ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「漫画」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

-こちらもご覧ください-
質問!コミック→ITmediaのQ&Aサイト「質問!ITmedia」でコミック関連の質問をチェック

関連キーワード

お盆に田舎へ帰った男性を待っていたのは…… 創作漫画「お盆は田舎に帰ろう」が切ない
もっと早く帰っていれば……。(2018/8/17)

「ユキミの中の人は俺や」 バーチャルYouTuberに恋する男子たちのすれ違い創作漫画がカオスで面白い
現実とバーチャルですれ違う彼らの恋。(2018/8/17)

目の不自由な人を助けた“親切の連鎖” 電車の中での実体験を書いた漫画が優しさに包まれすぎている
みんな優しさを始めるきっかけを探しているのかもしれない。(2018/8/17)

ジャンプの“短命・打ち切りマンガ”収集家が本棚を公開 マイナー作品から『レベルE』など名作まで
さらに上を行く収集家もいるそうです。すごい世界だ……。(2018/8/16)

「夫婦で協力しねえとさ……死ぬから」 皇帝ペンギンさんの育休マンガが大切なことを教えてくれる
「オスは産まねぇって言うけどよ だからこそやれることはやらねぇとな」。(2018/8/16)

【マンガ】オリンピックはかつて「“走る”以外の競技がなかった」って知ってた?
短距離走だけ。(2018/8/17)

「コノコダーレ?」娘が指さす先には……? お風呂での恐怖体験描いた漫画がガチで怖い
幽霊は水場に出やすいとか……。(2018/8/16)

【マンガ】「ガソリンにはオレンジ、緑色などの“カラーバリエーション”がある」って知ってた?
豊富なカラーバリエーション!(ただし、見る機会がない)(2018/8/16)

ぶっ飛んだ発想と謎の感動 残業疲れで“布団を身にまとう”ようになった会社員の話がハッピーエンド
ツッコミはないけど車に突っ込まれるのはよくある漫画です。(2018/8/16)

心を鷲づかみにするってこういうことか……! 母(元売れっ子ホステス)の話をオタク的に解釈した漫画が刺さる
母「一番は『好きだよ』って言われても『私も好き』って言わないことかな」。(2018/8/15)

【マンガ】「ピーナッツはナッツではない」といわれる理由
ピー“ナッツ”って名前なのに……?(2018/8/15)

「好き」を諦めた主人公が大人になって行き詰まり…… 漫画「立ち止まっているあなたへ」に「心が揺さぶられた」「涙出そう」などの声が集まる
あなたの色はあなたの道の上にありますよ。(2018/8/14)

最後のページで「なるほど……」 男子高生が超絶イケメンに熱烈アピールしまくる漫画が二度おいしい
いただきました。(2018/8/14)

「ライフワークはペットボトル拾い」「偽名がポチ」 愛犬の日常を描いた漫画でワンコがますます好きになる
ワンコあるあるも楽しい。(2018/8/14)

【マンガ】「裏表でデザインが違う国旗がある」って知ってた?
日本は両面とも同じ。(2018/8/14)

「敬語やめて」「蔑むような目で見て」 従順なアンドロイドを購入した主人がこじれすぎている漫画
どんどん更新されていくマスターの変態度がむしろ清々しい。(2018/8/13)

コミックマーケット94、来場者はのべ53万人
今年の夏も暑かった……。(2018/8/12)

【マンガ】暑すぎて身体ごと溶けるレベル 米国の“死の谷”が持つ「世界最高気温記録」は○○℃
ちょっと何言ってるかわかんないです……(2018/8/12)

近づくものが凍ってしまう氷属性男子とクールな同僚女子 互いに「ドキッ」とする漫画から目が離せない
どんな状況なの?(2018/8/12)

「私は大変なことをしている……」 漫画『私の少年』を描くうちに気付いたこと
2018年5月末にヤンマガへ電撃移籍。作者と現担当に近況を聞いた。(2018/8/12)

アマゾン「Kindleインディーズマンガ」累計100万ページ以上読まれる 開始から1カ月で達成
人気のインディーズ漫画作家に提供される8月度の分配金が1.5倍に。(2018/8/11)

家族のいない人がアンドロイドと暮らしたら…… 胸に来る漫画の結末に涙
強い思い入れがあればアンドロイドも家族になり得るかもしれない。(2018/8/11)

「Kindleインディーズマンガ」開始1カ月で100万ページ以上読まれる
アマチュアの漫画家が「Kindleストア」で作品を無料公開できるサービス「Kindleインディーズマンガ」で、7月5日の開始から1カ月間に読まれたページ数が累計100万ページを超えた。(2018/8/10)

雨にも負けず、ビッグサイトの熱気にも負けず――宮沢賢治調コミケ漫画のように、私はなりたい
原文の魅力もあって、詩がとても心にしみる。(2018/8/10)

【マンガ】目の前が真っ暗になる「ブラックアウト」 他にも「レッドアウト」「ブラウンアウト」があるって知ってた?
わりとカラフル。(2018/8/13)

IT4コマ漫画:
「わたし、いくつに見える?」の対処法
「ねえ〜、わたしいくつに見える?」――返事に困るこんなシーンの今風な対処法とは? IT向上委員会の有江敬寛氏による漫画連載「IT4コマ漫画」の第111回目。(2018/8/10)

