ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「開発支援ツール」最新記事一覧

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

コーディングなしで開発可能、Cloud Marketplaceにも対応:
オラクル、ノンプログラマーのためのクラウド型アプリ開発ツール「Project Visual Code」を発表
オラクルがコーディングをほぼ不要とするクラウドベースのビジュアルアプリケーション開発プラットフォーム「Project Visual Code」を発表した。(2016/9/27)

FeliCa対応はどう? Siriの「関ジャニ∞発音問題」はどうなった?:
「iOS 10」の新機能/APIに関する開発者向けTips 100本、クラスメソッドのエンジニアが公開
クラスメソッドが、「iOS 10」に関する100本の技術情報を自社サイト「Developers.IO」で公開。FeliCaに対応した「Apple Pay」、プログラミング言語「Swift 3」、開発ツール「Xcode 8」に関する技術情報を集約している。(2016/9/15)

愛され続ける“類いまれな開発ツール”:
PR:誕生から30年、ツールとして深化と熟成を重ねるLabVIEWが見せる新たな芽生え
1986年、グラフィカルなユーザーインタフェースを備えた革新的な開発ツール「LabVIEW」が30周年を迎えた。これほど長い間使われ続けている開発ツールは他にない。8月に開かれたNational Instrumentsの年次カンファレンスで、LabVIEW開発者が紹介した30年の歩みと、最新版「LabVIEW 2016」が身につけた新機能について解説する。(2016/9/1)

「誰でも、必要なときに、簡単に」システム開発
Excelやパッケージの限界を突破する「ノンプログラミング開発ツール」、簡単システム化に成功した3事例
アプリケーションを簡単に開発できるノンプログラミング開発ツールは、情シスはもちろん業務部門にも人気だ。ノンプログラミング開発ツール導入した企業の事例を3つ取り上げ、多様な使い道を探る。(2016/8/1)

設計開発ツール:
エレクトロビット、ハードウェアに依存しない自動運転システム開発ツールを発売
エレクトロビットは、自動運転車に向けたオープンプラットフォームのソフトウェア開発ツール「EB robinos」を発表した。ハードウェアに依存しないソフトウェアのみのソリューションで、AUTOSARソフトウェアコンポーネントを含むAUTOSAR仕様の基本ソフトウェア上で動作する。(2016/7/19)

導入の際のチェックポイントを知る
「簡単」だけで選ぶと落とし穴に……ノンプログラミング開発ツール選び
ノンプログラミング開発ツールの選び方を徹底解説。クラウド型、オンプレミス型などのタイプ別に特長を整理し、導入検討の際にチェックすべきポイントを挙げてみたい。(2016/7/1)

Gitでのソース管理をより簡略化:
「Visual Studio 2015」の最新アップデートが公開、ソース管理の生産性を高める新機能を追加
米マイクロソフトは、開発ツール「Visual Studio 2015」の最新アップデートを公開。ソース管理の生産性を高める新機能を追加した。(2016/6/20)

Microsoft、AppleのWWDC 2016の“二次会”を勝手に開催へ
iOSアプリ開発ツール「Xamarin」を無償にしたMicrosoftが、Appleの年次開発者会議「WWDC 2016」の初日の夜に、会場から徒歩6分のビルで「WWDCの二次会」と称する無料パーティーを開催する。会場ではXamarinやiOS、OS X関連の自社技術を紹介する計画だ。(2016/6/8)

人テク展2016 開催直前情報:
「動く電子機器」となったクルマの開発は、従来の設計手法では対処できない
メンター・グラフィックス・ジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、「EEアーキテクチャ設計のためのシステムエンジニアリング」をテーマに電装システム向けの開発ツールや試験機のデモンストレーションを行う。(2016/5/11)

TECHNO-FRONTIER 2016:
自動運転車のアルゴリズムを市街地で試すには?
構造計画研究所は、「TECHNO-FRONTIER 2016」において、開発ツールやプログラム言語で作成した自動運転車などの制御システムと連携可能な交通シミュレータ「PTV Vissim/Viswalk」を紹介した。(2016/4/25)

Facebook、メッセンジャーbot開発ツールを無償提供
Facebookが、LINEやMicrosoftに続き、Facebookメッセンジャーでユーザーと会話するボットの開発ツールを無償で公開した。企業はボットでプロモーションしたり、商品を販売できる。ユーザーはボットの広告メッセージをブロックすることもできる。(2016/4/13)

Microsoft、マルチプラットフォームアプリ開発ツール「Xamarin」を無償に
Microsoftが、2月に買収を発表したAndroidおよびiOS向けモバイルアプリ開発ツール「Xamarin」をVisual Studioに統合し、無償で提供すると発表した。(2016/4/1)

