ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「診断」最新記事一覧

エビ中、小林歌穂が軽度のバセドウ病と診断 柏木ひなたも体調不良で急きょ台湾ライブキャンセルに
台湾ライブ前日に突然のアナウンスです。(2016/8/27)

あなたの移住すべき地域、AIが高精度で診断 富士通研と九州大らが実証実験
移住希望者の好みを学習し、最適な移住候補地を提示するAIの実証実験を富士通研究所や九州大などが始める。(2016/8/24)

「ポケモンGO」アップデートでポケモン評価機能追加 診断コメントはあいまいながら「どれを送るか」の判断には有用
チームリーダーがふんわりコメントで評価してくれます。(2016/8/24)

知っておきたい医療のこと:
がんの多くは治せる
医療においては、治療や診断することのみではなく、予防する意識が極めて大切な要因だ。(2016/8/24)

医療機器ニュース:
熱帯感染症診断に適した遺伝子検査システムの共同研究を開始
長崎大学は、熱帯感染症や新興・再興感染症を対象にした新たな遺伝子検査システムの開発について、東芝メディカルシステムズと共同研究契約を締結した。2016年8月から2年間、共同研究に取り組む。(2016/8/23)

タレント・志村けんさんが肺炎で入院 舞台「志村魂」大阪公演は急きょ中止に
17日から体調不良を訴え、肺炎と診断されていたとのこと。(2016/8/20)

日本シグマックス miruco:
タブレットを用いた小型超音波画像診断装置
日本シグマックスは、超音波画像診断装置「ポケットエコー miruco(ミルコ)」の販売を開始した。(2016/8/4)

スマートフォン対応サイトの使いやすさを100点満点でスコアリング:
トライベックが「スマートフォンユーザビリティ診断」を刷新、ブランド訴求の一貫性などを評価可能に
トライベック・ストラテジーおよびトライベック・ブランド戦略研究所は、「スマートフォンユーザビリティ診断」をリニューアルしたと発表した。(2016/8/2)

医療機器ニュース:
持ち運び可能なタブレット型超音波画像診断装置を発売
日本シグマックスは、持ち運び可能な小型超音波画像診断装置「ポケットエコー miruco」を発売した。往診や訪問介護での使用を想定して開発されたもので、機能や画質を必要十分なレベルにしたため、従来にないリーズナブルな価格となっている。(2016/7/20)

医療機器ニュース:
心臓植え込み型デバイス3種、1.5/3テスラMRI全身撮像への対応が可能に
日本メドトロニックは、ペースメーカー、除細動器、両室ペーシング機能付き除細動器の心臓植え込み型デバイス全てが、1.5および3テスラMRI全身撮像に対応したと発表。これらのデバイスを使用する患者に対し、診断機会の損失を改善する。(2016/7/19)

Webサイトギャラリー:
あなたの笑顔は何点? ジョンソン「スマイル診断」で計測してみよう
ジョンソン「スマイル診断カメラ」が8月末まで公開中。子供の外遊びを応援しています。(2016/7/9)

医療機器ニュース:
体内の立体構造をより正確に描出する画像処理技術
富士フイルムは、体内の立体構造をより正確に描出できる、人工知能を用いた新たな画像処理技術を開発したと発表した。乳がん診断において見分けにくかったノイズと微小な石灰化が見分けやすくなるなど、診断に適した高精細なX線画像を提供する。(2016/7/5)

意外と知らないデータ復旧作業を妨げるエンジニアの行動:
PR:データ復旧のプロが教える、故障したHDDの症状を悪化させる“やってはいけない対応”とは?
96.2%の高い復旧率で11万件以上の復旧に対応してきたデータ復旧サービス「デジタルデータリカバリー」では、法人向けに出張診断サービスも行っている。デジタルデータソリューションの太田高寛氏(同社エンジニアチーム総責任者)によれば、同社に問い合わせを行うまでに行った対応によっては、復旧の可能性を低下させたり、復旧までの時間が長くなったりすることがあるという。では、どんな対応がNGなのだろうか。(2016/7/6)

太陽光:
太陽光パネルと蓄電池の導入効果がすぐ分かる、「エネがえる」に新機能
国際航業が提供している電気料金プランの診断サービス「エネがえる」に新機能が追加された。一般家庭に太陽光パネルや蓄電池を設置した場合の効果を、設置する建物の消費電力量の実測値データをベースに金額で算定できるという。(2016/6/20)

