ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小学館」最新記事一覧

女性誌と連動したコンテンツを展開:
サイバーエージェントが小学館、集英社、幻冬舎との共同広告商品を提供
サイバーエージェントは、同社の女性向け情報メディア「by.S」で、小学館、集英社、幻冬舎との共同広告商品を開発、提供を開始すると発表した。(2016/9/14)

“コミケ席巻”の島本和彦さん「シン・ゴジラ」同人誌、小学館が8ページを無料公開
小学館のWebサイト「サンデーうぇぶり」で、島本和彦さんの同人誌「アンノ対ホノオ」の一部が無料公開された。庵野秀明さんとの交流を描いた漫画も閲覧できる。(2016/8/25)

人気雑誌とソーシャルメディアのエンゲージメント力のシナジー:
小学館とグリー子会社Glossom、インフルエンサーマーケティングで協業
小学館とGlossomは、ソーシャルプロモーションとマーケティング領域で共同事業を展開していくことを目指して、包括的業務提携することで合意した。(2016/8/10)

高須院長、出版したばかりの自著を絶版に 小学館からの「不適切な表現」書き直し要求を拒否
高須院長はその後小学館と「手打ちしました」と報告。(2016/6/3)

懐かしい厚紙の昔話絵本が電子書籍化 小学館が「育児絵本・保育絵本」をデジタル復刻
戦後から90年代まで販売されていた絵本「桃太郎」や「一寸法師」など一挙36冊ラインアップ。当時の価格そのままで購入できる。(2016/5/17)

青年誌に男子グラビア? 小学館「ヒバナ」にイケメン“2.5次元”俳優・佐藤流司さん登場
青年誌でまさかの企画が実現。発売日は3月7日。(2016/3/2)

14歳のときわ藍さん、小学館新人コミック大賞を受賞 アイドルの奮闘描く
3月発売の「ちゃお」に掲載される予定です。(2015/12/25)

「下町ロケット2」連載スタート! ドラマ化と単行本出版が同時進行するプロジェクトが始動
朝日新聞、TBS、小学館のコラボプロジェクト。(2015/10/8)

海外ファンに「本物」を届ける――アニメイトと出版4社が新会社 タイにアニメ・マンガ専門店を出店
アニメイト、KADOKAWA、講談社、集英社、小学館の5社が「ジャパン マンガ アライアンス」を共同設立。タイに現地法人と専門店を設立し、正規品の流通を促進する。(2015/9/2)

pixivでアラフィフ男子&マスコットキャラを募集 小学館「キャラ漫★新人賞」
受賞者は『週刊ビッグコミックスピリッツ』『月刊!スピリッツ』『ヒバナ』、またはWebでのデビューが確約される。(2015/7/8)

裏サンデー夏の新連載 『ケンガンアシュラZERO』など9作品
『秋月さんは大人になれない』(優風)、『灼熱カバディ』(武蔵野創)の2作品は、小学館のマンガアプリ「MangaONE」ですでに連載を開始している。(2015/7/6)

出版業界ニュースフラッシュ 2015年5月第4週
小学館の決算は減収ながら「雑誌」分野は12誌で前年売り上げを上回り、18年ぶりに増収したことなどが話題に。(2015/5/25)

小学館、10年前に雑誌「てれびくん」に連載されていたコミック「ウルトラマンネクサス」を無料公開スタート
5月18日の単行本発売を記念して。(2015/5/12)

連載開始したと思ったら単行本が発売されていた マンガボックスのユニークな試み
発売されるのは、『ヒバナ』(小学館)でスポ根コメディ『ドルメンX』を連載中している高木ユーナさんによる『銀河は彼女ほどに』。(2015/4/27)

江野スミ『たびしカワラん!!』週刊連載&単行本発売が決定
小学館のWebコミックサイト「裏サンデー」とマンガアプリ「ManagaONE」で連載中の江野スミさんのマンガ『たびしカワラん!!』単行本第1巻が、8月12日に発売されることが発表された。(2015/4/17)

小学館、雑誌や漫画の試し読みもできるニュースアプリ「newnews」Android版をリリース
公式サイトもオープンした。(2015/4/8)

電子書籍の次の柱に――大手出版社など16社、「日本オーディオブック協議会」設立
出版業界としてオーディオブック市場を推進すべく、小学館・講談社・新潮社・KADOKAWA・オトバンクなど16社が協議会を設立。(2015/4/6)

