ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「同人誌」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「同人誌」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

カップリング受け攻め問題は地雷と化しやすい 「ヲタクに恋は難しい」7話
【ネタバレあり】今回はヲタクネタ濃いめです。(2018/5/25)

「2年後に描いていますか?」 同人作家にファンが投げかけた質問の意味は……? 交流描く漫画に心がほっこり
2年後に後日談が読みたい!(2018/5/23)

英国メイドから日本の“メイドさん”へ 独自研究から「メイド服の変遷」をまとめたイラストが興味深い
めちゃくちゃ面白い……!(2018/5/20)

「編集の赤字は無視」「OKが出た後に内容を変える」 型破りすぎるマンガ『このかけがえのない地獄』の作り方
作者のアッチあいとは何者なのか。その一端が分かる!?(2018/5/20)

こうしす! こちら京姫鉄道 広報部システム課 @IT支線(8):
ブロックチェーンを導入したら、文書改ざんも上司のキマグレも防止できますか?
情報セキュリティの啓発を目指した、技術系コメディー自主制作アニメ「こうしす!」の@ITバージョン。第8列車のテーマは「ブロックチェーン」です。(2018/5/16)

司書メイドの同人誌レビューノート:
入りきらなければ移動式書架を導入すればいいじゃない 本好きの夢が詰まった同人誌『せっかくだから俺はこの動く本棚を選ぶぜ』
スライドするぞ、気を付けろ!(2018/5/13)

別宅 きょうの横山家:
フォロワー数=パワー! ネットユーザーが人気を武器に戦う異世界転生漫画がアツい
どこかで見たような人の姿も……。(2018/5/12)

漫画家・赤松健さんに聞いた、「海賊版サイトをつぶす唯一の方法」
「海賊版サイトをつぶす方法は、ブロッキングでも広告収入を断つことでもない」と話すのは、「ラブひな」「魔法先生ネギま!」などのヒット作で知られる漫画家の赤松健さん。これまで漫画業界発展のためにさまざまな活動をしてきた赤松さんに、海賊版サイト問題について聞いた。(2018/5/11)

海賊版より魅力的なサイトを 一歩先行く「アダルトコミック業界」に学ぶ
使いやすく便利な公式プラットフォームを――漫画の海賊版サイト問題を受け、解決策の1つとしてしばしばこんな提案がされる。実はアダルトコミック業界では、出版社を横断した定額制読み放題サービスが提供されている。(2018/5/9)

ヲタク同士で楽だから付き合ってるのかな 「ヲタクに恋は難しい」4話
【ネタバレあり】ヲタクだからって趣味が合うわけじゃないよ。(2018/5/4)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「君の名は。」から「東方Project」まで 合唱で歌えるアニメ・ゲームソングをまとめた同人誌が実にマニアック
そんなアニメ・ゲームソングを歌うサブカル合唱団もいるんです。(2018/4/29)

彼氏はコミケの女性向けブースで売り子できるか問題 「ヲタクに恋は難しい」3話
【ネタバレあり】リミッター外れるからね、コミケは。(2018/4/27)

「ニコニコ書籍」と「BOOK☆WALKER」 「東方Project」シリーズ初の二次創作公認流通プラットフォームへ
ZUNさん「電子書籍で同人誌を売るのも一般的になってきたのでそろそろいいんじゃないかなと」(2018/4/24)

漫画だけではない、Kindle“海賊出版”の実態 Amazonの審査体制に「漫画村プロと変わらない」と批判も
Kindleで広がる海賊版コンテンツについて、「きんどう」管理人のきんどうさんに聞きました。(2018/4/27)

こっちもまじスゲェェ! 超精密「JR路線図ふう高速道路マップ」まだあった 関西・中京版も!
「ちょっと待って、こちらが先!!」 いや、どちらもすげぇっす。(2018/4/21)