疲れた社会人を元気づけるのは……しゃべるカキ!? 癒やし系オイスター「生ガキちゃん」漫画で今日も一日がんばれそう
「意識のある生ガキ」という得体の知れない存在ながら、不思議な魅力が。(2018/8/10)

「コミケの前は風呂に入れーーっ」 コミケ参加者にお風呂に入ることを全力で呼びかける漫画のクセがすごい
お風呂以外にもできるニオイ対策の声が上がっています。(2018/8/9)

【マンガ】「大相撲千秋楽では行司の胴上げが行われる」って知ってた?
日本でも数少ない「胴上げされなければならないお仕事」。(2018/8/10)

学校で人気の女子が図書室に通う理由は……? 気持ちを隠せない女子と気付かない鈍感男子の漫画に青春を感じる
前途多難かもしれない。(2018/8/9)

「私の水着姿は大変目の保養になると思いますよ」 海に行く提案が不器用すぎる後輩女子の漫画が尊さでニヤける
くそう、こいつらかわいいな!(2018/8/15)

【マンガ】サッカーの反則「ハンド」は「手」じゃない、って知ってた?
「手でボールに触ってないのに、ハンド」もありうる。(2018/8/9)

【マンガ】B5サイズのノートが「大学ノート」と呼ばれる理由
小中学生も使うのに、どうして?(2018/8/9)

「試しに抱いてみます? ほれほれ」 自分アピールが不器用すぎる後輩女子漫画にニヤニヤが止まらない
いろいろ心内を想像して応援したくなるかわいい後輩ちゃんです。(2018/8/8)

高慢なトップランカーの正体は? 家族から孤立した少年が人とネトゲでつながる漫画、先行き不安しかない
「感動の秘話」みたいになりそうでならなさそう。(2018/8/9)

水族館での忘れられない思い出を描いた漫画がじわじわくる 誕生日プレゼントに「セイウチのおやつ」体験をもらった女性
忘れられない思い出をもらったようです。(2018/8/7)

海岸に漂着したクジラはどうなるの? 博物館漫画『へんなものみっけ!』のクジラのエピソードが無料公開中
勉強になります。(2018/8/7)

【マンガ】「パンケーキの“パン”は食パンの“パン”ではない」って知ってた?
じゃあ、何なの? おいしいの?(2018/8/8)

優しい男子に“塩対応”を貫く女子、本当の気持ちは……? 素直になれない乙女心がもどかしい漫画
見ていてもどかしくなる関係。(2018/8/7)

「全ての女性に知ってほしい」 パンツ型ナプキンの便利さを描いた漫画に「知らなかった」「私もお世話になっている」と反響
漏れないなら、はかない理由がない。(2018/8/7)

【マンガ】なにこの社会の縮図 ハダカデバネズミの“狭い通路をすれ違うときの鳴き声の使い方”が切ない
人間界でも似たようなことがあるような……。(2018/8/7)

絶望と猫と思わぬ結末……! 迷い込んだ異世界で親友が“猫化”していく漫画に「鳥肌が立った」「感動した」の声集まる
いろんな感情を揺り動かされるステキな作品です。(2018/8/6)

「デッサン」でサボる:
デッサンが苦手な漫画家が“3Dデッサンツール”に挑戦
「できるだけ楽をしてお金を稼ぎたい」。そんな身もふたもないことを堂々と宣言する漫画家が楽しく仕事をサボれるITツールを試していく、そんな連載です。(2018/8/6)

司書メイドの同人誌レビューノート:
子どものころに読んだ学習マンガのわくわく感 プロが描く同人誌『すごいぞ!!ハイイロゲンゴロウ』
夏休みの自由研究にも良さそう。(2018/8/5)

字が書けるようになった子どもと文通を始めた もらった手紙に「静かに泣いた」体験つづった漫画にもらい泣き
10年、20年と続いてほしい。(2018/8/5)

漫画のサブスクや無料広告モデルは可能か 業界1位「LINEマンガ」に聞く5年の軌跡と漫画ビジネスの未来
「漫画村問題」で揺れた漫画業界。読者と漫画家に適した漫画のビジネスモデルの在り方とは――漫画アプリ業界1位の「LINEマンガ」に取材しました。(2018/8/11)

お客様が神様だった! バイトでステキなお客と出会った体験描いた漫画に「こんなお客になりたい」の声
こんなお客様のためにある言葉「お客様は神様」。(2018/8/3)

存在は感じるのに姿は見えない――“透明人間になった”恋人の姿をもう一度見たいと願う彼の漫画が切ない
「毎日何度も訳も分からず涙が出る」理由は……?(2018/8/3)

「水曜どうでしょう」、大泉洋の“ホラ話”マンガ化にネットざわつく 「喧嘩太鼓かな?」「ボルヴィックか?」
期待しかない。(2018/8/2)

夏コミ「熱中症対策講座」公開 「コミケ雲再来が懸念される」今年の暑さに備え
コミックマーケット準備会は、8月10〜12日に開催する夏コミ(C94)参加者に向け、熱中症の対策をまとめてWebで公開した。「4〜5日前から体を暑さに慣れさせる」など具体的な対策をまとめている。(2018/8/2)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。