より手軽な心臓疾患の診断を:
MRセンサーで心臓活動の測定に初めて成功、TDK
TDKは、高感度磁気抵抗(MR)素子による心臓の磁場分布の測定に成功したと発表した。超伝導量子干渉素子(SQUID)センサーを用いた測定よりも、より手軽な心臓疾患の診断が可能になるという。(2016/6/9)

CSS Yield Vision:
太陽光発電所の発電性能を自動診断するサービス
CSSは、太陽光発電所の発電性能を自動診断するサービス「Yield Vision」の提供を開始した。(2016/5/26)

設計開発ツール:
車載パワーデバイスのシミュレーションエラーを20%から0.5%に低減
メンター・グラフィックス・ジャパンは、電気自動車やハイブリッド車に搭載するパワーデバイスの信頼性を評価する新製品「MicReD Power Tester(マイクレッドパワーテスター) 600A」を発表した。非破壊的な診断法によってパワーデバイスの熱特性や劣化を評価するとともに、1回のシステム試験で最大128個のIGBTについてパワーサイクル試験を実施できるようにした。(2016/5/24)

いしゃまち:
ガングリオンは手術すべき? 具体的な治療法
ガングリオンは良性の腫瘤です。その診断にはどのような検査があり、どのような治療法があるのでしょう。本稿では、ガングリオンの治療法についてまとめてみました。(2016/5/23)

脅威に負けない我が社のセキュリティ強化大作戦:
「うちのセキュリティの弱点は?」がタダで分かる2つの方法
セキュリティ対策の強化では“弱点”を知らなければなりませんが、「調査にあまりお金はかけたくない……」というケースは少なくありません。そこでお勧めしたいのが、無償の診断ツールです。(2016/5/16)

太陽光:
費用はゼロ円、太陽光発電所の発電性能を自動診断するサービス
太陽光発電所の性能を自動診断する「無料」のサービスが登場した。発電事業全般を展開するCSSが開発した「Yield Vision(イールド ビジョン)」だ。(2016/5/13)

ウウゥーーーン:
Twitterトレンドが「ブゥゥオオオーーーーン」「ブボボボボォォオオン」など擬音語に侵略される
原因は診断メーカーの模様。(2016/5/9)

医療機器ニュース:
携帯性の良さと高画質を両立させた、タブレット型超音波画像診断装置
富士フイルムは、軽量・コンパクトで携帯性に優れ、診断しやすい7インチ画面を装備したタブレット型超音波画像診断装置「SonoSite iViz」を発表した。高精細な画像が得られる他、カメラや測定機能など幅広く活用できる機能が搭載されている。(2016/4/27)

アズビル グラフィカル調節計:
製造装置の予防保全に貢献するデジタル調節計
アズビルは、製造装置の診断パラメータであるヘルスインデックスの算出機能を搭載した「グラフィカル調節計 形 C7G」を発売した。(2016/4/22)

「M-Tracer For Golf」のスイング診断アプリがバージョンアップで機能強化
エプソンのゴルフスイング解析システム「M-Tracer For Golf」の専用アプリが4月下旬にバージョンアップします。無料で提供される個のバージョンアップで、より詳細なデータが確認可能になるほか、アプリの使い勝手も大きく向上します。(2016/4/21)

2016国際医用画像総合展:
シーメンスの医療情報クラウド「teamplay」、他社製診断機器のデータも活用可能
シーメンスヘルスケアは、「2016国際医用画像総合展」において、CTやMRIといった医療用画像診断機器を中心に医療情報のビッグデータを扱うクラウドサービス「teamplay」を紹介した。特徴は「ベンダーニュートラル、リアルタイム、ビッグデータ」で、他社の医療用画像診断機器からも情報を取得し、クラウドにビッグデータとして集約できる。(2016/4/20)

エンジンの熱設計や部品劣化診断などに活用:
高感度・薄型の熱流センサー、デンソーが発売
デンソーは、半導体式熱流センサー「RAFESPA(ラフェスパ)」を2016年5月より発売する。感度が高く薄型のため、熱設計や部品劣化診断などが容易となる。(2016/4/20)

テクトロニクス MTS4000型/MTS4SAV3:
4K放送へのシームレスな移行を可能にするH.265/HEVCテスト・診断ツール
テクトロニクスは、4K放送のコンテンツ配信に関わるH.265/HEVC(High Efficiency Video Coding)テストソリューションを発表した。(2016/4/19)

