ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビルコム」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ビルコム」に関する情報が集まったページです。

分散型コンテンツを一元的に管理・分析できるソフトウェアを共同開発:
ログリーとビルコム、B2B企業向けコンテンツマーケティング支援事業を行う新会社設立へ
ログリーとビルコムは、共同出資により、新会社を設立することで合意した(2018/10/19)

第1弾として日本航空が導入:
ビルコム、PR効果測定ツール「PR Analyzer」と「Domo」のデータ連携を開始
ビルコムは、PR効果測定ツール「PR Analyzer」において、ドーモのクラウド型BIツール「Domo」とのデータ連携を開始した。(2018/5/30)

オウンドメディア運用の負荷を軽減:
ビルコム、1記事から設置可能な「オウンドコンテンツ」のプラットフォームを提供開始
ビルコムは、記事単位で企業のオウンドコンテンツを設置し、広告を用いた外部配信と集客、記事型コンテンツの「熟読率」計測によるメッセージの妥当性を評価できるサービス「BRAND PRESS」の提供を開始した。(2016/7/19)

動画広告のオムニバスとOEM提携:
ビルコム、動画コンテンツマーケットプレース「VIDEO PRESS」を提供開始
ビルコムはオムニバスと提携し、動画コンテンツマーケットプレース「VISM」を広告主向けに提供する「VIDEO PRESS」の提供を開始すると発表した。(2016/4/26)

メディアニーズに合ったPRメッセージを抽出:
ビルコム、報道ビッグデータから自社の特徴を分析する新サービスを提供
ビルコムは2016年4月1日より、過去の報道内容からメディアニーズに基づくPRメッセージを導出するサービス「特徴語句報道調査」を提供開始した。(2016/4/1)

企業広報の「隠れ家でちょっと一息」:
言葉を丁寧に紡ぐ人であれ ビルコム・中村亜裕美さん
テレビ局のアナウンサーからマーケティング会社の広報に転身した中村さんは、これからも「言葉」にこだわりを持ち続けたいと話す。(2012/11/16)

調査リポート:
iPadアプリの利用実態は
ビルコムがPadの利用実態に関する調査結果を発表。iPadアプリを通じて商品の予約や購入を行ったとするユーザーは4割超となり、その理由には、iPadの操作性のよさや画面サイズなどが挙がっている。(2010/8/20)

WebPRの仕掛け方:
メディアに火を付けるコツ【後編】
消費者は商品の存在に気付いた後、商品特性を理解し、ほかの製品と比べた上で、購入する。企業が商品やサービスを売るためには、この購買プロセスごとに適切な施策を講じていく必要がある。(2009/10/6)

WebPRの仕掛け方:
メディアに火を付けるコツ【前編】
企業がサービスや商品をWebで売るためには、消費者がそれらに対して興味を持つように情報をうまく届けなければいけない。その第一手はメディアを巻き込むことだ。(2009/10/2)

ビルコム、社内コミュニケーションに携帯サイトを活用
(2008/8/22)

モチベーション管理に:
同僚への感謝をポイントで付与 ビルコム、携帯を活用した評価制度
同僚の仕事や言動を評価し、感謝の気持ちをポイントで付与できる制度をビルコムが取り入れた。社内コミュニケーションの活性化なども狙いとしている。(2008/8/22)

Web2.0型金融ビジネスは成り立つか:
Web2.0型ビジネス研究 ショッピングSNS編
GMOインターネット証券の今後を占う上で、Web2.0の世界におけるビジネスの特徴について考えてみたい。代表的なものとしてはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が挙げられるだろうが、よく見ると、Web2.0型ビジネスには発想豊かなものがいろいろとある。その一つが、モノが売れるという「ショッピングSNS」である。(2006/7/10)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。