ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「デバッグ」最新記事一覧

テクトロ DPO70000SX用ソフト:
データセンター用の100Gリンクトレーニングツール
テクトロニクスは2016年10月、データセンター技術デバッグ用の100Gリンクトレーニングツールを発表した。同社のオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズ向け拡張解析ソフトウェアとなる。(2016/11/11)

Tech TIPS:
Google Analyticsのトラッキング状況をChromeの拡張機能で簡単にデバッグする
Google Analyticsで思った通りにページビューやイベントが記録されない場合は、クライアント側で動作を確認するのが早道だ。そのためのツールであるGoogle Chromeブラウザの拡張機能「Google Analytics Debugger」を紹介する。(2016/10/18)

特選ブックレットガイド:
ROS(Robot Operating System)の概要と利用手順、併用したいツールとデバッガ
自律型ロボットの開発フレームワークとして注目される「ROS」(Robot Operating System)の概要と利用手順、併用したいツールとデバッガを紹介します。(2016/10/18)

「当たり付き自販機で絶対当たる方法」がTwitterで話題に → 飲料メーカー「攻略法はないです」ガセの可能性濃厚か
過去には時刻シンクロ法やデバッグ法などの攻略法がささやかれたこともあります。(2016/10/11)

スマホゲーム「サムライライジング」が誤ってテストバージョンを公開 デバッグモードも搭載?
「デバッグモードを公開してしまったのでは?」などの声も。(2016/8/18)

RTOSとClangコンパイラを一体化、準備から解析までの組み込み開発プラットフォーム
京都マイクロコンピュータが、組み込み用開発ツール群とRTOSを統合したソフトウェア開発プラットフォーム「SOLID」を発表。開発準備からデバッグまでを快適にこなせるツールとして訴求する。(2016/6/2)

WordPress、Slack、Yeoman、Visual Studio Code、Atomなどで活用:
HTML、CSS、JavaScriptでデスクトップアプリを開発できるElectron 1.0、Devtron 1.0、Spectron 3.0が提供開始
Web技術を利用したクロスプラットフォームのデスクトップアプリ開発フレームワーク「Electron 1.0」がリリースされた。APIデモアプリ、検証・デバッグ用ツール、テストフレームワークも同時に公開されている。(2016/5/11)

テクトロニクス DPO70000SX:
IEEE802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグ向けテストソリューション
テクトロニクスは、70GHzオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズに対応した、IEEE802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグのためのテストソリューションを発表した。(2016/5/6)

テクトロニクス 「DPO70000SX」シリーズ:
IEEE 802.11ad特性評価用のテストソリューション
テクトロニクスは、IEEE802.11adトランスミッターPHYの特性評価/デバッグのためのテストソリューションを発表した。同社の70GHzオシロスコープ「DPO70000SX」シリーズに搭載することで、優れたEVM(Error Vector Magnitude)測定が可能になるという。(2016/4/19)

低プローブ負荷、容易な接続、低コストを実現:
オシロ用広帯域プローブ、最新MIPI規格に対応
テクトロニクスは、LPDDR4やMIPI C-PHYなどの規格に適合するためのテストやデバッグを容易に行うことができる、オシロスコープ用広帯域TriModeプローブ「P7700」シリーズを発表した。(2016/3/16)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(17):
新人エンジニア必見! 初心者がC言語プログラミングに入門できる無料の電子書籍227ページ
人気連載を1冊にまとめてダウンロードできる@ITの電子書籍。第17弾は、C言語のプログラミング入門連載だ。C言語とは何かの基礎知識、Windows環境で学ぶための開発環境のインストールの仕方、デバッガの使い方、さまざまな基本構文や文法などを書き方が分かる豊富なサンプルコードと共に解説している。(2016/3/8)

Edgeの対応も予告、Webアプリ開発がはかどる:
「Visual Studio Code」がChromeデバッグプロトコルに対応
マイクロソフトはオープンソースのコードエディタ「Visual Studio Code」で、Chromeのデバッグプロトコルに対応する拡張機能をオープンソースソフトウェアとしてリリースした。(2016/2/29)

Tech TIPS:
Androidスマホ/タブレットで「開発者向けオプション」をオンにする
Android OSには標準で各種開発のためのデバッグ用設定や、プロセスのメモリ使用量の統計機能などを持っている。だが、標準では隠されていて使えない。オンにする方法は?(2016/2/19)

