ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デイリーヤマザキ」最新記事一覧

お風呂に入ってまったりほっこり 夏目友人帳「ニャンコ先生」の一番くじが登場
テーマは湯けむり温泉旅。(2017/12/7)

一番くじに星のカービィが登場! すやすや眠るカービィぬいぐるみスペシャルver.も
10月中旬から販売開始。(2016/9/26)

どの具材が一番うまいのか! 「最後の(ヤマザキナビスコ)リッツ&最初のルヴァンパーティー」やってみた
具材は前日から仕込みました(筆者)。(2016/9/15)

ドナルドの抱き枕やプーさんのクッション 「ディズニーツムツム」の一番くじがキュート&スイート!
マグカップやスイーツの香りのボディクリームも。(2016/3/1)

「TSUM TSUM」:
一番くじ「ディズニーツムツム」が登場――全25種類のアイテムを用意
バンプレストからアクションパズルゲーム「ディズニーツムツム」をテーマにした”一番くじ”の最新版が登場。3月下旬発売だ。(2016/2/29)

コンビニ探偵! 調査報告書(特別編):
コンビニ合併話に浮上するチェーンはどこか 2016年は「再編地固めの年」
2015年は「ついに動いた」という1年であった。コンビニの再編である。では、2016年はどうなるのか。某コンビニでオーナーを務めていた川乃氏に占ってもらったところ……。(2016/1/3)

レアねこも集まりました! かわいすぎて全種あつめたい「一番くじ ねこあつめ〜大集合!〜」が12月に登場
これは癒される。(2015/11/12)

ヤマト「宅急便コンパクト」、コンビニで発送可能に
ヤマトの「宅急便コンパクト」がコンビニから発送できるようになる。まず6月29日にセブン-イレブンで対応。順次ほかのコンビニに広げる。(2015/6/25)

お菓子を買うと図書券当たる eBookJapan×デイリーヤマザキのコラボ
全国のデイリーヤマザキで対象のお菓子を2個以上買った人の中から抽選で2015人に、eBook図書券540円分が当たる。(2015/3/17)

ドラゴンボールの一番くじ 原作連載開始30周年記念で10月中旬より展開
用意されたアイテムは34種類。ドラゴンボールGTキャラやアラレちゃん、トリヤマロボまで登場するぞ!(2014/10/6)

電子書店完全ガイド2013:
Amazon「Kindleストア」を徹底解剖する
eBook USERがお届けする国内の主要な電子書店の徹底レビュー。そう、これは“書店のレビュー”だ。完全ガイド2013年版の第5回目は「Kindleストア」を紹介する。(2013/12/6)

声優さんのボイスでコンビニ情報を教えてくれるiPhoneアプリ
「コンビニ情報声優ナビプラス!!」は、大手コンビニの割引情報などを声優の佐藤利奈さんが教えてくれるアプリ。喜多村英梨さんも登場予定だ。(2012/4/15)

おサイフケータイでトクをする:
みずほ銀行とドコモが強力タッグ──キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイユーザーなら確認しておきたいおトクなキャンペーン情報をお知らせする「おサイフケータイでトクをする」。今回はみずほ銀行とドコモが協力して展開する「ドコモ ケータイ送金」とiDのキャンペーンをチェックしたい。(2009/8/26)

おサイフケータイでトクをする:
5人に4人が当たる、太っ腹な企画も──キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイユーザー必見のおトクなキャンペーン情報をお届けしている「おサイフケータイでトクをする」。今回はセディナQUICPayの利用で5人に4人が当たるという何とも太っ腹なキャンペーンが登場したので紹介したい。(2009/8/17)

おサイフケータイでトクをする:
夏のキャンペーンにQUICPayとnanacoも参戦──キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイユーザー必見の、ちょっとトクするキャンペーン情報をお届けする「おサイフケータイでトクをする」。前回紹介したiDやモバイルSuicaのキャンペーンに加え、8月いっぱい実施されているnanacoのキャンペーンや、来週から始まるQUICPayのキャンペーンの情報も入手したので紹介しよう。(2009/8/10)

