ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「キーボード」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

質問!マウス・キーボード→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でマウス・キーボード関連の質問をチェック

作中の「タイプライター」がBluetoothキーボードに 「バイオハザード RE:2」に特別なイーカプコン限定版が登場
部屋に置くだけでなんだか安心できる場所に感じられそう。(2018/8/12)

「Kaby Lake-G」を採用
Intel×AMDコラボCPU搭載の「XPS 15 2-in-1」 磁気浮遊式キーボードで薄型化
Dellの2-in-1デバイス「XPS 15 2-in-1」は、CPUとGPUをワンパッケージにまとめ、磁石の力でキーを浮かせるキーボードを採用するなどして薄型化を実現した。ただしタブレットとして使うには難点が残る。(2018/8/12)

キーボード掃除にも便利なUSB卓上クリーナー
ドスパラは、USB電源駆動式の小型卓上クリーナーの取り扱いを開始した。(2018/8/2)

Samsung、10.5型タブレット「Galaxy Tab S4」、別売DeXキーボードでPCのようにも利用可能
Samsungが、Androidタブレット「Galaxy Tab S4」を発表した。10.5型でSペンが付属し、別売のDeXキーボードと接続すればPCのように使える。ホームボタンがなくなった分画面が広くなった。(2018/8/2)

Lightningコネクタに接続するiPhone/iPad向けキーボード リンクスから
リンクスインターナショナルは、8月4日にLightningコネクタ専用キーボード「Lightning KANA Keyboard」を発売する。MFi認証を取得して専用アプリや設定を必要とせず、かな入力にも対応。バッテリー不要の高耐久設計で、携行性に優れたシンプルなデザインを採用した。(2018/7/31)

ゲームパッド風デザインのタッチパッド付きワイヤレスキーボード
ドスパラは、タッチパッドを標準で搭載した小型ワイヤレスキーボード「DN-915415」の取り扱いを開始した。(2018/7/20)

新「MacBook Pro」のキーボードのシリコン膜はやはり「バタフライへのゴミ防止」──MacRumors
iFixitの分解で明らかになったMacBook Pro(2018)のキーボードのバタフライ構造を包むシリコンの膜は、防音だけでなく、防塵の役割もあると、MacRumorsが入手したAppleのサービス準備ガイドに基づいて報じた。(2018/7/20)

メカニカルスイッチを自由に交換できるコンパクトキーボード「KUMO」、Kickstarterで出資受付中
米カリフォルニア州ロサンゼルスのTheVan Keyboardsが提案する「KUMO」は、4列44キーのコンパクトな有線キーボード。キーレイアウトの変更やキースイッチ付け替えも可能。(2018/7/19)

上海問屋、LED発光にも対応した薄型メカニカルゲーミングキーボード
ドスパラは、薄型デザイン筐体を採用したメカニカルキーボード「DN-915446」の取り扱いを開始した。(2018/7/19)

新MacBook Proは「意図せず電源オン」が増える
MacBook Proの2018年モデルではキーボードやトラックパッドを押しただけで電源が入る。これは仕様だ。(2018/7/17)

MacBook Pro (2018)レビュー 第8世代Core、改良キーボードの実力は?
第8世代Core i7搭載MacBook Pro 13インチを試してみた。(2018/7/15)

新「MacBook Pro」のキーボードのバタフライはシリコン包み──iFixit
新型「MacBook Pro」をさっそくiFixitが分解中だ。まずは第三世代バタフライキーボードの構造について第一報を公開。バタフライ部分が薄いシリコンの膜に包まれていることが分かった。(2018/7/14)

新「MacBook Pro」登場で2015年の15インチモデルは販売終了
新型「MacBook Pro」発表で、Appleのオンラインストアから2015年発売の「15インチMacBook Pro Retinaディスプレイモデル」が消えた。非バタフライ構造キーボードでUSB-AポートやSDカードスロットを備えていた。(2018/7/13)

キーボードの傑作「リベルタッチ」復活 後継機を8月に発売、キー荷重はALL35g
富士通コンポーネントは7月12日、同社のプレミアムキーボード「Libertouch」(リベルタッチ)の後継機2機種を、8月に発売すると発表した。価格はオープン。(2018/7/12)

Googleの入力アプリ「Gboard」、モールス符号入力が可能に
GoogleのAndroid/iOS入力アプリ「Gboard」でモールス符号での入力が可能になった。英語(米国)キーボードを追加すれば日本でも使える。モールス入力を覚えるためのWebゲームも公開された。(2018/7/12)

MSI、14型ノート「PS42 8RB」にAmazon限定の英字キーボードモデル
エムエスアイコンピュータージャパンは、14型ノートPC「PS42 8RB」のAmazon限定モデルを発表した。(2018/7/9)

