ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「宇宙」最新記事一覧

-こちらもご覧ください-
宇宙開発 ― MONOist

輸送のノウハウ伝授:
JAL、宇宙旅行の実現目指す ベンチャーに出資
JALが、宇宙ベンチャーのispaceと資本・業務提携したと発表した。探査機の運行・整備のノウハウを提供する。共同での宇宙旅行ビジネスも視野に入れている。(2017/12/13)

日本初の月面着陸、20年末に実現へ 宇宙ベンチャー「ispace」が計画
宇宙ベンチャーのispaceは、独自に開発する月着陸船を2020年末ごろに着陸させ、月面探査する計画だ。(2017/12/13)

宇宙ビジネスの新潮流:
日本初の宇宙ビジネスコンテスト、大賞に輝いた女性の思いとは?
内閣府やJAXAなどが実行委員会となり、日本で初開催された宇宙ビジネスコンテスト「S-Booster 2017」。300件におよぶ応募の中から大賞に選ばれたのがANAの現役社員である松本さんだ。彼女のアイデアとは……?(2017/12/8)

電気自動車:
EVのワイヤレス充電、SAEが出力11kWの開発指針を発表
自動車および航空宇宙分野の標準化推進団体であるSAE Internationalは、電気自動車(EV)のワイヤレス電力転送(WPT)規格「SAE J2954」において、伝送出力を11kWまで拡張した推奨プラクティスを発表した。(2017/12/8)

金井宣茂さん、12月17日に宇宙へ ISSに4カ月間滞在
宇宙飛行士の金井宣茂さんが搭乗するソユーズ宇宙船が12月17日に打ち上げ。(2017/12/7)

うっかり飛ばしちゃった風船、宇宙まで行けるのか?
ちょっとしたロマン。(2017/12/4)

「今度こそ宇宙へ!」 国産観測ロケット「MOMO」2号機打ち上げのための支援を募集中
今回も1000万円の支援で「打ち上げボタンを押す権利」が獲得できます。(2017/12/3)

【マンガ】日本初の宇宙食は意外な“アレ”だった
みんな大好き、アレ。(2017/12/3)

日本IBM/川崎重工業 Mojix STAR System|事例:
スマート工場化を目指す川崎重工業が導入した高性能RFIDシステム
日本IBMは、川崎重工業 航空宇宙カンパニーの岐阜工場における航空機用部品製造ラインにおいて、高性能RFIDシステム「Mojix STAR System」が採用され、本稼働を開始したことを発表した。(2017/12/1)

バドワイザーが火星ビールの研究を開始 国際宇宙ステーションで大麦のテストへ
12月4日発射のロケットで大麦を送る予定です。(2017/11/25)

宇宙ビジネスの新潮流:
NewSpaceのハブを目指すルクセンブルクの戦略とは?
欧州で初めて民間宇宙ビジネスをテーマにした大規模カンファレンスが開かれた。開催地はルクセンブルク。この国は宇宙ビジネス分野で何を目指すのだろうか。(2017/11/25)

auが「延滞料金」の壮大なテーマソングを発表 宇宙創生が始まりそうなスケールで延滞の悲しみを表現
よく聞くと日本語の箇所も……?(2017/11/22)

インターシル ISL70321SEH、ISL73321SEH:
宇宙仕様向け耐放射線クアッド電源シーケンサー
インターシルは、高性能FPGAや複雑なマルチレール電源システム向けのPOLレギュレーターを駆動する、耐放射線クアッド電源シーケンサー「ISL70321SEH」「ISL73321SEH」を発表した。(2017/11/22)

観測史上初、太陽系外から小惑星が飛来 全長400メートルの葉巻形
ハワイ語で「初めて来た遠方よりの使者」を意味する「オウムアムア」と命名されました。(2017/11/21)

商用3D CAD製品カタログ 2017年版:
3D CADの常識を超え、製品設計開発から工場の最適化まで実現する「NX」
設計から製造までの広範な開発プロセス、複合領域での設計開発を支援する、シーメンスPLMソフトウェアの3D CAD/CAM/CAEソフトウェアソリューション「NX」。自動車や航空宇宙、防衛、コンシューマーなど幅広い分野で採用され、ハイエンド3D CADの代名詞的な存在として、その地位を確立している。今回そのルーツである「Unigraphics」と「I-DEAS」の歴史をひもとくと同時に、統合され現在の姿となったNXの特長および注目機能を紹介する。(2017/11/17)

「ノゲノラ」チーム最新作アニメ「宇宙よりも遠い場所」2018年1月放送開始! 声優は水瀬いのり&花澤香菜ら
通称「よりもい」。(2017/11/9)

