ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「焼肉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「焼肉」に関する情報が集まったページです。

ニューヨーク発デジタル新潮流:
日本人がまだよく知らないYextと「DKM」のこと
2018年10月に米国ニューヨークで開催された「ONWARD18」の概要を紹介する。(2018/11/13)

男性にはちょっとシビアな現実:
女性は年収より外見重視? マッチングアプリが解き明かす「恋愛の謎」
マッチングアプリ「ダイン」によると掲載した写真が人気の人ほど異性とマッチしやすい「容姿重視」の結果に。特に女性は男性の写真に辛口の評価を付ける傾向になった。(2018/10/30)

一人焼肉勢「うおおおおおおおおお!!」 アツアツをいただけるお1人様サイズの「卓上ひとり焼肉プレート」
小さいので仕舞うのも出すのも楽そうです。(2018/10/28)

「ニャニャニャんだこの香りは!?」 初めての焼肉に暴走してしまった子猫が見続けていたい食べっぷり
肉のうまさに魅了された猫がまた1匹。(2018/10/16)

焼肉博士になれそう 焼肉にまつわる言葉を収録した『焼肉語辞典』発売
読むだけでよだれが出てくるジューシーな1冊。(2018/10/16)

「ポケコインもらえる」嘘の特典で利用者集めた容疑 ポイントサイト「キラキラ☆ウォーカー」運営業者逮捕
有料アプリに登録すれば、人気ゲームの特典が得られるなどと偽り、アプリ利用料をだまし取ったとして、京都府警と神奈川県警は、詐欺などの容疑で、ポイントサイト「キラキラ☆ウォーカー」の運営会社社長らを逮捕した。(2018/9/27)

座って食べても高回転:
「いきなり!ステーキ」と「俺の」シリーズで、“脱・立ち食い”が進む背景
立ち食い形式で料理を提供することで「低単価、高回転」を実現していた「いきなり!ステーキ」や「俺の」シリーズで椅子席が増えている。なぜ方針転換があったのか。そして、椅子席で高回転は実現できるのか?(2018/9/12)

目指すは焼き肉のファストフード:
滞在時間は25分 牛角創業者が仕掛ける「低単価、高回転」の“1人焼き肉”新業態店
牛角の創業者が「低価格、高回転」の新業態店をオープンした。“1人焼き肉”の需要にも対応した店舗設計が特徴で、5年間で国内300店舗の出店を目指す。「焼き肉のファストフード」としてお客の支持を得られるか。(2018/8/28)

「牛角」赤坂店が8月29日に“29円食べ放題”を29組限定で実施 「黒毛和牛上カルビ」含む29種類が対象
31円を握って牛角赤坂店へGO!(2018/8/24)

7色のビール「レインボーやる気ビール」が京都の焼肉バルに登場 カラフルに残暑を乗り切れそう
フレーバーも、もちろん7種類!(2018/8/21)

褒めない上司、ダメ会議をITの力でしなやかにたたき直す? SI営業「チタン女子」の働き方改革
なぜ、営業女子は、結婚や出産を機に現場を離れてしまうのか――。そんな課題をITの力で解決しようと立ち上がったのがNSSOLのSI営業「チタン女子」。ブロックチェーンやしゃべるクマを使って、どのように働き方を変えたのか。(2018/8/13)

牛や豚より何が優れているの?:
ワタミを救った「鶏肉」に外食チェーンが熱視線を送るワケ
経営不振に陥っていたワタミが鶏肉をメインにした業態の店舗を増やすことで復活しようとしている。近年、鶏肉をメインにした業態に大手外食チェーンが次々と参入しているが、ビジネスモデルの観点から牛や豚より鶏が優れている理由を考察する。(2018/8/6)

どんなからくりなのか:
値上げをしたのに客数が増えた焼き肉店の謎
牛肉の仕入れ値や人件費の高騰に苦しむ焼き肉店が増えている。あるお店では耐え切れずに値上げをしたところ、客数は減るどころか逆に増えたという。焼き肉店をケースに、失敗する値上げ戦略と成功する値上げ戦略の違いを探っていく。(2018/8/3)

上場時の決算書を分析:
家賃が200万円もするのにスタバがもうかる理由
スタバは大都市の一等地に多くの店舗を構えている。1杯数百円のコーヒーを販売しており、店に長居するお客も多い。家賃が200万円以上するような場所でも利益が出せる秘密とは?(2018/8/2)

知られざるビジネスモデル:
いつも暇そうに新聞を読んでいる不動産屋はなぜベンツに乗っているのか
いつも店舗で暇そうにしている不動産屋を見かけたことはないだろうか。ビジネスパーソンがせっせと働いているのとは対照的だが、どのようにして稼いでいるのだろうか。そのビジネスモデルを解剖する。(2018/8/1)

