ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

「GE-PON」最新記事一覧

Gigabit Ethernet-Passive Optical Network

上りも10Gbpsに 「10G-EPON」試作システムを三菱電機が開発
電話局とユーザー宅端末間の光アクセスを10Gbpsに高速化する「10G-EPON」の新試作システムを三菱電機が開発。上りも10Gbpsに高速化したほか、1Gbpsとの混在収容も可能。(2009/2/6)

帯域幅拡大:
すべての放送を光ファイバー1本で――「スカパー!光」の新サービス
スカパー!とNTT東日本が「スカパー!光」の伝送帯域を拡張する。これにより、BSデジタル放送の全チャンネルはもちろん、「e2 by スカパー!」やスカパー!のHD放送、2011年以降のBS新放送まで、「日本の放送がすべて光ファイバー1本で」視聴できることに。(2008/6/23)

富士通、フォトニクスネットワーク事業を再編統合
富士通はフォトニクスネットワーク事業を再編。基幹ネットワーク向けとアクセス網向けの境界がなくなってきており、国内向け製品開発を統合する。(2008/4/30)

自前のインフラ展開を――KDDIが東電の光ファイバ事業統合
KDDIと東京電力は10月12日、東京電力の光ネットワーク・カンパニー事業を2007年1月1日付けで分割し、KDDIに継承、統合することを発表した。(2006/10/12)

「NTTに頼らない光回線を」――KDDI、東電の光通信事業を吸収
KDDIが東電の光通信事業を来年1月に吸収する。自前のFTTH網を持てばNTTのダークファイバーに頼らない自由な事業展開が可能になるとし、携帯電話との連携サービスも展開していく計画だ。(2006/10/12)

通話、映像、データのトリプルプレイの実現に向け:
多様化が進む広帯域ネットワーク
ブロードバンド環境が普及するに従い、ユーザーからの要求レベルもさらに高まってきた。今求められているのは、音声通話、映像配信、データ通信の「トリプルプレイ」の実現である。しかし、これを可能にする広帯域ネットワークの方式はいくつも存在し、それぞれに利害得失がある。そこで本稿では、個々の方式のメリットや課題、関連企業の動向などを整理してみたい。 (2006/10/1)

KDDIと東電、FTTH統合新サービス「ひかりone」
(2006/5/25)

1人最大1GbpsのFTTHが本サービスへ ケイ・オプティコム
1ユーザーが最大1Gbpsで接続できる超高速インターネット接続サービスが、関西地方で本格スタートする。(2005/6/10)

1人で最大1Gbps、初のFTTHをケイ・オプティコムがスタートへ
ケイ・オプティコムは、ユーザー宅のPCまで最大1Gbpsで接続する初のFTTHサービスの試験を4月1日から始める。(2005/2/16)

FTTH向けチップ提供のPassaveが日本法人を設立
FTTH向け半導体ソリューションを提供する米サンタクララのPassaveがパッサベ・ジャパンを設立した発表した(2004/12/2)

KDDIの「光プラス」、一戸建て&小規模マンション向けメニューを追加
KDDIは、FTTHサービス「KDDI光プラス」に戸建て住宅を対象とする新メニュー「光プラスホーム」を追加すると発表した。NTT東西地域会社のダークファイバーを活用。最大1Gbpsの帯域幅を最大64人で共有する形だ。(2004/11/30)

「Yahoo!BB 光」スタートへ 1Gbpsを共有
ソフトバンクBBがFTTHサービスへの参入を正式発表。10月5日から受け付けを開始する。最大1Gbpsのアクセスラインを最大32ユーザーで共有する仕組みで、既存サービスに比べ高品質で安定しているという。(2004/10/4)

FTTHは1Gbpsで小休止、“DIY”の時代へ?
「FTTHの高速化は1Gbpsで小休止。その後はDIY(Do It Yourself)にも対応できるような市場環境を作りたい」〜NTTアクセスサービスシステム研究所の篠原弘道所長が、NTTアドバンステクノロジ(NTT-AT)主催のシンポジウムでFTTHの将来像を語った。(2004/2/19)

ファイバーオプティクスエキスポ
次期光アクセス? NTT西が年内にもGE-PON導入へ
ファイバーオプティクスエキスポ2日目の1月28日、NTT西日本の上野至大社長が基調講演を行った。この中で同氏は、上り/下り1Gbpsの帯域幅を持つGE-PONの導入計画に触れている。(2004/1/29)

ファイバーオプティクスEXPO
数年後、FTTHは“1Gbps+多チャンネル放送”になる
ほんの数年後、“普通のFTTHサービス”が上り下り1Gbpsの回線速度と多チャンネルを持つことになるかもしれない。東京ビックサイト開幕した「ファイバーオプティクスEXPO」では次世代のFTTHサービスに向けた機器が多く展示されているが、中でも光波長多重+GE-PONのアクセスソリューションが目立つ。(2004/1/28)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。