無償の診断サービスで解説
セキュリティ第一人者が伝授──Webサイトの「脆弱性診断レポート」はこう読み解くべし
Webサイトの脆弱(ぜいじゃく)性を見つけ出す「脆弱性診断サービス」。Webセキュリティの第一人者、HASHコンサルティングの徳丸 浩氏が具体的なサービスを例に、その使い方やレポートの見方を解説する。(2016/4/13)

医療機器ニュース:
アルツハイマー病の早期診断、GEヘルスケアがソリューションで提供する
GEヘルスケア・ジャパンは、東京都内で会見を開き、2016年の事業戦略を説明した。「“2025年モデル”の実現に向けて逆算すると、2016年は具体的に動くべきスタートの1年」(GEヘルスケア・ジャパン 社長の川上潤氏)と位置付け、医療機器メーカーから脱却した「ソリューションカンパニー」(同氏)を目指す。(2016/4/14)

SIIセミコン S-19680シリーズ:
車載用電流モニター機能付きハイサイドスイッチ
エスアイアイ・セミコンダクタは、車載用電流モニター機能付きハイサイドスイッチ「S-19680」シリーズを発表した。GPSアンテナの接続状態を簡単に診断できるという。(2016/4/13)

FAニュース:
PID制御と診断情報算出機能を備えた新世代のグラフィカル調節計
アズビルは、PID制御と診断情報算出機能を備えた「グラフィカル調節計 形 C7G」を発売した。生産設備や製造装置の故障予知を可能にし、生産現場の保全管理と健全な製造プロセスの維持に貢献するという。(2016/4/13)

テクトロニクス MTS4000型他:
HEVCテスト/診断ツール、4Kへの移行を容易に
テクトロニクスは、4K放送のコンテンツ配信に向けたH.265/HEVC(High Efficiency Video Coding)テストソリューションを発表した。4K放送へのシームレスな移行が可能になるという。(2016/4/7)

自閉症の青年の心を、iPadが声にする――Appleが自閉症受容月間に合わせ映像を公開
自閉症は、早期に診断して対処をしていくと、知能指数や社会性が向上する可能性がある、という研究の結果があるそうです。ResearchKitを通じて、デューク大学とケープタウン大学が取り組む臨床研究で、自閉症患者の生活が変わった様子が映像で確認できます。(2016/4/5)

近未来の健康ガジェット:
5分で血液検査、しかも無痛 家庭用簡易血液診断キット「Cor」
痛みのない採血キットを用いて、定期的に自宅で血液検査ができる製品がNeuonが開発する「Cor」です。病院に行かずに、血液の状態を細かく分析し、さらにそのデータを元に生活習慣を改善するアドバイスもくれる。そんなサービスが米国で始まります。(2016/4/2)

Webサイトのセキュリティ診断サービス選びを再考する
“人も技術もないWebセキュリティ診断サービス”を容易に選んではいけない理由
Webサイトの脆弱性を突く不正アクセスを受け、情報流出を招く例は後を絶たない。既にWebセキュリティ対策の必要性が指摘され、診断ツールやサービスも普及しているにもかかわらずだ。問題はどこにあるのか。(2016/3/30)

車で道を走るだけで、スマホが舗装状態を診断 岐阜県で活用へ
車にスマートフォンを積んで走ると、道路の凹凸情報から舗装状態の簡易診断ができる――。岐阜県内で、スマートフォンとクラウドサービスを活用した舗装状態の見える化プロジェクトがスタートした。(2016/3/30)

医療機器ニュース:
脳磁計事業を継承し、ヘルスケア分野に参入
リコーは、ヘルスケア分野に事業参入することを発表した。その一環として、画像診断装置事業の事業展開・研究開発を加速するため、横河電機の脳磁計事業を継承する。(2016/3/29)

声優・朴ロ美さん、体調不良で出演予定の舞台降板 頚椎症性脊髄症などの診断
4月から公演予定だった舞台「箱の中身2016」を無念の降板。(2016/3/24)

最新OS「DSM 6.0」でいち早く試す:
Synologyが放つ最新鋭NAS「DiskStation DS216+」実力診断
2015年に国内NAS市場へ本格参入して以来、着実にその存在感を増している新興メーカーのSynology。その最新モデル「DiskStation DS216+」と最新OS「DSM 6.0」をいち早くチェックした。(2016/3/16)

