ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ホラーゲーム」最新記事一覧

ニコニコ超会議2016:
ゲームを現実にしてはいけない(戒め) 大人が本気出しすぎてる「超ホラーゲームお化け屋敷」がリアルにコワすぎた
動画も撮ってきました。(2016/4/29)

「クロックタワー」の魂を受け継ぐホラーゲーム「NightCry」がついにリリース! シザーウォーカーから逃げ切れ
伝統のRSI(連打せずにはいられない)システムも搭載!(2016/3/30)

怖いお化けかと思った? 音ゲーでした! 怖い話を考えられない人の作ったホラーゲームが新境地すぎる
なんで曲がそんなノリノリなんだよ!(2016/3/1)

狂気に満ちたホラーゲーム「Year Of The Ladybug」が開発中 美しくも恐ろしいイメージアートに期待が高まる
「ホラー界に新しい風を吹かせたい」との思いから発表されたそう。(2016/2/27)

ゾクゾク来る美しさ ホラーゲーム「SIREN」の舞台となった廃村の映像に視聴者も大興奮
斧とか飛んできそう。(2015/9/7)

バグらせちゃいました! 会話文すらまともに読めない超難易度ホラーゲーム「バグのセカイ」
レトロなホラーアドベンチャー。ファミコンだったら、ソフトをフーフーして差し直せるのに……!(2015/5/9)

ニコニコ超会議2015:
怖すぎィ! 「自作ホラーゲーム」をリアル化 超ホラーゲームお化け屋敷
幕張に「超ホラーゲームお化け屋敷」登場!(2015/4/25)

ホラーゲーム「コープスパーティー」実写映画化 主演は乃木坂46/AKB48兼任・生駒里奈さん
3月15日より撮影スタート、撮影現場からニコ生中継も決定。(2015/2/26)

「クロックタワー」の魂を受け継ぐホラーゲーム「NightCry」、えびはら武司ら豪華作家陣によるトリビュートイラストを公開
参加クリエイターは30人以上!(2015/2/20)

「クロックタワー」の魂を継承するホラーゲーム「NightCry」、PS4/Xbox One版がストレッチゴールに追加
達成できるか!?(2015/2/14)

E★エブリスタ発の絶望サバイバルホラー『カラダ探し』のコミカライズが発売
シリーズ累計19万部を突破をしたサバイバルホラー小説『カラダ探し』のコミック第1巻が、ジャンプコミックスから発売。『週刊少年ジャンプ』への出張掲載も。(2015/2/5)

再襲!! 映画「青鬼」続編2015年夏公開決定――「青鬼 ver.2.0」(仮題)
フリーホラーゲーム「青鬼」の映画続編製作が決定。「青い化け物」がバージョンアップ、新キャラクターも登場する。(2014/12/26)

【壮大な自慢】史上最恐ホラーゲーム「P.T.」を可能な限り再現した実写化ファンムービー
まさかのオチ。(2014/10/1)

サバイバルホラー漫画「HOLY HOLY」第1巻が発売延期に 旅客船沈没事故を受けて
出版社は「第1話に今回発生した事故を想起させる描写がある」としている。(2014/4/25)

「MOTHER」や「ゆめにっき」を思い出す 日本びいきなインディーホラーRPG「OMORI」が面白そう
カタコトな日本語の歌が耳に残ります。(2014/4/24)

没入感が危険! VRメガネ「Oculus Rift」のホラーゲームが本気で怖そうな件
あなたの心臓は耐えられるか。(2014/4/18)

人気の名作ホラーゲーム「SIREN」が漫画化決定 今夏から連載スタート
タイトルは「SIREN 赤イ海ノ呼ビ声」。(2014/4/17)

無料で遊べるスマホゲーム:
真夏の夜にぴったり! 背筋も凍る本格ホラーゲーム――「こけしの解放」
蒸すような暑さが続く真夏にぴったりのiOS向けホラーアプリが、「こけしの解放」だ。暗がりの中で流れる「かごめかごめ」の歌声を聞くと、ゲームどころではない?(2013/8/23)

生還率ほぼ0%:
USJの「バイオハザード・ザ・リアル」7月19日からに決定 しかも開催期間延長
シューティング型サバイバルホラー・アトラクションのオープン日決定。(2013/7/1)

日々是遊戯:
リビング全体がゲーム画面に マイクロソフトの技術デモ「Illumiroom」が画期的
これでホラーゲームなんか遊んだ日には……。(2013/1/11)

