ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「美容」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「美容」に関する情報が集まったページです。

「餓死するかと思った」「顔に生理用ナプキンを……」壮絶な痛みを乗り越えて、整形女子たちが「かわいい」を求める理由
「美容整形トークショー vol.1」レポート。(2018/12/9)

秋冬の美容のポイントって? インフルエンサー新藤まなみに聞く
インスタ映えする写真の撮り方も伝授!(2018/11/21)

イノベーションのレシピ:
美容家電に本気のマクセル、第1弾は温風を“出さない”ドライヤー
マクセルは2018年10月11日、同社で初めてとなる美容家電の新ブランドを発表した。ブランド名は同社名を逆読みした「llexam(レクサム)」で、美容家電事業への取り組みを強化する。ブランド価値向上と認知拡大を狙い、当面の間はレクサム製品を美容サロンルートのみで販売する戦略を取る。(2018/10/12)

長谷川秀樹のIT酒場放浪記:
プラットフォーマーの立場から世界の美容業界にイノベーションを――アイスタイルの取締役兼CFO 菅原敬氏
月間約1400万人が利用するという美容情報サイト「@cosme」を運営するアイスタイルの取締役兼CFO 菅原敬氏。アイスタイルの創業秘話や、社内エンジニアの地位を変えたという組織づくりのコツ、世界の美容業界の変革を目指す語る菅原氏の経営哲学とは。(2018/9/28)

「何でも洗う」「LINEだとキャラ違う」 母親の生態を“フテネコ”で表したイラストが面白かわいいと共感呼ぶ
「美容室行ったら起きる事」「歯医者で起きる事」などのあるあるネタがくすっとくる。(2018/9/25)

“豊胸手術した胸がLEDライトで光る映像”に東京美容外科がマネしないよう呼びかけ 「日常生活ではまず光らない」
やけどのリスクも。(2018/9/12)

SNS通じ中国人の信頼獲得:
45万人が中国に数千億円の日本製品を転売 謎の在日バイヤーを追う
中国市場に数千億円もの日本製品を売り込む中国系バイヤーに迫った。日本に居ながらSNSを駆使し美容用品などを販売。日本企業が今後活用できるかが鍵。(2018/9/4)

飲食店や美容院もAmazonアプリでお支払い――「Amazon Pay」がQRコード決済に参入
アマゾンジャパンがECサイト向け決済サービスとして展開していた「Amazon Pay」を、実店舗でのスマホ決済に対応させた。Amazonショッピングアプリに表示されるQRコードを使って、飲食店や美容院、衣料品店などの実店舗でキャッシュレス決済ができるようになる。(2018/8/30)

手軽さが人気の理由:
女性のSNS活用、1日の使用時間が最も長いSNSは……? 「インスタ派」が1位に
脱毛サロン「恋肌」を運営するセブンエー美容(福岡市)が発表した女性のSNS活用事情に関する調査結果によると、1日の使用時間が最も長いSNSの1位は「Instagram(インスタグラム)」(40.82%)がランクイン。(2018/8/21)

LINEモバイルが「1Mbps以上キープチャレンジキャンペーン」をスタート ソフトバンク回線限定
LINEモバイルが実施を予告していた「格安スマホ最速チャレンジキャンペーン」の詳細が発表された。合わせて、人気の美容アイテムや高額家電などが当たるTwitterキャンペーンも開催する。(2018/8/2)

リカちゃんの髪を美容師が真剣に切ってみた→軽いボブカットへ仕上げる手際に「さすがプロ」の声上がる
見事にやり遂げた美容師を取材しました。(2018/7/25)

出張連載 耐え子の日常:
美容室でドライヤーかけてもらえなかった OLが休日も異常な不幸に我慢しまくる「耐え子の日常」―オフ編―
Twitterで人気のショートギャグ漫画「耐え子の日常」がねとらぼで出張連載。第5回は「オフの日も耐える」編。(2018/7/9)

JASRAC、美容室など全国166店舗に法的措置
施設内でBGMを利用していながら音楽著作権の手続きが済んでいない全国166店舗に対して、JASRACが民事調停を申し立てた。(2018/7/2)

「Googleアシスタント」による電話予約代行「Duplex」のテストを今夏開始へ
Google I/Oでの自然な受け答えのデモで話題を呼んだ「Googleアシスタント」によるレストランと美容院への予約代行機能「Duplex」のテストが米国で始まる。アシスタントは最初にAIであると名乗り、会話を録音していることも説明する。(2018/6/28)

LINE、女性の悩みを相談できる「トークCARE」スタート 恋愛や美容など
メッセージアプリ「LINE」で、恋愛や美容など、女性の悩みを専門家に相談できるサービス「トークCARE」の提供が始まった。1分当たり100円(税込)から。(2018/6/11)

