ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「統合開発ツール」最新記事一覧

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

Google、「Android Studio 2.0」正式版リリース 3倍高速に
GoogleがAndroidアプリ向け統合開発環境(IDE)の「Android Studio 2.0」の正式版をリリースした。コードの書き換えをすぐに確認できる「Instant Run」やクラウド経由のテスト環境「Cloud Test Lab」などの新機能が追加された。また、エミュレータの速度は3倍速くなったとしている。(2016/4/11)

Dev Basics/Keyword:
Android Studio(Androidアプリ開発環境)
Android StudioはIntelliJ IDEA Community EditionをベースにしたAndroidアプリ開発用のグーグル公式IDEだ(2016/3/24)

Microsoft、Eclipse Foundationのメンバーに
Linux版「SQL Server」を発表したMicrosoftが、今度はオープンソースのIDE「Eclipse」の非営利団体Eclipse FoundationにSolutions Memberとして参加すると発表した。(2016/3/9)

実運用に近いソフトウェアスタックを強みに:
IoTデバイス設計を簡素化、マルチプロトコルSoC
シリコン・ラボラトリーズは、IoTデバイス向けにマルチプロトコルSoC「Wireless Gecko」ポートフォリオを発表した。実運用に近いThreadやZigBee、Bluetooth Low Energyなどのソフトウェアスタックと統合開発環境を組み合わせることで、IoTデバイスの設計を簡素化するという。(2016/3/2)

IARシステムズ EWARM-RS:
「IAR Embedded Workbench」をルネサスのIoT機器向け設計プラットフォームに提供
IARシステムズは、ルネサス エレクトロニクスのIoT機器向け設計基盤「Renesas Synergyプラットフォーム」に向け、同社統合開発環境「IAR Embedded Workbench」を「EWARM-RS」の名称で提供する。(2016/2/26)

ルネサス「Synergy」に「IAR Embedded Workbench」が統合
IARシステムズがルネサス「Renesas Synergyプラットフォーム」に向け、同社統合開発環境「IAR Embedded Workbench」を「EWARM-RS」の名称で提供する。(2016/2/24)

IARシステムズ IAR Embedded Workbench:
ルネサスのグラフィックスライブラリをサポートした「IAR Embedded Workbench for RH850」
IARシステムズは、統合開発環境「IAR Embedded Workbench for RH850」がルネサス エレクトロニクスのグラフィックスライブラリをサポートしたと発表。自動車用制御マイコン「RH850/D1L」と「RH850/D1Mシリーズ」に対応する。(2016/2/23)

「IAR Embedded Workbench」がルネサスのグラフィックライブラリをサポート
IARシステムズの統合開発環境「IAR Embedded Workbench for RH850」がルネサスエレクトロニクスのグラフィックスライブラリをサポートした。車載マイコン「RH850/D1L」「RH850/D1Mシリーズ」に対応する。(2016/2/23)

お金も要らない!:
ルネサス、PCだけでMCUの初期評価ができるツール
ルネサス エレクトロニクスは2016年2月10日、PC上でマイコン(MCU)の開発初期評価が行える仮想開発環境「Webシミュレータ」を公開した。スターターキットや統合開発環境などを必要とせず、仮想環境だけで実環境同様に性能、消費電流などの評価が行える。(2016/2/10)

ビルド性能とエミュレーション速度に重点:
Androidアプリ向け統合開発環境「Android Studio 2.0」β版が公開
米グーグルが、Androidアプリ向け統合開発環境(IDE)の最新版「Android Studio 2.0」のβ版を発表した。(2016/2/8)

実業務でちゃんと使えるAndroidアプリ開発入門(1):
ACTION_OUTSIDEが切り開くAndroidアプリ間連携の可能性
本連載では、バージョンの違いに左右されないスタンダードなアーキテクチャで、セキュリティやパーミッション、テストのしやすさ、開発効率の向上などを考慮した、実業務で使えるAndroidアプリ開発のノウハウを提供していきます。初回は、連載の今後を紹介し、アプリ間連携でさまざまなことができるACTION_OUTSIDEイベントの使い方を解説します。(2016/2/4)

