ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「バンジージャンプ」最新記事一覧

関連キーワード

ハウステンボスが東京初進出 HIS渋谷に人気VR開設
若年層に人気のあるVRコンテンツで、首都圏での認知度向上と集客につなげる。(2017/7/11)

無茶しやがって 札幌・テレビ塔で地上27メートルから大通公園にダイブするイベントを開催
レバンガ北海道の折茂武彦選手が挑戦者第1号となりました。(2017/6/30)

宇宙へぶっ飛ぶ逆バンジー、本格的な心霊体験も 渋谷のハウステンボスVRを先行体験
ハウステンボスが、6月24日にVR施設「SHIBUYA VR LAND by HUIS TEN BOSCH」をオープン。「宇宙へ飛ぶ逆バンジー」からイケメンによる「壁ドン」まで、5つのコンテンツを体験してきた。(2017/6/19)

よみうりランドがコラボ:
「HiGH&LOW」を再現 「ハイローランド」を見てきた
よみうりランドと「HiGH&LOW」が6月14日からコラボ企画スタート。オリジナル飲食メニューの提供や、衣装・小道具の展示、スペシャルアトラクションともりだくさん。実際に行ってきた。(2017/6/14)

ハウステンボスがVRで東京進出 「SHIBUYA VR LAND」6月24日オープン
ハウステンボスがVRエンターテインメント施設「SHIBUYA VR LAND」を6月24日にオープンすると発表した。同社テーマパークで人気のVRコンテンツ5種を選出。(2017/6/7)

イケメンや女子高生からの“壁ドン”体験! ハウステンボスにVRコンテンツ続々追加、日本最大級のVR施設に
ほかにも宇宙まですっ飛ぶ逆バンジーなど、新規17コンテンツが登場。(2017/2/9)

遠藤雅伸に聞く:ゲームデザイナーとなるには、ゲームの面白さを知るには、どんな本を読めばいいのか?
ゲームデザイナー&研究者・遠藤雅伸インタビュー。(2017/2/2)

大胆かつ繊細なフォームが美しい 英国男性、「バンジージャンプでクッキーを紅茶に浸す」ギネス世界記録を更新
紅茶をほとんどこぼさない謎のスキル。(2016/11/22)

ITmediaも初参戦:
メディア対抗耐久レースも毎年開催 イベントで絆を強くするマツダとユーザーたち
日本のメーカーの中でもとりわけユーザーとの強い関係性を築き上げているのが、自動車大手のマツダである。その表れの一つとして、実にさまざまなイベントをユーザーとともに開催しているのだ。(2016/9/9)

216メートルのバンジージャンプに挑戦した男性、成功するもiPhoneを谷底に落としテンションもドン底に
歓喜から失望までの落差が果てしない。(2016/8/23)

フジテレビはどうして「自己満足」から抜け出せないのか?
アニメを充実させればいいんだよ(暴論)。連載「ネットは1日25時間」。(2016/8/20)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
「本音で生きる」とはどういうことか
なぜ本音を言えないのか、なぜ本音で生きられないのかのほうが分からない。(2016/7/7)

「VR ZONE Project i Can」:
3年前にOculus版「機動戦士ガンダム 戦場の絆」が存在した!? プロデューサーが語るVRアミューズメント施設の裏側
4月28日にデジタルハリウッド大学駿河台キャンパスで行われたイベント「Tokyo VR Meetup #04 VR×ネカフェ・アミューズメント施設の可能性」にて、VRアミューズメント施設「VR ZONE」に携わるバンダイナムコエンターテインメントの小山氏と田宮氏が内情を語りました。(2016/4/29)

20歳限定!! よみうりランド成人式バンジーに参加してみた
大人になるための試練なのだ。(2016/1/18)

めっちゃストレートだなお前ら! イケメンスーツ達が必死でお願いするスカパーのプロモーション動画がすごく清々しい
この不器用さこそが武器。(2015/9/20)

バンジージャンプで円満離婚!? ジューンブライド華やぐ季節に“離婚式”へ潜入してきた!
お互いの苦しみを軽減させて幕を下ろす手段の一つが離婚式。(2015/6/14)

新人営業マンがまず身につけるべき必須スキル
(2015/5/26)

「株主優待で暮らす将棋棋士」桐谷さんのLINEスタンプ登場 もちろんチャリこいでます
スタンプになったが桐谷さんはそういう次元で生きていない。(2015/1/15)

干支なんでヒツジたちで「未」文字つくります マザー牧場が年末年始にヒツジづくし
メェメェでもふもふな未文字。(2014/12/15)