ビジネスモデルを徹底検証:
ドンキはなぜここまで成長できたのか、そして何を目指しているのか
ドン・キホーテの快進撃が止まらない。29期連続の増収増益を達成する見込みであり、コンビニやスーパーが競ってそのノウハウを学ぼうとしている。ドンキの強さの秘密はどこにあるのか。そして、どんな進化をしようとしているのか。(2018/7/31)

なぜかなくならない慣行:
家電以外の商品を売り始めた家電量販店を悩ます「リベートの減少」
家電量販店は少子化や家電市場の飽和を踏まえ、家電以外の商品の取り扱いを増やそうとしている。しかし、家電の販売額を減らすことは、リベートという収入の減少にもつながる。そもそもリベートとは何か? そしてなぜリベートという慣行が続いているのかを考察してみよう。(2018/7/30)

楽しんでいる人がいれば周りも楽しくなる 「楽しい」は伝染ると気付いた漫画にハッとさせられる
仕事、楽しんでますか?(2018/7/17)

三重県はなぜ“オヤジ観光の聖地”を目指すのか
「今夏、最もおすすめの旅行スポットは“オヤジ旅の聖地”三重県!」。三重県が、ユニークな観光キャンペーンを始めた。「訪日外国人」や「女子旅」がキーワードになることが多いなか、中高年男性に狙いをつけた。人気のスポットの伊勢神宮などを擁する三重県が、なぜ、あえて“オヤジ”狙いなのか?(2018/7/10)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
行列ができるまでに復活! 「東京チカラめし」の反転攻勢
かつて急成長したが、失速するのも早かった東京チカラめし。現在は全10店を営業するにとどまるが、実は店舗に行列ができるまでに“復活”しているという。再成長できるかどうか、検証する。(2018/7/3)

「似すぎやん」「本人かと」 比嘉愛未、そっくりな美人母の写真公開で反響
上品な笑顔がそっくり。(2018/6/26)

めっちゃ青い 「青い焼肉」が京都の焼肉バルに出現
「日本代表ががんばってる期間中ずっと」の期間限定メニュー。(2018/6/15)

「でも焼き肉はうまいので傷つかなくてよい」 メンタルが強い人が作った悪口処理のフローが「真理」だと話題
これが最強の受け流し方法……!(2018/6/14)

世界を読み解くニュース・サロン:
富豪ランキング“圏外” 日本はなぜ「ビリオネア」が少ないのか
2018年版の「ビリオネア調査」の結果を見ると、ビリオネア数で日本はトップ10にも入っていない。なぜだろうか。その背景には、日本の企業文化がある。(2018/6/7)

「妊娠してるの?」「何カ月ですか?」 丸山礼、出産間近のぺこより巨大なお腹でファンを惑わせる
体当たりネタだった。(2018/5/31)

高い集客力:
増殖続ける「俺の株式会社」が食パンに注目した理由
「俺のイタリアン」や「俺のフレンチ」などで成長を続けてきた「俺の株式会社」が食パンを強化している。食パンの持つ潜在力に注目したからだというが、その理由とは?(2018/5/30)

「すっかりママですわね」 平祐奈、母の顔になった姉・平愛梨と帰国後初の2ショット
仲良し美人姉妹。(2018/5/23)

満足必至の濃厚旅「観光列車はしご旅」ご存じですか? 「これは楽しそう!」鉄道旅のプロに楽しみポイントを聞いてみた
「焼き肉としゃぶしゃぶとステーキとケーキを1食で食べる」くらいに濃厚な旅になります。皆さんもぜひ!(2018/5/23)

「♪エ・バ・ラ、焼肉のたれ」サウンドロゴが音商標として認可
焼き肉食べたくなる。(2018/5/22)

お客との「絆」:
「エ・バ・ラ、焼き肉のたれ♪」が“音商標”に 50年前からCMで使用
エバラ食品工業のサウンドロゴ「エ・バ・ラ、焼き肉のたれ」が商標登録された。1968年にテレビCMで使用して以来、50年間にわたって使用されてきた。(2018/5/21)

「不審者感が凄い」「頭隠すと山田孝之みたい」 あばれる君、びっしり伸びた無精ひげ姿に賛否の声
ほとばしる怪しい人感。(2018/5/11)

通期売上を下方修正:
リニューアル後の「黄金の味」は不調? エバラの見解は
エバラ食品工業が「リニューアルした『黄金の味』の市場浸透に遅れが生じている」と発表。2018年3月期の通期売上高を下方修正した。エバラの“看板商品”はなぜ伸び悩んだのか。担当者に話を聞いた。(2018/5/2)

