ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ヘアサロン」最新記事一覧

質問!美容師・理容師→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」で美容師・理容師関連の質問をチェック

視点:
新興国における破壊的イノベーション
経済成長や安い労働力を背景とした従来型新興国ビジネスから、未来構想型の新興国ビジネスへシフトしていくべきである。(2018/4/16)

ホストの給料ってどうやって決まるの? 源氏名の決め方は? 準ミスター東大がホストクラブに体験入店してきた
天に二物も三物も与えられた準ミスター東大は、ホストクラブでも輝けるのか?(2018/3/29)

みなさん最終回にさまぁ〜ず三村、ナイナイ岡村らが贈った言葉とは ネットでも悲しみの声続出
「みなさんのおかげです」シリーズ放送開始から約30年。全1340回で番組の歴史にピリオド。(2018/3/23)

女の子をもっと魅力的に描きたい 『ちょっとドキドキする女の子の仕草を描くイラストポーズ集』が登場
かわいすぎてけしからん。(2018/3/21)

「ミシンのあるカフェ」人気 なぜ? 「オタク女子」ターゲットの店、大阪・日本橋に続々
関西有数のオタク街で知られる大阪・日本橋で、コスプレ衣装を製作するためのミシンを設置したサロンや居間風のカフェなど女性をターゲットにした店舗が増えている。(2018/3/16)

一歩を踏み出すためにやるべきこと
デジタルトランスフォーメーションの取り組みにモバイルが不可欠な理由
「デジタルトランスフォーメーション」(DX)が議論の中心となる中、モバイルをその取り組みの最前線に配しておくことが重要である理由と、最初の一歩を踏み出すためにすべきことを解説する。(2018/3/15)

「プッチモニ」時代のよっすぃーだ! 吉澤ひとみ、夫からの「切っちゃいなよ!」で10年ぶりのショートヘア
「ひなフェス」の準備は万端。(2018/3/13)

改変OSのPC販売 不正送金の踏み台に 脆弱性知りつつ対策放置のツケ
Windowsを改変したPCを販売したとして、商標法違反容疑でIT会社「ビレイ」の社長らが逮捕された。改変によって生じたソフトの脆弱性が中国人犯罪グループに目をつけられ、不正送金の「中継点」として利用されていた。(2018/2/21)

社長ら逮捕:
改変OSのPC販売 不正送金の踏み台に 脆弱性知りつつ対策放置のツケ
Windowsを改変したPCを販売したとして、商標法違反容疑でIT会社の社長らが逮捕された。(2018/2/20)

徹底した肌感覚の追求とログが示す数字に基づく改善と:
PR:サロンのネット予約を当たり前にした「リクルートライフスタイル」の挑戦
今や当たり前となりつつある美容室やビューティーサロンのネット予約。その立役者となった「ホットペッパービューティー」と「SALON BOARD」の背後には、「美容室やビューティーサロンに従事する人たちが、もっと本業に専念できる環境を作ろう」という思いがあった。(2018/2/14)

メークアプリで“髪色変える”AR機能 AIで髪の揺れにも反応
メークアプリ「YouCam メイク」に、髪色を変えられるAR機能が追加。スマホのインカメラで撮影した自撮りのライブ映像で自由に髪色を変えられるという。(2018/2/7)

スマホの「QR」決済が本格化 ドコモ正式発表 LINE年内30万店導入
スマートフォンの2次元バーコード「QR」コードを活用した決済サービスが本格化している。(2018/1/18)

2018年は「QR決済元年」に……ドコモやLINE、利用者拡大に注力
IT各社が、QRコードを活用した決済サービスの本格普及に注力している。今年はQR決済の普及元年となるか、各社のサービスに注目が集まりそうだ。(2018/1/18)

ロボデックス:
好きな場所でそのまま座れる「身に着けるイス」、2018年春発売 外科手術などにも活用
「第2回ロボデックス」で、好きな場所でそのまま座れるウェアラブルチェアが展示された。(2018/1/17)

「別人に見えます」「似合ってる」 後藤真希、黒髪ロングヘアでアジアンビューティーに変身
明るい髪色のイメージが定着しているからビックリする。(2018/1/16)

「あいつらの会社は何でつぶれない」自虐&本音満載 商店主たちのフリーペーパー人気
滋賀県大津市内の若手事業主や商店主らがつくったフリーペーパーが、ひそかな人気を呼んでいる。商品でなく、経営者の人となりをユーモラスに、ときには自虐的に紹介した一風変わった編集が受けているのだ。(2018/1/12)

89歳“自撮りおばあちゃん”世界で話題 「寝たきりになっても撮り続けたい」
仏壇の前で幽霊に――衝撃的な自撮り写真で世界中から注目を集める89歳のアマチュア写真家、西本喜美子さん。「寝たきりになっても撮り続ける」という。写真に対する思いを聞いた。(2017/12/18)