2種類のキーボードを選べる13.3型デタッチャブル2in1ノートPC「dynabook D83」シリーズ
東芝が法人向けPCの夏モデルを発表。新シリーズの2in1ノートPC「dynabook D83」を投入する。(2018/7/9)

ロジクール「G512」を “はじめてのゲーミングキーボード” にしてみたら快適すぎた話
キーボード初心者が最新ハイエンドゲーミングキーボードを使ってみた。(2018/7/5)

REALFORCE限定モデル「PFU Limited Edition」レビュー 高級キーボード界最強タッグ製品の実力は
今回レビューする「REALFORCE R2 TKL PFU Limited Edition」はそんな「REALFORCE」シリーズを手掛ける東プレと「HHKB」シリーズを手掛けるPFUの最強タッグによる異色のコラボ製品。どのような仕上がりになっているか見ていこう。(2018/7/4)

簡単トラブルシューティング
「Windows 10」のキーボードやマウスが動かなくなったら試すべきTIPS
「Windows 10」のマウスやキーボードが動かなくなったとき、IT担当者が簡単に試せるトラブルシューティング手順がある。(2018/7/1)

山根康宏の海外モバイル探訪記:
「BlackBerry KEY2」は何が変わった? 「KEYone」と比較してみた
今や唯一ともいえるQWERTYキーボード搭載スマートフォンを輩出し続けるBlackBerry。最新モデルの「BlackBerry KEY2」がCES Asia 2018のTCLブースに展示されていました。前モデルの「BlackBerry KEYone」とスペックや操作感を比較してみました。(2018/6/25)

Apple、MacBook/MacBook Proのキーボード無償修理プログラム
Appleが、一部のMacBookおよびMacBook Proのキーボードで勝手に文字が反復されるなどの問題があったとして対象となるデバイスのキーボード無償修理プログラムを立ち上げた。(2018/6/23)

CORSAIR、静音メカニカルキーを採用するバックライト発光対応ゲーミングキーボード
リンクスインターナショナルは、CORSAIR製の静音ゲーミングキーボード「STRAFE RGB MK.2 MX Silent」の取り扱いを開始する。(2018/6/15)

ロジクール、ゲーミングキーボード「G512」にクリック感を高めたバリエーションモデルを追加
ロジクールは、同社製ゲーミングキーボード「G512」シリーズのラインアップにキースイッチを変更したバリエーションモデルを追加した。(2018/6/14)

テックウインド、キーボード一体型PC「キーボードPC」にWindows 10 Proモデルを追加
テックウインドは、キーボード一体型筐体を採用するデスクトップPC「キーボードPC」のラインアップにWindows 10 Proモデルを追加した。(2018/6/12)

狭いスペースでも使えるミニトラックボール付きのUSBキーボード
サンワサプライは、トラックボール内蔵の小型キーボード「SKB-TR05BK」を発売する。(2018/6/11)

かつて“2より小さい数字が打てないキーボード”が存在した理由
生年月日もまともに打てないぞ……。(2018/6/9)

ちょっと気になる入力デバイス:
使い心地は高級機並? “異色”のパンタグラフキーボード「BSKBU510」レビュー
バッファローから発売された、異色のパンタグラフキーボード「BSKBU510」の使用感をレビューする。(2018/6/7)

計測結果の転記、PC入力作業を「音声」で:
トヨタ系完成車メーカーが車両監査業務で音声認識キーボード入力システムを活用
トヨタ車体グループの完成車メーカーである岐阜車体工業は車両監査業務において、アドバンスト・メディアの音声認識キーボード入力システム「AmiVoice Keyboard」を採用した。(2018/6/7)

「キーボード界の最強タッグ」 PFUと東プレが協業発表、PFU仕様のREALFORCE R2シリーズ誕生
ベジットかな。(2018/6/5)

PFUと東プレ、キーボードで協業 「REALFORCE R2」特別版、PFUダイレクトで販売
PFUと東プレは6月5日、キーボード事業で協業すると発表した。まず東プレの高級キーボード「REALFORCE R2」シリーズのPFU向け専用仕様「PFU Limited Edition」4モデルを、PFUの直販サイト「PFUダイレクト」で独占販売する。(2018/6/5)

PFUが東プレと協業 「REALFORCE R2」のPFU限定モデルを発売
PFUと東プレがキーボードビジネスでの協業を発表、PFU限定仕様のキーボードを発売する。(2018/6/5)

ADATA、発光ギミックも楽しめる7000円台のメカニカルゲーミングキーボード
エイデータテクノロジージャパンは、メカニカルキースイッチを採用した英語配列ゲーミングキーボード「XPG INFAREX K20」を発売する。(2018/5/31)