開発プラットフォームは助けになるか
「モバイルアプリ開発者はどこに行った?」、企業が実感する採用難と解決法
クロスプラットフォーム対応のモバイル開発ツールを利用すれば、開発者はアプリを1本作成するだけで各種のプラットフォームに対応させることができる。モバイルアプリの開発プロセス簡素化が可能だ。(2016/3/31)

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:
第1回 Apache Cordovaでできること
Visual Studioは単なるWindowsアプリ開発ツールではない。本連載ではVisual Studioを使ってiOS/Androidアプリを開発する基礎知識を紹介していく。(2016/3/15)

買収を喜ぶ声は多いが
WindowsとiPhone、Androidのアプリを一度に開発、MicrosoftがXamarinを買収した“深い意味”
Windowsはアプリケーション開発のエコシステムで他のOSに大きく後れを取っている。だが、アプリケーション開発ツール「Xamarin」が活性化の起爆剤となるかもしれない。(2016/3/9)

ARM DS-5 Development Studio:
MISRAのツールを「DS-5」に統合、安全性・信頼性の必要なARM搭載製品の開発に
ARMはソフトウェア開発ツール「ARM DS-5 Development Studio」に、コーディングガイドライン「MISRA」のツールを統合。安全の確保が必要となるARM搭載製品に最適なソフトウェア開発プラットフォームとして提供していく。(2016/2/26)

ガートナー 片山治利氏に聞く「超高速開発ツール」
劇的に進むユーザー企業の内製化 IT部門はスピードと“シャドーIT”にどう対応する?
アプリケーション開発の内製化を図る企業が国内でも増え始めている。その背景には何があったのか。内製化トレンドで再び脚光を浴びる「超高速開発ツール」とは?(2016/2/22)

特集:Forguncy 2新機能詳説:
Forguncy 2のグラフ機能を使ってみる
ExcelライクなノンプログラミングのWebアプリ開発ツール「Forguncy」の最新バージョンにはどんな機能が追加されたのかを見てみよう。(2016/2/5)

3つの事例が示す情シスの今後の在り方
ノンプログラミング開発ツールで変わる「情シスの立場と役割」
業務部門自らがアプリケーションを開発する“情シス不要”のノンプログラミング開発ツールを導入する企業が増えてきた。情シスの果たす役割も変化しつつある。実際の導入現場を例にその変化を確認してみよう。(2016/2/2)

アプリ開発を抜本的に改善できる魔法のようなツール
アプリ開発の生産性向上を実現する“ハイレベルな開発ツール”とは?
多くのIT部門が現在、ビジネス環境の変化に俊敏に対応するために開発生産性の向上を求められている。限られたIT予算で既存システムの保守と新規開発の効率を最大化できる開発ツールとは?(2016/2/1)

Windows 10、Edgeブラウザにも対応、40以上の新機能も:
「Forguncy」の新バージョンが発売
グレープシティは、Excelと同じ操作感覚でWebアプリケーションを開発できる開発ツールの新バージョン「Forguncy 2」を、2016年1月27日に発売する。(2016/1/21)

ホワイトペーパー:
東芝がクラウド基盤作りでこだわったSLA、選ばれた「PaaSを作る開発ツール」とは
東芝は目指す「スマートコミュニティ」の実現に向けて、全社横断のクラウド基盤を構築・運用中だ。重視したSLAを利用者に明確に見せるために導入したクラウドソリューションを、担当者は「PaaSを作るための開発ツール」だと語る。(2015/12/10)

Uber、Android/iOSアプリに配車要請ボタンを簡単に追加できるツールを無償提供
配車サービスのUberが、サードパーティー製アプリに配車リクエストボタンを簡単に追加できる開発ツールの無償提供を開始した。ユーザーは、例えばレストラン紹介アプリで目的のレストランページに表示されるUberアイコンをタップすれば、その場でUberの配車をリクエストできる。(2015/12/3)

Microsoft、オンプレミスサービスのモバイルアプリ開発ツール「PowerApps」発表
Microsoftが、企業のSaaSやオンプレミスサービスにiPadやAndroid端末からアクセスするためのアプリを社内で開発できるようにするツール「PowerApps」をプレビューリリースした。Microsoft Officeのようなユーザーインタフェースでテンプレートを使ってアプリを構築できる。(2015/12/1)

