ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「犬夜叉」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「犬夜叉」に関する情報が集まったページです。

声優・能登麻美子が結婚&妊娠を発表! 緒方恵美や日高のり子など声優陣も祝福「風花さん、本当ですか!?」
おめでとうございます!(2018/9/14)

声優・山口勝平のイラストが激うま! 尾田先生タッチを完コピした模写がウソみたいな完成度
お絵かきってレベルじゃない。(2018/7/11)

コミックマーケット93:
行けない人も大丈夫! 思わず見とれるコミックマーケット93コスプレ写真まとめ
今年もいっくよー。(2017/12/29)

池袋ハロウィンコスプレフェス2017:
台風に負けないコスプレ熱! 「池ハロ2017」2日目を盛り上げたコスプレイヤーまとめ
あの雨風の中、キャリーバッグを引く後ろ姿かっこよすぎる。(2017/10/29)

読めば読むほどタダになる漫画アプリ「サンデーうぇぶり」スマホ版配信スタート 10巻分相当のボーナスコイン配布中
アイコンは青山剛昌さん描きおろし。(2017/8/8)

FGO舞台「神聖円卓領域キャメロット」 べディヴィエール、マシュ、アルトリアのビジュアル公開!
ワクワクしてきた。(2017/5/19)

青山剛昌「まじっく快斗」新エピソードが3年ぶり掲載! コミックス発行部数2億冊突破記念で
「週刊少年サンデー」22・23合併号が青山剛昌尽くし!(2017/4/26)

舞台「犬夜叉」ついに開幕! 犬夜叉役の金爆・喜矢武「のびのびと今が一番羽が生えています」
「あなたたちが面白かったと記事に書けばいいんです!」(喜矢武さん)(2017/4/6)

「犬夜叉」「人魚シリーズ」など高橋留美子の全タイトルが電子書籍化 人気作品の第1巻無料試し読みも実施
コミックス全世界計発行部数2億冊突破記念。(2017/3/22)

舞台「犬夜叉」 殺生丸ほか妖艶なキャラビジュアル公開!
殺生丸様と永遠に一緒。(2017/3/20)

高橋留美子、「週刊少年サンデー」に18年ぶりの新作読み切り「千年の無心」掲載へ
コミックス全世界累計2億冊突破記念で。「サンデーS」ではデビュー作「勝手なやつら」を完全再掲。(2017/3/15)

舞台「犬夜叉」 乃木坂46・若月佑美&伊藤純奈が演じる日暮かごめ&桔梗ビジュアル解禁!!
力強いまなざしがイイ……!(2017/3/8)

高橋留美子「犬夜叉」が舞台化 犬夜叉役の金爆・喜矢武は「ファンに叩かれないようにがんばります」とツイート
「喜矢武さん完成度たっけぇな」と好評の一方で「世界観は壊さないで欲しいなぁ」と心配の声も。(2017/2/6)

「犬夜叉」のフル3Dスマホアプリ制作決定! ジャンルはアクションRPGで2017年上半期に配信開始
キャラクターはトゥーンレンダリングでアニメ版のテイストを再現!(2016/10/7)

パズドラに“週刊少年サンデーオールスターズ”が参戦! 特設ページが公開
名探偵コナンは……!?(2015/11/10)

昼間はカフェ、夜はバー 「少年サンデーカフェ」が秋葉原に期間限定オープン
『少年サンデー』の名作とコラボしたメニューを提供するほか、オリジナルグッズの販売も。(2015/7/23)

「名探偵コナン」「金田一少年の事件簿R」など読売テレビの番組Huluで配信開始へ
連続ドラマ「ビンタ! 弁護士事務員ミノワが愛で解決します」や「琉神マブヤー THE MOVIE 七つのマブイ」なども。(2014/11/28)

さらにアニメ充実、1000話以上追加:
Huluで読売テレビの人気アニメなど配信開始――「名探偵コナン」「宇宙兄弟」「まじっく快斗1412」など計19作品
動画配信サービス「Hulu」では、読売テレビの人気アニメ「名探偵コナン」「宇宙兄弟」「まじっく快斗1412」「犬夜叉」など計19作品の配信が、12月3日より順次開始される。(2014/11/27)

R25スマホ情報局:
スマホで観られる!人気アニメTOP10
スマホでアニメ見ていますか? 国内最大級の会員数とコンテンツ数を誇るドコモの動画配信サービス「dビデオ」と、おなじみの「ニコニコ生放送」で人気のアニメタイトルを聞いてみました。(2014/10/17)

高橋留美子デビュー35周年記念で週刊少年サンデー表紙描きおろし
週刊少年サンデー25号でデビュー35周年を迎えた高橋留美子さんのキャラクターが表紙を飾る。(2013/5/20)

