ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「デデュプリケーション」最新記事一覧

テープやHDDとどう併用するか
データ保護にクラウド導入、納得感ある選択へ4つの質問
本稿では、バックアップや災害復旧といったデータ保護戦略に使用するクラウドサービスを決定する際に問うべき質問を紹介する。(2017/6/19)

他の製品とどこが違う?:
PR:ついに日本上陸! ハイパーコンバージドインフラの本命SimpliVityの魅力を一挙紹介
ハイパーコンバージドインフラの最有力製品「SimpliVity」が、とうとう日本に上陸した。しかも、日本ヒューレット・パッカードの充実したワンストップサポートを受けることができる。この製品はなぜ高い評価を受け、多くの企業に採用されてきたのか。その魅力をまとめて紹介する。(2017/6/16)

FPGAアクセラレーターで常に重複排除とデータ圧縮ができる:
1TBのバックアップを60秒で――日本ヒューレット・パッカードがHCI「HPE SimpliVity 380発表」
日本ヒューレット・パッカードが2017年6月15日にハイパーコンバージドインフラ「HPE SimpliVity 380」を発表した。専用のアクセラレーターカードによって、常時重複排除とデータ圧縮ができるという。(2017/6/15)

エンタープライズストレージに恩恵
NVMeにフラッシュDIMM、革新が続くフラッシュ関連技術と広がる用途
NVMeやメモリバスベースのフラッシュDIMMといったプロトコルの採用は、フラッシュストレージデバイスが高いパフォーマンスを発揮するための一助になっている。(2017/6/14)

ITインフラを変える新潮流【後編】
ハイパーコンバージドインフラに賭けるべきか? その答えは……
ハイパーコンバージドインフラの導入が増えている現状で、「導入しない」とする場合、代わりになる方法の妥当性を検討することになる。構成要素技術の将来性と併せて考察する。(2017/6/14)

その理由は「メリットが明確」
“フラッシュファースト”なSDS急拡大で従来型ストレージは消滅?
スケールアウトSDSの急速な普及によって、従来型のストレージ製品やストレージアレイの収益が低下している。 (2017/6/12)

Interop Tokyo 2017の歩き方(2):
Interop Tokyo 2017、IoTとクラウドで進化するITインフラ、そしてネットワーク
Interop Tokyo 2017の見どころを3回に分けて紹介する連載の第2回として、IoT、クラウド、そしてこれらをきっかけとしたネットワーキングの新たな役割を象徴する展示を紹介する。(2017/6/6)

SDSの定義とトレンド【後編】
徹底解説:ストレージ仮想化、オブジェクトストレージにおける「SDS」の仕組みとは
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)ほど見解に相違が見られる用語はない。「柔軟性」「使いやすさ」「スケーラビリティとパフォーマンス」「総所有コスト」の4基準で各SDSの長所と短所を評価する。(2017/6/5)

「300万円から」の低価格帯HCIもラインアップ:
Dell EMC、「HCI」「オールフラッシュストレージ」の新モデルを一挙に発表
デルとEMCジャパンは、Dell EMCブランドのHCI(ハイパーコンバージドインフラストラクチャ)とオールフラッシュストレージの新モデルを発表。2017年6月から順次販売を開始する。(2017/6/1)

SDSの定義とトレンド【前編】
徹底解説:vSAN、HCIベンダーが提供する「SDS」の長所と短所
「ソフトウェア定義ストレージ」(SDS)の定義はベンダーによって異なる。ハイパーバイザーベースやハイパーコンバージドベースなど、さまざまな種類のSDSについて長所と短所を解説する。(2017/6/1)

ストレージ投資動向調査
SSD vs. クラウド 世代交代を迎えるプライマリストレージ、次の選択肢は?
プライマリストレージとバックアップストレージに関する優先事項の中でも、クラウドは人気が高い。一方、ほとんどの人がプライマリデータストレージに採用しようとしているのがオールフラッシュアレイだ。(2017/5/30)

SANやNASとどう違う?
いまさら聞けないオブジェクトストレージ入門
オブジェクトストレージとは何か。オブジェクトストレージの特徴とメリット/デメリットをSANやNASと比較しながら解説する。(2017/5/23)

ネットアップセミナー「NetApp Cloud Champions 2017」レポート:
PR:ハイブリッドクラウド時代に浮上した“データ移動”の課題に解決策はあるのか
ハイブリッドクラウドが本格的に使われ始めた今、「データの移動」が新たな課題として浮上している。その解決策としてネットアップが提唱しているのが「NetApp Data Fabric」というコンセプト。同社のセミナー「NetApp Cloud Champions 2017:クラウドベンダーとネットアップが提言! ビジネス価値創造のための一歩先を行くハイブリッドクラウド活用」では、このコンセプトに基づくクラウド活用法が示された。(2017/5/22)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:XtremIO、フラッシュのためにゼロから設計されたストレージの真価とは
オールフラッシュストレージ製品間の違いを見極めるには、設計を考える必要がある。XtremIOがオールフラッシュの世界でリーダーとなっている理由は、根本からオールフラッシュのための設計となっている点にある。(2017/5/15)

