ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「自由研究」最新記事一覧

3Dプリンタニュース:
3Dプリンタブームは去っていない! 「ファブ3Dコンテスト 2017」開催
ファブ地球社会コンソーシアムは「ファブ3Dコンテスト2017」を開催。小学生から大人まで楽しめる5部門を設置し、3Dプリンタおよび3Dデータを活用した作品の投稿を全国から募る。優秀作品として選出されると賞金と副賞の3Dプリンタが贈られる。応募受付は2017年10月10日まで。応募予定者には、造形後でも形状を自由に変更できるユニチカの「感温性フィラメント」も無償提供する。(2017/8/29)

“海の家×IT”が生み出す価値とは:
猛暑の中、30秒に1件の注文をどうさばく?――“海の家”が最適なIT活用の実証実験場である理由
海に行くと、さまざまなIT企業の“のぼり”が増えている。なぜなのか。2013年から海の家を運営しているセカンドファクトリーに、その理由を聞いた。(2017/8/30)

週刊「調査のチカラ」:
「金萬」「越のルビー」「金長まんじゅう」 あなたの知らない名産品の世界
夏の終わりの風情漂うトピックスを調査データで紹介します。(2017/8/26)

「ボールペン1本のインク量は29249スマイル」 気が遠くなるほどマークを描き続けて検証する自由研究に脱帽
挑戦した人も、インクがもつボールペンもすごい。(2017/8/2)

アップルPickUp!:
夏休みの自由研究はiPadで! 大人も楽しめる夏の学習アプリ
今夜星を見に行こう。(2017/8/2)

3Dプリンタニュース:
子どもたちのアイデアを3Dペンで形にする自由研究キット
LITALICOは、3Dペンを使って自由にアイテムを作れるキット「ありがとうの自由研究」を発売した。子どもたちが考えた困っている人を助けるアイデアを、3Dペンが持つ造形自由度の高さを生かして形にする。(2017/7/28)

夏休みの自由研究はこれだ!:
子ども向け電子工作&プログラミング用マイコンボード「chibi:bit」の基本的な使い方
子ども向け電子工作&プログラミング用マイコンボード「chibi:bit」の基本的な使い方を紹介する。夏休みの子どもたちの自由研究などに役立てつつ、プログラミングを始めるきっかけにしてみてはいかがだろうか。(2017/7/20)

chibi:bitで電子工作&プログラミング入門:
夏休みの自由研究にマイコンボードで「電子サイコロ」を作ったり、音楽プログラミングをしたりしてみよう
子ども向け電子工作&プログラミング用マイコンボード「chibi:bit」の基本的な使い方を紹介する企画。夏休みの自由研究に「電子サイコロ」を作ったり、音楽プログラミングをしたりしてみよう。(2017/7/24)

「子供の科学」の付録が自由研究によさげ つくった装置をプログラミングで動かす工作
夏休みが捗る。(2017/7/12)

「子供の科学」8月号に“電子工作×プログラミング” Scratchでセンサー制御
「子供の科学」8月号で、電子工作×プログラミングを学べる付録が。「ジブン専用パソコン」(別売り)と組み合わせ、「Scratch」を使ったプログラミングが学べる。(2017/7/12)

ひらひらと舞う1000匹の金魚 すみだ水族館の金魚づくしの夏まつり「東京金魚ワンダーランド」7月10日から
夏の風物詩になりそう。(2017/7/3)

これでYouTuberになれる? 自由研究にもお役立ちな「なりきり!YouTuber実験 小学生」
将来の夢はYouTuberという少年少女のネタ本にいかが?(2017/7/2)

グラドル・菜乃花、“黄金比おっぱい”を徹底解明した大人の自由研究に紳士総立ち
いつもより光り輝いて見える。(2017/5/15)

水をぽよぽよに固める実験キット「カラフル水だんご」、学研から発売 粉を溶かして合わせるだけ
2015年に話題になった“ぽよぽよ水”が、簡単に作れます。(2017/5/1)

「独り言が増えて楽器に話しかける」 楽器店で混雑時期を迎えた“技術スタッフの心境”がだいぶ心配になると話題
空いているときに楽器をもっていってあげよう。(2017/3/29)

メイドインジャパンの現場力(7):
製造業をカイゼンできるのはIoTだけじゃない、“からくり”がもたらす安全と効率
ロボットを導入するのは難しいが、手作業では効率化や安全性に課題がある……生産ラインのそんな困りごとを解決するのが「からくり」だ。動力に頼らず、ワークの自重やシンプルな動きを利用することで、安全に効率を高められる。知恵と発想がつまったからくりの数々を紹介する。(2017/1/13)

