ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「エミュレータ」最新記事一覧

ネットワークの更新や変更、バグの影響を事前に検証:
Microsoft、クラウドネットワークのダウンタイム低減へエミュレータ「CrystalNet」を発表
Microsoftは、クラウドスケールネットワーク向けエミュレータ「CrystalNet」を発表した。同製品は、定期保守や更新、バグ、人的エラーによるネットワークダウンタイムの削減に役立つという。(2017/11/2)

Android Studio超入門――ダウンロード、インストール(Macもあり)、使い方を総まとめ
初心者が、Java言語を使ったAndroidのスマホアプリ開発を通じてプログラミングとは何かを学ぶ連載。今回は、Androidアプリの統合開発環境「Android Studio」やエミュレーターの使い方を解説する。(2017/9/4)

ドイツのコネクテッドカー開発事情:
車両の挙動をブラウザ上で再現する「カーエミュレーター」とは
自動車向けのアプリを開発する場合は、サービスのデジタルモックアップを作成し、実際の車両を用いてテストを行います。これに対し、仮想環境での自動車エミュレーターを用いて車両がどのように応答するかを視覚化し、挙動をテストできるようにしました。その「カーエミュレーター」について紹介します。(2017/7/24)

「Nintendo Switch」の“エミュレーター詐欺”に注意
「Switchのゲームで遊びたいなら、ぜひ購入を検討しましょう」(2017/4/3)

「Nintendo Switch」のエミュレータを餌にした詐欺が早くも登場 セキュリティ企業が注意喚起
YouTubeの紹介動画から偽装サイトへ誘導します。(2017/3/31)

組み込み開発ニュース:
組み込みソフトウェアの開発時間を削減する次世代エミュレータを発売
ルネサス エレクトロニクスは、同社製マイコン用のオンチップデバッギングエミュレータ「E2エミュレータ」を発売した。ソフトウェア開発に必要な付加機能を統合し、開発時間を従来の10分の1程度に削減する。(2017/2/24)

2020年までの製品計画を発表:
メンター、150億ゲート対応エミュレーター開発へ
Mentor Graphics(メンター・グラフィックス)が、2020年までの製品ロードマップを提示した。それによると同社は、2020年までに150億ゲートに対応するエミュレーターを開発する計画だという。これは、最先端のチップを設計する大手メーカーをターゲットにするという。(2017/2/22)

ルネサス E2エミュレータ:
組み込みソフトの開発時間を削減するエミュレータ
ルネサス エレクトロニクスは2017年2月、次世代エミュレータ「E2エミュレータ」を発売した。制御プログラムのダウンロード高速化に加え、ソフトウェア開発に必要な付加機能をエミュレータに統合し、開発時間を従来の10分の1程度に短縮するという。(2017/2/21)

ルネサス エレクトロニクス E2エミュレータ:
CAN通信デバッグ搭載、車載組み込みソフトの開発時間を削減するエミュレータ
ルネサスが車載マイコン「RH850」などに対応したエミュレータを投入。制御プログラムダウンロードの高速化やCAN通信デバッグ機能の搭載により、開発時間を大幅に削減する。(2017/2/20)

未発売のゲームボーイカラー専用RPG『Infinity』、15年の歳月を経て無料配布開始
エミュレーターで動作するROMファイルを公開。(2016/8/16)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(終):
日本発売に備えてエミュレーターを使いこなし、HoloLens用Unityアプリを作っておこう
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。最終回は、Unity5で仮想のRoomを切り替えたり、「3D View」を使ったりする。エミュレーターを使いこなして実機での表示を想像してみよう。(2016/5/13)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(3):
HoloLens用Unity 5のプロジェクトをUWPとして書き出しエミュレータで動かす
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。今回は、HoloLens用Unity 5で簡単なUnityプロジェクトを作成し、それをUWPに書き出してHoloLens Emulatorに配置する方法について。(2016/4/25)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(2):
Universal Windows Platformで作成したプロジェクトをHoloLens Emulatorに配置する
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。今回は、FlipViewコントロールを使う簡単なUniversal Windows Platform(UWP)プロジェクトを作り、HoloLens Emulatorに配置して動かす方法について。(2016/4/20)

