ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「開発支援ツール」最新記事一覧

質問!開発→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で開発関連の質問をチェック

Windows 10 Fall Creators Updateの「Fluent Design System」などに対応:
オープンソースのUWPアプリ開発ツールキット「UWP Community Toolkit v2.0」が公開 何が新しくなったのか
UWPアプリ開発キットの最新版「UWP Community Toolkit v2.0」が公開。Windows 10 Fall Creators Updateで採用される新デザインシステム「Fluent Design System」などに対応する。(2017/9/1)

製造マネジメントニュース:
GEデジタルがコードフリーのアプリ開発基盤を買収
米GE Digitalは、コードフリーのアプリケーション開発環境を提供するIQPを買収した。GEのアプリ開発ツール「Predix Studio」とIQPが連携することで、迅速なアプリケーション開発のために統合されたワークフローを提供可能になる。(2017/8/18)

ソニーが一般公開:
GUIでニューラルネットワークが設計できる無償ツール
ソニーは2017年8月17日、ソニーグループ内で活用してきたディープラーニング(深層学習)プログラムの開発ツール「コンソールソフトウェア:Neural Network Console」を一般公開した。(2017/8/18)

コーディング不要のディープラーニング開発ツール、ソニーが無償提供
コーディング不要で、ディープラーニングのプログラムを生成できるソフトウェア「Neural Network Console」を、ソニーが無償提供。(2017/8/17)

製造ITニュース:
ディープラーニング専用ワークステーションのレンタルサービスを開始
オリックス・レンテックは、GDEPアドバンスのディープラーニング専用ワークステーション「DeepLearning BOX」のレンタルサービスを開始した。NVIDIA製最新GPUを搭載し、各種ソフトウェアや開発ツールもすぐに使用できる状態で組み込まれている。(2017/8/10)

Microsoft、UWPアプリ作成の「Windows App Studio」を12月1日終了へ
Microsoftは、β公開しているアプリ開発ツール「Windows App Studio」を12月1日にシャットダウンする。現行ユーザーに対しては、それまでにオープンソースのユニバーサルアプリ(UWP)開発ツール「Windows Template Studio」に移行するよう勧めている。(2017/7/3)

自動運転技術:
NXPとエレクトロビットが提携、自動運転コンピュータと開発ツールを融合
NXPとエレクトロビットは、自動運転システム向けの新しい開発プラットフォームの実現に向けて提携する。NXPの自動運転用コンピュータ「BlueBox」とエレクトロビットのオープンプラットフォームのソフトウェア開発ツールを組み合わせる。(2017/6/29)

組み込み開発ニュース:
IoTゲートウェイのアプリ開発支援ツール、名付けて「ここちょいゲートウェイ」
富士通アドバンストエンジニアリングは、IoTゲートウェイのアプリケーション開発を支援するIoTシステム開発者向けツール「ここちょいゲートウェイスターターキット」を発売した。(2017/6/14)

「GitHub Marketplace」開店 開発ツールを検索・購入
GitHubが、開発ツールのオンラインストア「GitHub Marketplace」を開設した。「Travis CI」や「Waffle」などの人気ツールを入手できる。(2017/5/23)

ExcelライクなノンプログラミングのWebアプリ開発ツール:
グレープシティ、「Forguncy 3」を発表 50以上の新機能
グレープシティが、業務用Webアプリケーション開発ツール「Forguncy」の新バージョンを発表。2017年5月29日に発売する。50以上の新機能を備えた。(2017/4/28)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:ARMが進めるIoT戦略
ソフトバンクに買収されたARMはどうなるのか? ARM HoldingsのシガースCEOに同社の現状とIoT戦略についてインタビューした。他に、フラッシュ専用プロトコルNVMeやiOSのセキュリティ機能ATSの解説、Googleが公開した開発ツールやLinuxのホットパッチ機能などについてお届けする。(2017/4/24)

キヤノンITソリューションズ Web Performer:
IoTの有用性を迅速に評価・検証できるPoCサービス、企業のIoT導入を総合的に支援
キヤノンITソリューションズは、超高速開発ツール「Web Performer」中核としたIoT向けPoC(Proof of Concept:概念実証)サービスの提供を、2017年3月下旬から開始する。(2017/4/4)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「超高速開発ツール」
人的スキルに頼らず高速なシステム開発ができるといわれる「超高速開発ツール」。そのスピードをフルに生かすためにも、メリットや留意点を理解しておきましょう。(2017/3/28)