史上初 講談社・集英社・小学館・白泉社の合同少女まんがフェア
さまざまな年代や職種の人を対象に行ったアンケートの結果を10週にわたって公開するほか、全国約3000書店でフェアを開催する。(2015/4/2)

働く女性は“しごとなでしこ”、小学館女性6誌のプロジェクトが始動
『CanCam』『AneCan』『Oggi』『Domani』『美的』『Precious』の6誌が、20代〜50代の女性をターゲットにさまざまな企画を展開する。(2015/4/1)

ネットから紙への挑戦、小学館『NEWSポストセブンマガジン』4月1日創刊
ニュースサイト「NEWSポストセブン」から反響の大きかったネタを再編集し、紙媒体として販売する。(2015/3/31)

第9回小学館ライトノベル大賞ルルル文庫部門が発表、大賞は該当作なし
深波刹那さんの『朧月夜のしらべ』が優秀賞と読者賞をW受賞した。(2015/3/30)

武器はカイサツソード:
実在の新幹線「E5系」がロボットに完全変形する新キャラクター、さっそくプラレールになる
ジェイアール東日本企画と小学館集英社プロダクション、タカラトミーの3社は共同で新しいキャラクターコンテンツ「新幹線変形ロボ シンカリオン」を展開する。実在の新幹線が変形してロボットになる。(2015/3/16)

小学館の新レーベル「P+D BOOKS」、入手困難な昭和の名作をペーパーバックと電子版で発売
第1弾は『サド復活』(澁澤龍彦)、『剣ヶ崎・白い罌粟』(立原正秋)など16作品。(2015/3/16)

JEPAセミナーリポート:
小学館の電子雑誌戦略は順調? Adobe DPS活用の本音を明かす
アドビが提供する電子出版ソリューション「Adobe Digital Publishing Suite」を採用している小学館。その活用度合いやこれからの取り組みなどについて担当者が語った。(2015/2/18)

最優秀賞はMangaONEで即連載、小学館×ピクシブの「キャラコン8」受賞者が決定
最多☆賞にMAAM.さんの『さんぽ』が選ばれたほか、優秀賞3名も選出。最優秀賞に該当する作品はなかった。(2015/2/17)

めちゃコミック、講談社・小学館のライトノベルを配信開始
ライトノベルの閲覧には、セルシスの電子書籍ビューワ「BS Reader for Browser」を採用している。(2015/2/17)

コミカライズ版『アンジェリーク ルトゥール』外伝、コミック小学館ブックスで無料公開
Episode1.には炎の守護聖・オスカーが登場。(2015/2/6)

小学館のコミックアプリ「MangaONE」iOS版リリース 今なら100話分無料だぞ
Webコミックサイト「裏サンデー」連載作品や、小学館の名作を配信。(2015/1/28)

第60回小学館漫画賞が発表、一般部門は『アオイホノオ』『あさひなぐ』のW受賞
2014年1月1日以降に、雑誌や新聞、または単行本として発表された作品が対象。(2015/1/22)

デジタルだからこそできることを――曽田正人の最新作『テンプリズム』完全デジタル連載へ
『ビッグコミックスピリッツ』から電子書籍販売サイト「コミック小学館ブックス」へ移籍。毎週月曜に最新話を公開していく予定だ。(2015/1/21)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年12月第1週
講談社や小学館の決算、DNPグループのトゥ・ディファクトが始める本の買取りサービスなど、注目の発表が相次ぎました。(2014/12/8)

裏サンデーからついに漫画アプリが、全作品全バックナンバーが読める
裏サン作品のほか、『MAJOR』『神のみぞ知るセカイ』『闇金ウシジマくん』などの小学館の名作も掲載予定。(2014/11/28)

エイベックス、講談社、集英社、小学館と映像配信サービス向けのアニメ作品供給を行う新会社設立へ
エイベックス・ピクチャーズ、講談社、集英社、小学館の共同出資で。(2014/11/25)

エイベックスと講談社、集英社、小学館がアニメ配信で新会社
エイベックス・ピクチャーズと講談社、集英社、小学館が共同出資する新会社が来年1月に発足。映像配信サービス向けのアニメ作品を供給する。(2014/11/25)

