ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「滅亡」最新記事一覧

関連キーワード

世紀末感すごいのにほっこり 子猫になつかれちゃった機械生命体にキュン
これぞディストピア。(2017/10/5)

刀剣乱舞、ユーリ、けものフレンズ:
「新たなファン層」に本を届ける、河出書房新社のSNS術
河出書房新社の本が、本来のターゲットとは違う層に届いて売れている。本を新たに手に取ったのは「刀剣乱舞」「ユーリ」「けもフレ」ファン。どうやってその層にリーチしたのか? 河出書房新社Twitterの“中の人”に話を聞いた。(2017/8/25)

「けものフレンズ」新作ゲーム、その名は「ぱびりおん」
アニメ「けものフレンズ」の新作スマホゲーム「けものフレンズぱびりおん」が発表。スマホアプリ「けものフレンズあらーむ」も。(2017/8/14)

Over the AI ―― AIの向こう側に(13):
弱いままの人工知能 〜 “強いAI”を生み出すには「死の恐怖」が必要だ
AI(人工知能)には、「人間のアシストをする“弱いAI”」と「知性を持つ“強いAI”」があるという考え方があります。私は、現在の「AI」と呼ばれているものは、全て“弱いAI”と思っています。では、私たちは“強いAI”を生み出すことができるのでしょうか。それを考えるには、人間にとって、恐らくDNAレベルで刻まれているであろう普遍的な感覚、「死への恐怖」がヒントになりそうです。(2017/7/27)

「勉強しないと世界滅亡」 スマホゲームと連動した中学参考書が登場 人気声優起用、ゲームは課金なし
「勉強しないと、世界滅亡!?」――無料のスマートフォンゲームと連動した中学生向け参考書が学研から。参考書で勉強し、連携ゲームアプリで問題を解くと、ゲームのストーリーが進む。(2017/6/30)

コメディー要素どこ行った! 映画「妖怪ウォッチ」最新作映像公開、子どもが違う意味で震えちゃいそう
やっぱり私の知ってるジバニャンじゃなかった。(2017/6/23)

「勉強しないと世界滅亡!?」:
ゲームも勉強も同時攻略 学研のスマホゲーム連動参考書
学研プラスがスマホゲームと連動して学習できる中学生向け参考書を発売。豪華声優陣を起用したゲームアプリ「エターナル・スターダスト」と連動し、勉強することでゲームのストーリーの続きが読める仕組みになっている。(2017/6/23)

これはたまんねぇな! ヒストリーチャンネルがYouTubeに公式チャンネル開設で番組本編フル配信
ずっと見てられるやつだこれ!(2017/6/7)

「7SEEDS」連載16年目にして完結 「いつか、新しい種につなぐその日まで――」
描きおろしイラストによるポスターが付録。(2017/5/27)

「けものフレンズ」再始動 今夏新作ゲーム ブシロードが開発
人気アニメ「けものフレンズ」を題材にしたスマホ向けアプリを、ブシロードが今夏公開。過去に登場した「けものフレンズ」のアプリとは異なる完全新作という。(2017/4/24)

「けものフレンズ」アプリ再開「可能性はある」 運営元ネクソンに聞く
28日にアニメが最終回を迎えた「けものフレンズ」。放送終了直後、ネット上では「サービス終了したアプリ版で『Now Loading』と出るようになった」「アプリが復活するのでは」と話題に。その真相は。(2017/3/30)

Over the AI ―― AIの向こう側に(9):
へつらう人工知能 〜巧みな質問を繰り返して心の中をのぞき見る
今回は、機械学習の中から、帰納学習を行うAI技術である「バージョン空間法」をご紹介しましょう。実は、このAI技術を説明するのにぴったりな事例があります。それが占いです。「江端が占い師に進路を相談する」――。こんなシチュエーションで、バージョン空間法を説明してみたいと思います。(2017/3/30)

書籍紹介:
『シンギュラリティは怖くない――ちょっと落ちついて人工知能について考えよう』
人工知能は、失業者を増やしたり、人類を滅ぼしたりするのか?――そんな懸念こそ“SFファンタジー”なのかも? と思うくらい目からウロコの人工知能論。さまざまな道具や機械を作り出してきた人間の生産活動に焦点を当てて歴史をひもときながら、本書のエッセンスを紹介します。(2017/3/30)

がんこちゃん、二階堂ふみで人間化 「もしもドラマ がんこちゃんは大学生」が3月放送!
人類滅亡後に生まれたがんこちゃんが人間化! すごーい!(2017/2/27)

