ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ビルコム」最新記事一覧

動画広告のオムニバスとOEM提携:
ビルコム、動画コンテンツマーケットプレース「VIDEO PRESS」を提供開始
ビルコムはオムニバスと提携し、動画コンテンツマーケットプレース「VISM」を広告主向けに提供する「VIDEO PRESS」の提供を開始すると発表した。(2016/4/26)

メディアニーズに合ったPRメッセージを抽出:
ビルコム、報道ビッグデータから自社の特徴を分析する新サービスを提供
ビルコムは2016年4月1日より、過去の報道内容からメディアニーズに基づくPRメッセージを導出するサービス「特徴語句報道調査」を提供開始した。(2016/4/1)

企業広報の「隠れ家でちょっと一息」:
言葉を丁寧に紡ぐ人であれ ビルコム・中村亜裕美さん
テレビ局のアナウンサーからマーケティング会社の広報に転身した中村さんは、これからも「言葉」にこだわりを持ち続けたいと話す。(2012/11/16)

調査リポート:
iPadアプリの利用実態は
ビルコムがPadの利用実態に関する調査結果を発表。iPadアプリを通じて商品の予約や購入を行ったとするユーザーは4割超となり、その理由には、iPadの操作性のよさや画面サイズなどが挙がっている。(2010/8/20)

WebPRの仕掛け方:
メディアに火を付けるコツ【後編】
消費者は商品の存在に気付いた後、商品特性を理解し、ほかの製品と比べた上で、購入する。企業が商品やサービスを売るためには、この購買プロセスごとに適切な施策を講じていく必要がある。(2009/10/6)

WebPRの仕掛け方:
メディアに火を付けるコツ【前編】
企業がサービスや商品をWebで売るためには、消費者がそれらに対して興味を持つように情報をうまく届けなければいけない。その第一手はメディアを巻き込むことだ。(2009/10/2)

ビルコム、社内コミュニケーションに携帯サイトを活用
(2008/8/22)

モチベーション管理に:
同僚への感謝をポイントで付与 ビルコム、携帯を活用した評価制度
同僚の仕事や言動を評価し、感謝の気持ちをポイントで付与できる制度をビルコムが取り入れた。社内コミュニケーションの活性化なども狙いとしている。(2008/8/22)

Web2.0型金融ビジネスは成り立つか:
Web2.0型ビジネス研究 ショッピングSNS編
GMOインターネット証券の今後を占う上で、Web2.0の世界におけるビジネスの特徴について考えてみたい。代表的なものとしてはソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が挙げられるだろうが、よく見ると、Web2.0型ビジネスには発想豊かなものがいろいろとある。その一つが、モノが売れるという「ショッピングSNS」である。(2006/7/10)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。