ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CRI・ミドルウェア」最新記事一覧

TechFactory 人気記事TOP10【2016年7月版】:
「介護ロボット」はコンセプトモデルの域を脱し“実用品”へ――市場の拡大傾向は持続
TechFactoryオリジナル記事コンテンツの人気ランキングTOP10をご紹介。今回は、矢野経済研究所が発表した「国内介護ロボット市場の推移と予測」を基にしたニュース記事「『介護ロボット』は単なるコンセプトモデルではなく『実用品』の時代に」が第1位でした!(2016/8/4)

CRI・ミドルウェア かるイイ音:
ワンチップマイコンで動く音声再生ミドルウェア、シャープ「ヘルシオ」に採用
CRI・ミドルウェアは、同社の音声ミドルウェア「かるイイ音」が、シャープのヘルシー調理家電「ヘルシオ」の音声発話に採用されたことを発表した。(2016/7/12)

2016年末までに50本以上ソフトを用意:
「PlayStation VR」は2016年10月に4万4980円で発売 PC向け高性能VR HMDの約半額
SCEが開発しているプレイステーション 4用のVR対応ヘッドマウントディスプレイ「PlayStation VR」。発売時期と価格がついに明らかになった。(2016/3/16)

ET2015:
新SoC「Merlin Falcon」がその威力を見せつける
ET2015にて日本AMDは新型SoC「Merlin Falcon」を中心としたデモを行っている。4K映像を再生しながらCPU負荷が数%にとどまるなど、その能力を分かりやすく紹介しており、加えてAMD APU上で動く「Red Hat Linux Enterprise 7.1+Qt」も見逃せない。(2015/11/19)

ET2015特別企画:
PR:最新SoC「Merlin Falcon」から多彩な採用事例まで、AMD 組み込みプロセッサの全てを体感
組み込み機器の画像処理能力への要求はマシンビジョンや4Kの普及でより高まっており、その全てを受け止めるべくAMDが投入するのが、最新SoC「Merlin Falcon」だ。ET2015の同社ブースではMerlin Falconの性能をくまなく確認できる他、多彩な同社製品の採用事例もチェックできる。(2015/10/28)

オーディオミドルウェア採用事例:
2300以上のゲームタイトルに採用された技術が最新リニアPCMレコーダーで生きる!
CRI・ミドルウェアは、オリンパスイメージングのマルチトラック対応リニアPCMレコーダー「LS-100」に同社のオーディオミドルウェア「CRI ADX2」をベースとしたリアルタイム音声処理技術やノウハウが採用されたことを発表した。(2012/2/23)

FIT2011(金融国際情報技術展)リポート
金融機関がiPadに注目する理由を探った
金融機関がiPadを活用し、基幹システムをクラウド上で利用する日は来るのか。金融機関向けの展示会からは金融機関が注目する次のソリューションが垣間見えた。(2011/10/27)

CRIとCSK、iPad/iPhone向けクラウド型プレゼンシステムを開発――製薬業界に特化
CRI・ミドルウェアとCSKが、クラウド型情報配信&マーケティングエンジン「CLOUDIA In-Sync」を活用した大手企業向け営業プレゼンシステムを開発。製薬業界向けに展開する。(2011/7/27)

JUJUの最新PVがパズルに――「JUJU(ジュジュ)アプリ by グリー」、7月15日よりGREEで無料配信開始
CRI・ミドルウェアの開発した「JIG-do」を使用し、JUJUの最新ミュージッククリップをパズルにしたアプリ「JUJU(ジュジュ)アプリ by グリー」が無料配信される。(2011/7/15)

ローエンドマイコンで実現可能:
CRI、あらゆる機器で音声/動画再生を可能にするミドルウェア発表
CRI・ミドルウェアは、サウンド/動画再生を低コストで実現する組み込み機器向けミドルウェア「D-Amp Driver」「かるイイ音」「かるエエ像」の3製品を発表した。(2011/6/15)

最新PVがスライドパズルに――iPhoneアプリ「倉木麻衣★ムービーバズル」
分割された倉木麻衣さんのプロモーションビデオ(PV)を並び替えてフルバージョン完成を目指すiPhone向けスライドパズルゲーム「倉木麻衣★ムービーバズル」が配信された。パズルを解くと特典画像なども手に入る。(2011/3/9)

PR情報配信・マーケティングエンジン「CLOUDIA」がiPadアプリに対応
アプリを更新することなく最新のPR情報をアプリに配信できる「CLOUDIA」のiPad対応版「CLOUDIA for iPad」の提供が開始された。(2010/12/27)