サラリーマン、プリキュアを語る:
娘を、プリキュアにするために就くべき職業5選
サラリーマンにも希望はあります。(2017/12/14)

モバイル決済の裏側を聞く:
目指すは“オールインワン決済” 急成長する「Airペイ」の戦略をリクルートに聞く
リクルートが提供している「Airペイ」は、低コストでクレジットカードや電子マネーでの決済を可能にするサービス。導入店舗や取扱高が急増している。Airペイはどのような戦略で展開しているのか?(2017/12/13)

ヘアカタログ、美男美女ばかりで使う勇気が無い……→「ブサイクしか載っていないヘアカタログ」が逆にブレイク
美男美女ばかりのカタログだと、美容院で注文するときのハードル高いですから……。(2017/12/11)

サラリーマン、プリキュアを語る:
これは福音である 「プリキュア男子」という多様性についての考察
「プリキュア論」をどうしても書きたかったので、いつもと文の雰囲気が違います!(2017/11/23)

石けんを使わず1年半“湯シャン”だけで過ごしたおっさんの「匂いを嗅げる権」を買ってみた
筆者の体臭とどっちが気になるか、実際に嗅ぎ比べてもらいました。(2017/11/21)

香取慎吾、髪色チェンジで話題の“パールフォギーグレージュ”ってなに? 美容師に聞いてみた
全体的にグレーがかった色味になるんだとか。(2017/11/16)

「思い切り20センチ以上いきました!!」 吉澤ひとみ、2年間伸ばしたロングへアをばっさりカット
モー娘。全盛期のよっすぃーだ!(2017/10/30)

池田直渡「週刊モータージャーナル」:
グーグル&Uberつぶしのトヨタ・タクシー
現在開催中の「第45回 東京モーターショー」。その見どころについて業界関係者から何度も聞かれたが、その説明が面倒だった。自動運転車や固体電池のクルマとかなら「ああそうですか」で終わるのだが、今回はタクシーなのだ。(2017/10/30)

世界を「数字」で回してみよう(44) 働き方改革(3):
誰も知らない「生産性向上」の正体 〜“人間抜き”でも経済は成長?
「働き方改革」に関連する言葉で、最もよく聞かれる、もしくは最も声高に叫ばれているものが「生産性の向上」ではないでしょうか。他国と比較し、「生産性」の低さを嘆かれる日本――。ですが、本当のところ、「生産性」とは一体何なのでしょうか。(2017/10/23)

緊急を要するほどモフモフだったワンコ、真夜中にグルーミングサロンが受け入れてスッキリ変身
尻尾を振るほど元気になりました。(2017/10/22)

MVNOに聞く:
薄利のMVNO事業で、なぜ「エックスモバイル」は生き残れたのか
MVNO業界の慣習にとらわれない“やんちゃぶり”で話題となったエックスモバイル。サービス開始当初は「超絶赤字」だったそうだが、ついに債務超過をクリア。淘汰(とうた)が進むMVNOで、なぜエックスモバイルは生き残れたのか。木野社長に聞いた。(2017/10/16)

「私の世界の見方の大部分は日本のもの」:
ノーベル文学賞のイシグロ氏、「いたずらだと思った」
ノーベル文学賞を受賞した長崎県生まれの英国人作家カズオ・イシグロ氏(62)は、「びっくり仰天して喜んでいる」と受賞の驚きを語った。(2017/10/6)

「髪に元気が無い」 狩野英孝、アンチエイジングを受ける姿がまるで人体実験
無事に帰ってこられてよかった。(2017/9/26)

プラズマクラスターとLED:
アデランスとシャープ、“頭皮を活性化”するドライヤー発売
アデランスとシャープが、髪や頭皮の状態を改善する効果があるとするドライヤーを発売する。頭皮を活性化するというLED光「N-LED beam」の光源と、静電気除去や保湿効果があるという「プラズマクラスター」技術を搭載している。(2017/9/26)

恋してからの伸びがすごい……! お互いに恋愛初心者の「冴えないピュアカップル」漫画が「ほほえましい」「好き」と話題に
このカップル、いつまでも見守っていたい……!(2017/9/25)

伝説の髪形「昇天ペガサスMIX盛り」って実在したの? 「メガ盛りスタイル」のその後を歌舞伎町のヘアサロンで聞いてきた
「“昇天ペガサスMIX盛り”のキャバ嬢っているの?」と疑問を抱いていた当時のギャルとネット民へ。(2017/9/22)

「諦めるのはまだ早い」 “THE オタク”から3年かけてイケメンになったコスプレイヤーの劇的変化に驚きの声
見た目がイケメンになると、心もイケメンに。(2017/9/17)