12月4日開催:
宇宙に挑む植松電機社長も登壇! 中小企業に求められる新しい働き方改革とは?
ITmedia ビジネスオンライン編集部とITmedia エンタープライズ編集部が主催するセミナー「ビジネスを加速する『ITと働き方改革』カンファレンス 中堅中小企業から変える、日本の働き方 〜いま、そして2020年に向けて〜」が12月4日に開催!(2017/11/9)

野口聡一さん、3回目の宇宙飛行 19年末から
宇宙飛行士・野口聡一さんの3回目の宇宙飛行が決まった。(2017/11/7)

CODE BLUE 2017開催、内外の意外な専門家が一堂に:
セキュリティの広がりは車から国家、さらには宇宙空間まで?
IT技術者はもちろん、幅広い分野の人々がセキュリティに関する情報や意見を交換し合う場として、国際カンファレンス「CODE BLUE 2017」が2017年11月7〜10日に開催される。社会的なニーズの高まりを受け、幅広い分野の講演が行われる予定だ。(2017/11/6)

宇宙ビジネスコン、大賞に全日空女性社員 低燃費の飛行経路を提案
内閣府とJAXAは、宇宙をテーマにしたビジネスプランコンテスト「S-BOOSTER2017」の最終選抜会をこのほど東京都内で開いた。(2017/11/6)

宇宙ビジネスの新潮流:
宇宙旅行事業にサウジアラビアが10億ドル投資した理由
つい先日、Virgin Groupの宇宙事業会社に対して、サウジアラビアの政府系ファンドが10億ドル出資するという発表があった。いよいよ有人の初フライトが近づいてきたようだ。(2017/11/4)

宇宙から“風”観測――飛行機の燃料ロス抑えるアイデア 宇宙ビジネスコンテストで大賞
宇宙から観測した高精度の風データで、飛行機の燃料ロスを削減して経済効果を見込むアイデアが、宇宙ビジネスアイデアコンテスト「S-Booster2017」で大賞を受賞した。(2017/10/30)

太陽系を通過する謎の天体 NASAが“太陽系外”からやってきた可能性があると発表
真上から降るようにやってきた「A / 2017 U1」。(2017/10/29)

セーラームーンの世界観を探求する企画展 東京ドームシティの宇宙ミュージアム「TeNQ」で開催
セーラー戦士のヒミツが分かるかも。(2017/10/26)

からあげクンにピリ辛味の黒い「ブラックホール味」が登場 ローソン×「宇宙兄弟」のコラボパッケージ
食べたいな〜〜。(2017/10/22)

宇宙ビジネスの新潮流:
火星まで一気に100人送り込むSpaceXの新型ロケットとは?
宇宙ビジネスの世界で次々とイノベーションを起こす男、米SpaceXのイーロン・マスク氏が新たな野望をぶち上げた。(2017/10/21)

Googleマップに太陽系の惑星が追加 土星探査機カッシーニの成果が反映
各惑星の衛星やISSの様子もメニューから選んで見られます。(2017/10/17)

ハンドスピナーは無重力下でどう回るかNASAが実験→宇宙飛行士がノリノリで一緒に回る楽しげな動画に
ニュートンの運動法則をハンドスピナーで実験。(2017/10/18)

「バイバインで増える栗まんじゅう」を自作する勇敢なママ現る 早く食べないと宇宙がヤバい
くっついた栗まんじゅうに「ムクムク」と擬音を添えて、原作を再現する手法が見事。(2017/10/16)

ふぃぎゅらぼ:
ロシア宇宙船「ソユーズ」がプラモデル化、1/150スケールとは思えない精度&ギミックを実現
ロケットを運ぶ専用の列車もついてくる。(2017/10/15)

宇宙ビジネスの新潮流:
ロボットが宇宙空間で衛星を組み立て、修理する時代が来た
昨今、宇宙空間において衛星などの宇宙構造物を組み立て、点検、修理するサービスが始まりつつある。その最前線を紹介する。(2017/10/6)

アインシュタインが残した「最後の宿題」重力波で歴史的発見 ノーベル物理学賞
宇宙から届く「重力波」を初めて捉えた研究者3人がノーベル物理学賞に輝いた。重力波はアインシュタインが残した「最後の宿題」と言われ、その答えを歴史に刻んだ物理学者に最高の栄誉が贈られた。(2017/10/4)

SpaceX、火星コロニー計画の現状と、新ロケット「BFR」による都市間移動サービスを発表
SpaceXのイーロン・マスクCEOが国際宇宙会議で講演し、火星旅行のための新ロケット「BFR(Big Fucking Rocket、コードネーム)」の開発と、このロケットによる地球上の都市間移動サービス構想を発表した。例えば飛行機では10時間かかる東京とロサンゼルス間を約30分で移動でき、料金は旅客機のエコノミークラス並みになるとしている。(2017/10/2)