設計データをVR空間で検証:
CADで設計した3Dモデルを「Unity」向けに変換するプラグイン登場
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパンは、CADで設計された3Dモデルをマルチプラットフォーム向け統合開発環境「Unity」へインポートするためのプラグイン「Unity CAD Importer」を発表した。(2015/12/8)

Google、「Android Studio 2.0」のプレビュー公開 2〜2.5倍高速化
Googleが、Androidアプリ向け統合開発環境(IDE)「Android Studio」の約1年ぶりのメジャーアップデート「バージョン2.0」のプレビュー版を公開した。(2015/11/24)

セキュリティ面の「コードチェッカー」:
既存IDEのプラグインとして動作するセキュアコーディングツールに新版
アスタリスク・リサーチは2015年11月18日、EclipseやVisualStudioのプラグインとして動作し、セキュアなソフトウエア開発を支援するツールの最新版「SecureAssist 2.5」をリリースした。(2015/11/19)

いつまで個別のスキルとツールで疲弊し続けるのか:
クラウドとiOS/Android/Windows 10アプリ開発を統一して扱えるVisual Studio 2015の狙い
マイクロソフトの統合開発環境の新製品「Visual Studio 2015」がついにリリースされた。Windowsだけではなく、iOS/Androidをターゲットとした「クロスプラットフォーム開発」が可能な点が、大きな売りの一つになっているが、同社では、この製品がリリースされたタイミングで、あえて開発者に「フロントエンドだけではなく、バックエンドも含めた開発プラットフォーム全体を再検討してはどうだろうか」と提案する。その意図を同社に聞いた。(2015/8/31)

ユーシーテクノロジ UCT μT-Kernel 2.0 PIC32開発キット:
統合開発環境MPLAB X IDEに対応した開発キット
ユーシーテクノロジは、統合開発環境MPLAB X IDEに対応した「UCT μT-Kernel 2.0 PIC32開発キット」を発売した。リアルタイムOS「UCT μT-Kernel 2.0」をMicrochipの32bitマイクロコントローラに移植し、統合開発環境MPLAB X IDEに対応させた。(2015/7/15)

電力消費効率をCPU/GPUの25倍に高める:
ザイリンクス、OpenCL、C/C++でFPGAアクセラレーションを行う開発環境最新版のリリースを発表
ザイリンクスは5月26日(米国時間)、FPGAを使用したアクセラレーター開発環境の最新版「SDAccel開発環境2015.1」のリリースを発表した。最新版では、統合開発環境の機能が強化され、対応ライブラリも拡充される。(2015/7/16)

Google、「Android Developer Tools in Eclipse」サポートを年末に終了へ
Googleが、「Android Developer Tools(ADT) in Eclipse」の開発と正式サポートを年末に終了するとして、まだ同ツールを使っているアプリ開発者らに公式IDEである「Android Studio」への移行を呼び掛けている。(2015/6/29)

特集:次期Visual Studioの全貌を探る:
Visual Basic 14の新機能ベスト10〜もう「VBだから」とは言わせない!
Visual Basic 14には多くの新機能が搭載される。本稿では、その中で注目したいものを、IDEと言語に分類して紹介する。(2015/4/14)

.NET TIPS:
Visual Studio:テストエクスプローラーでNUnitのユニットテストを実行するには?
Visual StudioのIDE内で、サードパーティ製のユニットテストフレームワーク「NUnit」によるユニットテストを実行する方法を解説する。(2015/4/8)

「Unity 5」に無料でほぼフル機能「Personal Edition」 「Unreal Engine 4」も無料化
ゲーム統合開発環境の新版「Unity 5」正式版を公開。無料でほぼフル機能を使える「Personal Edition」も展開する。「Unreal Engine 4」も無料化を発表。(2015/3/4)

