ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ドバイ」最新記事一覧

車が空を飛ぶ近未来
Uberの空飛ぶタクシーは2023年に開始予定? 夢のプロジェクトが着々と進行中
未来の象徴として描かれてきた空飛ぶ車が、技術的に実現可能になりつつあるという。Uber Elevateの試みを紹介する。(2017/11/14)

繁盛店から読み解くマーケティングトレンド:
日本でも変わりつつある食品スーパーの常識
日本の食品スーパーマーケット業界が転換期に差し掛かっています。今や単に食品を販売するだけでは消費者も物足りなくなり始め、新たな業態に変革しなければならない時代に突入しました。その切り口の1つが「グローサラント」です。どのようなものでしょうか?(2017/9/13)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
魔法のグローバル化「外国人スタッフ」のうまい活用!
トレーニングにより、対応ミスや独自判断によるトラブルを防ぐことができる。(2017/8/24)

思わず見入る絶景 ドローン空撮写真コンテストの受賞作が見事
うっとり(2017/7/9)

ドバイ警察、年内に自動運転ロボットパトカー運転開始
ロボット警察官の雇用で話題を呼んだドバイ警察が、今度は無人でパトロールする小型自動運転パトカーを年内に導入すると発表した。(動画あり)(2017/6/30)

「テロ支援」:
サウジ、エジプトなどアラブ4カ国、カタールと国交断絶
サウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)、エジプト、バーレーンがカタールとの外交関係を断ち切ることを決定した。(2017/6/5)

オンリーワン技術×MONOist転職(12):
「空飛ぶ乗り物」をMade in Japanで――ヒロボー
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第12回。今回は、世界シェアトップクラスのラジコンヘリ技術を武器に「1人乗り有人ヘリコプター」という新市場へチャレンジするヒロボーを紹介する。(2017/6/5)

日本ヒューレット・パッカード株式会社提供Webキャスト
モバイル体験の未来図は? スマートシティーに見るインテリジェントエッジ活用
ネットワークの辺縁にあるセンサーや端末に処理能力を持たせた「インテリジェントエッジ」が注目されている。ドバイ市は都市サービスにこの新技術を導入したプラットフォームを構築し、スマートシティーを実現したという。(2017/6/2)

米国行きのフライトでノートPCが使えなくなるかも? ケリー長官、機内持ち込みを禁止する可能性を示唆
すでにテロ対策として中東などを対象に実施されていますが……。(2017/5/29)

ロボット警察官「Robocop」、ドバイ警察が正式雇用
アラブ首長国連邦のドバイ警察が、ロボット警察官「Robocop」を雇用したと発表した。パトロールや道案内、駐車違反取り締まりで活躍し、搭載カメラの映像を警察にライブストリームする。(2017/5/23)

「NSAのハッキングツール」新たに大量流出 Windowsの脆弱性悪用も
Microsoftによると、ハッキングツールで悪用されていた脆弱(ぜいじゃく)性の大半はすでに修正されている。国際間の銀行決済に使われるSWIFTのシステムがNSAの標的になっていたとの情報もある。(2017/4/17)

終わりなき戦い:
PCの機内持ち込み禁止、爆発犯との「いたちごっこ」か
一部の国際線において携帯電話より大きい電子機器の機内持ち込みが禁止されたことで、過激派組織と治安当局が繰り広げているきわめて重要で技術的な闘いが浮き彫りになった。(2017/3/28)

イーロン・マスク氏、脳に埋め込めるAIチップメーカー「Neuralink」立ち上げか
TeslaやSpaceXを経営するイーロン・マスク氏が、脳とデジタル端末やクラウドを直接接続できる“neural lace”を開発する企業「Neuralink」を立ち上げたとWall Street Journalが報じた。(2017/3/28)

宇宙ビジネスの新潮流:
「SPACETIDE」で語られた宇宙ビジネスの今
2015年に続き2回目となる宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE 2017」が開催した。イベント当日は数百人の起業家、投資家、大手企業、異業種企業、政府関係者などが駆け付け、総勢20人を超えるパネリストが登壇した。その熱気をレポートする。(2017/3/10)