本屋に行くときは恋人だろうと別行動にするべき問題 「ヲタクに恋は難しい」2話
【ネタバレあり】本屋での別行動はヲタクのマナーです。(2018/4/20)

「漫画村出稿メール」を独自入手 「偽名営業」「取引先は海賊版サイト」元代理店従業員が語る異常な実態
漫画村の実質的窓口にも取材。(2018/4/17)

司書メイドの同人誌レビューノート:
“鳥と鎧”の意外な組み合わせ 武具をまとった鳥たちのイラスト集があっぱれなクオリティー
すごく似合う。(2018/4/15)

社会生活をしていく上でヲタクであることを隠すかどうか問題 アニメ「ヲタクに恋は難しい」
【ネタバレあり】ヲタクってそんなにモテないものですか!?(2018/4/13)

「戦隊」へ配属された新入社員がピンク係を拒否 既成概念にあらがう漫画がアツい
内勤希望だったのに、「若くてかわいいんだからピンクをやれ」と命ずるブラック上司とも戦うことに。(2018/4/13)

可愛げのない嫁とそんな彼女に惚れた男 戦時中のある夫婦の姿を描いた漫画「螢」に「心に響いた」
辛く切なくも温かい物語です。(2018/4/9)

小説家の剛しいらさん、4月1日に病死 BL作品などで活躍
今後についてはまたあらためて案内するとのこと。(2018/4/5)

同人誌の印刷製本費を助成!? 名古屋市の制度、どんな同人誌が対象なのか市役所に聞いてみた
昭和44年にできた制度でした。(2018/4/4)

小さくてモフモフの大型ルーキー! 同人誌印刷会社の“癒やし課”に配属された新人の猫ちゃんが見守りたいかわいさ
周囲を優しい気持ちにさせる理想の新人。(2018/4/3)

木梨憲武を1000円でレンタル 映画「いぬやしき」とコラボした「おっさんレンタル」に犬屋敷壱郎が登場
なお、レンタルできるのは機械化前の壱郎です。(2018/3/27)

『この世界の片隅に』にハマった75歳の母、初めて同人誌を制作 Twitterで大反響 「自分とすずさんを重ねた」
制作した母親と、子のボマーンさんに取材しました。(2018/3/23)

PR:練習ゼロでもマンガ家(風)になれる、意識の超低いデジタルマンガ本の作り方
マンガを描いたことがないのにマンガ風の連載を始めたライターが、独自のマンガの描き方と同人誌を自分で作るまでの方法論を明かします。(2018/3/19)

司書メイドの同人誌レビューノート:
海の上を走るモノレール、架空の街の列車旅 “子ども時代の落書き”が原作の同人誌にわくわくが止まらない
好きを形にする面白さ。(2018/3/18)

「ミシンのあるカフェ」人気 なぜ? 「オタク女子」ターゲットの店、大阪・日本橋に続々
関西有数のオタク街で知られる大阪・日本橋で、コスプレ衣装を製作するためのミシンを設置したサロンや居間風のカフェなど女性をターゲットにした店舗が増えている。(2018/3/16)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン文化祭、こどもの日に開催へ
5月5日、「マストドンのいろんな表現する人が集まったお祭りを想定しているイベント」(2018/3/9)

日本初のキャッシュレス同人即売会「pixiv MARKET」開催決定 現金での支払いは不可
普及してほしい。(2018/3/7)

ピクシブ、“キャッシュレスな”同人誌即売会を開催 決済アプリ「pixiv PAY」活用
ピクシブは、支払い方法を決済アプリ「pixiv PAY」によるキャッシュレス決済に限定した同人誌即売イベント「pixiv MARKET」を6月に開催する。(2018/3/6)

勇者とラスボスと裏ボスがJKに転生したら 前世が見える主人公のカオスな日常描く漫画が楽しい
魔王と魔王に迫られる元勇者(JK)が大変。(2018/3/5)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「こんな美しい光景があったら」をイチから具現化 オリジナルのコスプレ同人誌『創作写真集』が恐ろしいまでに麗しい
すてきすぎる世界。(2018/3/4)