杉山淳一の「週刊鉄道経済」GW特別編:
JRの“大回り乗車”で房総半島1周 海を眺めて名物駅弁を食べる
JRの大都市近郊区間のみを利用する場合の「特例」を利用して、大回り乗車を楽しむ旅。今回は房総半島方面に向かう「海編」。(2018/5/2)

経営体質に差:
「指混入」だけじゃない 幸楽苑が日高屋に負けた理由
ラーメンへの異物混入事件でブランドイメージを大きく損なった幸楽苑。この事件が現在に至るまでの不振の原因として指摘される。しかし、本質的な敗因は別のところにもあった。(2018/4/25)

「どリッチ 全部のせうどん」:
日清、“全部乗せ”「どん兵衛」発売 おあげ・天ぷら・牛肉勢ぞろい
日清がカップ麺「日清のどん兵衛 どリッチ 全部のせうどん」を全国で発売した。「どん兵衛」に人気の具材「ふっくらおあげ」「サクサク天ぷら」「ジューシィ焼肉」が全て入ったもの。価格は1食当たり税別290円。(2018/4/23)

年代・性別分析だけでは勝てない:
PR:ローソン史上最高の売り上げ・顧客分析が生んだ唐揚げ弁当
普段何げなく購入しているコンビニの唐揚げ弁当だが、その商品戦略の裏には緻密な売上・顧客分析があった。ご飯の量やおかずの種類を左右する最先端のデータ分析とは?(2018/4/23)

「にくのあじがする」「孤独のアレ」 “語彙の少ないグルメ漫画”が分かりやすく腹が減る
やきにくいきたい(語彙力低下)。(2018/4/18)

【食べたら更新】朝井麻由美の「ウニ日記」
幸せのオレンジ色を記録していく場所です。(2018/4/15)

ダイエット成功? 高橋真麻、“ほぼ水着”の美脚ショットに「スタイル抜群」「細くて長い!」
順調に減量中の真麻さん。(2018/4/14)

長浜淳之介のトレンドアンテナ:
「食べ放題」を強化する牛角の“出遅れ感”
「焼肉デート」という言葉を生んだ牛角は、落ち着いて飲み食いができる「居酒屋焼肉」の業態で国内最大手に上り詰めた。しかし、ライバルが食べ放題の業態に次々参戦。キャッチアップはできるのだろうか?(2018/4/10)

「おっぱいがゆれました!」 竹達彩奈&悠木碧、Twitter入れ替わりで自由すぎるネタ合戦を繰り広げる
既に入れ替わりは解除されています。(2018/4/1)

松屋が4月3日から値段改定 多くの商品が10円以上の値上げ、通常の牛めしも対象
それでも安いプレミアムじゃない方の牛めし。(2018/3/20)

ネットと「新聞、雑誌、ラジオ、テレビ」どれを一番信用する? 女子高生が考える「マスメディアの信頼度」
「SNSは信用できない。だって私も“盛ってる”し」(2018/3/4)

牧ノブユキの「ワークアラウンド」:
「肉の隣にタレ」商法はPC売り場でも通用するのか
家電量販店のPC売り場に足を運ぶと、陳列されているデモ機の横に、そのPCと組み合わせて使うアクセサリーが陳列されていることがある。あまり売れているようには見えないが、PC本体の横への陳列は、メーカーにとっても、また量販店にとってもさまざまなメリットがある。その裏事情を見ていこう。(2018/3/1)

他人の金で焼肉を食べたい―― 正直な欲望を全力でぶつけた漫画に共感多数
正直すぎるっ! だが、それがいい。(2018/3/1)

ありがてぇ 神戸の焼肉屋が“お一人様用スペース”を新設
ぼっちの味方。(2018/2/22)

なにこのご褒美 「バイプレイヤーズ」俳優がわちゃわちゃする番組が最の高「僕たち付き合ってるのバレちゃったかな」
「僕たち付き合ってるのがバレちゃったのかな(大×遠・松×遠)」(2018/2/20)

変わらないプリンタへのニーズ:
PR:職場の“黒子”が生産性を左右する カギは「省スペース」と「高耐久」
職場に不可欠なプリンタ。その重要性について、それほど真剣に考えたことは少ないかもしれない。だが、その性能によって業務効率が左右されることは紛れもない事実である。そこで今、プリンタに対する、とあるニーズが盛り上がっている。それは――。(2018/2/19)

「七輪焼肉安安」でYouTuberを対象にした応援キャンペーン 1000円で全品食べ放題
対象はチャンネル登録者数100人以上のYouTuberとその同伴者5人。(2018/2/14)

「食べるわ食べるわ!」 高橋英樹、真麻の“エンドレスおかわり”に圧倒される
娘さんはたくましく成長されました。(2018/2/7)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。