日々是遊戯:
「制作者もみんな実況するといいよね」――「ぷよぷよ」「ドシン」「かまいたち」の3人が「ゆめにっき」を実況して感じたこと
8月10日から13日にかけ配信された「SIRENシリーズ+人気ホラーゲーム一挙クリア81時間ぶっ通し! 実況」。人気の生主や実況主らがホラーゲームに挑戦する中、唯一「ゲームクリエイター」枠で参加した、米光一成氏、飯田和敏氏、麻野一哉氏の3人に、ゲーム実況についてどう見ているのか質問をぶつけてみた。(2012/8/20)

ニコニコ生放送で「81時間ぶっ通しホラーゲーム生放送」開催
人気実況主や歌い手、生主らも出演。(2012/8/8)

WiiUの新コントローラーでゾンビに立ち向かう――WiiU向けアクションゲーム「ZombiU」、日本国内発売が決定
ユービーアイソフトのWiiU向けゾンビホラーアクションゲーム「ZombiU」が日本向けにも発売となることが明らかになった。(2012/6/29)

マルチエンディング対応のiPhone/iPad向けホラーアドベンチャーゲーム「一夜怪談」
サン電子が、人気のケータイアプリを移植したiPhone/iPad向けホラーアドベンチャーゲーム「一夜怪談」の配信を開始した。(2011/1/6)

iPhone/iPod touch/iPad向けホラーアドベンチャーゲーム「一夜怪談」1月6日配信開始
ひとり暮らしの大学生を襲う一夜限りの恐怖物語「一夜怪談」の配信が、1月6日よりiPhone/iPod touch/iPad向けにスタートする。(2011/1/6)

「エターナルシティ2」、新戦闘システム「連合サバイバル」を追加
近未来を舞台にしたホラーアクションRPG「エターナルシティ2」に、連合同士の戦いのうえ「ボスクリーチャー」の討伐を目指す新戦闘システムが導入される。(2010/11/22)

コーエーテクモゲームス、Wii向けホラーアドベンチャー「零」シリーズ最新作の製作を発表
日本のみならず海外のゲーマーも震え上がらせてきたホラーアドベンチャー「零」シリーズ。その最新作の製作が発表された。(2010/9/29)

TGS2009:
光と闇に焦点を当てたサイコスリラー「Alan Wake」ってどんなゲーム?
Xbox 360用ソフト「Alan Wake」は、「Max Payne」シリーズを手がけたフィンランドの「Remedy」が開発しているアクション・サイコスリラーだ。TGS2009に合わせて来日していたRemedyのオスカリ氏とマティアス氏に話を聞いた。(2009/9/27)

「サイレントヒル ホームカミング」日本版発売中止 「諸般の事情で」
コナミは、プレイステーション 3とXbox 360向けホラーゲーム「Silent Hill: Homecoming」日本版の発売を中止した。(2009/9/10)

ホラーテイストのFPS――「F.E.A.R.2 PROJECT ORIGIN」日本発売
サイバーフロントは、2009年2月に北米で販売された「F.E.A.R. 2 PROJECT ORIGIN」を日本語化し、2009年夏に発売する。価格は7665円(税込)。(2009/5/18)

「iのあるGames」(その5):
ストレス解消に最適
あの超人気ホラーゲームもiPhoneで楽しめる!(2009/5/15)

Wii史上、最恐――「恐怖体感 呪怨」
AQインタラクティブは、Wii用ホラー「恐怖体感 呪怨」を今夏に発売する。その呪いと怨みは10年経っても続いている……。(2009/4/15)

レベルファイブ×心霊ホラー×命の尊さ――実は心温まる「うしろ」
レベルファイブ10周年記念作品のひとつ「うしろ」は、心霊ホラーRPGと銘打っているが、実のところ命の尊厳を問う、ハートウォーミングなタイトル。(2008/9/26)

「零〜月蝕の仮面〜」レビュー:
“和”と“間”で魅せる、秀逸なホラーアドベンチャー
霊を扱ったホラーゲーム、「零」シリーズの最新作がWiiで登場した。Wiiリモコンを懐中電灯に見立てて進む新生「零」は、細やかな演出が行き届いたホラーアドベンチャーの秀作だ。さあ、怖いもん好きは射影機片手に朧月島へいらっしゃい。(2008/8/18)