キーサイト PA2203A:
3相パワー機器の試験に対応するパワーアナライザ
キーサイト・テクノロジーは、3相パワー機器の設計や試験、デバッグに対応する4チャネルパワーアナライザ「IntegraVision PA2203A」を発売した。3相パワー機器/装置の研究開発で必要な性能を、解析/評価/測定/実証できるという。(2016/1/4)

覚えておきたい「電源測定」のきほん手順(2):
制御回路の確認から効率改善、仕様適合チェックまで
今回は、プロトタイプの電源測定の続きです。デジタル/アナログ制御回路のデバッグからリップル、ノイズ、短絡の回路保護、トランジェント応答、効率などの仕様に適合しているどうかのチェックまでを行います。(2015/12/10)

Apple、プログラミング言語「Swift 2.0」をオープンソース化し、Swift.orgを開設
Appleが、昨年リリースしたプログラミング言語「Swift」のバージョン2.0を予告通りオープンソースでリリースし、コミュニティーサイト「Swift.org」を開設した。GitHubからコンパイラ、デバッガ、標準ライブラリ、パッケージ管理ツールなどをダウンロードできる。(2015/12/4)

連載:簡単! Visual Studio 2015入門:
第6回 Windowsアプリのデバッグ&リリース
バグはどうやってつぶせばいいのか? 完成したアプリケーションはどうやってリリースすればいいのか? VS 2015入門の最終回。(2015/10/13)

特集:Visual Studio Code早分かりガイド:
Visual Studio Code 0.8.0の新機能
本稿では、デバッグコンソール/タスクのechoCommandプロパティなど、2015年9月にリリースされたVS Code 0.8.0の新機能/変更点を取り上げる。(2015/9/18)

特集:VS Code早分かりガイド:
Visual Studio CodeでNode.jsアプリをデバッグする
Visual Studio Codeが提供する各種のデバッグ機能を使って、Node.jsアプリをデバッグしていく方法を解説する。(2015/8/27)

4コマまんが「がんばれ!アドミンくん」:
第474話 デバッグの鬼
バグを1つ潰すごとに成長していく。プログラマーとはそういうものだ。駆け出しのお前がワシに追いつくなど……(2015/8/18)

.NET TIPS:
WPF:デバッグ中にUIコントロールのプロパティを変更するには?[Visual Studio 2015]
Visual Studio 2015の新機能「ライブビジュアルツリー」と「ライブプロパティエクスプローラー」を使い、UIコントロールのプロパティをデバッグ実行時に変更する方法を解説する。(2015/8/5)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(4):
ご主人様とメイドはテレパシー通信をしている?
さて、今回はEtherCATのメモリについてお話します。EtherCATのPDO通信、SDO通信は、ご主人様(マスタ)とメイド(スレーブ)は、このメモリを介した“テレパシー通信”によって、完璧なコミュニケーションを実現しています。それを説明した後に、いよいよ、本連載の山場の1つとして、SOEM(Simple Open EtherCAT Master)のデバッグ&トレース環境の作り方を紹介します。(2015/7/29)

編集部で徹底調査:
PR:APサーバー再起動やログファイル追跡が不要に? Java開発者の待ち時間をなくしてデバッグに必要な情報をすぐ取り出せる2つのツールの即効性
Java開発現場に即効性があるツールが登場した。「JRebel」はアプリケーションサーバーの再起動を待つ時間をなくしてくれる。「XRebel」はJavaアプリケーションのログファイルを解読しなくても、デバッグに必要な情報をすぐに取り出せる。この両ツールの使い勝手を見ていこう。(2015/7/24)

組み込み開発ニュース:
Wi-Fi搭載にIoT開発向けオンボードデバッガ、2つの「Arduino」新製品
アールエスコンポーネンツがArduinoシリーズの新製品として、Wi-Fi搭載で小型の「Arduino Yun Mini」と、Arduino UnoをベースとしたIoT開発向けの「Arduino M0 Pro」の販売を開始した。(2015/7/14)

組み込み開発ニュース:
IARシステムズ、ルネサスのIoTプラットフォームにツールを提供
IARシステムズがルネサス エレクトロニクスのIoT機器向けの設計基盤「Renesas Synergyプラットフォーム」に同社コンパイラ/デバッガを提供する。(2015/6/19)

ROS(Robot Operating System)概論(3):
ROSを使う手順、パッケージとシミュレータの活用
ロボット開発に有用とされるROSだが、習得には対応ロボットを入手した方が手っ取り早い。利用開始までの手順と、併用したいツールやデバッガも紹介する。(2015/6/11)

新ジャンル:回路設計モノ 電子回路の設計会社が漫画「おれデバ 〜俺のデバッグがこんなに簡単なわけがない〜」を公開
やべえ、何言ってるのか全然分かんない。(2015/6/5)

