ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新聞」最新記事一覧

「新聞から『餃子の王将』クーポン切り取らないで」――ある図書館の訴えが話題に 図書館側「やむを得ない措置でした」
現在被害は止んでいるそうです。(2017/3/22)

「東北がんばれ心つなげ」新聞のラテ欄に縦読みでメッセージ
ラテ欄のNHK「東日本大震災6年特集」の部分を縦読みすると……。(2017/3/11)

スマホを新聞に置くとレコード針に ジャズ漫画「BLUE GIANT」折り込み広告でジャズが楽しめる
新聞で本格ジャズ!(2017/3/10)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
「少年の顔」を報じて何の意味があるのか WBCの捕球騒動
WBCの日本VS.キューバ戦でハプニングが起きた。ホームラン性の打球をキャッチした少年の顔写真が、複数の新聞社で報じられたのだ。ボールをキャッチしたことは許されることではないが、顔写真を報じる必要があったのか。米国の場合は……。(2017/3/10)

PR:ビジネスマンや就活生は要注目! 「日経電子版+SIM」がお得な理由
新生活を前にして、新聞の購読を検討しているユーザーも多いだろう。そんな人にオススメなのが、ケイ・オプティコムの「日経電子版+SIM」。日経電子版と5GBまたは10GBの通信量がセットになっており、新聞をお得に読める。その詳細を見ていこう。(2017/3/8)

茨城県の地方紙「常陽新聞」が休刊を発表 職員は全員退職、今後は第三者による事業継続を模索
本誌・電子版共に休刊となります。(2017/3/1)

赤字が続き決断:
茨城県の地方紙「常陽新聞」、休刊 購読者伸び悩み
茨城県南部の地方紙・常陽新聞が3月末で休刊すると発表した。(2017/3/1)

ネット広告成長、「運用型」けん引 新聞・雑誌は苦戦 電通「日本の広告費」
電通が発表した「2016年 日本の広告費」によると、国内の総広告費は5年連続で前年実績を上回った。ネット広告は2ケタ成長を維持した一方、紙媒体は苦戦が続いた。(2017/2/24)

「カネで買われた記事」報道で注目 調査報道メディア「ワセダクロニクル」とは 編集長を直撃
「命にかかわる医薬品の新聞記事が、カネで買われた記事だったとしたら」――こんな記事で注目を集めた新興メディア「ワセダクロニクル」。その正体とは。(2017/2/20)

「ひきこもり」の声、当事者が伝える「ひきこもり新聞」 創刊のきっかけは「あの報道」
「ひきこもり新聞」という新聞がある。引きこもりの人向けの情報を、実際の当事者や引きこもり経験者が自ら発信している。(2017/2/20)

2週間で寄付金約200万円:
調査報道メディア「ワセダクロニクル」とは
「命にかかわる医薬品の新聞記事がカネで買われた記事だったら」。衝撃的な書き出しで始まる記事が2月1日、インターネット上に掲載された。マスコミ界に突如現れ、既存メディアの在り方に一石を投じた「ワセダクロニクル」。編集長を直撃した。(2017/2/20)

難病の親友を救うためギャグをかまし続ける女子高生 漫画「NKJK」がコメディなのに切ない
漫画レビュー連載「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第81回。幼馴染のためにピエロになりきる彼女は救われるのか。(2017/2/18)

真面目な自伝本「夫のちんぽが入らない」が新聞広告に掲載……も、タイトルが「入らない」 斬新な広告デザインが話題に
一度は掲載を断られていました。(2017/2/12)

静岡県に密着した情報ポータル「@Sモバイル」「@Sひかり」登場 通信回線と一体で提供
静岡新聞社と静岡放送(SBS)が、地域情報ポータルサービスの提供を開始した。携帯電話回線または光回線と一体化して提供することが大きな特徴で、携帯電話回線・光回線のセット割も提供する。(2017/2/1)

今年で4回目! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい! 2017
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」、毎年恒例の特別企画。2016年に発表された作品の中でUKお気に入りのマンガベスト10を発表!(2017/1/14)

「SMAP大応援プロジェクト」朝日新聞朝刊に8ページのぶち抜き応援メッセージ公告掲載 隠しメッセージも存在
SMAPの皆さんにもきっと届いているはず。(2016/12/30)

劉備「弊社と御社を間違えて使ってた……」 日経新聞、横山三国志コラ画像を使った広告の特設サイト開設
経済ネタ連発で、三国志の英雄たちがキャラ崩壊。(2016/12/29)