楽天Kobo、仙台市のスープカフェにタブレットを提供
小学館が発行する最新ファッション誌や情報誌、東北楽天ゴールデンイーグルスの選手写真集などを無料で閲覧できる。(2014/11/21)

創刊から40年、FM情報誌『FMレコパル』が1号限定で復活
小学館が“音の仲間”のためのFM情報誌『FMレコパル』を、1号限定の『FMレコパル2014』として復刊。(2014/11/13)

「LINEマンガ」世界へ グローバル版年内開始 講談社、小学館、メディアドゥがLINE子会社に出資
「LINEマンガ」の世界展開を行うLINEの子会社に講談社、小学館、メディアドゥが出資。年内に「LINE マンガ」グローバル版を提供する。(2014/10/8)

LINEマンガの海外展開、講談社・小学館など4社で新会社設立
LINE、メディアドゥ、講談社、小学館の4社で「LINE Book Distribution」を設立。年内に英語・中国語(繁体字)版のコミックを配信していく考え。(2014/10/8)

マンガのセリフを自由に書き換えて送れるアプリ「コミコミ」公開 講談社・小学館が協力
「行け! 稲中卓球部」「まことちゃん」「寄生獣」「シドニアの騎士」「鬼灯の冷徹」などをラインアップ。(2014/10/7)

『Sho-Comi』21号でレピピ×ハチこいがコラボ――付録にハロウィン仕様バッグ
小学館の漫画誌『Sho-Comi』と、少女に人気のブランド「repipi armario(レピピアルマリオ)」がコラボ企画を展開。(2014/10/7)

音の仲間たち集合:
懐かしの「FMレコパル」が1号限りの復刊
この秋、FM情報誌「FMレコパル」(小学館)が、創刊40周年を記念して1号限りの復活を果たす。10月3日には都内のイベントスペースで「『FMレコパル』復刊 感謝祭」が催された。(2014/10/4)

E★エブリスタ、小学館・主婦と生活社・大洋図書とともに小説大賞を開催
恋愛・ホラー・BLの3テーマで募集し、受賞作は書籍化も検討される。(2014/10/2)

出版業界ニュースフラッシュ 2014年9月第3週
出版業界で先週起こった出来事をまとめてお届けする週刊連載。9月第3週は、小学館の女性誌の広告売り上げが好調に推移していることなどが話題になりました。(2014/9/22)

“オモシロそう”が原動力――裏サンデーが始める3つの取り組み
Webコミックのみならず、グッズ販売からリアルイベントまで幅広く展開する小学館のWebコミックサイト「裏サンデー」。サイト立ち上げから2年以上が経過した今、裏サンデーは何をしていくのか、裏サンデー編集部の編集長・石橋和章氏と編集・小林翔氏にお話を伺った。(2014/9/8)

世界に1つ、きみだけの国語辞典――小学館がプレゼントキャンペーンをスタート
応募フォームに好きなものなどを書いて応募すると、抽選で100名に指定の名前項目が入った特別版『ドラえもん はじめての国語辞典』(シリアルナンバー入り)がプレゼントされる。(2014/8/11)

第21回小学館ノンフィクション大賞が発表、大賞作品は出ず
優秀賞には、宮下洋一さんの『産めない先進国―世界の不妊治療現場を行く』と、角岡伸彦さんの『ゆめいらんかね―やしきたかじん伝』が選ばれた。(2014/7/29)

Reader Store、小学館コミック作品の再ダウンロード制限を撤廃
(2014/7/24)

小学館のマンガ誌「IKKI」休刊へ 「抜本的な見直しを図る」とコメント
2000年に週刊ビッグコミックスピリッツの増刊としてスタートしたIKKIが休刊へ。(2014/7/23)

漫画誌「IKKI」休刊 「抜本的な見直し」
小学館が漫画誌「月刊IKKI」の休刊を発表。(2014/7/23)

高橋留美子や吉田戦車らが参加:
描き下ろしのゴジラ漫画収録、ビッグコミックオリジナル『ゴジラ増刊号』デジタル版配信開始
ゴジラ生誕60周年と『ビッグコミックオリジナル』創刊40周年を記念した、小学館のビッグコミックオリジナル増刊『ゴジラ増刊号』がデジタル版で配信開始された。(2014/7/22)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。