組み込み開発ニュース:
ボードなしでも組み込みソフト開発、ブライセンがシミュレータ
ブライセンがVisual Studio環境で動作する評価ボードシミュレータを提供する。「AKI-H8/3052F」などをターゲットとし、実機やICEのない環境でもコーディングやデバッグが可能となる。(2015/4/1)

生徒と教師にアンケート
コンピュータ教育を開始した英国で見えてきた課題
英国の義務教育でプログラム作成、デバッグ、コーディングなどのコンピューティング科がスタート。生徒と教師を対象としたアンケートから、さまざまな課題が見えてきた。(2015/3/23)

福田昭のデバイス通信(7):
ルネサスの最新半導体ソリューション(5)――デュアルコア対応の開発環境とGUIベースのコード生成ツール
今回は、開発環境に関するソリューションを紹介する。複数の開発環境を用意しなくてもマルチコア・マイコンのデバッグが行える統合開発環境や、「RL78」マイコンのプログラムをGUIベースで自動生成するツールなどが展示された。(2015/2/23)

「mbed」で始めるARMマイコン開発入門(4):
ARMマイコンに内蔵された周辺デバイスの使い方を学ぶ−シリアルポート編−
ARMマイコン「LPC1114」にはさまざまな周辺デバイス(ペリフェラル)が内蔵されていますが、まずは第一弾として、printfデバッグに欠かせないシリアルポートの使い方を勉強します。(2015/1/9)

横河メータ&インスツルメンツ 702902/702906:
−40〜85℃に動作温度範囲を拡大、横河のパッシブプローブ
横河メータ&インスツルメンツは、動作温度範囲が−40〜85℃と広いパッシブプローブとして2製品を発表した。パワーエレクトロニクス、メカトロニクス分野における波形観測やデバッグなどの用途に向ける。(2014/11/14)

Java 8時代の開発者のためのデバッグ/トラブル解決の基本・応用テクニック〜JJUG CCC 2014 Springまとめリポート(後編)
Java開発における3大トラブルと対策、IDEのデバッガー活用の必要性、Java 8より導入された新しいメモリ領域を使いこなすためのテクニック、独自のトランザクショナルメモリ機構を実装した有効性などをお伝えする。(2014/10/15)

組み込みソフトウェア開発の革命:
PR:Virtual Starter Kitを活用した「組み込みソフトウェア初期デバッグ」のすすめ
組み込みソフトウェアを開発する上で、ソフトウェアの動作する環境が必要です。本稿では、Windows PC 1台でソフトウェアのデバッグおよび動作確認を可能にする「Virtual Starter Kit」について紹介します。(2014/10/8)

連載:簡単! Visual Studio 2013入門:
第6回 Windowsアプリのデバッグ&リリース
バグはどうやってつぶせばいいのか? 完成したアプリケーションはどうやってリリースすればいいのか? VS 2013入門の最終回。(2014/9/29)

無料で使えるブラウザー開発者ツール入門(2):
初心者がWebフロントエンドを高速化するための基礎知識
気楽に開発が始められる半面、デバッグが難しいHTML/CSS/JavaScriptのフロントエンド開発。本連載では、ブラウザーに付属している「開発者ツール」で効率的にWeb開発を行う方法を解説します。今回は、パフォーマンス低下の要因や、実行時間のコンソール出力やプロファイラーの使い方、リフローイベントの記録などについて。(2014/9/2)

日本NI USB-6000など:
USB接続タイプのデータ収録製品、教育現場での実験などにも最適
日本ナショナルインスツルメンツ(日本NI)は、PCとUSBで接続して用いるマルチファンクションデータ収録製品を4製品発表した。電池の計測やLEDなどのオンオフ制御、電子回路のデバッグなどにおけるデータロギング用途に向ける。(2014/7/16)

無料で使えるブラウザー開発者ツール入門(1):
初心者がブラウザーでデバッグするための基礎知識
気楽に開発が始められる半面、デバッグが難しいHTML/CSS/JavaScriptのフロントエンド開発。本連載では、ブラウザーに付属している「開発者ツール」で効率的にWeb開発を行う方法を解説します。(2014/7/11)