東京ダイヤモンド工具製作所「UnitBase」事例
ユーザー企業が向かうべき内製化、ノンプログラミング開発ツールの導入現場を取材
東京ダイヤモンド工具製作所の社員数は約300人、システム担当はたった1人。業務効率化が課題の同社が選んだセルフサービス開発ツールは、kintoneやSalesforceではなくUnitBaseだった。(2017/3/21)

Pepperの言動を簡単に作れる開発ツール「Pepper Maker」発表 触ってきた
既存の開発ツール「Choregraphe」との違いは?(2017/2/7)

高速開発ツールが後押し
“ノーコード/ローコード”のソフト開発が浮上、問われるのは開発者の思考に
企業のアプリケーション開発が変化しつつある。「開発者」の定義が変化し、業務部門のメンバーによる市民開発者の存在が主流になりつつある。これを後押しするのがノーコード/ローコードのアプリケーション開発ツールだ。(2017/2/7)

Qt 5.8:
メモリフットプリント最大60%削減、組み込みに適したQt 5.8
「Qt」の最新版「5.8」が提供開始された。最新版ではマルチプロセス対応の新機能やステートマシン開発ツールへの統合などが行われた他、カスタマイズ性を高めることで「最大で60%のメモリフットプリントを削減」可能だ。(2017/2/6)

「多様な選択肢と企業向けサポート」を提供:
IBM POWER8対応ディープラーニング開発ツール群「IBM PowerAI」が「TensorFlow」フレームワークをサポート
IBMのディープラーニング開発ツール群「IBM PowerAI」がグーグルの「TensorFlow」フレームワークをサポートした。(2017/1/30)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版:検知できないマルウェアの見つけ方
アンチウイルスソフトでは検知できないマルウェアを見つけるための5つの方法を紹介。他に、同時期に発表された全く正反対の満足度調査結果の謎に迫る。シンガポールで進行中の3Dマッピングプロジェクトや、AIを応用した開発ツールをリリースしたベンダーのインタビューも掲載。(2016/12/12)

Googleの「G Suite」(旧Google Apps)にアプリ開発ツール「App Maker」
Googleのプロダクティビティスイート「G Suite」に、プログラミングのスキルがなくてもオリジナルのWebアプリを開発できる「App Maker」が追加される。「Google Cloud」の各種サービスと連係するアプリを簡単なUIで作れる。(2016/12/1)

2016年内は無料の格安ビルドパイプラインも:
PR:サービスファースト時代、開発ツールベンダが、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習までを提案する理由
開発ツールベンダのアトラシアンが年次イベント「Atlassian Summit 2016」の報告会を開催。アトラシアンが重要視したのは、ツールのアップデートのみならず、サービスファースト時代のビルドパイプライン、DevとOpsとカスタマーサービスの壁を壊した事例、チームの診断から演習まで、と多岐にわたるものだった。その裏側にある“思い”とは――(2016/11/28)

Microsoft、企業向けモバイルアプリ開発ツール「PowerApps」を正式公開
Microsoftが4月にプレビュー公開した企業向けアプリ開発ツール「Microsoft PowerApps」を公式版として公開した。「Office 365」および「Dynamics 365」利用企業は無料で利用できる。それ以外のユーザーは1人当たり月額760円で利用できる。月額4350円の上位プランもある。(2016/11/1)

キーパーソンインタビュー
AIが開発者を支援するソフトウェア開発ツール「Stepsize Layer」のゴールとは?
各種開発ツールに接続してデータを収集し、コードにコンテキストデータを付加する「Stepsize Layer」。このツールで何が実現するのか。CEOのオマイヤー氏にインタビューした。(2016/10/31)

コーディングなしで開発可能、Cloud Marketplaceにも対応:
オラクル、ノンプログラマーのためのクラウド型アプリ開発ツール「Project Visual Code」を発表
オラクルがコーディングをほぼ不要とするクラウドベースのビジュアルアプリケーション開発プラットフォーム「Project Visual Code」を発表した。(2016/9/27)

FeliCa対応はどう? Siriの「関ジャニ∞発音問題」はどうなった?:
「iOS 10」の新機能/APIに関する開発者向けTips 100本、クラスメソッドのエンジニアが公開
クラスメソッドが、「iOS 10」に関する100本の技術情報を自社サイト「Developers.IO」で公開。FeliCaに対応した「Apple Pay」、プログラミング言語「Swift 3」、開発ツール「Xcode 8」に関する技術情報を集約している。(2016/9/15)

