しくレポートします! さて第1回はどの大学が登場するでしょうか。(2017/11/2)

未来のバイクは「倒れない」「転ばない」「シャキーンと変形する!?」 東京モーターショー2017のワクワクする近未来バイクまとめ
東京モーターショー2017で展示されていたワクワクする近未来バイクを一挙に紹介。みんな乗ってみたい。(2017/10/30)

東京モーターショー2017:
手招きで歩み寄ってくるバイク ヤマハが問う「常識」
ヤマハ発動機が東京モーターショーで展示している電動二輪車「MOTOROiD(モトロイド)」。意思を持っているかのように動き出す理由とは……。(2017/10/28)

「ガンダム」モチーフの本格ロードバイクが3種登場 幕張メッセで開催の「CYCLE MODE」にて初お披露目
これは乗ってみたい。(2017/10/27)

東京モーターショー2017:
生きているようなバイク「MOTOROiD」、ヤマハが開発
人工知能(AI)搭載の二輪車のコンセプトモデル「MOTOROiD」をヤマハ発動機が開発。オーナーの声に反応し、倒れることなくゆっくりと自律走行する。(2017/10/26)

東京モーターショー2017:
動画で見る“倒れないバイク” ホンダが日本初公開
バランス制御で自立できるバイク技術「Honda Riding Assist-e」をホンダが日本で初公開した。(2017/10/25)

東京モーターショー2017:
時速200キロ! バイク操縦するロボット「MOTOBOT」が超進化 「胃が痛かった」ヤマハが挑戦した3年間
二輪車を操縦するヤマハ発動機の人型ロボット「MOTOBOT Ver.2」が、時速約200キロでサーキット走行に成功。「胃が痛かった」――約3年間にわたる開発の舞台裏を聞いた。(2017/10/25)

あの「倒れないバイク」に、かっこよくなった新型 ホンダが東京モーターショーで展示
かっこよくなり、電動バイクに。(2017/10/19)

“倒れないバイク”再び ホンダが改良版、東京モーターショーに出展
ライダーがバランスを保たなくても自立する「Honda Riding Assist-e」が、第45回東京モーターショー2017に登場する。(2017/10/19)

バイク操縦するロボット「MOTOBOT」が進化 ヤマハ、東京モーターショーで披露
二輪車を操縦する人型ロボット「MOTOBOT Ver.2」を、ヤマハが第45回東京モーターショー2017に出展する。(2017/10/12)

メキシコ警察、地震でけがをしたワンちゃんを救助 バイクでさっそうと獣医師の元へ
心温まります。(2017/10/4)

銃器メーカーのカラシニコフ、空飛ぶバイクを開発 まるで“乗れるドローン”
まさにでっかいドローンに乗って操縦する感じ。(2017/9/27)

新連載・冴えるクラウドファンディングの育てかた:
「クラウドファンディングで日本一に」──社員わずか20人、和歌山発・乗り物ベンチャーの挑戦
日本のクラウドファンディングで、最も資金を集めた“ハイブリッドバイク”を知っていますか。(2017/9/18)

スタンディングデスクとしても 仕事しながら運動できるデスク付フィットネスバイクが登場
可動する机が便利そう。(2017/8/28)

警視庁が特殊詐欺の「受け子」求人広告に注意喚起 「バイク便・電車便」と称した配達アルバイトとして募集
詐欺に加担することになります。(2017/8/16)

工具不要でスマホを自転車に取り付けられるホルダー ミスターカードから
ミスターカードは、自転車向けスマートフォン用ホルダー「C08」を発売。工具不要で取り付けでき、シティサイクル(ママチャリ)やロードバイク、クロスバイクなどで使える。(2017/7/26)

「フィットネスバイク一体型デスク」登場 運動しながら仕事できるぞ
フィットネスバイクがデスクが一体になった「エクササイズデスク」が登場。ペダルをこぎながら仕事やゲームなどができる。(2017/7/26)

自動運転技術:
バイクに感情を持たせたら、高速走行中はランナーズハイだった?
法人向けイベント「ソフトバンクワールド 2017」(2017年7月20〜21日、東京都港区)の講演に、ソフトバンクのグループ会社であるcocoro SBの取締役である大浦清氏が登壇。クルマやバイクに感情を持たせる試みの最新動向を紹介した。(2017/7/25)

仕事しながらフィットネス パソコンも置ける「デスク付きルームランナー&バイク」が便利そう
おしゃれなデザインです。(2017/7/25)

金田バイクにデロリアン! SF映画「Ready Player One」の初トレーラー公開、80・90年代ポップカルチャーあふれる
2018年3月に全米公開。(2017/7/23)