世界を読み解くニュース・サロン:
金正男だけでない!? 殺人工作のリアル
金正日総書記の長男である金正男が、女性2人に襲われて暗殺される事件があった。この事件は大きく報じられているが、実は世界を見渡せば、国家が絡んでいるとされる秘密工作は少なくない。例えば……。(2017/3/2)

ロシア人モデルが超高層ビルで命綱なしの危険な撮影 Instagramに投稿してビルオーナーから非難の声
高所恐怖症の人は動画視聴注意です。(2017/2/25)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」:
トランプ氏「日本の高速鉄道に関心」の本音
日米首脳会談で高速鉄道が話題になったという。しかし「日本の高速鉄道技術をトランプ大統領も認めた」「日本の経済・技術協力によって、米国大陸に新幹線やリニアの路線網が築かれる」という展開にはならないかもしれない。米国ではベンチャー企業による「ハイパーループ」が実用化に向かっている。(2017/2/17)

1人乗り自動運転ドローン、ドバイで7月に運行開始(動画あり)
乗り込んでタッチスクリーンで行き先指定すればパイロットなしで運んでくれる。(2017/2/14)

CES 2017レポート:
「CES 2017」は自動運転車と人工知能のユートピアだった
2011年からモーターショー化してきた「CES」。2017年のCESは、ついに「自動運転車と人工知能のユートピア」となった。(2017/2/7)

ドバイ消防が水上ジェットパックで消火する画期的システムを発表
やだかっこいい。(2017/1/29)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(16):
最終話 俺はプログラマーだ。最後まで見届けさせてくれ
クリスマスツリーが消失した!? 生ける死者「Z」との準戦時下状況で、クリスマスパーティーを開くべく奮闘したJSPKF第1分隊のメンバーたち。全ての物資がそろい、ミッション終了と誰もが思っていたが――エンジニアライフの人気エンジニア小説「ひいらぎ飾ろう@クリスマス(fromハローサマー、グッドバイ)」のコミック版、堂々の最終回。(2017/1/27)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(15):
第3話 電力が足りないなら、プログラミングで制御すればいいじゃない
20XX年、物資が困窮する準戦時下状況でクリスマスパーティーの開催を命じられた、元プログラマーの谷少尉とJSPKF(特殊治安維持部隊)第1分隊のメンバーたち。Redmineで管理したタスクを1つ1つこなし、順調に進捗(しんちょく)していたのだが、クリスマスツリーのライティングで「電力不足」という問題にぶち当たる――。(2017/1/20)

水素利用の共同研究に参加:
トヨタ、UAEで燃料電池車の実証実験
トヨタ自動車は、アラブ首長国連邦(UAE)で、燃料電池車(FCV)の実証実験を5月に開始する。現地で参加する水素利用の共同研究の一環。(2017/1/17)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(14):
第2話 「ヤクーツクのレナ川」を覚えているか
20XX年、生ける死者「Z」防衛の任に当たる、JSPKF(特殊治安維持部隊)。元プログラマーの谷少尉率いる第1分隊は、クリスマスを彩る物資を調達する特殊任務に任命された。物資不足の折、七面鳥やツリーなどの贅沢品は手に入れられるのだろうか――。(2017/1/13)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(13):
第1話 「オペレーション☆ひいらぎ」始動せよ
エンジニアライフで人気のITエンジニア小説「Press Enter■」コミック化第3弾は、近未来ITホラー小説「ハロー、サマーグッドバイ」からのスピンアウト小説「オペレーション☆ひいらぎ」だ。元プログラマー 谷少尉が率いるJSPKF 第1部隊は、無事ミッション コンプリートできるのか?(2017/1/6)

飛行中の航空機をハッキング――機内システムの脆弱性を突く攻撃、セキュリティ研究者が実験
航空機の機内エンターテインメントシステムの脆弱性を突けば、機内を混乱に陥れることもできるかもしれない、とセキュリティ企業のIOActiveが検証。「高度なスキルを持った人物の攻撃に対し、機内システムが抵抗できるとは思えない」と研究者は指摘する。(2016/12/21)