「この勝負は見ものだ」
「NVMe SSD」が高速ストレージの主流に、注目ベンダーはどう動く?
Tier 0は「高速」で「プロプライエタリ」だったが、「NVMe」(Nonvolatile Memory Express)が今後の主流となり、この2つ目の形容詞を変えようとしている。NVMeはPCIe SSDの標準プログラミングインタフェースだ。(2017/5/12)

次はSSDを採用するという回答が半数
SANやNASの購入計画は落ち込み気味――複数調査の結果
SSDはプライマリーストレージとして最も人気のある技術だ。一方で、容量を増強する場合、ほとんどの企業は今でもSANを中心にストレージを検討しているのが実情だ。(2017/5/8)

オーバースペックは避けたい
オールフラッシュアレイ導入ガイド、製品の決定前に確認したい5つの質問
オールフラッシュアレイを購入する前には、費用対効果を最大限に発揮するためにも具体的な導入計画が必要だ。事前に確認すべき5つの質問について解説する。(2017/5/2)

HDDと比べたSSDの速さとは
徹底解説:オールフラッシュアレイ 超高性能をたたき出す技術とのその用途
オールフラッシュアレイの購入に向けて投資対効果検討書を作成するには、まずアプリケーションで必要なIOPS、遅延、スループットについて把握する必要がある。(2017/5/1)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Nutanix搭載のXCは、Dell EMCにおけるHCIの重要な選択肢であり続ける
デルが開発・提供してきたNutanixベースのハイパーコンバージドインフラ製品を、Dell EMCは今後も推進していくという。豊富な製品群が出そろったにもかかわらず、提供を続ける理由は何か。(2017/5/1)

今あらためて「ハイパーコンバージドインフラ」とは何か?:
Dell EMCに聞く、ハイパーコンバージドインフラの適用基準と今目指すべき企業ITの姿とは?
IT活用の在り方がビジネスの成果に直結する現在、ITインフラの運用管理にも一層のスピードと柔軟性が求められている。これに伴い運用管理者には「求められたリソースを迅速に配備する」など「サービスブローカー」としての役割が求められているが、いまだ仮想環境の運用管理などに手を焼いている企業が多いのが現実だ。ではサービスブローカーへの変革を実現できる最も効率的な方法とは何か? 統合インフラに幅広いラインアップを持つDell EMCへのインタビューに、その1つの回答を探る。(2017/4/28)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:VxRailは単なるHCIではない、ハイブリッドクラウドのための基盤だ
VxRailは、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の市場をけん引するリーダーだと認識されている。だがこれは、単なるハードウェア、あるいは「箱」ではない。むしろ「箱」の限界を打破するために開発された製品だ。(2017/4/27)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:SCシリーズは、データ管理の効率と性能を極められるストレージ
Dell EMCは、ミッドレンジのオールフラッシュ製品として「Unity」と「SCシリーズ」を展開している。このうちSCシリーズを一言で表現すれば、「使いでのある」ストレージということができる。豊富な機能を駆使してデータ管理の最適化を進めたい、あるいは複雑な要件に対応したい場合に適している。(2017/4/25)

どうデータアクセスを実現するか
ハイブリッドクラウド環境に最適なストレージの実装方法
ハイブリッドクラウド環境において問題となるのが、アプリケーションが使用するデータの配置とアクセス方法だ。これを実現するハイブリッドクラウドストレージにはさまざまな実装方法がある。(2017/4/18)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Vblock/VxBlock、HCIが普及しても価値が色あせない理由
ハイパーコンバージドインフラ(HCI)に注力しているDell EMCだが、それによって統合インフラシステム(CI)であるVblock/VxBlock推進の手を緩めているわけではない。理由は、HCIが宗教であってはならないからだ。(2017/4/17)

対応は進んでいるが……
「Windows Serverコンテナ」普及の壁はバックアップ? 主要ベンダーの反応は
Windows Serverコンテナストレージのデータ保護に利用できるツールはいろいろあるが、よく探さないと見つからないかもしれない。どんな選択肢があるのだろうか。(2017/4/13)

