ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「新聞」最新記事一覧

別れたくなければ毎日自分を殺すこと―― 不死ゆえの苦しみとすれ違う純愛 「兎が二匹」ラストシーンの衝撃
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第70回は、月刊コミック@バンチ掲載、山うた先生の「兎が二匹」を紹介します。(2016/6/17)

AWS Summit Tokyo 2016:
「パブリッククラウドは安いか」ではない、企業文化を変えるために使う
2016年6月1日、AWS Summit Tokyo 2016のパネルディスカッションで、NTTドコモの栄藤稔氏、三菱東京UFJ銀行の村林聡氏、日本経済新聞社の渡辺洋之氏が、それぞれの危機感と、日本企業がバブリッククラウドを活用していかざるを得ない理由について語った。(2016/6/14)

空き家の潜在市場規模は9兆円超
空き家の潜在市場規模は9兆601億円――リフォーム産業新聞社調べ。(2016/6/9)

業界人納得の完成度 「重版出来!」はマンガとドラマで二度楽しい
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!」第69回は、ドラマも好評放送中の「重版出来!」を紹介します。(2016/6/7)

世界を読み解くニュース・サロン:
「中立である」はずなのに……。なぜ米国のメディアは特定の候補者を支持するのか
米国の大統領選を見ていて、気になることがある。それは、米国の新聞社が候補者を支持表明すること。ジャーナリストはできる限り「中立」の立場でなければいけないはずなのに、なぜ特定の候補者を支持するのか。それは……。(2016/5/26)

第1弾は東京・杉並で:
朝日新聞とサムライト、地域特化の折り込みチラシとWeb広告をワンストップで提供
朝日新聞社と傘下のサムライトは、東京・杉並の地域情報に特化したWebサイト「すぎなみLOVERS」を立ち上げ、共同で運営すると発表した。(2016/5/20)

13年続いた「カラスヤサトシ」ついに完結 「変わり者」から「非モテの星」そして「裏切り者」へ…… 13年の歩みを振り返る
「虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第68回」は、カラスヤサトシ先生の「カラスヤサトシ」を紹介します。(2016/5/20)

頭脳放談:
第191回 AIブームがやってきた?
将棋や囲碁の対戦でコンピュータが勝利するなど、人工知能(AI)に関する話題が新聞をにぎわせている。さまざまな分野での応用が発表され、1980年代に続く、AIブームを巻き起こしている。はてさて、今度のAIブームはモノになるのだろうか?(2016/4/27)

日経新聞、再びラッパーに? 記事タイトルがまたも韻踏みまくりで「日経ラッパー記者」の存在ささやかれる
声に出して読みたい日経、再来。(2016/4/26)

愛媛新聞、見出しに込めた“ガンバレ熊本”の隠しメッセージ 「やるじゃん」「うるっときた」とネットで称賛
見出しの強調文字をつないでいくと……。(2016/4/17)

今後も「紙の新聞」を読む? 若い世代は“新聞離れ”が顕著
あなたは普段どのような手段で、ニュースや記事を読んだり見聞きしたりしていますか? 全国の男女に聞いたところ……。インターワイヤード調べ。(2016/4/15)

日経電子版アプリ、記事の英数を全角→半角に 「新聞社の伝統」見直し
「日本経済電子版」のスマホアプリで、英数字の表記が全角から半角に変わった。(2016/4/15)

新聞やデジタルの既存広告商品にコンテンツマーケティング事業を追加:
朝日新聞社がサムライトの全株を取得、オウンドメディア分野に本格進出
朝日新聞社は、企業のオウンドメディア支援を手掛けるサムライトの全株式を取得してグループ会社化することを発表した。(2016/4/14)

人工知能を活用した新聞スクラップ用ペン「CUTPEN」、ナカバヤシが発表 クラウドファンディングも開始
ペンで囲って専用アプリで撮影すると瞬時にデータ化されます。(2016/4/13)

年収が高い人ほど新聞を読んでいる 1000万円超は9割
キャリアインデックスが発表した調査結果によると、年収が高い人ほど新聞を読んでいる人の割合が多いそうだ。(2016/4/13)

複雑な段組みもAIにお任せ:
アナログ記事をデジタルへ 新聞をペンとiPhoneでスクラップする「CUTPEN」
ナカバヤシは、専用のボールペンとiPhoneを使って新聞のスクラップに特化した「CUTPEN」のクラウドファンディングを開始した。(2016/4/13)