夏のホラーゲーム特集:
呪い、都市伝説、ゾンビ、怪談、お化け屋敷……恐怖が大好物なあなたにプレイしてほしい、この夏のホラーゲーム
夏だ。ホラーの夏だ。今年の夏は、ホラーゲームが続々とリリースされている。いったいどのタイトルが自分の心臓を凍りつかせてくれるのか……。こればっかりはやってみないと分からないが、この特集がちょっとしたとっかかりになれば幸いである。ビバ! 恐怖!(2008/8/1)

触れる恐怖にようこそ――「零〜月蝕の仮面〜」
任天堂は7月31日、Wii対応のホラーアドベンチャー「零〜月蝕の仮面〜」を発売。Wiiリモコンやヌンチャクで“触れる恐怖”を体験できる。(2008/7/31)

囚人とナースの奇妙な追いかけっこ?――「DEMENTIUM -閉鎖病棟-」風レストランはいかが
インターチャネル・ホロンが6月26日に発売を予定している、ニンテンドーDS用ホラーアドベンチャー「DEMENTIUM -閉鎖病棟-」のタイアッププロモーションを体験しに、渋谷に収監されにいってみた。(2008/6/26)

口から何か出てますよ? 「バイオハザード5」最新映像公開
カプコンは、PS3/Xbox 360用サバイバルホラー「バイオハザード5」の最新映像を公開した。そこには、主人公と共闘する頼もしい存在も確認できた。(2008/6/3)

赤い海からサイレンが響き、消えた村が蘇る――「SIREN:New Translation」
SCEは、PS3用ホラーアドベンチャー「SIREN」シリーズ最新作を7月24日に発売する。サイレンが鳴り、怪異が襲う……。(2008/4/30)

7日後、あなたは生きていることができるのか――「ナナシ ノ ゲエム」
スクエニ初のニンテンドーDS用本格ホラーアドベンチャーが7月3日に発売される。3Dビジュアルの“恐怖”と3Dサウンドの“恐怖”を克服し、「呪いのゲーム」の謎を解く。(2008/4/25)

シリーズ最恐の演出――「トワイライトシンドローム 禁じられた都市伝説」
スパイクは「トワイライトシンドローム」シリーズ最新作としてニンテンドーDSの機能で操作するマルチエンディングホラーアドベンチャーを発売する。(2008/4/14)

科学かそれともオカルトか? 事件の真相は選択肢次第――「流行り神2 警視庁怪異事件ファイル」
日本一ソフトウェアは、プレイステーション 2用ホラーアドベンチャー「流行り神2 警視庁怪異事件ファイル」を11月に発売する。嘘か誠か定かではない都市伝説を巡り、主人公は奇怪な事件に巻き込まれていく。(2007/9/3)

その恐怖は伝染していく――「バイオハザード5」
カプコンはプレイステーション 3/Xbox 360用サバイバルホラー「バイオハザード5」の最新情報を公開した。(2007/7/26)

「バイオハザード4 Wii edition」先行リポート:
「バイオ4」が三度目の襲来!――操作方法が変わるだけでより怖くなることを体感しました
2005年にGCで発売され、PS2にも移植された大人気のサバイバルホラーアクションゲーム「バイオハザード4」が、今度はWiiにて登場。カプコンの中井ディレクターに、生まれ変わった本作の魅力をアレコレ教えてもらいました。(2007/5/25)

悪夢はPCにも波及する――PC版「バイオハザード4」発売決定
カプコンは、サバイバルホラー「バイオハザード4」のPC版を発売する。PS2版からの新シナリオ“the another order”も収録される。(2007/4/10)

BREW対応のゴシックホラーRPG「ネクロノミコン」
(2006/8/24)

近未来ホラーMMORPG「ダークエデン」、オープンβに移行
(2005/11/25)

ゴシック・ホラーMMORPG「ダークエデン」クローズドβテストが始動
(2005/11/2)

ゴシックホラーMMORPG「ダークエデン」、βテスターの募集を開始
(2005/10/24)

サバイバルホラーの原点「バイオハザード」が新たな恐怖とともに復活
1996年、当時の家庭用ゲームとしては、最高峰とも言える“恐怖”を演出した「バイオハザード」が、タッチスクリーン・2画面という機能を備えたニンテンドーDSにて、「バイオハザード Deadly Silence」として、新たな恐怖を引っさげて華麗に再登場。(2005/8/27)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。