割引ではなく、生活を豊かにする“健康”を提案 KDDIがau長期利用者向け感謝イベントを開催
KDDIが、auの長期利用者を対象とした「感謝イベント」を開催。そこでは、トレーナーと一緒に皇居ランを楽しんだり、デジタル機器を活用した健康診断を受けたりできた。長期利用者とのコミュニケーションを増やしていくという狙いがあるという。(2016/3/15)

子どものネットリテラシーをテストできるKDDIの「ネットスキル診断」
KDDIは、子どものインターネットリテラシーを判定し、年代や利用機種に応じた対策方法を紹介するWebコンテンツ「ネットスキル診断」を公開した。(2016/3/10)

健診結果を“読み取る”ためのポイント 意味と数値を解説
職場で健康診断を受けた後、しっかりその結果を見ていますか? 中でも、分かりにくい項目を読み解くポイントをお教えします。(2016/3/10)

三菱電機 iQ Care Remote4U:
IoT技術を活用したレーザー加工機向け見える化・リモート診断サービス
三菱電機は板金加工向けレーザー加工機の稼働状況のリアルタイム確認/遠隔診断を可能とする「iQ Care Remote4U」のサービス提供を2016年4月から開始。NECのIoTプラットフォームやソフトウェアVPNサービスを活用して実現した。(2016/3/7)

FAニュース:
NECと三菱電機がFA分野のIoTで連携、2016年4月から新サービスを提供
NECと三菱電機は2016年3月7日、FA分野におけるIoT活用について連携すると発表した。NECは各種データの収集・加工・蓄積などを行うIoTプラットフォームや、ソフトウェアVPNサービスを三菱電機に提供。三菱電機はこれらを活用し、レーザー加工機の稼働状況のリアルタイムでの確認や遠隔診断を可能とするリモートサービス「iQ Care Remote4U」を同年4月より提供する。(2016/3/7)

医療機器ニュース:
「診察室以外でも身体の状態を診る」iPhoneアプリで臨床研究開始
順天堂大学は2016年2月16日、「診察室以外でも身体の状態を診る」をコンセプトに専用アプリを開発。そのアプリを用いた3つの臨床研究を開始した。患者の日常を記録し、臨床研究に反映させることで、より質の高い診断・治療に貢献する。(2016/3/3)

ホワイトペーパー:
Computer Weekly日本語版 2月3日号:今どきのSEO再入門
特集は、今どきのSEO事情解説と、使えるWeb診断・分析サービスの紹介。さらに、話題のランサムウェア防御法を伝授する。他に、Hadoop導入事例、AirbusがHPとの長期IT契約を解除して他ベンダーを探した理由などの記事をお届けする。(2016/2/29)

危険!健康診断を受けない人に見られる特徴とは?
健康診断、定期的に行っていますか? 健康診断や人間ドックを受けている人と受けていない人を比べてみるとある違いが分かってきました。(2016/2/25)

近未来の健康ガジェット:
iPhoneで皮膚がんの早期発見をサポート スマホカメラ用スコープ「MoleScope」
iPhoneと連携して病気の早期発見や診断のサポートに役立つデバイスが増えています。「MoleScope」もそんなデバイスの1つ。こうした機器が普及すると、健康管理の考え方も変わっていきそうです。(2016/2/21)

蓄電・発電機器:
蓄電池の“へたり具合”、使いながら分かる診断技術が登場
三菱電機は、蓄電池の使用中に性能劣化度を推定できる「蓄電池性能オンライン診断技術」を開発した。これにより蓄電池の性能の劣化度や残量を推定でき蓄電システムの稼働率向上と用途拡大を実現可能だという。(2016/2/18)

電気自動車:
蓄電池の容量を正確かつリアルタイムに診断する技術、残量も誤差1%以下で把握
三菱電機は、電流や電圧の変動から蓄電池の残量や性能劣化をリアルタイムに診断する技術を開発した。従来の手法よりも容易かつ正確に蓄電池の性能を知ることが可能になり、自動車や鉄道の蓄電システムや発電プラントの蓄電池のメンテナンス性が向上する。正確な電池残量の把握による蓄電システムの制御の効率化も期待できる。(2016/2/18)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。