人類滅亡まで2分30秒 トランプ大統領就任など受け「世界終末時計」1年間で30秒進む
時計の針が進むのは2年ぶり。(2017/1/27)

NHK人形劇「がんこちゃん」、放送開始20年で初のアニメ化 脚本は「ふらいんぐうぃっち」の赤尾でこ
大晦日には、人類滅亡の謎に迫るスペシャル人形劇も放送。(2016/12/5)

銃を構えるローラがカッコよすぎィ! 「バイオハザード:ザ・ファイナル」の場面写真が解禁
「ウフフ☆オッケー」じゃないローラもいいな!(2016/11/25)

おつまみ「やみつきホルモン」が「人類文明が滅んだ後に食べる高級食みたいな味」としてネットでじわじわ人気 実際のお味は?
SF作品みたいな謎の口コミが広がっている「やみつきホルモン」。実際に食べたり、アサヒグループ食品もこの状況をどう思っているか取材してみた。(2016/11/16)

山本弘の「今、ここにある未来」:
ジョーという名のインターネット
ごくごくまれに、見事に未来予言を的中させたSFもあるんですよね。「この時代によくこんなこと考えついたな」と感心する作品が。(2016/11/9)

「トムたちのことを24時間頭に描きながら書いた」 「インフェルノ」原作のダン・ブラウン、トム・ハンクスにデレる
700年以上の歴史を持つヴェッキオ宮殿でトムにデレデレのダン。(2016/10/8)

片岡鶴太郎ビックリ! トリンドル玲奈は「プッツン」「おでん芸」を知らない
映画「インフェルノ」謎解きイベントで。「ボクがお笑いをやっていたことも知らないんでしょうね(笑)」(片岡鶴太郎)(2016/10/6)

X-MEN新キャラクター特別映像が解禁! イケメンミュータントが生体金属製の翼で大地を死で覆い尽くす
「X-MEN」トリロジー3作品の一気見上映も。(2016/7/22)

「人類を滅亡させるわ」 人工知能ロボットがインタビューで宣言
米企業のAI搭載ロボット・Sophiaが「人類を滅亡させるわ」と発言して注目を集めている。(2016/3/30)

「1999年が近づいてきてヤバいと思った」 伝説の漫画「MMR」を作った男たち タナカ・イケダ・トマル隊員インタビュー(後編)
まさかの「復活予告」も!(2016/3/11)

キバヤシが! MMRが帰ってきた! 最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機!!」冒頭部分を限定公開
話は聞かせてもらったぞ! 人類は滅亡する!(2016/3/16)

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」はこうして作られていた タナカ・イケダ・トマル隊員が語る「MMR」制作の裏側(前編)
最新刊「新生MMR 迫りくる人類滅亡3大危機(トリプルクライシス)!!」発売を記念して、当時のMMR隊員たちに連載開始時から最新刊発売までの裏側を語ってもらいました。(2016/3/10)

「MMR マガジンミステリー調査班」新刊発売に向けて前作が無料公開!
時空を超えて、あなたは一体何度我々の前に立ちはだかるというのだ……ノストラダムス!(2016/2/11)

「世界終末時計」針は進まず、人類滅亡まで“あと3分”のまま
イランと諸大国の協定、パリ協定というプラス要素はあったものの、ネガティブな要素で相殺。(2016/1/27)

「オタクの年齢=恋人いない率は3割強」 オタク市場調査がザクザクと現実を突きつけてくる
認めない。(2016/1/18)

蛭子能収の不条理ワールド全開! 展覧会「新春えびすリアリズム」が来年の元旦から開催
年明け早々ポップでシュール。(2015/12/26)

伝説の漫画「MMR マガジンミステリー調査班」まさかの新刊発売決定 それは本当かキバヤシ!!
な、なんだってーーー!(2015/12/18)

人類滅亡の危機(20年ぶり)! 「インデペンデンス・デイ」続編の予告編襲来
全米公開は2016年6月。(2015/12/14)

Mobile Weekly Top10:
すぐ解約するオプションの意味/そのスマホ修理、違法かも?
スマホ売り場で繰り広げられているオプション契約、即解約の意味とは? 街中に増えているのスマホの修理スタンド、その課題とは?(2015/12/7)

Siriが「人類の滅亡する時期」について重い口を開いた!
(2015/12/6)