愛され続ける“類いまれな開発ツール”:
PR:誕生から30年、ツールとして深化と熟成を重ねるLabVIEWが見せる新たな芽生え
1986年、グラフィカルなユーザーインタフェースを備えた革新的な開発ツール「LabVIEW」が30周年を迎えた。これほど長い間使われ続けている開発ツールは他にない。8月に開かれたNational Instrumentsの年次カンファレンスで、LabVIEW開発者が紹介した30年の歩みと、最新版「LabVIEW 2016」が身につけた新機能について解説する。(2016/9/1)

「誰でも、必要なときに、簡単に」システム開発
Excelやパッケージの限界を突破する「ノンプログラミング開発ツール」、簡単システム化に成功した3事例
アプリケーションを簡単に開発できるノンプログラミング開発ツールは、情シスはもちろん業務部門にも人気だ。ノンプログラミング開発ツール導入した企業の事例を3つ取り上げ、多様な使い道を探る。(2016/8/1)

設計開発ツール:
エレクトロビット、ハードウェアに依存しない自動運転システム開発ツールを発売
エレクトロビットは、自動運転車に向けたオープンプラットフォームのソフトウェア開発ツール「EB robinos」を発表した。ハードウェアに依存しないソフトウェアのみのソリューションで、AUTOSARソフトウェアコンポーネントを含むAUTOSAR仕様の基本ソフトウェア上で動作する。(2016/7/19)

導入の際のチェックポイントを知る
「簡単」だけで選ぶと落とし穴に……ノンプログラミング開発ツール選び
ノンプログラミング開発ツールの選び方を徹底解説。クラウド型、オンプレミス型などのタイプ別に特長を整理し、導入検討の際にチェックすべきポイントを挙げてみたい。(2016/7/1)

Gitでのソース管理をより簡略化:
「Visual Studio 2015」の最新アップデートが公開、ソース管理の生産性を高める新機能を追加
米マイクロソフトは、開発ツール「Visual Studio 2015」の最新アップデートを公開。ソース管理の生産性を高める新機能を追加した。(2016/6/20)

Microsoft、AppleのWWDC 2016の“二次会”を勝手に開催へ
iOSアプリ開発ツール「Xamarin」を無償にしたMicrosoftが、Appleの年次開発者会議「WWDC 2016」の初日の夜に、会場から徒歩6分のビルで「WWDCの二次会」と称する無料パーティーを開催する。会場ではXamarinやiOS、OS X関連の自社技術を紹介する計画だ。(2016/6/8)

人テク展2016 開催直前情報:
「動く電子機器」となったクルマの開発は、従来の設計手法では対処できない
メンター・グラフィックス・ジャパンは、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、「EEアーキテクチャ設計のためのシステムエンジニアリング」をテーマに電装システム向けの開発ツールや試験機のデモンストレーションを行う。(2016/5/11)

TECHNO-FRONTIER 2016:
自動運転車のアルゴリズムを市街地で試すには?
構造計画研究所は、「TECHNO-FRONTIER 2016」において、開発ツールやプログラム言語で作成した自動運転車などの制御システムと連携可能な交通シミュレータ「PTV Vissim/Viswalk」を紹介した。(2016/4/25)

Facebook、メッセンジャーbot開発ツールを無償提供
Facebookが、LINEやMicrosoftに続き、Facebookメッセンジャーでユーザーと会話するボットの開発ツールを無償で公開した。企業はボットでプロモーションしたり、商品を販売できる。ユーザーはボットの広告メッセージをブロックすることもできる。(2016/4/13)

Microsoft、マルチプラットフォームアプリ開発ツール「Xamarin」を無償に
Microsoftが、2月に買収を発表したAndroidおよびiOS向けモバイルアプリ開発ツール「Xamarin」をVisual Studioに統合し、無償で提供すると発表した。(2016/4/1)

開発プラットフォームは助けになるか
「モバイルアプリ開発者はどこに行った?」、企業が実感する採用難と解決法
クロスプラットフォーム対応のモバイル開発ツールを利用すれば、開発者はアプリを1本作成するだけで各種のプラットフォームに対応させることができる。モバイルアプリの開発プロセス簡素化が可能だ。(2016/3/31)

連載:Visual Studio+Apache Cordovaで始めるiOS/Androidアプリ開発:
第1回 Apache Cordovaでできること
Visual Studioは単なるWindowsアプリ開発ツールではない。本連載ではVisual Studioを使ってiOS/Androidアプリを開発する基礎知識を紹介していく。(2016/3/15)