HoloLens Emulatorアプリ開発入門(1):
HoloLensのAR世界を疑似体験できる、エミュレーターの基礎知識とインストール、基本的な使い方
拡張現実(AR)用ヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」のエミュレーターを使ってHoloLens用アプリの作り方を解説する本連載。初回は、その概要と環境構築方法、基本的な使い方について。(2016/4/14)

Google、「Android Studio 2.0」正式版リリース 3倍高速に
GoogleがAndroidアプリ向け統合開発環境(IDE)の「Android Studio 2.0」の正式版をリリースした。コードの書き換えをすぐに確認できる「Instant Run」やクラウド経由のテスト環境「Cloud Test Lab」などの新機能が追加された。また、エミュレータの速度は3倍速くなったとしている。(2016/4/11)

レトロゲーマーの夢! 初代ゲームボーイがマルチエミュレーターに魔改造される
レトロな本体とのギャップがGood!(2016/4/8)

HoloLens開発者版出荷開始 エミュレータやデモアプリのソースも公開
Microsoftが予告通り、MR HMD「HoloLens」の開発者版を3月30日に出荷開始した。基本操作を確認できるデモコンテンツ「Galaxy Explorer」をソースコードとともにGitHubでオープンソースで公開し、HoloLensがなくてもコンテンツを開発できるエミュレータもリリースした。(2016/3/31)

レトロゲームを自動解析して3Dで表示するエミュレーター「3DNes Emulator」が登場
現状ではFirefox上でのみ動作するβ版が公開中。(2016/3/12)

エミュレータ「QEMU」に新たな脆弱性、任意のコード実行の恐れ
Xenなどの仮想化プラットフォームに使われているオープンソースのエミュレータ「QEMU」に、新たな脆弱性が見つかった。(2015/7/29)

クラウド事業者らが調査進める、引き続き情報に注意を:
仮想環境の分離が意味をなさなくなる脆弱性「VENOM」
XenやKVMなどの仮想化プラットフォームに利用されているオープンソースのエミュレーター「QEMU」に、仮想マシンを抜け出すことが可能な脆弱性「VENOM」が発見された。ベンダーやクラウドサービス事業者が調査、対応を進めている。(2015/5/15)

連載:「○○してみた」日記:
Windows Phoneエミュレーターを直接起動する方法を探してみた
Insider.NET編集部のスタッフ(といっても約1名)が、日々の編集作業の中で気になったあれやこれやを検証していく、扱いに困る新連載がスタート!(2015/2/12)

組み込み開発ニュース:
京都マイクロ、JTAGエミュレータの新版「PARTNER-Jet2」を発表
京都マイクロコンピュータは、組み込みシステム開発向けJTAGエミュレータ「PARTNER-Jet2」を2014年7月に発売する。約10年ぶりにモデルチェンジを図り、操作性はそのままに高速化を実現した。(2014/4/21)

マイコン入門!! 必携用語集(8):
どう選ぶ? PCとターゲットを接続するツール
前回の開発環境編では、マイコンを用いたシステム開発で使用する開発ツールや統合開発環境(IDE)を中心に、全体的な開発の流れについて解説しました。そこで今回は、デバッグケーブル、ICE、エミュレータといった、ホストPCとターゲット・ボード間を接続するツールについて解説します。今回の記事を通して、目的に合ったツールを見つけてみてください。(2013/10/21)

Androidで動く携帯Javaアプリ作成入門(44):
あなたのアプリはクラウドにデータをバックアップできますか?
Androidエミュレータで使えるbmgrコマンドの使い方やバックアップサービスへの登録方法に加え、サンプルを通じて、アプリにバックアップ/レストア機能を組み込む方法などを解説します。(2013/7/18)