「SMAP大応援プロジェクト」12月30日の朝日新聞朝刊に1万人分のメッセージ 「見開きどころじゃない」規模で掲載
「私たちはこれからも応援し続けます」(2016/12/28)

新聞社はどう変わった?:
スマホ爆発的普及で進む“中国メディア革命”
中国でスマートフォンが爆発的に普及している。新聞や雑誌の購読者が減る“紙離れ”が進み、ブログやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)による情報発信が国境を越えて一般的になりつつある。この流れを、新聞社など従来の報道機関はどう乗り越えようとしているのか。(2016/12/21)

東京新聞の伝言コーナーをSMAPファンがジャック! ベストアルバムの発売を盛り上げる大規模企画のもよう
3日間にわたってSMAPへのお祝いメッセージが掲載されるようです。(2016/12/21)

片想いの女の子が16年前からタイムスリップしてきた 失恋の古傷を深くえぐる「青春のアフター」
漫画紹介連載「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」の第79回。自分を振ると同時に目の前から消えてしまった女の子が、そのままの姿で16年後にまたやってきたら、あなたはどうする?(2016/12/18)

ASKAの車内映像流出はフジテレビが求めたもの……東京交通新聞報じる 送迎などで9時間半、フジテレビは“正当な取材活動の範囲内”
他のテレビ局に流出した詳細な経緯は語られていません。(2016/12/16)

朝日小学生新聞の「ジャンケンポン」が1万5000回 同一タイトルの新聞連載まんがの最多回数記録を更新中
1969年から休刊日をのぞきほぼ連載され続けている。(2016/12/15)

記事の価値、AIが判断――国内新聞社初、産経の新アプリは“AIが編集”
産経新聞の新アプリ「産経プラス」は、新聞社のニュースアプリとしては国内で初めて、人工知能による自動編集を採用した。(2016/12/7)

スピン経済の歩き方:
「ヌーハラ報道」に、目くじらを立てる理由
少し前、日本人がラーメンなどをすする際の音で外国人が不快な思いをするという「ヌードルハラスメント」(ヌーハラ)が注目を集めた。テレビや新聞などがこの騒動を報じたわけだが、筆者の窪田氏は「報じてはいけない」という。なぜなら……。(2016/11/29)

“残念女子”ソムリエによる残念女子マンガ3選 「手品先輩」「じけんじゃけん!」「マヤさんの夜ふかし」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」。第78回目は、残念女子をこよなく愛するUK社主がオススメの残念女子マンガを3作品紹介。(2016/11/20)

Samsung、米大手新聞に発火「Galaxy Note7」についての謝罪広告
発火問題でリコール中の「Galaxy Note7」について、Samsungが米大手新聞3紙に全面謝罪広告を掲載した。(2016/11/9)

日本の新聞社も「AI記者」採用!? AIが書いた記事、中部経済新聞の紙面に
米国などの新聞社では、人工知能(AI)が記事を執筆する動きが広がってきているが、日本の新聞にも“AI記者”が書いた記事が載った。(2016/11/4)

“毎朝新聞”の号外も登場 「シンゴジ実況」のハッシュタグでゴジラ目撃ツイートが続々投稿される
人間落ち着きが大事。(2016/11/3)

あくまで実験だから私の尿を飲んで! 恋愛ベタな中学生が明るいエロスを発揮するラブコメ「上野さんは不器用」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第77回。恋愛表現が不器用過ぎる女子中学生が、科学部の実験と称してスカートをのぞかせたりふとももをさすらせたり。(2016/10/23)

「想像で執筆」 中日新聞、貧困ルポ記事のねつ造でおわび 取材班は「貧困ジャーナリズム賞」受賞
中日新聞社は、貧困の現状を伝える連載企画「新貧乏物語」の2つの記事の中に、事実ではない誤った記述や写真があったとしておわびを掲載した。(2016/10/13)

太陽光:
新聞より薄い「曲がる」太陽電池、インクジェット印刷で実現
福島大学らの研究グループは、新聞紙より薄い厚さ53ミクロンの結晶シリコン太陽電池の開発に成功した。インクジェット印刷技術を活用した裏面電極型で、安価かつ曲げられる特性がある。(2016/10/11)

歴史を変えないよう畳の上でじっと寝そべる 未来人がバタフライ効果と奮闘するマンガ「おとうふ次元」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第76回。これをすると未来がとんでもないことに――バタフライ効果が正確にわかる未来人が現代で繰り広げるSFギャグマンガの新境地。(2016/10/10)