仮面ライダーも乗らない!? 縮む日本のオートバイ市場
「トップガン」の続編が作られることになった。縮小する日本国内の二輪車市場を活性化させるか。(2017/7/11)

支えるのはおじさんライダー:
仮面ライダーも乗らない!? 縮む日本のオートバイ市場
米ハリウッドから日本の二輪車メーカーに朗報が舞い込んだ。(2017/7/4)

特選ブックレットガイド:
「電動バイクを作りたい」――夢の実現を支えた3次元ツール
電動バイク「zecOO(ゼクー)」はこうして作られた。(2017/6/23)

生産終了:
ホンダ「モンキー」最終モデル、台数限定で発売
ホンダは、原付バイク「モンキー」の最終モデルとなる「モンキー・50周年スペシャル」を7月21日から500台限定で販売する。(2017/6/22)

警察官風のコスプレや、白バイ風のバイク改造はどこまで許される? 警視庁に聞いてみた
ケースによっては刑罰を受ける可能性も。(2017/6/19)

バイクは体重移動が大事なのにゃ! レーサー気分で「コーニャリング」を披露する猫ちゃんがかわいい
レースを観てたら自然とこうニャる?(2017/6/14)

TechFactory通信 編集後記:
「ぶつからないバイク」は実現できる?
「ぶつからない」を感じさせるクルマが増えていますが、2輪での実現は可能でしょうか。(2017/6/3)

ロードバイクはオレ専用○○である! 「自転車に50万円」が“安い”理由(後編)
一度ハマったら抜けだせない。(2017/6/1)

「遊びではない、本気で安全性に取り組む」──約12万円のハイブリッドバイク 人の命を預かるベンチャー企業の心構えとは
自転車と電動バイクのハイブリッド「glafitバイク GFR-01」が登場。ベンチャー企業が「人の命を乗せて走る乗り物」を作るために必要なこと。(2017/5/31)

自転車への異常な愛情 または私はいかにして「ロードバイク大好きオジサン」となったか?(前編)
自転車沼にハマった人からの告白。(2017/5/21)

なにげなく撮った写真に違和感 バイクの浮遊感がどう見てもコラ画像にしか見えない
なにこれ。(2017/5/20)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
目前に迫った50ccバイクの滅亡
かつては若者のライフスタイルの象徴だった二輪車だが、この30年で保有台数が約700万台も激減した。この夏も数多くの二輪車が生産中止になる。なぜこのようなことになってしまったのだろうか……?(2017/5/8)

Spigen、Amazon限定セールを開催 車載ホルダーやカーチャージャーが最大20%オフ
Spigenは、5月14日までアクセサリーを対象としたAmazonストア限定セールを開催。車載ホルダー、カーチャージャー、バイクマウント、自撮り棒などが最大20%オフとなる。(2017/5/2)

3倍速く漕げる!? ジオニック社製「シャア専用ロードバイク」がプレミアムバンダイで登場
「さて問題は、私に明確なロードバイクの素養があるかどうかだが」(2017/4/26)

赤い彗星が地上を駆ける、「ZEONIC社製シャア専用ロードバイク」発売
(2017/4/26)

けもフレな乗り物「ジャパリバイク」がすっごーい! かっこいいサーバルカラーな車体にボスの姿も
ジャパリバスと一緒に作られていてもおかしくないかも?(2017/4/22)

製造IT導入事例:
MotoGPレーシングバイクにIoTセンサーを装着し、テストに活用
アクセンチュアは、Ducatiのオートバイレース部門であるDucati Corseと協力し、IoTと人工知能関連技術をMotoGP世界選手権に参戦するレーシングバイクのテストに活用している。(2017/4/21)

メイプル超合金、パンダの乗り物で“大型バイクの峠攻め”のイメトレ 遊園地の係員を心配させる
何をやっても“攻めてる”感じのする2人。(2017/3/18)

「碧志摩メグ」の痛バイクが世界進出するかも? 鈴鹿サーキットでのレース出場に向け、出資募集スタート
海女さんからレースクイーンにジョブチェンジ。(2017/3/17)

実写版「攻殻機動隊」、少佐が乗るバイクは“ホンダ製”
漫画「攻殻機動隊」のハリウッド実写版「GHOST IN THE SHELL」で、少佐が乗り込むバイクはホンダの大型二輪車「NM4」がベースだという。(2017/3/17)

装着するだけで自転車をスマートバイクにするアイテムから“持たなくていい傘”まで――4月の「+Style」注目アイテム
(2017/3/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。