オンリーワン技術×MONOist転職(7):
“光のプロ”の遊び心が産んだ反射率99%ミラー――吉城光科学
日本の“オンリーワンなモノづくり技術”にフォーカスしていく連載の第7回。今回は、超精密ガラス部品で世界的に高いシェアを持ち、常識を覆す超高反射ミラーなど特殊技術を有する吉城光科学を紹介する。(2017/1/4)

3Dプリンタニュース:
74作品から選ばれた最優秀賞は? ファブ3Dコンテスト審査結果発表会レポート
ファブ地球社会コンソーシアムは、2016年8月1日〜10月31日に募集した「ファブ3Dコンテスト2016」の審査結果を発表した。74の応募作品から選ばれた最優秀賞は誰の手に?(2016/11/22)

大人顔負けの資料だ! 小4が作製した自由研究「真田の秘密」が「真田丸」制作統括者も驚くガチっぷり
学校では評価してもらえなかったという資料には、圧倒的なまでの愛と情熱が詰まっていた。(2016/10/12)

弟の自由研究「受験生の観察」が秀逸すぎて心をえぐられる受験生が大量発生 「ぐだぐだした後、しぶしぶ勉強」などだらしない生態が浮き彫りに
「この生活リズムで受かるわけがない」。(2016/8/31)

Weekly Access Top10:
Pokemon GO、まだ続いていますか?
「Pokemon GO」のリリース直後は全世界で4500万人いたプレイヤーも、8月に入ってから1200万人ほど減少したとのこと。でもまだ3000万人もいる……!(2016/8/29)

太田智美がなんかやる:
銀座線と丸ノ内線の“秘密基地” 東京メトロ「中野車両基地」に行ってきた
東京メトロと東京大学生産技術研究所が、高校生向けに鉄道ワークショップを開催。地下鉄の“秘密基地”に潜入してきた。(2016/8/5)

3Dプリンタニュース:
ぶっ飛んだアイデアも待ってるよ! 大人も子どもも楽しめる「ファブ3Dコンテスト 2016」を開催
ファブ地球社会コンソーシアムが3Dプリンタによるモノづくりコンテスト「ファブ3Dコンテスト 2016」を開催する。小学生・中学生の部、家族の部、フリースタイルの部、プロ/セミプロの部の4カテゴリを設け、幅広い層から作品を募る。(2016/8/5)

小学6年生が作った「文房具図鑑」とゼブラのコラボシャープペン発売! 手書きのイラストと解説付き
ついにコラボ商品が。(2016/7/25)

今のこえ、サンダー? ゲンガー? 初代ポケモン151匹のなきごえ当てクイズ、ポケモンだいすきクラブに登場
個人的なお気に入りはスリーパーです。(2016/7/21)

なぜ途中でオチをバラした! オードリー春日さんの新作体操動画が公開されるも詰めが甘すぎる件 - PR
春日「今回は最後がすごいぞ〜」若林「別に大してすごくないんだけどね」(2016/7/20)

週刊「調査のチカラ」:
夏のオフィスのエアコンバトル、女性の7割が「こっそり温度を変更」の経験あり
選挙に続いてまた選挙のこの夏、最近はリオ五輪の話題も増えてきました。今回はメダル獲得数の予測から夏休みの自由研究まで、季節の話題をお届けします。(2016/7/16)

今の子どもたちがうらやましい:
夏休みの自由研究がたった1日で――学研「自由研究おたすけキット」
研究テーマはもちろん、実験に必要な道具、親切なガイドブック、例文付きのレポートまで入ってる「自由研究おたすけキット」全9種が登場。(2016/7/14)

立て!立つんだ俺のスマホ!:
ゴールドとシルバーどちらを選ぶ?――「microUSB スマホ充電ドック」
上海問屋が、スマートフォンを充電しながら立てかけられるドックスタンドを発売した。価格は599円。(2016/7/12)

気配りができるあなたに:
後部座席用ポート付き――「2.4A×4ポート(合計9.6A)シガーソケット充電器」
上海問屋が、後部座席用に1.8mのコードを備えた4ポートシガーソケット充電器を発売した。価格は1999円。(2016/7/8)

キーホルダー感覚で持ち運べる――「ベルトループ装着 microUSBケーブル」
上海問屋が、レザー風素材のアクセサリー風なmicro USBケーブルを発売した。価格は499円。(2016/7/7)

299円:
スマートフォンが扇風機に早変わり――「USB/microUSB モバイルファン」
上海問屋が、USBもしくはmicro USBポートに接続して利用できるモバイルファンを発売した。価格は299円。(2016/7/7)