CRI、iPhoneアプリ内PRエンジン「CLOUDIA」の無料体験プランを提供
CRI・ミドルウェアとヴァルアップテクノロジは、iPhone/iPadアプリに対するリアルタイムのPRコンテンツ配信・制御が行えるクラウド対応型アプリ内PRエンジン「CLOUDIA」の無償体験プラン「CLOUDIAスタータープラン」の提供を開始した。(2010/10/22)

ピクトロニクス、iPhone/iPad用「裸眼3Dシート」を開発
ピクトロニクスがiPhoneやiPadに貼るだけで3D映像の裸眼立体視が可能なシートを開発した。東京ゲームショウ2010のビジネスデイ期間中に実物を見ることができる(2010/9/15)

北米・ハワイのデータ通信が1日1280円で使い放題――MiFiレンタルキャンペーン
CRI・ミドルウェアが、インターコミュニケーションズと協力して海外向けモバイルWi-Fiルータのキャンペーンを実施。期間限定で北米・ハワイのデータ定額料金を割り引く。(2010/7/13)

CRI、複数プラットフォームで共通のサウンド開発を実現するミドルウェア「CRI ADX2」を提供
(2010/6/30)

祝!発売 iPad関連記事をジャンル別に一挙紹介
プロモバで紹介したiPad関連記事を、「コラム、市場動向、調査」「ソリューション、導入事例」「サービス、アプリ」のジャンル別にまとめてみました。(2010/5/27)

iPhoneとiPadのセーブデータをクラウドで同期――CRI・ミドルウェアの「栞」
外出時にiPhoneで遊んでいたゲームの続きを、自宅のiPadでプレイする――。そんな仕組みが簡単に実現できるソリューション「栞」をCRI・ミドルウェアが発表した。(2010/5/27)

Weekly Access Top10:
縁の下の力持ち
こういう記事が注目を集めるのはうれしい限りです。(2010/4/21)

ナニコレ:
国内ゲームタイトルの18%に関わっている会社を知ってますか?
PS2以降、日本で発売されているゲームによく見かける「CRIWARE」のロゴマーク。このロゴマークの裏にあるゲーム事情とはどのようなものなのでしょうか!?(2010/4/9)

CRI・ミドルウェアが「ファイルマジックPRO」でPSPのロード時間を削減
(2010/2/24)

iPhoneアプリのPRエンジン「CLOUDIA」、無償提供を実施
iPhoneアプリ内で自社アプリのPRを管理・更新できる“カタログエンジン”「CLOUDIA」が、機能限定で無償提供されることが分かった。年明けに詳細が発表される見込み。(2009/12/21)

「産経新聞iPhone版」の動画広告、CRI・ミドルウェアの「CRI Sofdec」を採用
ヤッパの開発するアプリ「産経新聞iPhone版」では、動画広告の再生エンジンとしてCRI・ミドルウェアの「CRI Sofdec for iPhone/iPod touch」が採用されている。アプリ内に動画を埋め込み、ピンチなどのユーザー操作に合わせて動画画面が動く。(2009/12/15)

IGDA日本がiPhoneゲームの開発セミナー開催――ハドソンの柴田氏が講演
12月18日、IGDA日本がiPhoneゲーム開発のセミナーを開催。講師にハドソンの柴田氏を招き、同社の戦略からiPhoneゲーム市場の動向や未来像を探る。(2009/12/14)

CRIWARE採用タイトルが2000作品を突破
(2009/12/4)

CRI・ミドルウェアのInAppPRエンジン「CLOUDIA」をカプコンが導入
カプコンのiPhone/iPod touch向けアプリ「CAPCOM News」に、CRI・ミドルウェアのInAppPRエンジン「CLOUDIA」が導入された。iPhoneアプリの紹介だけでなく、カプコンのさまざまなタイトルを動画なども交えて紹介する。(2009/10/8)

iPhone向けインアプリPRエンジン「CLOUDIA」正式発表 βテスター募集開始
CRI・ミドルウェアとヴァルアップテクノロジが、ミドルウェアを組み込んだアプリ内で、簡単にほかのアプリの宣伝や告知ができるインアプリPRエンジン「CLOUDIA(クラウディア)」を正式に発表した。合わせてβテストに参加するCPの募集を開始している。(2009/9/17)

「インアプリPRを制する者が、iPhoneアプリを制す」 CRI・ミドルウェアの考えるアプリ販促戦略
App Storeのランキングに入らなければ、存在すら認められない――。そんなiPhoneアプリの状況に対してCRI・ミドルウェアの幅氏は「インアプリPR」の重要性を説く。同社の開発したインアプリPRを効率的に管理するミドルウェアとは?(2009/9/16)