横河メータ&インスツルメンツ DLM2000シリーズエンハンストモデル:
最大250Mポイントのメモリを搭載可能、横河のミックスドシグナルオシロ
横河メータ&インスツルメンツのDLM2000シリーズ「エンハンストモデル」は、最大250Mポイントのメモリを搭載可能なミックスドシグナルオシロスコープである。車載システムや産業機器などに搭載されるパワーエレクトロニクスやメカトロニクス用回路基板開発時の波形観測、デバッグといった用途に向ける。(2014/7/10)

cookieや履歴を要求する拡張機能をチェック、Googleのデバッグツールに新機能
「Chrome Apps & Extensions Developer Tool」の更新に、ユーザーが使っている拡張機能やアプリの挙動をチェックできる機能が加わった。(2014/6/13)

SE SP-01の“あっ”と驚く活用法:
PR:GR-KURUMIで高性能デバイスを制御&デバッグ!
ソリューションコラムでは、これまでSE SP-01を使用したさまざまなバリエーションのデモをご紹介してきました。今回ご紹介するのは、アナログ・デバイセズの超低消費電力18ビット1Mサンプル/秒のA/DコンバータAD7982を、なんとGR-KURUMIを使用して制御&デバッグをします!(2014/5/19)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(50):
あなたの知らないAndroid SDKの便利tools、14選まとめ
SDKに含まれている便利なツールを、デバッガー/プロファイラー、コード解析/難読化、画像ファイル最適化、アプリ外部のデータリソース操作の4種類に分けて紹介。(2014/3/24)

ローデ・シュワルツ R&S RTE:
「高信頼 高機能 操作性」を実現したミドル級オシロスコープ
ローデ・シュワルツ・ジャパンは、ミドルレンジのデジタルオシロスコープ「R&S RTE」を発売した。波形更新レートが100万波形/秒と高速なため、高い確率で突発的に発生する不具合信号を捕捉することができる。ノイズ解析に有効なトリガ機能なども備えている。組み込みシステムのデバッグや電源解析などの用途に向ける。(2014/3/14)

Excelマクロ/VBAで始める業務自動化プログラミング入門(3):
マクロが動かない原因の見つけ方とVBAの変数、データ型
プログラミング初心者を対象にExcelマクロ/VBAを使った業務自動化プログラムの作り方を一から解説します。今回は、VBEのデバッグ方法としてステップイン実行とブレークポイントの設定を紹介し、エラー対処法やプログラムに重要な変数、データ型などについて解説します【Windows 10、Excel 2016に対応】。(2016/7/14)

WinRT/Metro TIPS:
Visual Studio 2013の新機能を使って、デバッグ時にメソッドの戻り値を調べるには?[Windows 8.1ストアアプリ開発]
Visual Studio 2013の新機能を活用して、デバッグしているときにメソッドの戻り値を調べる方法を解説する。(2014/1/30)

生産性ガチアゲなオープンソースiOSライブラリ(4):
ネットワーク接続の激ムズデバッグをログ収集で解決!
iOSアプリのネットワーク状態を管理する「AFNetworking」とiOSアプリのログ出力を簡単に利用できる「CocoaLumberjack」について、概要と使い方を解説します。(2013/11/7)

ここが変わった! iOS 7まとめのまとめ(2):
便利になったXcode 5新機能7選とAuto Layout入門
大きく変化したiOS 7に戸惑う多くの開発者/デザイナのために、役立つブログ記事をまとめて紹介していく、まとめ連載。強化されたデバッグ機能、Git連携機能、テストフレームワーク「XCTest」とテスト管理機能、OS X Serverと連携するCI(継続的インテグレーション)機能「Bots」などに関するブログ記事をまとめて紹介します。(2013/10/31)

Windows Azure情報アップデート:
「Windows Azure SDK 2.2」リリース、Visual Studio 2013に対応
Visual Studio 2013のリリースを受け、Windows AzureのSDKもアップデートした。リモートでのデバッグが容易になる。.NETアプリケーションのAzure環境移行支援も強化している。(2013/10/23)

マイコン入門!! 必携用語集(8):
どう選ぶ? PCとターゲットを接続するツール
前回の開発環境編では、マイコンを用いたシステム開発で使用する開発ツールや統合開発環境(IDE)を中心に、全体的な開発の流れについて解説しました。そこで今回は、デバッグケーブル、ICE、エミュレータといった、ホストPCとターゲット・ボード間を接続するツールについて解説します。今回の記事を通して、目的に合ったツールを見つけてみてください。(2013/10/21)

FAニュース:
横河電機、レンジフリーコントローラ用高速データ収集モジュールとプログラム開発ツールを発売
モジュールは従来機比で10倍の5μs周期でアナログからデジタルに変換。開発ツールはプログラムの実行状態表示機能を強化し、デバッグやトラブル解析を効率化する。(2013/10/18)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。