毎日新聞とWall Street Journalが本格提携 毎日会員がWSJの閲覧可能に
毎日新聞の有料会員がWall Street Journalを追加料金なしで読めるサービスがスタート。(2016/4/4)

内村光良、読売新聞夕刊で長編小説「金メダル男」連載へ
内村さんの一人舞台「東京オリンピック生まれの男」の感動が再び。10月には映画化も。(2016/3/30)

日経新聞、15年は増収減益 電子版が好調
日経新聞の15年12月期は減収減益。(2016/3/8)

コナン劇場版のタブロイド紙「日売新聞」 3月5日より全国の映画館で無料刊行!
劇場版初の試み。全国のコナン上映劇場で刊行する。(2016/3/2)

「薔薇の名前」のイタリア人作家、ウンベルト・エーコ死去 遺作「ヌメロ・ゼロ」の国内発刊が決定
河出書房新社より今秋発刊。ミラノの新聞社の腐敗したジャーナリズムに迫るミステリー小説となります。(2016/2/22)

若者の新聞離れが深刻化、生活は朝型へシフト NHK放送文化研究所の調査で明らかに
寝ている時間は世代間で差が大きいもよう。(2016/2/21)

スピン経済の歩き方:
テレビや新聞には、なぜ「文春砲」のようなスクープがないのか
年明けから「文春砲」の勢いが止まらない。ベッキーとゲス川谷氏の「不倫」報道を皮切りに、甘利明大臣の「口利き疑惑」、宮崎謙介議員の「不倫」などが続いているが、筆者の窪田氏はある弊害を懸念している。それは……。(2016/2/16)

さすがうどん県 「四国新聞」朝刊トップが重力波でも円急騰でもなく「うどんの価格上昇」でTwitter民うなずく
ノーベル賞級の功績よりも日本経済よりも、うどんが大事。(2016/2/12)

死生観を考えるきっかけに:
「死ぬときぐらい好きにさせてよ」 樹木希林さんの“終活宣言”に大反響
女優の樹木希林さん(72)が、5日の新聞広告で「死ぬときぐらい好きにさせてよ」と“終活宣言”した。「死」をテーマにした衝撃的なキャッチコピーに、ネットなどで生死を考える書き込みが相次いでいる。(2016/1/8)

虚構新聞・社主UKのウソだと思って読んでみろ!第60回:
今年もやります! 「このマンガがすごい!」にランクインしなかったけどすごい!2016
毎年恒例「このマンガがすごい!」に選ばれなかった作品の中から、虚構新聞社主・UKがオススメする作品ベスト10を発表します!(2016/1/12)

スピン経済の歩き方:
ファミレスでタダでバラまく新聞が、「軽減税率適用」を求める理由
ホテルやファミレスなどで新聞が無料で配られているのにも関わらず、読んだことがない人も多いのでは。大量の新聞紙が「刷られて、運ばれて、廃棄されて」いるわけだが、筆者の窪田氏はあることにスッキリしないという。それは……。(2016/1/5)

「図書・雑誌に軽減税率適用を」 図書館協会が声明 「食料品と同様に必需品」
「新聞・図書・雑誌は食料品などと同様に人々の不可欠必需品」――図書・雑誌に軽減税率を適用するよう求める声明を図書館協会が発表した。(2015/12/24)

医療技術ニュース:
統合失調症の病名変更が新聞報道に与えた影響
東京大学は、過去約30年間の新聞記事2200万件をテキストマイニングで解析し、精神分裂病から統合失調症への名称変更が新聞報道に与えた影響を明らかにした。(2015/12/17)

日経新聞、ラッパーになる? ある記事のタイトルが韻を踏みすぎていてTwitter民がリスペクトしまくる
これは声に出したくなる見出し。(2015/12/15)

Alibaba、香港の英字新聞South China Morning Postを買収
中国電子商取引最大手のAlibaba(阿里巴巴集団)が、香港の有力英字紙South China Morning Post(SCMP)を買収すると発表した。中国の客観的な情報を世界の英語読者に届けることが目的としている。(2015/12/14)

ad:tech tokyo 2015 リポート:
ad:techに新しい“風” T.M.R. 西川貴教氏らが語るマルチチャネル時代のクリエイティブ論
テレビにラジオ、新聞、そしてインターネット。さらにその中でもSNSに動画というようにさまざまなチャネルが存在する。マルチチャネルで消費者へアプローチするのが当たり前になった時代、どのような戦略が求められるのか。(2015/12/3)