貞子かな? 横澤夏子による“シャンプーのCMごっこ”が完全にホラー
ひえっ……。(2017/9/14)

トップ自ら実演:
「スーパーミリオンヘアー」社長のビフォーアフターがすごい
気になる部分がフサフサになる「スーパーミリオンヘアー」。ロングセラー商品を、展示会で社長自ら“頭を張って”実演していた。(2017/9/7)

大阪・登美丘高校の“バブリーダンス”を平野ノラ、荻野目ちゃんが絶賛! ゲロマブダンスを振付したコーチを取材
ぶっ飛びバブってる!(2017/9/1)

“キャンセル問題”解消目指す:
ダイナース「ごひいき予約」 有名飲食店のキャンセル席再販
ダイナースクラブカードが会員向けに「ごひいき予約」をスタート。LINEとポケットメニューと提携し、「直前キャンセル」で発生した有名飲食店の空席を買い取り、会員に再版する。飲食業界の「直前キャンセル問題」の解消も目指す。(2017/8/24)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
高級焼肉店「叙々苑」が飛躍できた理由
首都圏を中心に57店を展開する高級焼肉店の「叙々苑」。従来の焼肉店のイメージを覆してきたその軌跡を、外食ジャーナリストの長浜淳之介氏が解説する。(2017/8/22)

GMO TECHとアクアビットスパイラルズが実証実験:
海の家でトライアル、O2Oアプリ×IoTで店舗のスマホ施策はどう変わる?
江ノ島にある海の家でO2OアプリとIoT販促ツールを組み合わせた実証実験が行われている。現地で担当者に聞いた。(2017/8/19)

ホットペッパーとコラボ、ゲーム配信:
ダイドー、スマホ連動型自販機に注力 若者呼び込み
ダイドードリンコが、スマホと連動する自動販売機「Smile STAND」を活用した情報配信サービス「Smile Town Portal」を始める。若年層を中心に普及が進むスマホと連動したキャンペーンを展開し、伸び悩んでいる若手顧客を獲得する狙いがある。(2017/8/17)

ドリンク購入で情報発信 ダイドードリンコの「未来型自販機」とは
ダイドードリンコは9月4日から、飲料を購入したユーザーのスマートフォンに情報発信するサービス「Smile Town Portal」を始める。(2017/8/17)

JASRACがテレビCM 「店舗でBGM利用には手続き必要」と呼び掛け
JASRACがテレビCMを開始。JASRAC管理楽曲を店舗でBGM利用する場合、著作権の手続きが必要であることを周知する。(2017/8/8)

赤坂8丁目発 スポーツ246:
どうなるのか 巨人、山口俊投手の不祥事
前代未聞の不祥事だ。2017年にFA移籍で加入したばかりの巨人、山口俊投手が暴力トラブルを起こしていた疑いが発覚。事態を重くみた球団側は、山口投手を登録抹消としたが、ネット上では「解雇が望ましい」といった声が出ている。(2017/7/20)

「美容師」と「理容師」は何が違う? ダブルで資格を取るには?
法律で厳密に決められていた。(2017/7/13)

無断BGM利用の経営者2人に対し:
JASRAC、無許諾でBGM利用の店舗を初提訴
管理楽曲を無断でBGMに利用しているとして、JASRACが店舗経営者に対し楽曲の利用差し止めと損害賠償を求める初の訴訟を起こした。(2017/7/11)

JASRAC、音楽著作物を利用していた2店舗に対し使用差し止めと損害賠償を求める訴えを提起
該当店舗は北海道の理容店と、香川県の飲食店。(2017/7/11)

JASRAC、初のBGM差し止め・損害賠償請求 理容店など2店舗に
音楽著作物の手続きをせずにBGMを利用していた北海道の理容店、香川県の飲食店に対し、JASRACが使用禁止(差し止め)と損害賠償を求めて提訴。(2017/7/11)

TechFactory通信 編集後記:
破壊的イノベーションのアプローチが家庭円満をもたらす?
関西学院大学 経営戦略研究科 教授の玉田俊平太氏の講演「製造業のためのイノベーションの兵法! 〜破壊的イノベーションの理論〜」を聞いてきました。(2017/6/24)

関西学院大学 玉田俊平太氏 講演レポート:
やさしく教える「破壊的イノベーション」の基礎
破壊的イノベーションとは何か? 破壊的イノベーターになるにはどうしたらよいか? ダッソー・システムズ主催「3DEXPERIENCE FORUM Japan 2017」の特別講演に登壇した関西学院大学 経営戦略研究科 教授の玉田俊平太氏が「製造業のためのイノベーションの兵法」を分かりやすく解説してくれた。(2017/6/16)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。