福田昭のデバイス通信(7):
ルネサスの最新半導体ソリューション(5)――デュアルコア対応の開発環境とGUIベースのコード生成ツール
今回は、開発環境に関するソリューションを紹介する。複数の開発環境を用意しなくてもマルチコア・マイコンのデバッグが行える統合開発環境や、「RL78」マイコンのプログラムをGUIベースで自動生成するツールなどが展示された。(2015/2/23)

.NET TIPS:
Visual Studio:メニューなどの表示言語を切り替えるには?
Visual StudioのIDEで使われる表示言語を、日本語以外から日本語に(あるいはその逆に)切り替える方法を解説する。(2015/2/17)

.NET TIPS:
Visual Studio 2013:IDE右上のユーザー名とアイコンを変えるには?
複数台のPCで設定を共有するのに便利なVisual Studio 2013のConnected IDE。本稿ではIDEの右上に表示されるユーザー名とアイコンを変更する方法を解説する。(2015/2/10)

Visual Studioで何ができる?:
PR:これから開発を始めるなら必見! より使いやすくなった「Visual Studio」
「Visual Studio」は高機能な総合開発環境(IDE)。特にCommunityエディションは有償であるProfessional相当の機能を備えながら、無償で利用できるのが特徴です。無償でできること、できないことを解説します。(2014/12/16)

Google、アプリ統合開発環境「Android Studio」正式版をリリース
Googleが昨年のGoogle I/Oで発表したAndroidアプリの統合開発環境「Android Studio」の正式版を公開した。複数ディスプレイサイズのプレビュー機能など、多数の新機能が搭載された。(2014/12/9)

Java 8時代の開発者のためのデバッグ/トラブル解決の基本・応用テクニック〜JJUG CCC 2014 Springまとめリポート(後編)
Java開発における3大トラブルと対策、IDEのデバッガー活用の必要性、Java 8より導入された新しいメモリ領域を使いこなすためのテクニック、独自のトランザクショナルメモリ機構を実装した有効性などをお伝えする。(2014/10/15)

.NET TIPS:
Visual Studio 2013:タスクバーから管理者権限でIDEを起動するには?
タスクバーから、あるいはソリューションファイルをダブルクリックしたときに、常に管理者権限でVisual Studio 2013を起動する方法を解説する。(2014/8/26)

.NET TIPS:
Visual Studio 2013:IDEの既定の環境設定を変更するには?
Visual Studio 2013の初回起動時に指定可能な開発設定と配色パターンを、次回以降の起動後で変更する方法を解説する。(2014/8/25)

Arduinoで始めるWeb技術者のためのIoT入門(2):
電子回路を作る基礎を学びNode.jsでボードを操ろう
今注目のInternet of Thingsを実現するセンサーデバイスのインターフェースとしてArduinoを使い、電子工作の基礎から実装までを紹介する連載。今回は、LEDを点滅させる「Lチカ」を実現する電子回路を作成し、Arduino IDEでJavaScriptの制御プログラムを作り動かします。(2014/6/23)

nexacro platformの4つの特徴とは:
日本ネクサウェブ、「ワンソース・マルチユース」実現の開発プラットフォームを提供開始
4月に組織統合を発表した日本ネクサウェブが、5月19日、企業UI/UXプラットフォームの新製品「nexacro platform」を出荷した。この製品は統合開発環境を使った生産性の高いWebアプリケーション開発を支援。それとともに、デスクトップPCからスマートフォン、タブレット端末までを1つのソースコードで展開できるワンソース・マルチユースを実現するという。(2014/5/22)

