ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「顔ちぇき」最新記事一覧

モバイルファクトリーのソーシャルアプリ祭、7タイトルが出そろう
モバイルファクトリーがモバゲータウン向けのソーシャルアプリ「魔銃士物語」の配信を開始。ソーシャルアプリ祭の7タイトルが出そろった。(2010/9/28)

「顔ちぇき!」がiPhone/Androidで利用可能に
顔写真を送信すると有名人とのそっくり度を鑑定してくれる「顔ちぇき!」がスマートフォンに対応した。(2010/9/10)

ジェイマジック、「顔ちぇき!」事業をモバイルメディアに譲渡
ジェイマジックが、顔認識技術を利用したエンタテインメントサービス「顔ちぇき!」に関する事業をモバイルメディアに譲渡する。(2009/11/19)

リリースダイジェスト(5月1日)
「サンテFX」のキャンペーン「キターッ!顔ちぇき!」のサービス開始や、手書きデコメパーツ作成サイト「decoLate」のオープンなど。(2009/5/2)

リリースダイジェスト(4月17日)
J-PaymentがモバイルECサイトに対応した決済サービスを提供、携帯利用のクレジットカード決済サービス「EasyDo」に新機能、トリムタブジャパン、モバイル戦略セミナー開催、など。(2009/4/17)

リリースダイジェスト(4月3日)
au向け「顔ちぇき!占い」、結婚演出サービスの定額給付金対応プラン、「うた&メロ取り放題☆」で花見特集、4月開始のテレビアニメ着うたなど。(2009/4/3)

リリースダイジェスト(4月2日)
クレオがモバイルマーケティングセミナー開催、ケータイラボラトリーが携帯電話のBluetoothプロファイル情報を発売、ファーウェイがスターハブ(シンガポール)のHSPA+ネットワークを構築。(2009/4/2)

リリースダイジェスト(3月16日)
「顔ちぇき!」の新コンテンツ「ハーフ顔ちぇき!」、ウェザーニューズの第3回桜開花予測、スペースシャトル「ディスカバリー」のゲーム、au向け「もぎたて★JAPANアイドル」など。(2009/3/16)

ジェイマジック、鋭い眼光を判定する「Spark 顔ちぇき!」開始
(2009/1/16)

その日の顔つきから自分の系統を診断――「顔ちぇき!占い」を開始
(2008/12/16)

最新映画から似ている俳優を教えてくれる「顔ちぇき!シネマズ」開始
(2008/12/13)

「顔ちぇき!」の累計利用者数が1億人を突破
(2008/12/3)

mobidec 2008:
iモード活性化のカギは“連携サービス”――ドコモの原田氏
2008年、携帯電話を取り巻く市場環境は大きく変化し、新たなビジネスモデルを模索する動きが顕著な1年となった。こうした中iモードサービスは、どんな施策で市場の活性化を目指したのか。コンテンツ担当部長を務める原田氏が、キャリアとコンテンツプロバイダの取り組みについて説明した。(2008/12/1)

顔写真からクリスマスファッションを提案――「勝負コーデちぇき!」
(2008/11/18)

BEAT CRUSADERSのメンバーと記念写真!?――「ビークルお面ちぇき!第2弾」
ジェイマジックは、「顔ちぇき!〜誰に似てる?〜」の特別企画「ビークルお面ちぇき!第2弾」を開始した。(2008/11/7)

写真を加工して「デカ目」「キレイ」に――「モテちぇき!」開始
ジェイマジックは、顔写真をメール送信して目の大きさや色味を変えられるサービス「モテちぇき!」を開始する。(2008/11/5)

顔写真から似合うブランドを診断――「ブランドちぇき!」
撮影した写真から似合うブランドを判定してくれるサービス「ブランドちぇき!」が開始した。(2008/10/21)

ジェイマジック、TSUTAYA onlineのキャンペーンに「映画ちぇき!」を提供
(2008/10/3)

「顔ちぇき!」で似合うサングラスをレコメンド、そのまま購入も可能──「グラサン・デコ」サービス開始
(2008/9/5)

ジェイマジックの画像連動広告「Adphoto」、月間3億インプレッションを達成
(2008/8/27)

わたし、何県顔?──写メで診断「全国 ご当地顔診断」開始
(2008/8/19)

全員“パンダ顔”──「カンフー・パンダちぇき!&デコ」開始
(2008/7/18)

自分の顔に似てるアーティストの着うた紹介 「うたちぇき!」
顔写真を送ると、似ている顔のアーティストの着うたを紹介する携帯サイト「うたちぇき!」がオープンした。(2008/7/18)