「フラッシュファーストは終わり」、Dell EMCストレージ戦略の全貌:
PR:Dell EMCの多角的なオールフラッシュ製品群は、「フラッシュが標準の世界」を牽引する
フラッシュファーストはもう終わった。「フラッシュは、もう標準の時代」に入っている。では、企業は「具体的」に、どんな要素を考慮して、どのオールフラッシュストレージを選択すべきなのか。「多角的なオールフラッシュ製品群」で企業のITトランスフォーメーションを支える、Dell EMCストレージ戦略の全貌を解説する。(2017/4/13)

ミドルウェアの風雲児が目を付けたピュア・ストレージ、データ基盤の再定義へ
ピュア・ストレージは同社初となるフルNVMe対応の「FlashArray//X」を世界同時発表し、東京の記者発表会にはディーツェンCEO自ら駆け付けた。(2017/4/12)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供ホワイトペーパー
フラッシュストレージ導入ガイド:ベンダーに確認すべき23のチェックポイント
フラッシュストレージの費用は1GB当たり1.5ドルと手頃になってきた。そのためフラッシュ移行を検討する企業が増えているが、多くの選択肢の中から自社に最適な製品を選ぶことは容易ではない。そこで製品を見極めるポイントを紹介する。(2017/4/19)

Dell EMCが本気で推進するHCI/CIの全貌:
PR:Dell EMCのハイパーコンバージドは、各企業が最適解を見いだすためのツールを目指す
Dell EMCはなぜハイパーコンバージドインフラとコンバージドインフラで、豊富な選択肢を提供しているのか。これは、企業の社内ITをほぼ例外なく、クラウド化しなければならないと考えているからだ。(2017/4/10)

備えがあり過ぎても困る
ディザスタリカバリ環境の構築、複数サイト方式とクラウド利用方式を比較する
適切なディザスタリカバリ(DR)の選択には、コスト、目標復旧時間(RTO)、専門知識の有無が重要だ。慎重に分析した結果、クラウドが最適と考える企業もあるだろう。(2017/4/5)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【最終回】
単なる保険から「データ管理」の中核へ、バックアップ製品の未来像
「データを生かす企業が生き残る」といわれる昨今、バックアップデータは単なる保険から、宝の山へと見方が変わってきている。バックアップ製品の進化を考察する。(2017/3/30)

.NET TIPS:
Listから重複した要素を削除するには?[C#/VB]
Listから重複した要素を削除するには、Distinctメソッドを使う他、IEqualityComparer<T>を使用する、Equalsメソッドをオーバーライドするなどの方法がある。(2017/3/29)

ホワイトペーパー:
【比較表】主要ターゲット型バックアップアプライアンス、機能・価格比較
Data Domain、StoreOnce、Quest DR、DXiといった4つの主要なターゲット型バックアップアプライアンス製品の機能と価格を1枚の表にまとめた。(2017/3/29)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第3回】
バックアップツールの主要機能、重複排除、レプリケーション、DRを押さえる
バックアップツールを用いれば、重複排除やレプリケーション、災害対策(DR)が可能だ。今後は、バックアップデータをビジネスに活用するためのデータの可視化が注目を集める。(2017/3/23)

製品選定前に読んでおきたい基礎技術 バックアップ編【第2回】
クラウド/仮想化時代に知っておきたい、バックアップの種類、方法、格納先
企業システムで求められるバックアップ要件を基に、バックアップの種類や手法、格納先、そして仮想環境のバックアップ方法について解説する。(2017/3/22)

市場全体では前年比8.9%減、「フラッシュファースト」意識が鮮明に:
国内企業向けストレージ市場、オールフラッシュ製品が大きく伸長 前年比84%増 IDC調査
IDC Japanが発表した国内企業向けストレージシステム市場規模は、2016年通年で前年同期比8.9%減となる1830億5000万円だった。ただしオールフラッシュカテゴリーは活況で、前年比84.3%と大きく伸長した。(2017/3/17)

テープがついに引退し、クラウドをDRで利用?
企業向けデータ管理の主要技術、2017年はどうなる?
2017年、企業でのデータ管理の在り方はどのように変わるのか。DR目的でのクラウド利用やテープストレージの終わりの始まりなど、起こり得る5つの事象を予測する。(2017/3/17)

管理ソフトウェアは日本語対応:
シスコ、HCIでオールフラッシュと40Gbpsに対応した新製品を国内発表
シスコシステムズは2017年3月14日、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)製品「Cisco HyperFlex」で、新版のHyperFlex 2.0を国内発表した。オールフラッシュ構成の実現、40Gbpsイーサネットインタフェースへの対応、データ保護関連の強化、管理コンソールの刷新と日本語化、などが新しい。(2017/3/15)

