ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「楽天Edy」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「楽天Edy」に関する情報が集まったページです。

セブン銀行のATMが「交通系電子マネー」「楽天 Edy」のチャージに対応 10月15日から
セブン銀行が、自社のATMにおいて10月15日から「Suica」「PASMO」を始めとする交通系電子マネーと「楽天 Edy」のチャージと残高確認に対応する。チャージは1000円単位で、手数料などは不要だ。(2018/9/14)

セブン銀行ATMで「Suica」や「楽天Edy」がチャージ可能に 10月15日から
これは便利。(2018/9/13)

セブン銀行ATMで「Suica」や「PASMO」のチャージ可能に 10月から
セブン銀行のATMで交通系マネー9種と「楽天Edy」のチャージや残高確認が可能になる。10月15日から。(2018/9/13)

「楽天ペイ」アプリに「Edy」統合へ 個人間送金も予定
楽天は、「楽天ペイ」「楽天Edy」「楽天スーパーポイント」を1つのアプリで管理できるようにする予定。個人間送金も開始する。時期は未定。(2018/8/7)

「楽天Edyアプリ」、Edyカードのポイントチャージやクレジットカードチャージに対応
Android専用「楽天Edyアプリ」に新機能が追加。端末へ「Edyカード」などをかざすと登録情報を読み取り、Edyカードへのポイントチャージや楽天会員情報に登録しているクレジットカードからのチャージが可能となる。UIも改善し、新機能追加を記念して最大Edy5000円分プレゼントキャンペーンも行う。(2018/7/5)

モバイル決済サービスの使い方:
“おサイフケータイ”を初めて使う人にオススメ 「Google Pay」のメリットを解説
「Google Pay」は、楽天Edy、nanaco、Suica、WAONの電子マネーサービスを一括で管理できる。現在はGoogle Payで支払うと電子マネーが当たるキャンペーンも実施している。そんなGoogle Payを使うメリットを解説する。(2018/6/30)

Google Payが「Suica」と「WAON」に対応 乗り換えるメリットは?
Googleは5月24日、モバイル決済サービス「Google Pay」に「Suica」と「WAON」を追加した。ユーザーは「楽天Edy」と「nanaco」に加え、4つの電子マネーをGoogle Payで一元管理できるようになる。一方、既存ユーザーが乗り換えるメリットはあるのだろうか。(2018/5/24)

今度の「ボス電」は100万円分の楽天Edyチャージ付き――ソフトバンクとサントリー「BOSS」のコラボキャンペーン
ソフトバンクが、サントリーの缶コーヒー「BOSS」とコラボした「ボス電当たる!」キャンペーンを実施する。北海道、東北、九州のエリアをイメージしたオリジナルデザインのスマートフォンを各10人にプレゼントするという。(2018/3/6)

ゲーセンで「Suica」「楽天Edy」などチャージ可能に セガ、今夏展開へ
「Suica」「楽天Edy」などの電子マネーを1台でチャージできる機器を、セガがアミューズメント施設向けに今夏発売へ。(2017/2/10)

楽天カード&楽天Edy、ローソンの支払いで楽天スーパーポイントが2倍たまるキャンペーン
楽天カードと楽天Edyは、ローソンでの支払いに「楽天カード」または「楽天Edy」を使うと「楽天スーパーポイント」が通常の2倍たまるキャンペーンを開始した。第1弾の期間は1月4日から4月2日まで。(2017/1/5)

石川温のスマホ業界新聞:
Apple Payに続いて、グーグル「Android Pay」が日本上陸――楽天Edyのみの対応は「妥協の産物」なのか、それとも…
12月13日、Googleの「Android Pay」のサービスが日本でも始まった。Android 7.0以降で使える「HCE-F」に今後対応するかどうかで、サービスの存在感や寿命は変わってきそうな感じだ。(2016/12/26)

おサイフケータイで実現:
「Android Pay」が日本でも利用可能に まずは「楽天Edy」から
Googleのデジタルウォレット「Android Pay」が、日本においてサービスを開始した。ただし、非接触決済機能は日本国内で広く普及している「おサイフケータイ(モバイルFeliCa)」を利用する。(2016/12/13)

Android向けの決済サービス「Android Pay」、日本でスタート 楽天Edyの対応店舗で支払える
楽天ポイントカードなどさまざまなポイントもためられる。(2016/12/13)

「Android Pay」日本で開始 まず楽天Edyに対応
Android端末向け決済サービス「Android Pay」の日本国内での提供がスタートした。当初は楽天Edyのみ対応する。(2016/12/13)

コナミとセガ、ゲーセンで「Suica」「楽天Edy」など使えるサービス 今秋から試験導入
コナミとセガが、ゲームセンターなど向けに、「Suica」「楽天Edy」「PASELI」などの電子マネーに対応する決済サービスを開発。今秋から一部店舗に試験導入するという。(2016/10/6)