スペースインベーダーのディレクターが講師に――iPhoneのゲーム開発者向けセミナー
国際ゲーム開発者協会日本がiPhone対応ゲームの開発者向けセミナーを開催。SPACE INVADERS INFINITY GENEやAERO Gitarの開発者が講師として登場する。(2009/8/27)

5分で分かる、先週のモバイル事情――8月1日〜8月7日
電気通信事業者協会が7月の契約数を発表。純増数はドコモが3年ぶりにトップに返り咲いた。KDDIはバーコードリーダーを搭載した法人向け端末「E06SH」を発売。8月3日には、MVNO方式の携帯電話サービス「ECナビケータイ」がスタートした。(2009/8/11)

CRIのiPhone向け音声圧縮・再生ミドルウェア、イーストの辞書アプリに採用
CRI・ミドルウェアのiPhone向け音声再生ミドルウェア「CRI ADX for iPhone/iPod touch」が、イーストの辞書に採用された。(2009/7/2)

CRI・ミドルウェア、全社員と全内定者全員に「iPhone 3GS」を配付
よりユーザー視点に立ったツールやミドルウェアの開発を目指して、全社員へのiPhone 3GSの配布を決めたという。(2009/7/1)

サウンドファイルをiPhoneに最適化――CRI・ミドルウェアの「i救声主」
(2009/1/7)

ヒライタケシの「投げる前から変化球」(その4):
必要なのはオーディエンスへの意識と発声練習
ヒライタケシの「投げる前から変化球」第4回目は、ミドルウェアでゲーム開発を支えるCRI・ミドルウェア代表取締役専務の押見正雄氏を迎えて小春日和の代々木公園でピクニックとしゃれこんでみた。(2008/12/26)

CRI・ミドルウェア「救声主」採用のニンテンドーDSソフトプレゼント
(2008/12/17)

エンコ職人集結?:
大盛況だった「SpursEngine」イベント――SDKの無償配布も告知
CPUとGPUに続く第3のプロセッサとして注目を集める「SpursEngine」のユーザーイベントが開かれた。5時間で10セッションという密度の濃い内容だったが会場は終始すし詰め状態。(2008/12/8)

ACCESS、「ACCESS Linux Platform v3.0」「ACCESS LinuxPlatform mini」を発表
(2008/10/20)

日々是遊戯:
ゲーム開発を陰で支える、縁の下の力持ち「ミドルウェア」って何だ?
CRI・ミドルウェアの「ファイルマジックPRO」など、最近いろいろなところで話題になっている「ミドルウェア」。肥大化するゲーム開発の救世主とも呼ばれる「ミドルウェア」だが、そもそもこれってなに?(2008/6/30)

CRI・ミドルウェア、「ファイルマジックPRO」のデモ画像を公開
(2008/6/11)

ロード時間短縮の切り札――CRI・ミドルウェアより発売
(2008/5/30)

「Game Tools&Middleware Forum 2008」、6月4日より東京・福岡・大阪で開催
(2008/4/22)

CRI・ミドルウェア、声質を変えずに再生速度を制御可能なニンテンドーDS向けツールを提供開始
(2008/1/9)

CRI・ミドルウェア、Wii向けの動画システム「シネマスタジオ for Wii」提供開始
(2007/9/14)

CRI・ミドルウェア、フルHDに対応したキャプチャサービスを開始
(2007/9/5)

CRI・ミドルウェア、ニンテンドーDS向けファイル圧縮・展開技術を開発。製品を販売開始
(2007/8/8)

CRI・ミドルウェア、開発者向けのブログ「CRIチャンネル」をオープン
(2007/4/19)

「Now Loading」のないゲームへ――CRI・ミドルウェア、「CRI Audio Ver.3」を発売
(2007/3/28)

CRI・ミドルウェア、NDS向け高音質サウンド再生システム「救声主 for NINTENDO DS」提供開始
(2006/11/8)

CRI・ミドルウェア、Wii向けミドルウェアを提供開始
(2006/5/8)

CEDEC 2005リポート:
きれいなムービーを次世代機向けに作成するには?――CRI・ミドルウェアの展望
ゲームデベロッパー向けのカンファレンス「CEDEC 2005」では、各企業が主催のセッションも数多く行われている。CRI・ミドルウェアは「HDムービー再生と次世代ゲーム機への対応」と題してXbox 360上でのムービーデモなどを行い、HD時代の映像について紹介した。(2005/8/29)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。