Gruntで始めるWeb開発爆速自動化入門(2):
CoffeeScriptやSassなどの使用時にオススメのGruntプラグイン一覧
JavaScriptメインでWeb開発を行う際にさまざまな作業を自動化して開発効率を爆発的に高めるツール(Grunt、Yeoman、Bowerなど)やエディター、IDE、実行環境などを紹介していく連載。今回は、Gruntプラグインの概要と便利なものをまとめたgrunt-contrib、ファイルが監視できるgrunt-contrib-watch、livereload(自動更新)を実現するgrunt-contrib-connectなどの使い方を解説する。(2014/4/8)

プロセッサ/マイコン:
ソフト開発をより単純に、シリコンラボがマイコン開発環境の新版を発表
シリコン・ラボラトリーズ(以下、シリコンラボ)は、同社製マイクロコントローラ(MCU)向けのソフトウェア開発に必要なツール群やライブラリ、関連資料などをパッケージにしたソフトウェアスイート「Simplicity Studio」の新バージョンを発表した。従来バージョンに比べて、Eclipseベースの統合開発環境(IDE)に対応したことと、32ビットMCUに加えて8ビットMCUをサポートした点などが新しい。(2014/3/24)

Gruntで始めるWeb開発爆速自動化入門(1):
ブラックなWeb開発現場の救世主、Gruntのインストールと使い方
JavaScriptメインでWeb開発を行う際にさまざまな作業を自動化して開発効率を爆発的に高めるツール(Grunt、Yeoman、Bowerなど)やエディター、IDE、実行環境などを紹介していく連載。初回は主なビルドツールを紹介し、Gruntの概要と特長、環境構築の仕方や基本的な使い方に加え、CoffeeScriptを使った設定も解説する。(2014/3/4)

JIRAから開発状況を一元的に把握:
JIRA+Gitリポジトリ管理で開発プロセス全体を最適化、アトラシアン
アトラシアンは2014年2月28日、Gitリポジトリ管理製品「Stash」と課題管理ソフトウェア「JIRA」を組み合わせた統合開発支援サービス、「アトラシアン Git Essentials」を発表した。(2014/2/28)

Java 8はラムダ式でここまで変わる(1):
初心者のためのJavaラムダ式入門とJDKのインストール、IDEの環境構築
本連載では、今までJavaの経験はあっても「ラムダ式は、まだ知らない」という人を対象にラムダ式について解説していきます。初回は、ラムダ式の概要と利点、必要性、JDK 8のセットアップ、NetBeans、IntelliJ IDEA、Eclipseの環境構築について。(2014/2/18)

バグ修正やIE 10未満の環境での動作改善盛り込む:
マイクロソフトが「Visual Studio 2013 Update 1」をリリース
米マイクロソフトは2014年1月20日、統合開発環境ツール「Visual Studio 2013」の初の更新版となる「Update 1」を正式リリースした。IE 10未満での動作など、幾つかの改善が加わっている。(2014/1/23)

アドバンスド・データ・コントロールズ 代表取締役社長 河原隆氏:
PR:“三重苦”を抜けた国内自動車産業の新規開発をツールで支援する
アドバンスド・データ・コントロールズ(ADaC)は、Green Hills Softwareの統合開発環境「MULTI」やリアルタイムOS「INTEGRITY」といったツールやソフトウェア製品を車載分野に展開している。“三重苦”を抜けて復活を遂げた国内自動車産業の新規開発を支援すべく、半導体メーカーと二人三脚で提案活動を進めていく考えだ。(2014/1/14)

マイクロウェーブ展2013:
高周波の回路設計/解析機能をシームレスに統合、AWRの統合開発環境
AWR Japanは、RF/マイクロ波対応の電子回路設計に向けた統合開発環境「Microwave Office」や、3D有限要素法の電磁場解析エンジン「Analyst」、通信システムシミュレータ「Visual System Simulator(VSS)」などの最新技術や機能について、デモを交えて紹介した。(2013/12/6)

Microsoft、クラウド式開発サービス「Visual Studio Online」を発表
Microsoftが統合開発環境(IDE)「Visual Studio 2013」の立ち上げイベントで、GitHubのようなクラウド式共同開発サービス「Visual Studio Online」を発表した。5人以下のチームなら無料だ。(2013/11/14)