11万rpmモーターをハンドル内に:
髪を傷めず頭皮を乾かす、ダイソンドライヤーの技
ダイソンは2018年5月28日、同社製ヘアドライヤー「Supersonic」の新色“ブラック/ニッケル”と、美容師・ヘアスタイリスト向けの“プロモデル”の発売を発表した。Supersonicでは、同社が得意とする「デジタルモーター」の技術力をアピールした。(2018/5/29)

ダイソンのドライヤーに美容師向けの「プロモデル」登場 アタッチメントやフィルターを改良
ダイソンがヘアドライヤー「Dyson Supersonic」のプロ向けモデルを発表。スタイリングの際の動きを研究し、プロがストレスなく使えるよう付属のアタッチメントやフィルターなどを改良したという。一般向けには新色の「ブラック/ニッケル」を6月20日に発売。(2018/5/28)

「今まで見た中でいちばん可愛い!」「やっぱ妖精だわ」 美容誌デビューの浅田真央、“新たな自分”だという大人カワイイ姿に反響
肌の透明感スゴい。(2018/5/19)

謎コラボが深い!:
タクシーの中でコーヒーをどうぞ ネスレ日本の隠された狙い
ネスレ日本は日本交通と組んで、タクシーの車内で美容ケアなどをしつつコーヒーを飲んでもらう「眠れる森の美女タクシー」キャンペーンを始めた。働く女性に的を絞り、プレイべート空間に商品を売り込むネスレ日本ならではの戦略と言える。(2018/5/7)

肌荒れには1日2〜3本のストロング缶 西山茉希のぶっ飛んだ美容法に「激しく同意」「株が急上昇」の声
ストロング缶万能説。(2018/3/14)

徹底した肌感覚の追求とログが示す数字に基づく改善と:
PR:サロンのネット予約を当たり前にした「リクルートライフスタイル」の挑戦
今や当たり前となりつつある美容室やビューティーサロンのネット予約。その立役者となった「ホットペッパービューティー」と「SALON BOARD」の背後には、「美容室やビューティーサロンに従事する人たちが、もっと本業に専念できる環境を作ろう」という思いがあった。(2018/2/14)

@cosme運営会社、美容とテクノロジーの専門メディアを3月に正式オープン
@cosmeを運営するアイスタイルが、テクノロジーと美容を組み合わせた製品やサービスを紹介する専門メディア「BeautyTech.jp」を3月1日から本格運用する。(2018/2/1)

“買い物しようと街まで”出かけない?:
「サザエさん」スポンサー、Amazonなど3社に決定か
「サザエさん」の次期スポンサーが、アマゾンジャパンなど3社に決まったと一部が報道。入札によって10社近くの企業から選ばれたという。美容外科「高須クリニック」の高須克弥院長などは落選したと明らかにした。(2018/1/31)

掃除にも美容にも役立つ「お風呂の重曹活用術」
重曹とクエン酸のコンビで、お風呂掃除から気持ちいい炭酸風呂まで。(2017/12/22)

ヘアカタログ、美男美女ばかりで使う勇気が無い……→「ブサイクしか載っていないヘアカタログ」が逆にブレイク
美男美女ばかりのカタログだと、美容院で注文するときのハードル高いですから……。(2017/12/11)

資生堂「IoT化粧品」来春提供 その日の肌をチェック、配合をチェンジ
資生堂がスマホアプリとIoTマシンを活用し、日々変化する肌の状態に合わせ、美容液を抽出するシステム「Optune」を開発した。2018年春にβ版を発売する。(2017/11/27)

香取慎吾、髪色チェンジで話題の“パールフォギーグレージュ”ってなに? 美容師に聞いてみた
全体的にグレーがかった色味になるんだとか。(2017/11/16)

「ヒルドイド」美容目的での使用推奨は法律違反のおそれ 製造販売元が注意喚起
医薬品の適応外の使用を推奨することは薬機法に抵触するおそれがあります。(2017/10/27)

中価格帯の美容液や化粧品を製造:
資生堂、栃木に化粧品の新工場 IoTも導入 約400億円で
資生堂が、2019年に栃木県大田原市に新たな製造工場を建設すると発表。中価格帯の美容液や化粧品の製造を担う。IoTの技術も取り入れ、品質管理を徹底する。(2017/10/19)

「美容師」と「理容師」は何が違う? ダブルで資格を取るには?
法律で厳密に決められていた。(2017/7/13)

「不愉快にさせてしまった」記事削除:
「女の市場価値はいくつまで?」記事、「VOCE」謝罪
美容誌「VOCE」(講談社)がWebに掲載した「女の市場価値はいくつまで?」をテーマにした記事に批判が殺到。編集部は19日、記事を削除し、「不愉快にさせてしまった」と謝罪した。(2017/6/19)

JASRACが全国一斉法的措置を実施 178事業者、352店舗が対象
この申し立ての全件数のうち、163事業者・205店舗が美容室だったそうです。(2017/6/13)

