ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  G

  • 関連の記事

「Google Fast Flip」最新記事一覧

関連キーワード

Google、終了予定サービスを発表 「Google Desktop」や「Web Security」も
Google+などのソーシャルサービの登場で役割を終えたとみられるソーシャル検索サービス「Aardvark」や「Google Notebook」、「Sidewiki」なども終了になる。(2011/9/5)

Google「イノベーションとボトムアップ」の中心 「Google Labs」の存在感
「Google Labs」はGoogleの実験サービスを試せる場。今やおなじみのGoogleマップやiGoogleもラボを経て正式公開された。最近では3D人体模型も。(2011/3/9)

Google、iOSとAndroidの検索結果にリンク先プレビュー機能を追加
検索結果のページを画像としてプレビューする「Instant Preview」が、iPhone、iPad、Android端末でも利用できるようになった。(2011/3/9)

Google、コンテンツ販売・決済サービス「One Pass」発表――Appleに対抗
Appleが前日に発表した定期購読サービスに対抗し、Googleがパブリッシャー向けのコンテンツ販売システムを発表した。収益分配率や価格設定権などがAppleよりパブリッシャーに有利になっている。(2011/2/17)

New York Times、コンテンツ有料化を発表 2011年に実施
従量制の課金システムで広告に次ぐ収入源を確保し、Googleとの関係も保てるとしている。新たなプラットフォーム向けコンテンツ配信も視野に入れているようだ。(2010/1/21)

iPhoneとAndroidにも対応:
Googleの高速記事リーダー「Fast Flip」の参加メディアが90に
Googleがオンラインメディアの記事閲覧を高速化するために立ち上げたサービスに、新たにLos Angeles Times、Popular Science、Reutersなどが参加した。(2009/12/17)

オルタナブログ通信:
ある実名SNSの終焉
220組を超えるブロガーがITにまつわる時事ネタなどを日々、発信しているビジネス・ブログメディア「ITmedia オルタナティブ・ブログ」。その中から今週は、「新政権発足」「Google」「実名SNS」「Twitter」「スマートフォン」といったテーマで紹介したい。(2009/9/25)

New York Timesほか39メディアと提携:
Google、記事の“高速閲覧”を可能にする「Fast Flip」立ち上げ
Googleは、オンラインメディアが苦戦している一因は「読み込みが遅いこと」にあるとし、ストレスなく記事を読めるサービスをメディアとの提携により立ち上げた。iPhoneとAndroidにも対応する。(2009/9/15)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。