「銀魂」「キルラキル」……アニメで見る文字だ! 同人誌制作向け36書体が年額3600円で使えるフォントサービス登場
「エヴァ」公式フォントが使える、期間・数量限定セットも。(2018/3/1)

「週刊少年ジャンプ」の書体も 計36書体のフォントサービス「mojimo」提供開始
フォントワークスはフォントサービス「mojimo」の提供を開始した。(2018/3/1)

mojimo-manga:
フォントワークス、「同人誌制作を応援する」年間定額制サービス 年額3600円 
フォントワークスが年間定額制フォントサービス「mojimo-manga」をスタート。「同人誌制作を応援する」という。(2018/3/1)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
人生の異世界トラックに跳ね飛ばされた東大ラノベ作家、コミケで結界をつくる
誰かに認めて欲しかった。存在を認めて欲しかった。(2018/2/25)

3月下旬に「台湾の秋葉原」で:
とらのあな、台北に初の海外直営店をオープン 日本の同人誌を台湾へ
とらのあなが初の海外直営店をオープン。「台湾の秋葉原」に出店し、日本や現地クリエイターの同人誌を販売する。(2018/2/23)

薄い本はアツい工場で作られる 同人誌製本現場の熱気を伝える動画が見ていて飽きない
できたての同人誌はホッカホカ。(2018/2/23)

司書メイドの同人誌レビューノート:
「10年後には朽ちるものを100年後に延ばす」 博物館の裏方描いた漫画が驚きの連続
『ただいま収蔵品整理中!Vol.1』『ただいま収蔵品整理中!金属保存編』をご紹介。(2018/2/18)

オールディズニーが舞浜にやってきた3日間:
ディズニーファンのための祭典「D23 Expo Japan 2018」をマニアックに眺めてきた
パークから映画まで、ディズニーの祭典に行ってきました。(2018/2/16)

なぜ「ちゆ12歳」はバーチャルYouTuberとして復活したのか 「元祖バーチャルネットアイドル」が2018年に思うこと
なぜ突然バーチャルYouTuberになろうと思ったのか、今後はどのような活動を予定しているのかなどを聞きました。(2018/2/16)

「なろう」作家を狙い撃ち!? 「一太郎2018」発売直前レビュー
一太郎2017が「同人を狙い撃ちに来ている」とウワサされたことは記憶に新しいが、2018年2月9日に発売予定の一太郎2018は、その特徴にさらに磨きをかけている。今回狙い撃ちされているのは誰なのだろうか。(2018/2/8)

かーずSPのインターネット回顧録:
「モバマス」が僕らに与えてくれたもの 〜かーずSPのソシャゲ狂想曲〜
「モバマス」に18万円突っ込んで得たものとは。……え、15万円じゃなかったっけ?(2018/2/9)

叶姉妹、またしても“神対応”! サイトから写真集を購入した人全員に直筆サインを約束
また新たなファビュラス伝説が。(2018/2/6)

司書メイドの同人誌レビューノート:
悪い鬼を追い払う“鬼ハンター”「方相氏」って知ってる? 現代にはドリルツインテの萌えキャラも登場
同人誌『方相氏&追儺式ガイドブック 二〇一七年度版』をご紹介。(2018/2/4)

家の電気が勝手についたり消えたり…… 怪奇現象の犯人は二足で立ち上がるニャンともかわいいモフモフだった
器用な犯人でした。(2018/2/3)

13年前に話題になったお色気漫画「みかにハラスメント」が新作公開へ クラウドファンディングで支援を募集中
当時、少年誌限界の内容として話題になりました。(2018/1/24)

約束の時間を守る人と守らない人 対照的なケースをすっきりと比べた漫画が話題に
時間を守れない人、必読です。(2018/1/22)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。