コナミとセガ、ゲームセンターで各種電子マネーを使えるサービス発表 今秋から試験導入
Suica、楽天Edyやnanacoなどのさまざまな電子マネーを1つのシステムで利用可能。(2016/10/6)

業界初、複数の電子マネーに対応したチャージ機 楽天Edyが開発
業界で初めて、複数の電子マネーに対応できる多機能チャージ機を楽天Edyが開発した。(2016/5/27)

auの4Gケータイ「AQUOS K」が「楽天Edy」に対応
auの4G LTEケータイ「AQUOS K」シリーズが「楽天Edy」に対応した。「GRATINA 4G」も6月以降に対応する。(2016/5/18)

「ゲーセンの電子マネー」メリットは? コナミとセガが協業検討、タイトーは楽天Edyとタッグ
アミューズメント施設向け電子マネーをめぐり、コナミとセガが協業を検討。タイトーも楽天Edy付きメンバーカードの発行を発表した。(2016/2/19)

楽天Edyが使える:
楽天モバイルが「Xperia」を販売、LTE対応Windowsタブレットなども
楽天モバイルが新たに「Xperia J1 Compact」の取り扱いを開始する。おサイフケータイ対応で「楽天Edy」に対応した。またLTE通信が利用可能なタブレット3機種も販売する。(2015/4/23)

BookLive!、決済手段に楽天EdyとモバイルSuicaを追加
連動キャンペーンも開催。(2015/3/31)

10周年キャンペーン第17弾:
コミックシーモア、新たに8種類の決済手段をPC・タブレット版向けに追加
追加となったのは、WebMoney/BitCash/NETCASH/楽天Edy/楽天ID決済/Yahoo!ウォレット/auかんたん決済/ソフトバンクまとめて支払い。(2014/12/12)

コミックシーモア、楽天Edyなどスマホ版の決済手段を追加
スマホ版「コミックシーモア」で、コンビニで購入できるプリペイド型電子マネーや、楽天Edy、楽天ID決済、Yahoo!ウォレットが利用可能に。あわせてポイントプラス特典増量キャンペーンも実施中。(2014/9/5)

スマホが電子マネーの決済端末に 楽天Edyで実現 外部デバイス不要
おサイフケータイ搭載スマホで電子マネー決済ができるプラットフォームを楽天Edyなどが構築。スマホだけで電子マネー決済できるのは国内初という。(2014/4/17)

ついに楽天Edyで払えるおさい銭箱が登場 → ちゃんと御利益はあるのか神社に聞いてみた
シャリーン♪(2014/1/6)

ソニー、iPhoneで残高/利用履歴を確認できる非接触ICカードリーダー/ライターを発売
ソニーは、Bluetooth対応のiOS端末とでワイヤレス接続できる非接触ICカードリーダー/ライター PaSoRi「RC-S390」をサービス事業者向けに提供開始。オンライン上でEdyチャージや残高照会/利用履歴が確認可能となる。(2013/9/25)

楽天に不正ログイン 楽天ポイント盗み第三者のEdyにチャージか
楽天に不正ログインがあり、一部ユーザーの「楽天スーパーポイント」が不正に取得されていたことが判明した。(2013/7/10)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(38):
AndroidアプリでNFCタグを読み書きするための基礎知識
Android のAPIを使ってSuica/Edy/運転免許証などのIDmを読む方法、NFCタグに情報を読み書きする方法について解説します(2012/11/27)

オンライン上にチャージできる電子マネー「楽天Edyオンライン」
オンライン上に電子マネー「楽天Edy」をチャージして支払いに利用できる決済サービス「楽天Edyオンライン」がスタート。(2012/11/14)

iPhone 5にも対応:
じぶん銀行アプリがバージョンアップ、Android端末からEdyチャージも可能に
じぶん銀行が、Android/iPhone向け「じぶん銀行スマートフォンアプリ」をバージョンアップ。Android端末からEdyチャージが利用できるようになるほか、さまざまな機能が追加となった。(2012/9/27)

ポプラグループ、「iD」「WAON」「Suica」などの電子マネー決済を全国に導入
ポプラグループが、現在各店舗で対応が分かれている電子マネーのサポートを、全国に広げると発表。「楽天Edy」「iD」「WAON」と、地域ごとの交通系電子マネーを利用可能にする。(2012/9/11)

おサイフケータイでトクをする:
「楽天Edy」もう慣れた?――キャンペーン情報をまとめてチェック!
おサイフケータイを利用すると、ちょっぴりおトクなキャンペーン情報をまとめて紹介する「おサイフケータイでトクをする」。6月1日の社名変更とブランド変更から2カ月、「Edy」のキャンペーンが積極的に展開されている。(2012/8/10)

「auかんたん決済」でのEdyチャージ カード払いのユーザも対象に
KDDIと楽天Edyは、「auかんたん決済」からEdyへチャージできる対象ユーザーを拡大する。従来はケータイ料金を銀行口座振替で支払うユーザーのみが対象だったが、今後はカード払いのユーザーも対象に加える。(2012/8/9)