高橋留美子画業35周年記念、作品の一番くじイベント開催
『うる星やつら』『犬夜叉』など多くの作品を生み出し、一部作品が電子書籍化もされている高橋留美子さんの画業35周年を記念して、バンプレストが『一番くじ るーみっくわーるど〜35th Anniversary〜』を開催する。(2013/4/18)

窪田順生の時事日想:
映画『TIGER & BUNNY』プロデューサーが語る、仕事を成功に導く方法
現在公開中の『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』。従来にはない作品、そしてこれまで誰もやったことのない新たなプロモーション。それらの陣頭指揮をとるエグゼクティブプロデューサー尾崎雅之氏に、アイディアの源や仕事の取り組み方について聞いた。(2012/10/2)

窪田順生の時事日想:
「アニメは見ない」という人までファンに変えた、『TIGER & BUNNY』の仕掛け
テレビ放映時から多くのファンを魅了してきた『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』(9月22日公開)に、期待の声が高まっている。これまでも話題の作品を世に送り出してきたサンライズ エグゼクティブプロデューサーの尾崎雅之氏に話を聞いてみた。(2012/9/18)

Do As Infinity、abingdon boys school――メジャーアーティストが一夜限りで集結! ANIMAX MUSIX FALL 2009
アニメ専門チャンネルのアニマックスは、11月1日にANIMAX MUSIX FALL 2009を11月1日、新木場 STUDIO COASTで開催した。当日はabingdon boys school、Do As Infinity、HIGH and MIGHTY COLOR、ヘイ・マンデー、喜多修平さん、佐咲紗花さんといった豪華アーティストが集結し、一夜限りの熱いステージングで観客たちを魅了した。(2009/12/2)

携帯ストラップ“キュージョン”に「週刊少年サンデー」コラボバージョン
(2008/9/10)

「初音ミク」コスプレで踊る10歳の米国少女 「4歳で初コス」「次はハルヒやりたい」
10歳の米国人少女が「初音ミク」コスプレで踊る動画が、YouTubeやニコニコ動画で「かわいい」と人気だ。本人と、衣装を作っているお母さんに、なぜミクコスをしたのか、反響をどう思っているのか、聞いてみた。(2008/8/25)

ラムちゃん×キューピー再び──高橋留美子コラボ「キュージョン るーみっくわーるど」
(2008/7/25)

+D Style News:
「犬夜叉」など高橋留美子さんの漫画がキューピーに――「キュージョン るーみっくわーるど」
キューピーとさまざまなキャラクターがコラボレーションを行う「キュージョン」シリーズが今度は「めぞん一刻」、「犬夜叉」などの高橋留美子さんの漫画と競演を果たした。(2008/7/25)

「うる星やつら」「めぞん一刻」のきせかえツール登場──きせかえキャラっぱ!
(2008/7/7)

ねとらぼ:
中国に「ニコニコ動画」そっくりサイト
ニコニコ動画にそっくりな動画サイトが中国に登場し、ネットで話題になっている。(2008/6/3)

「漫画もファンが翻訳、P2Pで流通」「同人誌よりコスプレ」――米国オタク事情
北米の3大オタクイベント「OTAKON」のスタッフによると、米国のオタク事情は日本とはかなり異なる。同人誌よりもコスプレが人気で、アニメも漫画もP2Pファイル交換で無料で手に入れる人が多いという。(2008/3/28)

「サンデー」&「マガジン」キャラクターがセガプライズに登場
(2008/3/18)

「巨人の星」、「ルパン三世」を生み出した読売テレビのアニメ作品を展示――東京アニメセンター
(2007/5/29)

News Weekly Access Top10(2007年4月29日−5月7日)
スペインは萌えているか
大型連休をまたいだ先週のアクセストップは、“萌え”マネキンが増えてきた、という記事だ。記者はGWにスペインを旅行したのだが、スペインはそれほど“萌えて”いないようだった。ただ……。(2007/5/7)

英雄オンライン、第3次βのテスター募集を開始
(2006/3/24)

「武蔵伝II ブレイドマスター」登場キャラクターの声優陣を一挙公開
(2005/5/13)

仲間との絆が勝敗を分ける――3D対戦アクション「犬夜叉 奥義乱舞」が登場
プレイヤーとCPUがタッグを組んでバトルを行う。パートナーとの相性次第でゲームの難易度が変わり、「陣形」の採用により戦略性が求められる、本作の奥は深い。(2005/4/27)

“ごちゃまぜ”だから面白い――日本のアニメが海外で売れる理由
総務省のシンポジウムに、ゲームクリエイターの飯野賢治さんや少年ナイフなどが参加。日本のアニメや漫画、ゲームが海外で人気が出る理由や、ネット時代のコンテンツのあり方などを議論した。(2004/11/17)

「犬夜叉」がカナダのGoogle検索トップに
(2004/5/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。