買収を喜ぶ声は多いが
WindowsとiPhone、Androidのアプリを一度に開発、MicrosoftがXamarinを買収した“深い意味”
Windowsはアプリケーション開発のエコシステムで他のOSに大きく後れを取っている。だが、アプリケーション開発ツール「Xamarin」が活性化の起爆剤となるかもしれない。(2016/3/9)

ARM DS-5 Development Studio:
MISRAのツールを「DS-5」に統合、安全性・信頼性の必要なARM搭載製品の開発に
ARMはソフトウェア開発ツール「ARM DS-5 Development Studio」に、コーディングガイドライン「MISRA」のツールを統合。安全の確保が必要となるARM搭載製品に最適なソフトウェア開発プラットフォームとして提供していく。(2016/2/26)

ガートナー 片山治利氏に聞く「超高速開発ツール」
劇的に進むユーザー企業の内製化 IT部門はスピードと“シャドーIT”にどう対応する?
アプリケーション開発の内製化を図る企業が国内でも増え始めている。その背景には何があったのか。内製化トレンドで再び脚光を浴びる「超高速開発ツール」とは?(2016/2/22)

特集:Forguncy 2新機能詳説:
Forguncy 2のグラフ機能を使ってみる
ExcelライクなノンプログラミングのWebアプリ開発ツール「Forguncy」の最新バージョンにはどんな機能が追加されたのかを見てみよう。(2016/2/5)

3つの事例が示す情シスの今後の在り方
ノンプログラミング開発ツールで変わる「情シスの立場と役割」
業務部門自らがアプリケーションを開発する“情シス不要”のノンプログラミング開発ツールを導入する企業が増えてきた。情シスの果たす役割も変化しつつある。実際の導入現場を例にその変化を確認してみよう。(2016/2/2)

アプリ開発を抜本的に改善できる魔法のようなツール
アプリ開発の生産性向上を実現する“ハイレベルな開発ツール”とは?
多くのIT部門が現在、ビジネス環境の変化に俊敏に対応するために開発生産性の向上を求められている。限られたIT予算で既存システムの保守と新規開発の効率を最大化できる開発ツールとは?(2016/2/1)

Windows 10、Edgeブラウザにも対応、40以上の新機能も:
「Forguncy」の新バージョンが発売
グレープシティは、Excelと同じ操作感覚でWebアプリケーションを開発できる開発ツールの新バージョン「Forguncy 2」を、2016年1月27日に発売する。(2016/1/21)

ホワイトペーパー:
東芝がクラウド基盤作りでこだわったSLA、選ばれた「PaaSを作る開発ツール」とは
東芝は目指す「スマートコミュニティ」の実現に向けて、全社横断のクラウド基盤を構築・運用中だ。重視したSLAを利用者に明確に見せるために導入したクラウドソリューションを、担当者は「PaaSを作るための開発ツール」だと語る。(2015/12/10)

Uber、Android/iOSアプリに配車要請ボタンを簡単に追加できるツールを無償提供
配車サービスのUberが、サードパーティー製アプリに配車リクエストボタンを簡単に追加できる開発ツールの無償提供を開始した。ユーザーは、例えばレストラン紹介アプリで目的のレストランページに表示されるUberアイコンをタップすれば、その場でUberの配車をリクエストできる。(2015/12/3)

Microsoft、オンプレミスサービスのモバイルアプリ開発ツール「PowerApps」発表
Microsoftが、企業のSaaSやオンプレミスサービスにiPadやAndroid端末からアクセスするためのアプリを社内で開発できるようにするツール「PowerApps」をプレビューリリースした。Microsoft Officeのようなユーザーインタフェースでテンプレートを使ってアプリを構築できる。(2015/12/1)

任天堂新ゲーム機「NX」は2016年発売か? ソフト開発ツール配布開始とのうわさ
任天堂の次世代ゲーム機「NX」向けソフト開発ツールの配布が始まっているようだ。WSJ日本版が伝えている。(2015/10/19)

iOSアプリがマルウェア感染、App Storeで4000本流通か
米Appleのソフトウェア開発ツールを改ざんした「XcodeGhost」が中国で出回り、マルウェアに感染したiOSアプリがApp Storeで配信されていたことが分かった。(2015/9/24)

新iPhoneのRAMは2Gバイト、iPad Proは4Gバイト──開発者がXcodeを使って確認
Appleは端末の搭載RAM容量を公表しないが、ある開発者がAppleの開発ツール「Xcode」を使ってiPhone 6S/6S PlusのRAMは2Gバイト、iPad ProのRAMは4Gバイトであることを確認したとツイートした。(2015/9/14)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。