ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「図書館」最新記事一覧

トランプ大統領誕生前に、Internet Archiveがカナダにバックアップ構築へ
誰もが自由に利用できるインターネット図書館を目指す米非営利団体Internet Archiveが、ドナルド・トランプ政権立ち上げ前に、データを守るためにカナダにバックアップを構築しようとしている。現在、そのための寄付を求めている。(2016/11/30)

浴衣姿で「正調・H物語」 女性司書らが「官能小説朗読ライブ」……「君の名は。」の舞台の図書館に大反響
飛騨市の市図書館で8月末、浴衣姿の女性司書3人による「官能小説朗読ライブ」が開かれた。ライブは話題になり、通常の倍の70人を超える人が参加した。(2016/10/24)

「君の名は。」聖地を巡るタクシー登場 岐阜のバス会社が企画
アニメのゆかりの地を巡る「聖地巡礼タクシー」を岐阜県高山市の濃飛バスが企画。映画「君の名は。」で主人公が訪れる飛騨市図書館、気多若宮神社などを観光できる。(2016/10/12)

条件付きで写真撮影OK 「君の名は。」で舞台モデルとして登場する飛騨市図書館が“聖地巡礼者”に柔軟な対応
聖地巡礼者に優しい。(2016/9/7)

「飛騨市始まりすぎてる」とネット騒然 飛騨市図書館の「官能小説朗読ライブ」担当者に開催の意図を聞いた
意外にも反対する声はほとんどなかったそう。(2016/8/30)

レコード人気再燃 2万枚所蔵の図書館やプレーヤー展 「針を置く儀式の神秘性」
レコードへの関心が高まっている。今でも貸し出しを行う図書館があり、誰もがお金をかけずに楽しめる。(2016/8/26)

iPhone版使ったらKindle Unlimitedが「てのひら図書館」になった
Kindle Unlimitedレビュー第2弾。iPhoneで使ってみたら、これまでのKindleアプリとはまったく違っていた。(2016/8/4)

ほぼ全て切断されていた ゴッホ「耳切り事件」について128年越しの新事実
図書館員「ゴッホの人生史を変えるレベルの発見」(2016/7/24)

宿泊中ずっと読書にひたれる「泊まれる図書館」 佐賀の温泉地で実現へ
クラウドファンディングの成功で実現の運びに。(2016/6/21)

図書館で「魔法が使えるようになりたい」と相談した6歳の男の子 対応した事例がほっこりすると話題に
お母さんと修行をして「2秒くらい飛べた」そうです。(2016/5/25)

年長組のころ読んだ「こどものとも」絵本がすぐ探せる 福音館書店が絵本720冊をまとめた「こどものとも図書館」をオープン
月刊絵本「こどものとも」の創刊60周年を記念したサイト。(2016/5/18)

視覚障がい者の読書を支援 大日本印刷などが電子図書館システムを開発
大日本印刷(DNP)、日本ユニシスなどの4社は視覚障がい者の読書を支援する電子図書館システムを開発した。(2016/5/17)

貸出履歴にびっくり! 図書館で本を借りたまま引っ越した少女、67年後に返却する
このあと滅茶苦茶あやまった。(2016/4/29)

セキュリティクラスタ まとめのまとめ 2016年2月版:
サイバーセキュリティ月間をあざ笑うAnonymous
2016年2月は「サイバーセキュリティ月間」中ということもあってか、各所でセキュリティ関連イベントが開催されました。しかしその一方でアノニマス(Anonymous)のDDoS攻撃はやむ気配を見せず、さらに愛知県岡崎市「Librahack事件」を思い出させる図書館攻撃も……。(2016/3/9)

鞍手町の「同人誌図書館」記事に「無断で陳列やめて」「二次創作どうするの」の声 → 担当者「趣旨がうまく伝わらず掲載されてしまった」
実際はちゃんと、著作者の了解を得たもののみ陳列していくそうです。(2016/3/3)

15.6型でジャストサイズ:
PR:特定業務用途のPCにエプソンダイレクトの「Endeavor TD160E」を選ぶべき理由
公共施設で案内情報を表示するデジタルサイネージ、あるいはホテルや図書館などの検索端末――現代社会でごく当たり前にみられる風景の土台は、特定業務用途向けに開発されたPCが支えている。(2016/2/24)