LINE、ニュース配信機能をメディアに開放 ポータルサイトの“限界”を超えるか
LINEは、公式アカウントを利用しニュースを配信する機能を、新聞社やテレビ局など24の媒体に開放した。(2015/12/1)

村上春樹の図書貸出記録を報道した問題 神戸新聞「公益性がある」 日本図書館協会「プライバシー侵害」
村上さんの高校時代の図書カードを報じた神戸新聞に、ネットから疑問の声が。(2015/12/1)

図書貸出カード、本人の同意なく公表は「プライバシー侵害」 村上春樹さん母校の記事について図書館協会が調査報告
村上春樹さんが在学していた高校の図書館の本の貸出カードに村上さん直筆の署名が残っていたという神戸新聞の記事について、日本図書館協会が経緯などを調査した結果を報告した。(2015/12/1)

シャープ、奈良・天理工場に本社移転か
シャープが奈良県の天理工場に本社を移転する検討を始めたという。日刊工業新聞が報じている。(2015/11/30)

毎朝インコが起こしてくれる 静岡新聞社からスマホアプリ「インコ式静岡新聞」
インコのピヨスケが声と音で起こしてくれる機能や、ニュースを1日3本配信する機能を備えています。(2015/11/9)

国際ロボット展:
SCHAFT共同創業者も登場、「国際ロボット展」過去最大規模で開催
日本ロボット工業会と日刊工業新聞が「2015 国際ロボット展」の概要を発表した。過去最大466社の参加が見込まれ、併催イベントではSCHAFTの共同創業者 加藤崇氏らも登場する。(2015/11/2)

「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」に出てきた新聞 USAトゥデイ紙が同じ日付に同じ紙面の特別版を発行
トップ記事でマーティの息子が捕まっていたあの新聞が、作中の日付に本当に発行されちゃった!(2015/10/22)

21世紀でも成功するための手段とは
新聞ビジネスと生物学は同じ? New York Timesが取り組んだデータ分析とは
インターネットの登場によって、ほとんどの印刷媒体が苦戦する中、New York Timesは、データ分析で有利に進めている。その手法とは一体どのようなものなのだろうか。(2015/10/22)

ニュースアプリ「Google Play Newsstand」日本でスタート 国内外2000以上のメディアをカバー
Googleは10月7日、新聞記事やニュースサイトが読めるアプリ「Google Play Newsstand」(iOS/Android)の国内提供を開始した。(2015/10/8)

「シャープが゜を売却してシャーフに」のウソニュースにシャープ公式が全力反応 虚構新聞がやっぱり謝罪文を掲載
もはや様式美。(2015/10/2)

虚構新聞が「シャープが半濁点(゜)を売却」とウソ報道 早速シャープ公式が「シャーフ株式会社」に名称変更
これは謝罪ですね、間違いない。(2015/10/1)

専門・業界紙購読サービス「デジタル新聞ダイレクト」が新規受付を停止、一部はhontoへ移行
12月には新聞タイトルの一部をhontoで販売開始。閲覧は2016年5月末まで可能。(2015/9/11)

新聞のラテ欄に「86を次世代に伝える」 原爆の日に広島のテレビ局が仕込んだ縦読みが話題に
カープが原爆の日に開催する「ピースナイター」にあわせたメッセージ。(2015/8/6)

ニュースの情報源、若者は「新聞」よりも「SNS」
若い人たちは、何からニュースなどの世の中の動きを知っているのだろうか。15〜23歳の男女に聞いたところ……。連合調べ。(2015/8/5)

「ア・バオア・クー陥落」「一年戦争終結へ」の見出しが踊る 「朝日新聞 機動戦士ガンダム版」発行へ
特派員が巡洋艦に乗艦して要塞攻略を取材していたようです。(2015/8/5)

スピン経済の歩き方:
日経が世界の経済メディアのなかで「大きな存在感」を示すのが難しい理由
日本経済新聞社がフィナンシャル・タイムズを買収した。日経は紙面で「世界のビジネスメディアで大きな存在感を示すことにもなる」と胸を張っていたが、ちょっと言葉には気をつけたほうがいい。なぜなら……。(2015/7/28)

虚構新聞「フジテレビ専用リモコン」記事で謝罪 「すでに同様の製品存在する」と指摘多数
記事掲載後25分と、過去最短記録での誤報発覚でした。(2015/7/22)

40%超が電子書籍に無関心、新聞はWebと競る ジャストシステム調査
「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2015年6月度)」の調査結果が発表。(2015/7/13)

PR:新聞折込チラシのタートルライド社 全国の新聞折込、チラシ印刷を業界最安値で提供



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。