日本マイクロソフト、「Microsoft Visual Studio 2013」の販売スケジュールを発表――VL版は11月1日より
日本マイクロソフトは、同社製の統合開発環境ツール最新版「Microsoft Visual Studio 2013」の詳細な販売スケジュールと価格を発表した。(2013/10/30)

ISO26262:
イーソルが「eT-Kernel」のISO26262の第三者認証を「ASIL B」で取得へ
イーソルは、リアルタイムOS「eT-Kernel」と統合開発環境「eBinder」について、自動車向け機能安全規格であるISO 26262の第三者認証機関による認証を、ASIL Bで取得すると発表した。(2013/10/22)

「Apache Cordova」サポートなども:
HTML5開発機能を強化した「NetBeans IDE 7.4」リリース
オープンソースの統合開発環境NetBeans IDEの最新版となる「NetBeans IDE 7.4」が2013年10月18日に公開された。HTML5開発機能の強化などが特徴だ。(2013/10/21)

マイコン入門!! 必携用語集(8):
どう選ぶ? PCとターゲットを接続するツール
前回の開発環境編では、マイコンを用いたシステム開発で使用する開発ツールや統合開発環境(IDE)を中心に、全体的な開発の流れについて解説しました。そこで今回は、デバッグケーブル、ICE、エミュレータといった、ホストPCとターゲット・ボード間を接続するツールについて解説します。今回の記事を通して、目的に合ったツールを見つけてみてください。(2013/10/21)

ルネサス/ADI SE SPIDER-01:
ルネサスとADIが両社の評価ボードを接続する基板を共同開発、「評価環境設定時間を7割短縮」
ルネサス エレクトロニクスとアナログ・デバイセズの日本法人は、両社の評価ボードを接続するインターポーザボード「SE SPIDER-01」を共同開発したと発表した。「評価環境を設定する時間を約7割短縮できる上、ノイズの発生を抑制できるため、安定した評価値を得られる」(両社)としている。(2013/7/8)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(43):
Eclipse ADTに代わるIDEとなるか? Android Studioの基礎知識
新しく発表されたオープンソースのAndroidアプリ開発環境について、概要や使い方、注意点、Eclipse ADTからの移行方法を解説。最大の特徴は複数デバイスの同時表示。IntelliJ IDEAベースで、ビルドツールにGradleが使われている点も注目だ。(2013/6/14)

Java Day Tokyo 2013まとめレポート(2):
WebSocket、組み込み、並列処理で進化するJava、そして最強のIDEはどれだ?
Java EEにおけるWebSocket、並列処理の過去・現在・未来、Raspberry Piとの連携、Eclipse、NetBeans、IntelliJ IDEAの中から最強のIDEを決める座談会、ミニ四駆の発表もあったLT大会などの模様をお届け。(2013/6/11)

Google、Android向け統合開発環境「Android Studio」を発表
「Android Studio」はIntelliJ IDEAベースの無料のIDE。マルチスクリーン向けレイアウトツールなど、Androidアプリ開発に特化した機能を搭載する。(2013/5/16)

ESEC2013 関連ニュース:
“実機レス”開発を支援するツール群を展開、永和システムマネジメント
永和システムマネジメントは、実機を使わずにアプリケーション開発や単体テストが行える統合開発環境「Program Development Kit for Microcomputer(PDK)」を開発。同製品を「第16回 組込みシステム開発技術展(ESEC2013)」で披露する。(2013/4/22)

実践しながら学ぶ Android USBガジェットの仕組み(11):
Android USBパケットをキャプチャーし、UMSプロトコルを解析する!!
今回は、USBデバイスドライバを効率的に開発するための統合開発環境「UDK(USB Device driver development Kit)」を使用して、UMS(USB Mass Storage)のパケットの流れとSCSIデータを解析する。(2013/4/16)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。