Wired, Weird:
“サプライズ”で学ぶ電子回路の面白さ
今回は、電子回路の入門学習に最適な“教材”を紹介しよう。身近で親しみやすい100円ショップのセンサーライトが、その教材だ。ちょっとした工夫で、初心者の興味を引き付け、サイリスタなどの特性を身をもって理解できる教材になる。新入社員教育はもちろんのこと、夏休みの自由研究のネタとしても良いかもしれない。(2016/7/7)

自由研究でプログラミング教育を先取り:
超音波、ライントレースセンサー、アプリで操作――「知育ロボット『mBot』組み立てキット」
上海問屋が、ロボットの組み立てとプログラミングを学べる知育ロボットを発売した。価格は1万2960円。(2016/7/1)

テーレッテレー! 「ねるねるねるね」の変化のヒミツを詳しく学べる実験キット「じっけんねるねる」発売
「ねるねるねるね」本体と別に、実験用の粉と、理解を深める「じっけんノート」も同梱。(2016/6/21)

りっちゃん隊員歓喜:
MIDIにも対応、デスク上でドラマー気分を味わえる――「7パッド+2フットペダル 電子ドラムパッド」
上海問屋が、PCにUSB接続してMIDIコントローラーとしても利用できる電子ドラムパッドを発売した。価格は4999円。(2016/6/10)

邪魔しないでくれ、私は1人になりたいんだ:
目の前に80インチの大画面が広がる――「ゴーグル型 ウェアラブルHDMIディスプレイ」
上海問屋が、HDMI接続可能なゴーグル型ディスプレイを発売した。価格は1万9499円。(2016/6/10)

あの「うまい棒」や「チロルチョコ」の自販機が作れるキット、バンダイから
バンダイは紙工作玩具の自動販売機「さくっと工作!うまい棒/チロルチョコ」を6月25日に発売する。価格はそれぞれ2200円(税別)。(2016/6/7)

うまい棒が出てくる自販機を作れるぞ バンダイが工作キット発売
夏休みの自由研究にもいいかも。(2016/6/6)

その発想はなかった:
人類はついに面倒な自撮り棒の持ち運びから解放された――「iPhone6s/6s Plus用 自撮り棒変形ケース」
上海問屋が、自撮り棒一体形iPhone6s/6s Plus用ケースを発売した。価格は2499円。(2016/6/6)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(最終回):
メイドたちよ、“意識高い系”を現実世界に引き戻してやれ!
「ご主人様とメイド」の例えで産業用ネットワーク「EtherCAT」の世界を紹介してきた本連載も、いよいよ最終回です。今回も、前回に引き続いて、EtherCATを開発したベッコフとEtherCAT Technology Groupの方々へのインタビューの模様をご紹介しつつ、「EtherCAT」への熱い想いで締めくくります。(2016/5/31)

Google、Androidの各種センサー利用の自由研究用アプリ「サイエンス ジャーナル」
Googleが、子ども向け研究アプリ「サイエンス ジャーナル」をリリースした。Androidの各種センサーで記録したデータをリアルタイムでグラフ化する。オプションのキットで研究の幅を広げられる。(2016/5/23)

幻想的! 1000匹の金魚がひらひらと舞う、すみだ水族館の「お江戸の金魚ワンダーランド」 7月1日より開催
この夏の納涼スポットになりそう。(2016/5/19)

小学6年生が作った「すごい文房具図鑑」は書籍になってもすごかった 文具メーカー36社のコメント入り、修正テープ跡もあえてクッキリ
いろは出版の担当者に聞きました。(2016/3/29)

これが大人の自由研究だ! 家庭で「透明な氷」が作れる解説動画でお酒を飲むのが楽しくなりそう
大人の時間に彩りを添えます。(2016/3/22)

災害時に役立つ……のか? レモンを使って火を起こすライフハック
レモンのおかげで命が助かる可能性が微レ存。(2016/3/21)

昆虫が集まるコンビニを調べた中学生の自由研究 ネットの反響受け三重県総合博物館での再展示が決定
コンビニによってどうして昆虫の集まる量が違うのか――中学1年生の研究がTwitterで話題に。(2016/3/9)

小6の自由研究がガチすぎて書籍化した「文房具図鑑」 驚きのプライスダウン(3兆円→1620円)で先行販売
一般発売日より一足早くゲットできる。(2016/2/3)

闘会議2016:
スプラトゥーンがやっぱり人気? 熱気あふれるゲームの祭典「闘会議2016」に潜入
ドワンゴが主催するゲームの祭典「闘会議2016」が千葉・幕張メッセで開催された。2日間で4万人以上が来場し、ネットで687万人超が視聴したイベントの模様をリポート。(2016/2/1)

好きな文具を手描きで100ページ紹介 小6が自由研究で作った「文房具図鑑」、内容すごすぎて書籍化される
イラストと文章で文房具を1点1点紹介……商品として成立するのも納得の図鑑!(2016/1/12)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。