おサイフケータイでトクをする:
iDやモバイルSuicaの新キャンペーンスタート──キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイユーザー必見の、ちょっとトクするキャンペーン情報をお届けする「おサイフケータイでトクをする」。今回はiDやモバイルSuicaが対象のキャンペーンをまとめて紹介する。(2009/8/3)

おサイフケータイでトクをする:
ゴールドポイントカードアプリで+2%還元──キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイユーザー必見の、ちょっとトクするキャンペーン情報をお届けする「おサイフケータイでトクをする」。ヨドバシカメラのゴールドポイントカードアプリ限定でポイント還元率がアップしていることをご存じだろうか?(2009/7/13)

おサイフケータイでトクをする:
Edyの新キャンペーンが熱い──キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイユーザー必見のキャンペーン情報をお届けする「おサイフケータイでトクをする」。今回は、7月から始まった、Edyを使うとトクをするキャンペーンを紹介しよう。(2009/7/7)

「忠犬ピッ太」登場、キャンペーンも:
ドコモ、おサイフケータイ5周年を記念した特設ページをオープン
2004年7月10日に始まったNTTドコモのiモードFeliCa(おサイフケータイ)サービスが、開始から5周年を迎える。7月1日には、おサイフケータイポータルもAnniversaryバージョンに模様替えされ、特別なキャンペーンが始まった。(2009/7/1)

おサイフケータイでトクをする:
マクドナルドへ行くときはケータイを忘れずに──キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイユーザーなら知っておきたいキャンペーン情報をお知らせする「おサイフケータイでトクをする」。今回は、マクドナルドで電子マネーを使いたくなるキャンペーンをご紹介。(2009/7/1)

おサイフケータイでトクをする:
コンビニでiDを使うと現金が当たる──キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイユーザーに毎週お届けしている「おサイフケータイでトクをする」。今週はコンビニエンスストアでiDを使うと現金が当たるという豪勢なキャンペーンを紹介しよう。(2009/6/12)

デイリーヤマザキ、7月より全店でSuica&iDを導入
コンビニチェーンのデイリーヤマザキでは7月より、全店舗でSuicaとiDが利用できるようになる。ただしSuicaを導入する店舗は、Suica対応エリアのみ。(2008/2/27)

デイリーヤマザキ、QUICPayとSuicaを全店舗で導入へ
デイリーヤマザキは12月上旬から、千葉県の3店舗でQUICPayとSuicaを導入する。2008年を目処に全店舗で導入する方針だ。(2006/11/30)

「777タウン.net」でパチスロ20機種達成を記念した高設定イベントを開催
(2006/8/25)

「リネージュII」と「ギルドウォーズ」にコンビニ決済を導入
(2006/2/23)

2006年秋までに首都圏のスリーエフ全店でSuicaが利用可能に
神奈川、東京、千葉、埼玉のスリーエフ全店で、2006年を目処に電子マネーSuicaが利用できるようになる。店舗での現金チャージにも対応していく見込み。(2005/12/7)

ソースネクスト、500円ウイルス対策ソフトを全国コンビニで販売
ソースネクストは、500円のウイルス対策ソフトを全国のコンビニで販売するなどの新たな今後の販売戦略、およびガンダム・ディズニーキャラクター使用ソフトなど、今後投入予定のタイトル複数を発表した。(2005/12/1)

競馬伝説Live!、コンビニ決済を追加
(2005/4/5)

あの“ケータイフィギュア”の全機種セットを1名に〜ITmediaプレゼント
ドコモ端末を40%縮尺の携帯フィギュアにした、「Mobile Figure Collection」のコンプリートを1名様にプレゼントします。(2004/9/16)

ネクソンジャパン、お友達紹介ポイントキャンペーンを実施
(2004/4/1)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。