とっておきのキーボード話や「de:code 2018」でのポイントを「NEWS TV」で明かす
(2018/5/25)

メカ設計ニュース:
ポメラが10周年、電子ペーパーを採用して折り畳みキーボードが復活、Kickstarterにも
キングジムは2018年5月15日、新製品『デジタルメモ「ポメラ」DM30』を発表した。価格は4万3000円(税別)で、同年6月8日から販売開始する。2018年度の販売目標数量は1万台だ。2016年10月に「DM200」を発売して以来、約1年7カ月ぶりの新製品登場だ。(2018/5/17)

10周年のポメラ新製品「DM30」をじっくり見る 電子ペーパー&乾電池&折りたたみ式キーボード搭載
ポメラの新製品「DM30」はポメラユーザーの福音か?(2018/5/15)

電子メモ「ポメラ」に電子ペーパー採用の新型登場 6月8日発売
キーボードは折りたたみ式に。(2018/5/15)

折りたたみキーボードに回帰した「ポメラ」 画面は電子ペーパー
キングジムが「ポメラ」の新機種「DM30」を6月8日に発売する。現行機種「DM200」はノートPCなどに近いクラムシェル型でバッテリーを内蔵しているが、DM30は新機構の折りたたみ式キーボードに回帰し、乾電池で駆動するスタイルに戻った。(2018/5/15)

Androidスマホ/タブレットをBluetoothキーボードにできるアプリ「Rickey+」
イデア・フロントは、Androidスマートフォン/タブレットをWindows PC用のBluetoothキーボードとして利用できるアプリ「Rickey+」をリリース。手元のスマートフォン/タブレットのタッチ操作でPCの入力や各種操作を行うことができる。(2018/5/7)

上海問屋、ゲームパッド感覚で使えるタッチパッド付き超小型ワイヤレスキーボード
ドスパラは、スマートフォンサイズの小型ワイヤレスキーボード「DN-915265」の取り扱いを開始した。(2018/5/7)

タッチ操作にも対応! QWERTYキー搭載スマホ「BlackBerry Bold 9900」(懐かしのケータイ)
BlackBerry伝統のQWERTYキーボードに加え、タッチパネルも搭載した「BlackBerry Bold 9900」。新バージョンのOSを採用したことで描画性能が向上し、様々な動作が高速化されていました。(2018/4/30)

ロジクールからeスポーツ向けフラッグシップキーボード「G512」登場 2種類のスイッチで展開
ゲーミングブランド「ロジクールG」シリーズに、フラッグシップモデルキーボード「G512」と、LIGHTSYNC対応ゲーミングスピーカー「G560」が加わった。(2018/4/25)

特選プレミアムコンテンツガイド
iPad持ち歩きに最適なケース、充電器、キーボードは?
iPad用の周辺機器は数多く存在している。本稿では、旅行などの長距離・長時間の移動を想定し、ケースや充電器、ストレージにキーボードなど、持っていると役に立つ周辺機器を紹介しよう。(2018/4/20)

自動車部品メーカー・東プレはなぜ高級キーボードを作り始めたのか 「REALFORCE」17年の進化の歴史
なぜREALFORCEは、「高級キーボード」という概念がなかった時代に生まれたのか。(2018/5/5)

上海問屋、税別3999円のテンキーレス小型メカニカルキーボード
ドスパラは、61キー配列を採用したUSBキーボード「DN-915273」の取り扱いを開始した。(2018/4/18)

高級キーボードの「使えば分かる良さ」って一体、何なんです? 「REALFORCE」の東プレに聞いてみた
高級キーボード未経験の筆者が、教えてもらってきました。(2018/5/4)

Samsungの「Chromebook Pro」のキーボードがバックライト付きに
Samsungが昨年5月に発表した「Chromebook Pro」のバックライト付きキーボードモデルをひっそり発売した。価格は旧モデルと同じ599.99ドル。(2018/4/16)

HP、タブレットにもなる「HP Chromebook x2」を600ドルで発売へ
Acerに続いてHPもタブレットとして使えるChromebook「HP Chromebook x2」を発表した。キーボード部分を外すと、12.3インチで735グラムのスタイラス付きタブレットとして使える。価格は599.99ドルだ。(2018/4/10)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
実は万能ではない? SIMロックフリー端末の落とし穴とは
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。スマートフォンで主流になりつつある、音声入力やフリック入力。それでもPCのキーボードがなくならない理由とは?(2018/4/9)

“キー”も“ボード”もないウェアラブルキーボード「Tap」
キーボードがないからといって、音声入力を使うのも気が引ける。そんな過渡期の悩みを解決してくれる次世代の入力デバイス「Tap」を紹介する。(2018/4/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。