ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  D

  • 関連の記事

「Docomo 2.0」最新記事一覧

関連キーワード

新世紀情報社会の春秋:
グーグルとの提携で判明した「ドコモ2.0」の正体
インターネットへのニーズは家やオフィスから街に飛び出し、そこからまた新しいサービスが生まれようとしている。それに伴いPCや携帯電話などの端末からサービスに至るまで、そのあり方が根本から大きく変化しようとしている。(2008/3/6)

神尾寿のMobile+Views:
「ドコモ 2.0」の名に恥じない大きな変化
11月1日に発表されたドコモの新端末23機種は、携帯電話ビジネスの変化を先取りし、前例を廃して自ら変わるという、ドコモの不退転の決意を感じさせるものだ。ついに内実をともなった「ドコモ 2.0」は、その名に恥じない本物になったと言える。(2007/11/5)

「非常に強い危機感」にじむ 「905i」「705i」同時発表のドコモ
「非常に強い危機感を感じている」──「905i」「705i」の同時発表に踏み切ったドコモ。「『ドコモ2.0』の時代が来たね、と言ってもらえるような」改善の取り組みを続ける決意だ。(2007/11/1)

ワイヤレスジャパン2007:
2007年夏モデル新機種と、改めて「ドコモ2.0とは何か」を体験──NTTドコモブース
ワイヤレスジャパン2007のNTTドコモブースは、2007年夏モデル各機種や新サービス、機能の展示を中心に、日本語版BrackBerry、Bluetooth版Sound Leafなどを展示する。あの“ツッパリ系”もいた。(2007/7/18)

ワイヤレスジャパン2007 キーパーソンインタビュー:
法人ビジネスのドコモ2.0は“No”と言わないこと──NTTドコモ 三木茂氏
すでに飽和していると言われるコンシューマ市場に代わり、携帯電話業界で注目を集めているのが法人向け市場だ。業界最大手のドコモは法人ビジネスをどう考え、どう攻めるのか。法人ビジネス戦略部長の三木茂氏に聞いた。(2007/7/10)

物議を醸す「ドコモ2.0」の認知度は──MMD研究所調べ
何かと物議を醸しているNTTドコモの「ドコモ2.0」。MMD研究所がその認知度や広告に対する印象などを調査した。(2007/7/6)

“ドコモ2.0”の一環として料金とマーケティングを見直し──ドコモの中村社長
「ドコモ2.0が物議を醸しておりますが」──こんなコメントで始まったドコモの社長会見。中村維夫社長は、そのドコモ2.0の一環として、料金とマーケティングを見直すとした。(2007/6/26)

ロサンゼルスMBA留学日記:
「ドコモ2.0」とは、他社から“盗む”マーケティング戦略なのか
トップシェアながら、このところ他キャリアに押されぎみのNTTドコモ。同社が掲げた「ドコモ2.0」という標語、およびそのマーケティング戦略には、どのような狙いがあるのだろうか。(2007/6/20)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第4回 NTTドコモ 辻村清行氏──「ドコモ2.0」はWeb3.0のドコモ版
ジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、キーパーソンを招いて業界の行く末について語る鼎談企画。今回はNTTドコモ 取締役常務執行役員 プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏にこれからの携帯向けサービスについて聞いた。(2007/6/13)

Business Media 誠 Weekly Access Top10(2007年5月29日〜6月4日):
ドコモ 2.0キャンペーンは成功なのだろうか
大きく赤い星の中に白抜きで「DoCoMo 2.0」の文字――街でよく見るあのキャンペーン、いろいろと物議を醸しているようです。(2007/6/5)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第3回 NTTドコモ 辻村清行氏──ドコモ2.0に合わせてiモードもバージョンアップしたい
業界のキーパーソンとジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、業界の行く末について語る鼎談企画。NTTドコモ 取締役常務執行役員 プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏にドコモの研究開発やキャリアと端末メーカーの関係を聞いた。(2007/6/5)

石川温・神尾寿の「モバイル業界の向かう先」:
第1回 NTTドコモ 辻村清行氏──「ドコモ2.0」に込めた本当の意味
業界のキーパーソンとジャーナリストの石川温氏、神尾寿氏が、業界の行く末を語る鼎談企画。第1回はNTTドコモ 取締役常務執行役員 プロダクト&サービス本部長 辻村清行氏に話を聞いた。(2007/6/1)

ドコモ、表参道で904iとドコモ2.0のすべてが分かるイベントを開催
NTTドコモは5月26日と27日の2日間、表参道ヒルズ地下3階のSPACE Oで904iシリーズのデビューセレモニーを開催する。904iシリーズ全機種に触れるほか、本邦初公開となるプレミアムムービーの上映もあるという。(2007/5/25)

1端末で2回線――“MNP敗者”反撃の「ドコモ2.0」
MNP商戦で“敗者”のらく印を押されたドコモが、904iシリーズで反撃に出る。キャッチフレーズは「ドコモ2.0」。1端末で2回線使える「2in1」や、定額制音楽配信が売りだ。(2007/4/23)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。