Androidアプリちょい足し開発レシピ(1):
早くて簡単! ADTちょい足しEclipseで開発環境構築
AndroidアプリにさまざまなWebサービスやライブラリを「ちょい足し」することで魅力的なアプリに大変身させる方法を紹介する連載。初回は、Androidアプリ開発ツール「ADT(Android Developer Tools)」のインストール方法を紹介。「AVD(Android Virtual Device)」でAndroid爆速エミュレータも作成して、「Hello World!」します。(2013/4/16)

実践しながら学ぶ Android USBガジェットの仕組み(9):
世界初!? AndroidエミュレータでUSB接続環境を構築する!
あれから数カ月……。われわれは苦心の末、ようやくホストPCとUSB接続できる「AndroidエミュレータUSB接続環境」を完成させた。今回は、環境構築の詳しい手順と利用方法を紹介する。(2013/1/21)

実践しながら学ぶ Android USBガジェットの仕組み(8):
AndroidエミュレータとPCをUSB接続せよ!
起動不能になったPCを救出するアプリ「PCRescuroid」の配信を断念し、Androidフレームワーク層の改造に踏み切ったわれわれの前に一筋の光明が! このアイデアが実現できたら世界初かも!? 「AndroidエミュレータとホストPCをUSB接続する」という新たな挑戦に向けたプロローグをお届けする。(2012/10/25)

Mentor Veloce2:
「生産性が4倍向上」、20億ゲートの回路を3MHzでエミュレーション可能に
Mentor Graphicsが大規模LSI開発の論理検証向けに投入したハードウェアエミュレータ「Veloce2」は、従来機種に比べてエミュレーションできる回路の規模とクロック周波数がともに2倍に高まった。消費電力と設置面積については従来機種と同等に抑えている。(2012/5/18)

Google、Android開発用エミュレータを高速に テザリングもサポート
Androidアプリ開発用のエミュレータがGPUアクセラレーションをサポートし、CPU性能も強化されて高速化した。また、テザリングしたAndroid端末をエミュレータへのセンサー入力に利用できる。(2012/4/10)

Android Tips(9):
Androidエミュレータの状態をTelnetで操作する
Androidアプリ開発者のためのTips集。電源接続・電話着信などの状況を、「Telnet」接続により、Androidエミュレータ上で作り出すことができる。今回はその方法について紹介する。(2012/2/27)

JTAGバウンダリスキャンツール:
ソフィアシステムズ、デバイス内部から端子状態を調査できる「Query-J」を発表
ソフィアシステムズは、基板の配線切断やMPUの端子状態を調査するための探索ソフトウェア「Query-J」をリリース。同社のJTAGエミュレータ「EJSCATT」と組み合わせて使用することで、デバイス内部からJTAG経由で端子状態を取得できる。(2012/1/12)

SoCの不具合を見逃さないために:
回路シミュレータの最新動向を探る(後編)
デジタル回路とアナログ回路を混載する大規模なSoCの設計には、回路シミュレータをはじめとするEDAツールが必要不可欠である。本稿の後編では、回路シミュレータとテストベンチの統合、ハードウエアベースの回路エミュレータ、アナログ回路とデジタル回路の協調シミュレーションに関する、EDAツールベンダーの最新の取り組みを紹介する。(2011/8/9)

IBM Power×iPad:
iPad向けメインフレーム用端末エミュレータを法人に販売 インターコム
サーバプラットフォーム「IBM Power Systems」と接続するiPad向け端末エミュレータの法人向けライセンスをインターコムが発売した。(2011/5/31)

iPad向け5250端末エミュレータアプリ「FALCON 5250 for iPad」 インターコムが発売
インターコムは、IBM Power Systemsの専用端末エミュレータとしてiPadを利用できるアプリ「FALCON 5250 for iPad」を発売した。(2011/3/31)