「原爆」「特攻」など、6つの視点から戦争マンガを読み解く「マンガと戦争展」 米沢嘉博記念図書館で開催
こうの史代さん、おざわゆきさん、今日マチ子さん、西島大介さんの原画展示も。(2016/2/8)

地下鉄や山手線など18路線を再現した3D模型「東京動脈」をこの目で見られる 企画展示「東京の鉄道史 -鉄道が築いた都市、東京-」で
都立中央図書館にて展示中。(2016/2/8)

解読不能な謎の高額本「亞書」 発売元が国立国会図書館に136万円を返納したと発表
発売元のりすの書房は既に解散済み。(2016/2/5)

「亞書」制作者がコメントを発表 国立国会図書館の対応に不満
返還には応じるとのこと。(2016/2/3)

謎の高額本「亞書」 国立国会図書館が発売元に返却 代金136万円も返金要請
検討した結果、「国立国会図書館への納入義務の対象には当たらない」と判断。(2016/2/2)

1冊6万4800円の「亞書」、国会図書館が発売元に返却 136万円の返金も請求
国立国会図書館に1冊6万4800円(税込)のシリーズ本「亞書」が78冊納本され、発売元に約136万円が支払われていた問題で、国立国会図書館は本の返却と返金を発売元に求める。(2016/2/2)

「東海道五十三次」から刀剣の鍔まで ニューヨーク国立図書館が60万点を超えるデジタル資料をWebで公開
これは「映像の世紀」ならぬ「画像の世紀」か……。(2016/1/20)

「皇国の守護者」コミック版がマンガ図書館Zで突然の無料公開の後、削除 海賊版対策の抜け穴が問題に
現在は「権利者からの依頼により削除」され、見ることができません。(2016/1/13)

読みたい本、図書館のどこにある? 探せるアプリの運用が鯖江市図書館で開始
探している本の場所と自分の現在地が分かります。(2016/1/7)

鯖江市、図書館でビーコン活用 スマホで本の位置を探せるアプリ「さばとマップ」
カーリルと鯖江市図書館が、図書館内のビーコンデバイスを利用し、本の位置を探せるスマホアプリ「さばとマップ」の提供を始めた。(2016/1/7)

3Dプリンタの可能性を探る(10):
100ドル3D工作機械「OCPC Delta Kit」で何を作る?
慶應義塾大学 環境情報学部および総合政策学部の1〜2年生を対象に、レーザーカッターで加工されたMDF(繊維板)、電子部品などで構成される100ドル3D工作機械「OCPC Delta Kit」を用いた授業が行われた。仕掛け人は、同学 環境情報学部 准教授の田中浩也氏だ。記事後半では、未来の図書館や博物館に設置されるかもしれない3Dプリンタを紹介する。(2016/1/7)

海老名市の“TSUTAYA図書館”、他サイトの画像・文章を公式サイトに無断転載
「TSUTAYA図書館」こと海老名市立図書館のWebサイトに、文章と画像の無断転載があったことが分かった。(2015/12/28)

海老名市立図書館、画像・文面の無断使用で謝罪
イベント告知で画像と文章の無断使用が指摘されていた。(2015/12/27)

絶版漫画を広告付きで公開「マンガ図書館Z」、月10万円得る作者も 目指すは「全マンガ蒐集」
絶版漫画を広告付きで無料配信する「マンガ図書館Z」では、月10万円を得る作家も出てきているという。新作も含めた「全マンガ蒐集」のプラットフォームを目指す。(2015/12/25)

「図書・雑誌に軽減税率適用を」 図書館協会が声明 「食料品と同様に必需品」
「新聞・図書・雑誌は食料品などと同様に人々の不可欠必需品」――図書・雑誌に軽減税率を適用するよう求める声明を図書館協会が発表した。(2015/12/24)

明治時代から100年分、8000冊の技術雑誌を公開したい 「夢の図書館」プロジェクト
明治時代から100年分、約8000冊の技術雑誌を保存・公開する私設図書館「夢の図書館」が、クラウドファンディングで資金を募っている。(2015/12/4)

村上春樹の図書貸出記録を報道した問題 神戸新聞「公益性がある」 日本図書館協会「プライバシー侵害」
村上さんの高校時代の図書カードを報じた神戸新聞に、ネットから疑問の声が。(2015/12/1)