サプライチェーン管理にブロックチェーンを全面採用
「ブロックチェーン」に約3兆円をつぎ込む中国企業、何を目指しているのか?
仮想通貨の根幹技術「ブロックチェーン」を他分野で活用する動きが広がっている。中国企業Wanxiang Groupもその1社だ。ブロックチェーン関連で2023年までに300億ドルの投資を決めた同社の取り組みに迫る。(2016/12/19)

自然エネルギー:
太陽光・風力発電のコストが急速に低下、海外で単価3円を切る電力の契約も
世界の再生可能エネルギーの最新動向について、自然エネルギー財団のトーマス・コーベリエル理事長が東京都内で講演した。太陽光と風力が各地域で拡大して、発電コストが火力や原子力を下回る状況になってきた事例を紹介するとともに、導入量が増加しても送配電の問題は生じないと語った。(2016/12/12)

企業はどうあるべきか:
組織文化の「10原則」とは?
日本企業にとって、企業買収、新規事業立ち上げ、大きく変化する市場などに対応する場合、単なるビジネス戦略上の打ち手だけでなく、「組織文化」についても検討の必要性が高まっている。そのような場合に、どのようなアプローチを検討するべきだろうか?(2016/12/7)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
製造中止も何のその――BlackBerryマニアはドバイへ行こう!
最近になって、BlackBerryがスマートフォンの自社製造を停止することが決まりました。それでもドバイでは、まだBlackBerry人気が高いことを認識させられます。ドバイモールに行ってみると、巨大なBlackBerryストアが店を構えているのです。(2016/10/30)

日本では表参道店だけ:
アップルストア表参道で新型「MacBook Pro」展示開始
新型入力インタフェース「Touch Bar」を内蔵するMacBook Proの実機展示がアップルストア表参道で始まった。見るだけかぁ。(2016/10/28)

米チャイニーズレストラン「パンダエクスプレス」、「一風堂」運営会社が国内展開
力の源ホールディングスは、米大手チャイニーズレストラン「PANDA EXPRESS」を国内で展開する。(2016/10/4)

太陽電池:
日本企業が世界最高水準、記録的な発電コスト
太陽電池を用いた発電方式が化石燃料に取って替わるかどうか。1枚の太陽電池の発電コストを決めるのは、変換効率と寿命、製造コストだ。だが、太陽電池を大量に利用した大規模な発電所を作り上げる際には、他の要因がより効いてくる。アラブ首長国連邦アブダビに建設を予定する太陽光発電所の事例から、順調に発電コストが下がっていることが分かる。(2016/10/3)

山形豪・自然写真撮影紀:
南部タンザニアサファリ ルアハ国立公園の魅力
8月20日から28日まで、東アフリカのタンザニア南部にあるルアハ国立公園とセルー動物保護区へのサファリツアーを行った。(2016/9/23)

日本の漫画をお金に “トリッキーな戦略”で海外進出を狙うベンチャー企業の自信
日本のコンテンツを世界的ビジネスにするための方法とは? ダブルエル代表取締役保手濱さんが打ち出す戦略を聞いた。(2016/9/26)

来週話題になるハナシ:
デカ尻にしたり、脚の骨を折ったり……。世界の美容整形にびっくり
美容整形が世界中で広がりつつある。「美容整形」と聞くと、目を二重にしたり、脂肪を吸引したり、鼻を高くしたり――多くの日本人はそのような施術を想像するだろうが、世界はちょっと事情が違う。例えば、インドでは脚の骨をわざと折って……。(2016/6/29)

太陽光:
観光地の“おもてなし”、スマホのソーラー充電スタンドをシャープが発売へ
シャープは太陽光パネルで発電する電気で携帯電話やスマートフォンを充電できるソーラー充電スタンドを製品化し、発売することを発表した。(2016/6/28)