任天堂新ゲーム機「NX」は2016年発売か? ソフト開発ツール配布開始とのうわさ
任天堂の次世代ゲーム機「NX」向けソフト開発ツールの配布が始まっているようだ。WSJ日本版が伝えている。(2015/10/19)

iOSアプリがマルウェア感染、App Storeで4000本流通か
米Appleのソフトウェア開発ツールを改ざんした「XcodeGhost」が中国で出回り、マルウェアに感染したiOSアプリがApp Storeで配信されていたことが分かった。(2015/9/24)

新iPhoneのRAMは2Gバイト、iPad Proは4Gバイト──開発者がXcodeを使って確認
Appleは端末の搭載RAM容量を公表しないが、ある開発者がAppleの開発ツール「Xcode」を使ってiPhone 6S/6S PlusのRAMは2Gバイト、iPad ProのRAMは4Gバイトであることを確認したとツイートした。(2015/9/14)

モバイルアプリの需要は今後ますます拡大
モバイルアプリ開発、“しくじる”企業が見落とす3つの基本要素
モバイルアプリケーションの浸透に伴い、企業は全社共通のアプリケーション開発ツールを使った戦略の策定を迫られている。そのためには少なくとも3つの基本要素が必要だ。(2015/8/27)

「Visual Studio 2015」で新世代アプリ開発を始めよう(2):
PR:Windows 10の開発環境「Visual Studio 2015」はどのエディションを選べばいい?
Windows 10とともに登場した新しい開発ツール「Visual Studio 2015」は、製品構成が大きく変わっている。各エディションの概要をはじめ、開発規模や目的に合わせた選択ポイントを整理しよう。(2015/8/21)

モバイルアプリ開発SDKも:
米IBM、約50のコードをオープンソース化するdeveloperWorks Openを開設
米IBMは2015年7月22日(米国時間)、Webサイト「developerWorks Open」を開設したと発表した。このWebサイト上で、IBMは今後約50種の自社開発ツールおよびアプリケーションを、オープンソースとして公開していくという。(2015/7/23)

ソースコードを触らないシステム開発、ユーザーの内製化も支援
開発ツールを手掛けるOutSystemsと国内販売元のBlueMemeが、ソフトウェア開発人材の不足に対応するという事業強化を表明した。(2015/7/14)

Pepper:
Pepperのアルデバランがディベロッパープログラム開始
Pepper開発元、アルデバランロボティクスがディベロッパープログラムを開始した。登録することでロボットアプリ開発ツールや各ドキュメントなどが入手できる。(2015/7/3)

医療IT最新トピック
Appleの医療研究用アプリ開発ツール「ResearchKit」で医療現場はどう変わる
米Appleがついに一般公開した医療研究用アプリ開発ツール「ResearchKit」は、医療の未来をどう変えるのか。医療IT関連の最新トピックを紹介します。(2015/4/22)

「Windows 10」向けアプリ開発ツール(プレビュー版)がリリース
Microsoftが今夏公開予定の次期OS「Windows 10」で稼働する「ユニバーサルアプリ」を開発するためのSDKを含むアプリ開発ツールのプレビュー版をリリースした。(2015/3/24)

日本TI LAUNCHXL-F28069Mなど:
3相モーターを数分で制御可能なローンチパッド
日本TIは、3相モーターを数分で制御できる「C2000」Piccolo「F2806x」InstaSPIN-MOTIONローンチパッドの開発キットを発表した。モジュール形式で、すぐに立ち上げ可能な開発ツールとなっている。(2015/2/4)

オートモーティブワールド2015:
二輪車のメーターもデジタルクラスタになる、専用UI開発ツールを展示
エイチアイは、「オートモーティブワールド2015」において、ミックウェア、東洋電装と共同開発した二輪車向け高機能デジタルクラスタの開発ツール「eXtream Meter Cluster Concept」を展示した。(2015/1/19)

コストを抑え、チャンスはモノに:
PR:iPhoneもAndroidも!! マルチプラットフォーム対応の開発ツールを導入しよう
iPhone、Android、そしてWindowsのデスクトップなど、複数のプラットフォームにアプリを用意するため、それぞれの開発言語やツールを学ぶのは大変です。そこで、1つの言語、1つのツールで複数のプラットフォーム向けに開発が行える方法を紹介します。(2015/1/19)

組み込み開発ニュース:
アルテラ、浮動小数点DSPサポートの「Quartus II 開発ソフトウェア v14.1」
アルテラは開発ツール「Quartus II 開発ソフトウェア v14.1」を発表した。「Arria 10 SoC」が実装する浮動小数点DSPブロックをサポートしており、最大1.5TFLOPSのDSP性能を得ることが可能になる。(2014/12/16)