命綱がない……だと……? 30メートルの高さから落ちるアトラクションがめちゃくちゃ怖そう
高所恐怖症の人は絶対無理。(2014/11/24)

野外4つのスクリーンで映画を同時上映 日本初の“映画フェス”「夜空と交差する森の映画祭」へ行ってきた
埼玉の景勝地・長瀞にスクリーンをいくつも設けて、映画三昧の一夜を明かす。フェス形式としては日本初の野外映画祭は、特別な鑑賞体験をもたらすか。(2014/10/27)

これが新しい番組ナビの形?:
テレビが視聴者の興味を“推定”して、番組をオススメ!
NHK放送技術研究所は、カメラと「Kinect for Windows センサー」を利用して視聴者の興味を推定するテレビを、「技研公開 2014」で紹介した。推定した興味を基に番組をナビゲートする機能など、新しいサービスを展開したいと語る。(2014/6/2)

18年ぶりに返り咲いた(?)日本一低い山「日和山」に登ってみた
軽装でも登れる方の日本一。(2014/5/28)

「Oculus Rift」と「To LOVEる」の奇跡のコラボでラッキースケベが現実に 立体機動訓練もできるニコニコ超会議3
おい、ニコニコ超会議のアニメエリアが全力だぞ。(2014/4/11)

仕事をしたら“やっぱりヘンな日本人”がいた(後編):
宋文州氏は何度も言う。日本人のココがヘンだ
ソフトブレーン創業者の宋文州さんは、これまで「日本のおかしいところ」をバッサリ切ってきた。今年で来日28年目を迎えるが、「日本人って変わらないなあ。昔のままだ」という点があるという。それは……。(2013/9/18)

調査兵団になりきって弓矢のごとく空中へ! 進撃のバンジージャンプがすごい
「進撃の巨人」の戦闘シーンをバンジージャンプで再現した写真がすごいと話題です。(2013/6/3)

月刊エンジニアライフ(56):
「エンジニアが使えることわざ」まとめ
(2013/4/3)

【超速報】エイプリルフールまとめ 2013年もガンガンまとめるよ!
最も面白いウソはどれだ!(2013/4/1)

超小型のビデオカメラ! カメラ目線の迫力ある動画が撮れるアクションカム【デジ通】
通常はなかなか撮影できない環境で、動画を撮影する「POV」(Point of View)と呼ばれているビデオカメラ市場が成長している。(2012/12/4)

オルタナティブな生き方 片岡麻実さん:
目指せ、古典文学となるブログ!
文学少女とITが出逢うと片岡さんになる。「ガラスの仮面シリーズ」など一風変わった視点のブログを書く彼女に、生い立ちやブログへの思いを聞いた。(2012/7/12)

藤田正美の時事日想:
数字で見る、ドイツの強さと弱さ
リーマンショック以降、四苦八苦している国が多い中、ドイツの“強さ”が目立っている。2010年の成長率は3.6%と、G7(先進7カ国)の中でもトップクラス。なぜドイツ経済はこれほど堅調なのか。数字を見て、強さと弱さを分析してみた。(2011/2/14)

新マップ「エリン森」実装――「メイプルストーリー」アップデート
(2009/1/29)

セルフイメージで人生を変える:
「1人と愛し合いたい」「複数から思われたい」は両立する?
「1人の異性を愛を誓いたい」のに「複数の異性からも思われたい」。「世のため身を粉にしたい」けど「ハワイでのんびりもしたい」。1人の人間には複数の価値観が拮抗(きっこう)しています。あとは優先順位とバランスの問題なのです。(2008/12/16)

「アサシン クリード」レビュー:
バシュっと倒すと、気分は暗殺者
“暗殺者”という職業を疑似体験できる、大人のためのアクションゲームが登場。コソコソ動いてズバッと暗殺するアサシン気分をたっぷり楽しめる、爽快感たっぷりの大作ゲームだ。(2008/1/10)

+D Style News:
スピルバーグ版“変形合体ロボ”映画「トランスフォーマー」会見
戦闘機が巨大ロボに一瞬にしてトランスフォームするなど“ありえねー!”映像の連続で話題の、スティーブン・スピルバーグ×マイケル・ベイによる実写版“変形合体ロボ”映画「トランスフォーマー」。主演俳優による記者会見が行われた。(2007/5/31)

Mobile&Movie 第172回:
バンジージャンプする「君は誰なんだ?!」
映画の中の名脇役として登場する“モバイル製品”をご紹介する「Mobile&Movie」。今回ご紹介する作品は、着メロがきっかけで運命の恋に気付く「バンジージャンプする」です。【ネタバレ注意】(2005/7/29)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。