データ保護の最適解「バックアップアプライアンス」の選定と比較【第5回】
【徹底比較】統合型バックアップアプライアンスを比較、主要5製品の特徴は?
ArcserveやDell EMC、Barracuda、Veritasといった主要ベンダーの統合型バックアップアプライアンスを比較し、それぞれのメリット/デメリットを解説した。比較表は無料でダウンロードできる。(2017/3/13)

Computer Weekly製品ガイド
ハイパーコンバージェンス:政治的、技術的革命
ITコンポーネントを単一の中央管理型プラットフォームに集約する計画を立てているITリーダーのために、そのノウハウを解説する。(2017/3/13)

弱点だったコストもTCOでは優位に
「全てのストレージがフラッシュになる時代は確実に来る」の技術的根拠は?
オールフラッシュアレイストレージのTCOの優位性(電力や冷却に要する費用の少なさ、処理能力の高さなど)は、企業がアクティブワークロードの保存に使用する理由にもなる。(2017/3/3)

SD-WANは、何をしてくれるのか(6):
シスコのSD-WANが、分かりにくいのはなぜか
シスコシステムズは、SD-WANに対してどのようなスタンスをとっているのか。結論から言えば、同社の既存技術の適用形態としてSD-WANを捉えており、一方で即座に活用できるソリューションを求める人々には、「Cisco Meraki」を推進するということになる。(2017/2/27)

SCSK Panzuraクラウドストレージゲートウェイ:
全拠点からアクセス可能なグローバルファイルシステムの構築が可能に
SCSKは、「Panzuraクラウドストレージゲートウェイ」最新版6.3から、IBMのクラウドストレージ「IBM Cloud Object Storage」との接続に対応したと発表した。(2017/2/23)

ユーザー企業は「価格重視」志向
調査で分かったバックアップアプライアンス市場動向、「ディスク」「クラウド」に注目
今は大量のデータが急速に生成され、それに伴ってリスクが増加している時代だ。そんな状況におけるバックアップ市場のニーズを満たしているのが、クラウドとディスクベースのストレージアプライアンスだ。(2017/2/21)

多種多様なワークロードに対応、「スモールスタート」も可能:
PR:デジタルトランスフォーメーションに不可欠な要素を「オールマイティー」にカバー 富士通「ETERNUS AF series」で得られる真の価値
SSDの低価格化を背景に、2016年はさしずめ「オールフラッシュ元年」と呼べるほど、オールフラッシュストレージ製品が一気に身近なものになってきた。そんな中、富士通が満を持してリリースしたオールフラッシュアレイ製品「FUJITSU Storage ETERNUS AF series」は、企業のどんな課題やニーズに応えてくれるものなのか。実際のモデルケースを挙げながら解説する。(2017/2/20)

運用管理者は「システムのお守り役」ではなく「サービス提供者」:
PR:バックアップ運用自動化で、攻めと守り、両方に寄与する方法
デジタルトランスフォーメーションも進展し、ビジネスに一層のスピードと効率が求められている中、それを支えるインフラ運用にも変革が求められている。特に今、多くの企業が取り組んでいるのが運用自動化だ。中でも運用効率向上、コスト/管理負荷低減といった自動化の成果を獲得しやすい領域として「バックアップ運用」の自動化が注目されている。では運用自動化で成果を獲得するためには何がポイントになるのだろうか。数多くの自動化案件を手掛ける伊藤忠テクノソリューションズに話を聞いた。(2017/2/28)

CADニュース:
クラウドとオンプレミスの利点を生かすファイルサーバ環境を構築
SCSKは、「Panzuraクラウドストレージゲートウェイ」最新版6.3から、IBMの「IBM Cloud Object Storage」との接続に対応したと発表した。複数の拠点から同じファイルシステムにアクセス可能なグローバルファイルシステムを構築できる。(2017/2/13)

米HPE、ハイパーコンバージドインフラの米SimpliVityを買収へ
米ヒューレット・パッカード・エンタープライズは2016年1月17日(現地時間)、ハイパーコンバージドインフラ(HCI)の有力スタートアップ企業、SimpliVityの買収で最終的な合意に達したと発表した。2017年後半にはHPEのサーバハードウェアを使ったHCIアプライアンスを販売開始する予定。(2017/1/18)

間接コンバージョンも評価対象に:
ジーニー、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」にアトリビューション機能を追加
ジーニーは、マーケティングオートメーションプラットフォーム「MAJIN」に、アトリビューション機能を追加したと発表した。(2017/1/16)

高コストアプリケーションを見分ける
2017年版:クラウドコストを削減する5つのヒント
クラウドコンピューティングのコストは、リソースが無秩序に増加したり調整が不十分だったりすると、必要以上に高額になりやすい。そのようなコスト増を防ぐためのヒントを紹介する。(2017/1/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。