Bluemixのシングルテナント対応版:
IBM、占有区画で利用できるPaaS「Bluemix Dedicated」発表
日本IBMが、クラウドの次世代開発ツール/PaaS「Bluemix」に、シングルテナントで利用できるサービスを追加。顧客に占有区画を用意し、高いセキュリティ/コンプライアンスに対応したいと考える顧客のパブリッククラウドニーズに応える。(2014/12/15)

クラウドで進化するCAE:
PR:第18回 日額単位で使える流体解析がモノづくりを変える!?
IT業界ではクラウド活用がもはや当たり前になっているが、CADやCAEといった設計開発ツール業界ではあまり利用されていない。そんな現状を打ち破る新たなソリューションがソフトウェアクレイドルと富士通の提携によって実現された。流体解析ツールを日額単位で使えるこのソリューションは、モノづくりを変えるきっかけになるかもしれない。(2014/11/12)

期間限定ライセンス「Desktop Subscription」とは?:
PR:大きなプロジェクトを受注! クラウドを活用して差を付けろ!!
出費を抑えたい中小企業にとって、CADなどの設計開発ツールを常に最新バージョンにしておくのは難しいですよね。でも、大型プロジェクトを受注できそうな時の条件に「最新バージョンの設計開発ツールの利用」という項目が入っていたら……。そういった中小企業の悩みに応える期間限定のライセンスが登場し始めています。(2014/10/27)

KDDI、Firefox OSベースの開発者向けプラットフォーム開発 組み込み機器とWebと連携を簡単に
KDDIがFirefox OSベースの開発ボードとアプリ開発ツールを発表した。オープンプラットフォームでスマホや電子機器とWebの連携を促進していく狙いだ。(2014/10/3)

「Apple Watch」向けアプリ開発ツールセット「WatchKit」
発表イベントでは「Apple Watch」向けのFacebook、Twitter、Nikeなどのサードパーティーアプリが紹介されたが、開発者向けツールセット「WatchKit」の提供は来年になる見込みだ。(2014/9/10)

富士通、設計書からCOBOLのソースを自動生成する開発支援ツール発売
新ツールはCOBOLに対応し、設計変更でもプログラムソースを自動的に変更する。同社では約40%のコスト削減効果がみられたという。Javaにも対応する予定。(2014/8/28)

絵文字コーディングが流行する?:
アップル、新プログラミング言語「Swift」「iOS 8 SDK」「Xcode 6」のベータ版を発表
米アップルが新しいプログラミング言語「Swift」と開発ツール「iOS 8 SDK」「Xcode 6」のベータ版を発表。その特徴と注目ポイントを紹介。(2014/6/3)

「Visual Studio 2013 Update 2」リリース iOSやAndroidアプリ開発ツールキットをサポート
Microsoftが「Visual Studio Update 2」をリリースした。「モバイル第一、クラウド第一」戦略に則り、マルチプラットフォームアプリ開発ツール「Apache Cordova」をサポートする。(2014/5/13)

Microsoft、脆弱性抑止の開発支援ツール最新版を公開
Microsoftは脅威モデリングツールの最新版となる「Threat Modeling Tool 2014」の無料提供を開始した。(2014/4/17)

iOS SDKで始めるObjective-C入門(7):
Objective-Cのクラスやプロパティ、特徴的なメソッドの使い方
開発ツールXcode/iOS SDKを使ってiPhone/iPadアプリを作る方法を、プログラミング言語「Objective-C」の書き方/文法を交えて解説。「Windowsを使っていたけど、iOSアプリを作るためにMacを使い始めた」という初心者を対象にしています。今回は、クラス、プロパティ、メソッドを中心にインポート、アクセサー(ゲッター、セッター)、引数とラベ、スコープ、selfとsuperなどについてもコードを交えて説明します。(2014/4/9)

Microsoft、「Windows Azure」を「Microsoft Azure」に改称
Microsoftが、Windows以外のOSや開発ツールもサポートするクラウドサービス「Windows Azure」の名称を4月3日から「Microsoft Azure」に変更する。(2014/3/26)

iOS SDKで始めるObjective-C入門(6):
iOSアプリ開発初心者のためのオブジェクト指向の基本
開発ツールXcode/iOS SDKを使ってiPhone/iPadアプリを作る方法を、プログラミング言語「Objective-C」の書き方/文法を交えて解説。「Windowsを使っていたけど、iOSアプリを作るためにMacを使い始めた」という初心者を対象にしています。今回は、オブジェクト指向に必要な4つの特性や、カプセル化、継承、ポリモーフィズム、オーバーライドなどの使い方について。(2014/3/17)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。