サイモン・ペッグ主演のSFコメディ「Absolutely Anything」がいろいろおかしい → あらすじを紹介しただけで5000RT
全知全能の力を使って愛犬とおしゃべり。(2015/8/13)

家にいながら旅行気分が味わえるWebコミック5選
個人サイトから出版社が運営するサイトまで、そのほとんどが無料で読むことができるWebコミック。星の数ほどある作品の中から、お勧めのものをテーマに沿ってご紹介。(2015/8/10)

どう生きるべきか 『少女終末旅行』つくみずは問い掛ける
初のオリジナル作品でデビューしたマンガ家・つくみずさん。ディストピアな世界でほのぼのと生きる少女チトとユーリの物語を描いた『少女終末旅行』の魅力に迫る。(2015/7/24)

地球滅亡前に見ておきたい――東京・中野でアニメ「暗殺教室」展
アニメ第2期の放送開始を記念しての開催。会場では限定グッズの販売も。(2015/4/30)

「インターステラー」「インセプション」など ニコ生で上映会が開催決定!
衝撃の異次元体験!(2015/4/16)

ハリウッド女優から初の女性宇宙飛行士まで:
エンジニア史に残る10人の女性たち(後編)
サイエンスやテクノロジーの発展に多大な貢献をした女性エンジニアに焦点を当てる本稿。後編となる今回は、現在の無線通信技術の基礎を築いたハリウッド女優や、「宇宙膨張」の発見の足掛かりとなった天文学者などを紹介する。(2015/4/1)

3月から地上波でも放送開始! 強烈カオスなファンタジーアニメ「アドベンチャー・タイム」って知ってる?
キュートなキャラにだまされるな! グロにバイオレンス、何でもありの中毒アニメ!(2015/2/24)

EE Times Japan Weekly Top10:
裏表なし、USBではType-Cにも要注目
EE Times Japanで先週(2015年2月7〜13日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/2/16)

EE Times Japan Weekly Top10:
ソニー再建に一役買う? CMOSセンサー
EE Times Japanで先週(2015年1月31日〜2月6日)に、多くのアクセスを集めた記事をランキング形式で紹介します。さまざまなトピックのニュース記事、解説記事が登場!!(2015/2/9)

福田昭のデバイス通信(2):
シリコンの時代は「人類滅亡の日」まで続く(後編)
「ポストシリコン」の研究は、「半導体デバイスの性能を向上させるべく、非シリコン材料を使う研究」とも捉えることができる。SiC、GaNは、パワー半導体と発光デバイスでは既に採用が進んでいて、SiGeもCMOSロジック回路に導入されている。(2015/2/6)

福田昭のデバイス通信(1):
シリコンの時代は「人類滅亡の日」まで続く(前編)
私たちの日常に欠かせないものになっているシリコン半導体。シリコン半導体は、常に“文明の利器”の進化を支え続けてきたといっても過言ではないだろう。その地位は、今後も揺るがないはずだ。(2015/2/3)

裏サンデーでコラボ企画を展開中、ゲーム「オオカミ姫」のAndroidアプリがリリース
裏サンデーでは、第2回募集企画の「オオカミ姫」の新キャラクターイラスト募集がスタートしている。(2015/1/29)

急激に減少:
男性はいずれいなくなる? 男性の遺伝子が大量消失しているという「謎」
男性限定の遺伝子(Y染色体)の数が急激に減っていることをご存じでしょうか。「男性は滅亡し人類は滅亡する」といった声もありますが、そんな男性滅亡論に反論する研究が報告されました。それによると……。(2015/1/29)

人類滅亡まで残り3分 「終末時計」が31年ぶりの危険水準に
3年前より2分進んだ。(2015/1/23)

「ノイタミナ」来年の新作アニメに「パンチライン」「すべてがFになる」「乱歩奇譚」など
2015年度よりテレビは2枠から1枠に変更となる。(2014/11/27)

11月22日(土)全国公開:
PR:映画『インターステラー』から見える、地球の未来と宇宙への挑戦の今
食糧が枯渇し、地球上に住めなくなった人類は、宇宙に活路を見いだす――11月22日に全国公開される映画『インターステラー』は、そんな“少し未来の地球”を描いた作品だ。映画で描かれたようなことは本当に地球上で起きているのか? また、宇宙の探索はどこまで進んでいるのか? 実際に惑星探査に携わる東京大学の宮本英昭准教授と、映画ライターの新谷里映さんに、「地球の今と宇宙への挑戦」と、映画『インターステラー』について聞いていこう。(2014/11/4)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。