ジェイマジックの「ゾンビちぇき!」、カンヌ国際広告祭で入賞
(2008/7/11)

あなたの顔をちょこっと“改造”──顔ちぇき!姉妹サービス「かおデコ」β開始
(2008/7/4)

写メを動く“インド風Flash待受”に──「印度ちぇき!」開始
(2008/6/30)

ジェイマジック、「ワイヤレスジャパン2008」に出展――「Magic Loupe」「スグモ」をデモ
(2008/6/24)

ジェイマジック、第三者割当増資を実施――2億5605万円調達
(2008/6/23)

自分の顔が“木霊”に変身──「ヘアスタ」+映画『ゲゲゲの鬼太郎』コラボ企画
(2008/6/17)

自分の“見た目”“モテ度”を診断──「目ヂカラ モテ度診断」開始
(2008/6/17)

“写メ”で似顔絵作成、“よりかわいく”バージョンアップ──「かわいい似顔絵☆メール」
(2008/6/11)

あなたはモテ顔?──“モテ顔診断”サービス「モテ値!」開始
(2008/5/19)

顔写真からチャーミングポイントを教えてくれる「チャーミー先生」
(2008/5/7)

CanCamモデルの誰に似てる?──「CanCamモデルちぇき!」開始
(2008/4/22)

あなたの声と似た声のアーティストは? を判別──「ニタコエ」開始
(2008/4/16)

あなたの“妖精タイプ”を診断──「妖精ちぇき!」開始
(2008/4/15)

ケータイカメラの画像認識でプロモーション――電通テックとジェイマジックの「スグモ」
(2008/4/10)

顔ちぇき!で、映画「銀幕版 スシ王子!」公開記念キャンペーン
(2008/3/27)

ケータイで“少女マンガ風”の似顔絵作成──「少女マンガメーカー」開始
(2008/3/24)

あなたの顔も“萌え顔”に──「萌え顔メーカー」開始
(2008/3/7)

第13回AMDアワード年間コンテンツ賞授賞作品発表──顔ちぇき!、初音ミク、ねこ鍋などが選出
(2008/3/3)

漫画の主人公気分になれる……かも:
写メがコミック風のイラストに――テトテの「似顔絵自動生成エンジン」
ケータイカメラで撮った顔写真がコミック風のイラストに――。テトテとKAYACが、似顔絵自動生成エンジンを開発した。顔写真をメールで送信するとコミックテイストのイラストに変換され、ブログやSNSに貼り付けたり、友達とやりとりして楽しめる。(2008/2/27)

ひとりで作るネットサービス:
【番外編】「高校生がもっと出てきてほしい」――「ねみんぐ!」を作った現役高校生3人組からのエール
「ねみんぐ!」というネットサービスを作ったのはなんと現役の高校生。熊本在住の草野さん、東京在住の安野さん、三重在住の倉世古さんが勉強の合間に作り上げた。“現役高校生”しながら「ねみんぐ!」を作り出した経緯についてアツく語ってくれた。(2008/2/21)

“顔ちぇき!”で相性占い──「LOVEちぇき!」
(2008/2/8)

“写メ”で検索、キャラが解説――ジェイマジックの「写メとーく!」
顔ちぇき!で知られるジェイマジックが、同社の画像検索プラットフォームを利用した新サービス「写メとーく!」のα版を公開。ケータイ写真を使った情報検索とキャラクターとのコミュニケーションを組み合わせて、画像検索の普及を目指す。(2008/2/5)

“写メ”から“自分似のアバター”――Anyの「アバちぇき」
携帯/PC向けSNSを展開するAnyが、“自分似の3Dアバター”を提供する「アバちぇき」を開始。顔写真を携帯メールで送ると自分に似た顔のアイテムが返信され、AnyのSNSに登録すれば、自分似の“動く3Dアバター”を使ってコミュニケーションを楽しめる。(2008/2/4)

日本のインターネット企業 変革の旗手たち:
ケータイカメラとネットワークの連携に勝機、世界進出も視野に
「あなたは有名人とどれくらい似てる?」2007年のヒット商品として話題に挙がるのが『顔ちぇき!〜誰に似てる?〜』だ。『顔ちぇき!』を提供するジェイマジックの宮田拓哉社長に話を聞いた。(2008/1/23)

英グラスゴー大学、精度ほぼ100%の顔認証技術を開発
複数の写真を組み合わせて平均的なイメージを作ることで、認証の精度がほぼ100%になるとしている。(2008/1/26)

ケータイlivedoorの年間検索キーワードランキング、トップは「脳内メーカー」
(2007/12/28)

2008年のモバイル業界はどうなる──「Mobidec2007」のセッション内容から占う
(2007/12/28)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。