ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Lunar X PRIZE」最新記事一覧

「宇宙接着剤」で月面探査を支援
民間宇宙探査チーム「HAKUTO」と接着剤のセメダインがパートナー契約。セメダインは月面探査機にて利用できる、いわば“月面対応接着剤”の開発・評価で協力する。(2016/6/23)

ロボットキーマンを訪ねて:
ispaceの目指す、群ロボットが月面探査に向かう未来
民間月面レース参加の次は、1000台の群ロボットで月面資源探査。ispaceの描く構想は壮大であり、実現するための知見も多く蓄えられている。「群ロボットで宇宙資源探査」の意図を尋ねた。(2016/6/6)

月面の予行練習、鳥取で
月面探査に挑戦中の民間宇宙探査チーム「HAKUTO(ハクト)」が、鳥取県と連携協定。鳥取砂丘を月面に見立てて探査機のテストを行う。(2016/5/18)

KDDIが民間月面探査に協力、「HAKUTO」とパートナー契約
民間企業による月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に挑戦中の日本チーム「HAKUTO」にKDDIが協力。月面探査を通信面からサポートする。(2016/3/23)

月面探査レース参加の日本チーム「HAKUTO」、JALとパートナーシップ締結
国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に参加している日本の「HAKUTO」が、JALとコーポレートパートナー契約を締結。JALの整備技術などを月面探査機の保守運用に生かす計画だ。(2015/10/22)

DMS2015:
月面ローバーからスポーツカーまで、樹脂素材で3Dプリントした最終製品
丸紅情報システムズは「第26回 設計・製造ソリューション展(DMS2015)」で、スポーツカーや食品工場向けロボットのパーツなど、樹脂素材で3Dプリントした最終製品の事例を多数紹介した。(2015/7/7)

宇宙ビジネスの新潮流:
米宇宙ビジネスの隆盛を支えるメディアや財団
日本では宇宙ビジネスの関連情報を体系的に得るのは難しいが、この分野で先進的な米国では、専門メディアや財団主催のカンファレンスなど、イノベーションを生むためのプラットフォームが多数存在しているのだ。(2015/5/16)

宇宙開発:
Google月面探査レース参加の日本チーム「HAKUTO」、2016年後半に月面探査機を月へ
国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に参加している日本の民間宇宙探査チーム「HAKUTO」が月面探査機(ローバー)の打ち上げ計画を発表した。(2015/2/24)

本当に「ロンギヌスの槍を月に刺すプロジェクト」が始動
奇跡ってのは、起こしてこそ初めて価値が出るものよ。(2015/1/30)

宇宙開発:
Google月面探査レース参加の日本チーム、ロンギヌスの槍を月に刺す
「エヴァンゲリオン」20周年を記念し、作中に登場した「ロンギヌスの槍が月面に刺さる」を実現する試みが開始された。Google月面探査レース参加の日本チーム「HAKUTO」が技術でのサポートを行う。(2015/1/30)

宇宙開発:
Google月面探査レース参加の日本チーム、開発資金6000万円を獲得
月面探査を競う国際宇宙開発レース「Google Lunar XPRIZE」に参加する日本の民間宇宙探査チーム「HAKUTO(ハクト)」が中間賞を受賞。賞金50万米ドル(約6000万円)を獲得した。(2015/1/27)

宇宙ビジネスの新潮流:
Googleの月面ロボット探査レース、“第8の大陸”を目指す企業たちの狙い
月面無人探査を競う国際レース「Google Lunar X PRIZE」には、日本を含め全世界からさまざまな宇宙開発チームが参戦している。3000万ドルという賞金総額も魅力的だが、参加企業には別の狙いがあるという。(2014/10/25)

宇宙ビジネスの新潮流:
“現代版ゴールドラッシュ”に沸く惑星探査ロボットビジネス
人類移住や資源開発などを目的に、ロボット技術を駆使した無人惑星探査ビジネスが始まりつつある。実際に関連法案の議論が米国では進んでいるのだ。(2014/10/11)

【新連載】宇宙ビジネスの新潮流:
Googleらシリコンバレー企業が宇宙にのめり込む理由
今まさに、米国を中心とした民間主導型の“宇宙ビジネスビッグバン”が起きている。従来のような国家主導といった重厚長大なプロジェクトではなく、草の根的に大小さまざまなベンチャー企業が積極的に宇宙ビジネスに投資しているのだ。(2014/9/4)

大塚製薬の本気 「ポカリスエット」が月面到達を目指すプロジェクト発足
2015年10月にポカリ打ち上がります。(2014/2/17)

再検証「ロボット大国・日本」(5):
「協力しないかと言われたら『Why not?』ですよ」〜月面レースに挑む研究者、東北大・吉田教授(後編)
東北大学・吉田和哉教授へのインタビュー【後編】。前回の「超小型衛星」に続き、今回は民間初となる月面無人探査コンテスト「Google Lunar X PRIZE」への挑戦、そして「月面ローバー」の開発について紹介する。(2011/8/16)

再検証「ロボット大国・日本」(4):
「超小型衛星を日本のお家芸に」〜月面レースに挑む研究者、東北大・吉田教授(前編)
「超小型衛星」の分野で活躍中の東北大学・吉田和哉教授に、宇宙ロボットの最新状況を聞いた。(2011/8/2)

Google、月面にロボット探査車を送るプロジェクトに賞金3000万ドル
優勝賞金は、月面を500メートル以上探査し、動画などを地球に送信できたチームに与えられる。(2007/9/14)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。