おサイフケータイでトクをする:
6月1日から、「Edy」は「楽天Edy」に
おサイフケータイを利用するときに覚えておくと、ちょっとだけおトクなキャンペーン情報をまとめて紹介する「おサイフケータイでトクをする」。いよいよ目前に迫ったEdyのブランド変更を前に、お得なキャンペーンに応募漏れがないかチェックしよう。(2012/5/29)

Android搭載スマートフォン向け「EdyでTポイント」開始
Androi搭載スマートフォンのEdyでショッピングをすると、Tポイントが貯まる「EdyでTポイント」がスタート。抽選で最大50倍のTポイントが当たる「スタートダッシュキャンペーン」も開催する。(2012/3/26)

ビックカメラ、全店舗で「Edy」の決済とチャージに対応開始
ビックカメラは、全国38店舗で「Edy」決済と店頭レジによるチャージに対応した。導入記念キャンペーンも実施される。(2012/3/15)

NFCで次世代電子マネー ビットワレット、KDDI、DNPが共同開発
「Edy」のビットワレットとKDDI、大日本印刷の3社がNFCを活用した次世代電子マネーシステムを開発。(2012/3/6)

電子マネーEdyがサービス名変更「楽天Edy」に
ビットワレットが運営するFeliCa電子マネーの草分け、「Edy」が「楽天Edy」に名称変更。社名も「楽天Edy」に変更される。6月1日から。(2012/2/1)

Edyが「楽天Edy」に サービス名変更
電子マネー「Edy」のサービス名が6月1日から「楽天Edy」に変わる。(2012/2/1)

すかいらーく、グループ各店で電子マネー決済を導入 「iD」「Edy」「Suica」など
すかいらーくは2月から、全国2600店のグループ各店でクレジットカートと電子マネーでの決済を開始する。「iD」「Edy」「Suica」のほか、地域ごとの交通系電子マネーにも対応した(2012/1/31)

東京マラソン2012公式グッズ:
リンクスインターナショナル、Edy搭載ストラップを2000個限定で発売
リンクスインターナショナルは大日本印刷と共同で製作したストラップを発売する。東京マラソンの公式グッズで、電子マネー「Edy」を利用できる。(2011/12/26)

auかんたん決済でEdyのオートチャージが可能に
auのスマートフォンで、auかんたん決済を利用したEdyのオートチャージが可能になった。(2011/10/26)

FeliCa内蔵腕時計「RISNY」、DNPと和工が開発
FeliCaチップを内蔵した腕時計「RISNY」を、大日本印刷と腕時計メーカーの和工が開発。電子マネー「Edy」に対応したモデルを7000円前後で発売する。(2011/9/28)

「おサイフ腕時計」がついに誕生――大日本印刷と和工、FeliCa搭載の腕時計「RISNY」を製品化
精密時計メーカーの和工と非接触ICを手がける大日本印刷の協力により、電子マネーやIDカードに使える腕時計「RISKY」が誕生。12月にはEdy搭載モデルが発売される。(2011/9/28)

FeliCaチップ搭載の腕時計「RISNY」
大日本印刷は、腕時計などを製造販売する和工と共同で、電子マネー決済などが行えるFeliCaチップ搭載の腕時計「RISNY(リスニー)」を製品化。2011年12月には、和工から電子マネーEdyを搭載した製品が発売される予定だという。(2011/9/28)

あらゆるシーンで電子マネー決済が容易に:
FeliCaチップ搭載の腕時計「RISNY」を製品化、DNPと和工
大日本印刷は、腕時計などを製造販売する和工と共同で、電子マネー決済などが行えるFeliCaチップ搭載の腕時計「RISNY(リスニー)」を製品化。2011年12月には、和工から電子マネーEdyを搭載した製品が発売される予定だという。(2011/9/28)

BOOKOFF直営店でEdyやSuicaが利用可能に
CDやDVD、古本などの買取・販売を行う「BOOKOFF」直営店で電子マネーが利用可能になる。9月30日から。(2011/9/8)

おサイフケータイ対応のAndroid端末で「Mobile Edy」が利用可能に
ビットワレットは、おサイフケータイ対応のAndroid搭載スマートフォンで「Mobile Edy」の提供を開始した。これにより、インターネット上でショッピングをする際にスマートフォンからでも決済が可能になる。(2011/8/17)

「auかんたん決済」でのEdyチャージ、8月4日から開始
KDDIと楽天が、電子マネー「Edy」を携帯電話からチャージできるサービスを8月4日に開始する。(2011/8/3)

KDDIが楽天とEdyで連携――電子マネー事業強化の背景とは
KDDIが電子マネーのEdyを中心とした業務提携を楽天と発表。ウェブマネーの子会社化に向けた動きに続き、電子マネー事業の戦略を相次いで打ち出したKDDIの狙いとは。(2011/6/29)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。