DMS2016:
大河原デザインのトミカ、3Dプリンタ試作と本格量産の“溝”を埋める
ストラタシス・ジャパンは、「第27回 設計・製造ソリューション展(DMS2016)」において、全日本製造業活性化計画(JMRP)とメカニックデザイナーの大河原邦男氏、タカラトミーなどと連携して開発したトミカ「イグザインBARID」を展示した。(2016/6/23)

自撮りってレベルじゃない! ドローン撮影で行く世界一周ハネムーンが絶景すぎる
旅行したくなってくる。(2016/6/21)

レゴを使った屋外型テーマパークが日本初開業 17年4月に
レゴブロックを用いたテーマパーク「レゴランド・ジャパン」が来年4月1日、名古屋市内にオープンする。(2016/5/19)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
街が変わる、家も変える――IoTを活用するLED照明の可能性
3月にドイツのフランクフルトで開催された照明と住宅設備の展示会「Light+Building」では、最先端のLED照明を見ることができた。今回は最も大きなブースを構えていたフィリップスを例に、IoTを活用した最先端の照明の世界をのぞいてみよう。(2016/4/28)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(12):
最終話 人工知能は完全犯罪の夢を見るか?
婚活サイトのサクラはAI(人工知能)ではなかった。では、なぜトーマス社長はウソをついたのか。そして本当の犯人は?――結婚相談所を舞台に繰り広げられたエンジニア探偵ミスズの推理譚、「全ての」謎が解き明かされる時がきた。(2016/4/22)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(11):
第7話 ある「AI」技術者の告白
結婚詐欺(?)事件を調査中の「ミスズ」がミニスカ調査員「ユカリ」を送り込んだのは、依頼主が勤める会社の社長の病室。トーマス社長の口から真相は語られるのか……?(2016/4/15)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(10):
第6話 「AI」が婚活サイトのサクラ?――シンギュラリティの芽生え
ミニスカ調査員「ユカリ」が受け取った不気味なDM、匿名掲示板に書き込まれた「ある」うわさ、そしてハーフ社長の暗い過去――これは単純な結婚サギなのか、それとも……?(2016/4/8)

水曜インタビュー劇場(流れ星公演):
あなたの“願い”はかなう? 世界初の「人工流れ星」に驚き
2018年、人の手で流れ星が流れるかもしれない――。こんな話を聞くと「本当に?」と思われるかもしれないが、宇宙ベンチャーの「ALE(エール)」が開発しているという。「人工流れ星」とは、一体どんなモノなのか。岡島CEOに話を聞いた。(2016/4/6)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(9):
第5話 MIT卒、CSAIL出身――ハーフ社長 トーマス日下の「空白の16カ月」
結婚相談所「シルバースプーン」社長の「トーマス日下」は、高学歴で華麗な職歴を持つハーフ男性。しかし、シルバースプーンのサイトハッキングを調査していたエンジニア探偵「ミスズ」は、トーマスの経歴に疑問を感じ……。(2016/4/1)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(8):
第4話 46歳独身エンジニアの心をもてあそんだ、婚活サギの不可解な手口
「私もあなたのことが気になっています。でも……」――婚活サギ被害者たちに接近したミニスカ調査員「ユカリ」が聞き出した「婚活サギ」の不可解な手口、そして、3人目の被害者が気付いた犯人のある「特徴」とは?(2016/3/25)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(7):
第3話 ミニスカ調査員vs.46歳独身エンジニア
婚活サイトハッキング事件の現地調査を開始した「ユカリ」は、エンジニア探偵「ミスズ」の指示に従い、システムのプロパティやソースを入手していた。作業に没頭するユカリが、無人のオフィスで耳にした音声は――?(2016/3/18)

お金は「ただそこにある」 リッチキッズの別世界「Rich Kids of Instagram」
プライベートジェットや高級車、シャンパン風呂など当たり前。(2016/3/14)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(6):
第2話 Google Glassの女
Google Glass(特注品)に骨伝導マイク。ガジェットで武装した女の正体は?(2016/3/11)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。