宇宙航空機VBのPDエアロスペース 新型エンジン開発拠点公開
宇宙航空機の開発に取り組むベンチャー企業のPDエアロスペースは、今年2月に愛知県碧南市に開設した研究開発拠点を報道関係者に公開した。(2017/9/26)

特技は穴掘り「ミミズ型ロボット」 都市や月面で活躍へ
ミミズ型ロボットは牽引力が強く、内部にカメラなどを挿入できる利点もあり、医療や宇宙など多くの分野で実用化が近づいている。(2017/9/25)

レジェンドホイホイだこれ! “ユーミンバー”に久保田利伸&天海祐希&清水ミチコら豪華タレントが来店
アルバム「宇宙図書館」のコンサートツアーが9月22日まで開催。(2017/9/22)

月・金星・国際宇宙ステーションを1枚に収めた天体写真に絶賛の声 「感動!」「奇跡の1枚ですね」
いくつもの偶然が重なって生まれたレアなコラボレーション。(2017/9/20)

探査機「カッシーニ」がラストミッション完了、土星の大気圏へ NASAが最後の撮影画像を公開
20年続いたカッシーニの宇宙の旅が終わりました。(2017/9/16)

自衛隊、宇宙監視へ 日米VS中国 「宇宙戦」に突入
自衛隊が宇宙監視任務に乗り出す。人工衛星が宇宙ごみと衝突するのを防ぐことを前面に掲げつつ、中国のミサイルなどの衛星破壊兵器による攻撃から防護することも主眼に置く。(2017/9/15)

宇宙開発:
人工衛星は輸出産業になれるか、NECが「ASNARO」に託した願い
日本の人工衛星開発を支え続けてきたNECが、宇宙事業の拡大に向けて開発したのが小型衛星「ASNARO(アスナロ)」だ。同社は、ASNAROを皮切りに、宇宙事業の国内官需依存からの脱却だけでなく、宇宙ソリューションビジネスの立ち上げをも目指している。(2017/9/15)

「納豆菌が強すぎて、納豆厳禁の職場がある」「宇宙空間でも死なない」 ネットに広がる“納豆菌最強伝説”はどこまで本当?
にわかには信じられない話ばかりですが……?(2017/9/15)

火星旅行想定し「宇宙スパコン」実験開始 トラブル時に遠方の地球頼れず
人類はいよいよ、月より遠くに行動範囲を広げる。(2017/9/11)

火星旅行想定し「宇宙スパコン」実験開始 トラブル時に遠方の地球頼れず
火星旅行が現実味を帯びてきた。火星から地球に交信が返ってくるまでに数十分かかるため、NASAのスタッフは頼れない。そこで、スーパーコンピュータが注目されている。(2017/9/11)

イーロン・マスク氏、SpaceXの宇宙服全身画像をInstagramで公開
NASAの飛行士輸送ミッション向けの宇宙船「Crew Dragon」と飛行士のための宇宙服の画像を、SpaceXのイーロン・マスクCEOが公開した。(2017/9/10)

3Dモノづくり:
3D非破壊検査を航空宇宙産業に拡大、主要航空機メーカーと提携
Creaformは、3D技術による非破壊検査(NDT)を航空宇宙産業に拡大する。航空機部品の不具合について、従来の方法では判断が難しかった外表面マッピングの評価が、3Dスキャンによって可能になる。2017年10月に航空宇宙業界に特化したアプリケーションを発売する。(2017/9/4)

民間宇宙船「ドリームチェイサー」がヘリコプターから吊り下げ飛行試験
ISSに物資補給用するための無人機。(2017/8/31)

“ホリエモンロケット”宇宙に届かなかった理由は? 報告書公開
7月30日に打ち上げ実験を行った“ホリエモンロケット”こと「MOMO」は、66秒間飛翔したが宇宙に届かなかった。8月30日、実験の報告書が公開された。(2017/8/31)

SpaceX、試作型宇宙服を公開 「スタートレックの世界が来た」「未来的でシャープ」
だいぶ創作の世界に近づいた。(2017/8/27)

イーロン・マスク氏、NASAに納品予定の宇宙服を初披露
SpaceXのイーロン・マスクCEOが、“モックアップではない”宇宙服の画像をInstagramで初披露した。(2017/8/24)

NASAが米国で起きた皆既日食の写真を公開 宇宙から撮影された影を落とす月の様子も
宇宙ヤバイ。(2017/8/22)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。