RIM、アプリ開発エミュレータのtinyHipposを買収
4月にタブレット「PlayBook」を発売するRIMが、BlackBerryアプリ開発促進を狙い、Webブラウザでアプリをエミュレートできる「Ripple」のベンダーtinyHipposを買収する。(2011/3/28)

作りながら理解するファイルシステムの仕組み(6):
AndroidエミュレータでLinuxカーネルをデバッグ!!
Linuxカーネルにtarfsを組み込むための手順を解説。今回はAndroidを題材に開発環境構築、デバッグ方法を紹介する(2010/8/3)

Opera、「Opera Mobile」のエミュレータを公開
Opera Mobileエミュレータを使うと、携帯電話ではなくPCからモバイルWebサイトやアプリをテストすることができる。(2010/4/26)

iPhone用ファミコンエミュレータ、公開後すぐにApp Storeから削除
iPhoneでファミコンソフトをプレイできるエミュレータ「Nescaline」がApp Storeで公開されてから24時間もたたないうちに削除された。(2009/12/24)

ソフトウェアAG、AS/400の端末エミュレータ保守費用を大幅削減するツールを紹介
ソフトウェア・エー・ジーはレガシーシステムにおける端末エミュレータの保守費用を圧縮するソフトウェアを紹介した。(2009/11/30)

ネットスプリング、SSOアプライアンスを発表
ネットスプリングは、WebやWindowsのアプリケーション、汎用機エミュレータなどに対応したシングルサインオンアプライアンスを発表した。(2009/11/25)

せかにゅ:
PS3のPS2エミュレータ、ソニーが検討か?
「流出したセガとソニーの会議資料」とされる文書がネットに出回っており、その中には「PS3用のPS2エミュレータ」に関する記述があるという。(2009/9/28)

“BREW”アプリケーション開発入門(2):
BREWアプリケーション開発の流れを押さえよう
今回は「HelloWorld」を題材に、プロジェクトの作成からエミュレータ環境での実行まで、BREWアプリケーション開発の流れを解説する。(2009/9/1)

BREWアプリケーション開発入門(2):
BREWアプリケーション開発の流れを押さえよう
BREWの基礎から開発環境の構築・アプリケーション開発までを順を追って紹介。今回は「Hello World」を題材に、プロジェクトの作成からエミュレータ環境での実行まで、BREWアプリケーション開発の流れを解説する。(2009/9/1)

独自のクラウドサービスも立ち上げ:
Palm、webOSのSDKを一般提供開始へ
「Palm Pre」向けアプリケーション開発者に向けた「Palm Mojo SDK」の提供開始のほか、Palm OSエミュレーターなどが発表された。(2009/4/2)

Sun、RIAプラットフォーム「JavaFX 1.0」をリリース
新たに追加されたJavaFXモバイルエミュレータにより、携帯端末向けアプリケーションを試験的に動作させることができる。(2008/12/5)

海外ダイジェスト(11月13日)
NokiaがQWERTYキーボード搭載のスマートフォン「Nokia E63」を発表、Microsoftがモバイル向けIE6のエミュレータを配布開始、など。(2008/11/13)

Linux Hacks:
X不要で動作する高機能ターミナルエミュレータFbTerm
フレームバッファ上で直接動作するターミナルエミュレータ「FbTerm」は、サーバのメンテナンスにせよ、組み込みデバイス関連の用途にせよ、試してみる価値が十分にある。(2008/9/9)

住商情報、サーバのセキュリティパッチを仮想適用するエミュレータ発売
住商情報システムは、米Blue Lane製のセキュリティパッチエミュレータを発売した。(2008/4/15)

NEWS
ネットワールドがSolaris/SPARCアプリをIA環境に移行できるソリューションを販売
Solaris/SPARCアプリケーションに変更を加えずにIAベースのシステムに移行させる米Transitiveのエミュレータソフトの国内販売を開始した。(2008/4/4)

ネットファーム、Windows用ケータイマルチキャリアテスター「P1エミュレータ」のβ版を公開
(2008/3/25)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。