図書貸出カード、本人の同意なく公表は「プライバシー侵害」 村上春樹さん母校の記事について図書館協会が調査報告
村上春樹さんが在学していた高校の図書館の本の貸出カードに村上さん直筆の署名が残っていたという神戸新聞の記事について、日本図書館協会が経緯などを調査した結果を報告した。(2015/12/1)

国会図書館が蔵書を生かした「琳派」紹介サイト公開 引用資料もすぐネットで読める
紹介のテーマも「本でたどる琳派の周辺」と図書館ならでは。(2015/11/19)

「読書通帳」が便利で楽しい! 借りた本の総額が記録されるサービスも
導入する図書館が全国で増加中。借りたことで浮いた本代を見てニンマリできるぞ。(2015/11/16)

セキュリティクラスター まとめのまとめ 2015年10月版:
「4万人のボランティアが守る東京オリンピック」?――セキュリティクラスターの反応は
2015年10月は特に大きなセキュリティインシデントは発生しませんでした。しかし「図書館」に「東京オリンピック4万人ボランティア発言」と話題は尽きることなく……(2015/11/12)

スピン経済の歩き方:
「本を愛する人」からTSUTAYA図書館が嫌われる理由
TSUTAYA図書館に対する「排除ムード」が広がっている。かなり強いバイアスのかかった「ネガ情報」が横行しているが、筆者の窪田氏はこの流れに違和感を覚えるという。なぜなら……。(2015/11/10)

100年分の技術雑誌が読める! 技術系の雑誌だけを8000冊集めた「夢の図書館」をつくるプロジェクト
大正13年から現在まで91年間発行が続いている「子供の科学」などを収蔵。(2015/10/27)

小牧市の「ツタヤ図書館」計画、契約解消の方向へ 住民投票で反対多数
10月4日には住民投票の結果、反対が賛成を上回っていました。(2015/10/20)

小牧市“TSUTAYA”図書館、白紙撤回へ CCCが契約解消の方針表明
愛知県小牧市の新図書館計画で、カルチュア・コンビニエンス・クラブが契約解消を進める方針を表明。(2015/10/20)

図書館のデジタル化、“アナログなIT”が後押し 町田図書館の挑戦
貸し出し行列の解消、蔵書の管理の効率化――。人手不足の町田図書館が抱える課題を解決したのは、“ちょっとアナログ風な”IT技術だった。(2015/10/6)

スピン経済の歩き方:
“TSUTAYA図書館”にNO! 「新図書館整備計画」の反対運動が増えている理由
“TSUTAYA図書館”が住民に「ノー」を突きつけられた。愛知県小牧市がカルチュア・コンビニエンス・クラブに運営を委託する図書館をめぐって住民投票が行われ、「反対」が「賛成」を上回ったのである。ただ、結果は接戦。最終的に勝負を決したものはなんだったのか。(2015/10/6)

小牧市“TSUTAYA図書館”賛否問う住民投票、反対多数に
愛知県小牧市がCCCなどに運営を委託する新図書館計画の賛否を問う住民投票は、反対多数という結果になった。(2015/10/5)

小牧市の“ツタヤ図書館”建設計画、住民投票で反対多数という結果に
どうなる?(2015/10/5)

旧約聖書「出エジプト記」が旅行ガイド? 海老名市立図書館の配架がちぐはぐすぎて不安視する声
これがほんとの聖地巡礼。(2015/10/4)

映画公開記念、コミックシーモアで「図書館戦争Go!Go!Go!キャンペーン」スタート
劇場鑑賞券やオリジナルグッズ、電子版の原作小説・コミックをプレゼントする。(2015/9/26)

図書館と丸善が融合した文化・交流施設、埼玉県桶川市に10月1日オープン
名称は「OKEGAWA honプラス+(オケガワ ホンプラス)」。(2015/9/25)

桶川市立駅西口図書館と大型書店の融合した文化・交流施設「OKEGAWA honプラス+」10月1日オープン
共有スペースでは本に関するイベントや大学などと連携したワークショップなども行う。(2015/9/24)

有川浩書き下ろし『図書館戦争』オリジナルミニエピソードが読めるキャンペーン
書店店頭に掲出されているポスターからQRコードを読み込み、クイズに正解すると「書店」にまつわるエピソードを読むことができる。(2015/9/19)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。