「君の名は。」観客動員1000万人、興行収入130億円突破 10月14日の新聞広告に新ビジュアルが掲載
アニメ映画の興行収入では「風立ちぬ」を抜き歴代6位に。(2016/10/4)

「市職員が格ゲー世界大会で優勝」掲載の朝日・上毛新聞が記事を削除し謝罪 今後の処分などは検討中
出来心でついたうそで引くに引けず……。(2016/9/28)

「群馬県の市職員が格闘ゲーム世界大会で優勝」と虚偽の記事掲載 上毛新聞・朝日新聞が謝罪
上毛新聞と朝日新聞はそれぞれ、「群馬県太田市の男性臨時職員が格闘ゲームの世界大会で優勝した」との記事が事実ではなかったとし、Webサイトから記事を削除して謝罪した。(2016/9/28)

ガイドブックにない生々しい京都満載 京都出身による京都漫画「はんなりギロリの頼子さん」
京都ロケ地作品への違和感、「いけず」文化……「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第75回は、京都生まれ滋賀育ちの社主が心揺さぶられる「京都漫画」を紹介。(2016/9/25)

Facebook、「ナパーム弾の少女」を“ヌード”だとして削除(抗議を受け復活)
Facebookが、大手新聞社の記者が自身のページに投稿した歴史的反戦写真「ナパーム弾の少女」を「コミュニティ規定」に反するとして削除し、物議を醸した後復活させた。新聞社の編集長はザッカーバーグCEO宛の公開書簡で「ジャーナリストの権利と義務は、Facebookのアルゴリズムによって傷つけられるべきではない」と抗議した。(2016/9/11)

「SMAP25周年おめでとう!」 新聞・Twitterにファンからお祝いの声続々
10万を超えるツイートで「#SMAPデビュー祝25周年」がトレンド入りしました。(2016/9/9)

「半分くらいは咲が勝手に話を作ってくれた」―― ついに完結&2巻発売記念「つまさきおとしと私」ツナミノユウ先生インタビュー
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第74回はツナミノユウ先生にインタビュー。「つまわた」連載お疲れ様でした!(2016/9/7)

「神奈川新聞花火大会」が休止に 観覧場所の確保が困難
神奈川新聞は「神奈川新聞花火大会」を当分の間休止すると発表した。(2016/8/24)

「安全・安心な運営には代えられない」 神奈川新聞花火大会が休止へ、空き地減少で観覧場所の確保が困難に
みなとみらいの発展が影響するという皮肉な結果。(2016/8/24)

チケット高額転売に反対――人気アーティストなど共同声明 「音楽の未来を奪う」と
「音楽の未来を奪うチケット高額転売に反対します」――嵐やMr.Childrenなど100組以上のアーティストの賛同を得た声明が、Webサイトや新聞に掲載された。(2016/8/23)

NHK、リオ五輪閉会式伝える新聞のラテ欄に「あいましょう東京で」
また4年後!(2016/8/22)

問題を4文字しか読んでいないのになぜ答えられる? 競技クイズの裏側と青春を描く「ナナマルサンバツ」
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第73回。高校生クイズ出場を目指す高校時代を送っていた社主が、競技クイズの世界を描いたマンガ「ナナマルサンバツ」の魅力を熱く紹介。(2016/8/16)

がんばれー! よちよち歩きで新聞を持ってきてくれるワンコ
頑張る姿がとってもかわいい!(2016/8/6)

子どものゲーム禁止・許可で「成績の違いなし」 朝日学生新聞社がアンケート調査
親から見て「ゲーム禁止」と「許可」の子どもで、成績に違いはない――朝日学生新聞社ががアンケート調査の結果を発表。(2016/7/26)

「江戸川橋駅」はなぜ江戸川区にないのか? 地図から読み解く地理ミステリー「ジグソークーソー」の面白さ
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第72回は、ちょっと変わった“地図”ミステリー「ジグソークーソー 空想地図研究会」を紹介します。(2016/7/24)

ゲームをするかしないかは、小学生の学力にほとんど影響しない――朝日学生新聞社がアンケート調査
ほとんどの家庭でルールを決めており、勉強と両立しているようです。(2016/7/22)

IT4コマ漫画:
「○○コード」といえば何のこと?
かつて新聞のテレビ欄にあった8ケタの「○コード」、皆さんは覚えているでしょうか? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第87回目。(2016/7/15)

PR:新聞折込チラシのタートルライド社 全国の新聞折込、チラシ印刷を業界最安値で提供



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。