JASRAC、美容室など全国352店舗に一斉法的措置 BGM利用の著作権手続き求め
施設内でBGMを利用していながら音楽著作権の手続きが済んでいない全国352店舗に対して、JASRACが簡易裁判所に民事調停を申し立てた。(2017/6/13)

美容整形情報サイト「ニコリー」、全記事を非公開に 「間違い多数」と医師から指摘受け
掲載内容を再度見直しするため。(2017/6/12)

「間違い多数」の指摘受け、全記事非公開に 「医師が教える」美容整形サイト「ニコリー」
医師の監修を受けているとうたう美容整形情報サイト「ニコリー」の記事に「誤りが多数ある」と指摘されていた問題で、運営元が全記事を非公開にした。(2017/6/12)

20秒でプリント完了:
プリンタでネイル、どうなの? 記者が体験してきた
最新ネイルプリンタを使ったジェルネイルサービス「ツメコ」。千趣会が美容サロン向けに提案を始めた。時間と手間がかかるジェルネイルが短時間で手軽にできることから、新たな女性向けサービスとして盛り上がりそうだ。実際に体験してみた。(2017/5/25)

「聖子ちゃんカット」で知られる美容室、運営会社が破産
美容室「HAIR DIMENSION」を運営するヘアーディメンションホールディングスが破産。(2017/4/19)

カリスマ美容師ブームの先駆け:
「聖子ちゃんカット」生んだ美容室、破産
松田聖子さんのヘアースタイル「聖子ちゃんカット」を考案したことで知られる美容室「HAIR DIMENSION」の運営元が破産。(2017/4/19)

1万1000点が新たに加わる:
Amazon「Prime Now」で百貨店の総菜も 商品拡充
Amazonプライム「Prime Now」で、ドラッグストアの美容用品や百貨店の総菜や和洋菓子の取り扱いが開始。ココカラファイン、マツモトキヨシ、三越日本橋本店などと提携する。(2017/4/18)

女子力高すぎ! 山田孝之と赤西仁が “韓国美容デート”満喫「2人とも綺麗になったかもぉー」
読モかな?(2017/4/11)

ミュゼが引き継ぎ:
美容サロン「エターナルラビリンス」運営元が破産
「エターナルラビリンス」運営元のグロワール・ブリエ東京が破産。負債総額は約49億6400万円。(2017/4/7)

Instagram、ビジネスプロフィールから例えば美容院の予約が可能に(年内実現予定)
Facebook傘下のInstagramは、企業のプロフィールページに年内に「予約」タブを追加する計画を発表した。Instagram内で例えば美容室にカットの予約を入れられるようになる。(2017/3/23)

オフィスでも実践できる乾燥肌対策 美容家に聞いてみた
オフィスは思いのほか、乾燥しがち。IT女子たちのために、美肌を保つ乾燥対策を美容家の方に教えてもらいました。(2017/2/2)

ヘアブラシもスマート化へ 美の巨人ロレアルが考える「これからの美容」
(2017/1/27)

Facebookアプリからチケット購入や美容院予約が可能に(まず米国で)
Facebookが、AI採用で友達からのアドバイスをまとめる「Recommendations」機能、Facebookページのボタンをタップ(クリック)することで予約や購入できる機能などを米国で提供開始した。(2016/10/20)

加護亜依、美容会社社長との再婚報告 「娘に深い愛情を注ぎ温かい心で愛してくれております」
おめでとうあいぼん!(2016/8/8)

美容家電&ブランドコスメが無料で使えるだと……! ヤマダ電機 LABI新宿東口館のパウダースペースに行ってきた
無敵(無料で素敵)!(2016/7/29)

髪型・予算の希望と美容師をマッチング “検索いらない”美容室予約アプリ「requpo」
髪型や予算などの希望を入力すると、複数の美容室がプランを提示してくれる美容室予約アプリ「requpo」が登場。(2016/7/27)

らいらの“キレイ”になれるかな:
エアコンによる乾燥肌も13分でツヤツヤうるるん! 「スチーマー ナノケア EH-SA96」
注目の美容家電を実際に使って効果を体験してみる「らいらの“キレイ”になれるかな」。今回は乾燥した肌にスチームを当ててケアできる「スチーマー ナノケア EH-SA96」を試してみます。(2016/7/26)

らいらの“キレイ”になれるかな:
歯みがきを見直して歯を美しく! スマホと連動する歯ブラシアタッチメント「G・U・M PLAY」
注目の美容家電を実際に使って効果を体験してみる「らいらの“キレイ”になれるかな」。今回は「みがき方をみがく」というコピーが印象的な歯ブラシアタッチメント「G・U・M PLAY」を試してみます。(2016/7/10)

PR:永久脱毛のフェミークリニック 美容皮膚科フェミークリニックの医療レーザー脱毛



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。