ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「空の境界」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「空の境界」に関する情報が集まったページです。

関連キーワード

あの人のかばんの中身は?:
持ち物は「人に覚えてもらうため」かつ「推しにアゲてもらうため」。マスコミ系激務女子あんぱんさんのかばんの中身
マスコミ系激務により顔と魂が死にかけつつも、推しとともに毎日を駆け抜けるあんぱんさんのかばんの中身は……?(2018/7/11)

「NOKIZAL」決算ピックアップ(番外編):
「Fate/Grand Order」のガチャは、なぜ“よく回る”のか? マスターの1人として考えてみた
「Fate/Grand Order」(FGO)というスマートフォンゲームが、開発元のディライトワークス、発売元のアニプレックスに莫大な利益をもたらしています。FGOでは、希少なキャラクターを入手するために有料ガチャを利用する必要がありますが、それは他のスマホゲームでも同じはず。なぜ、FGOのガチャは多くのプレイヤーを魅了しているのでしょうか。(2018/7/14)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:
西尾・舞城・奈須を超えろ――重版童貞が名物編集者に言われた最高のアドバイス「ガンダムを1日で見ろ」
そんな無茶な……。(2017/10/2)

「空の境界」誕生20周年で全3巻の記念版が発売決定! 「終末録音」も商業単行本初収録へ
5000部限定の初版限定版は、現在の造本技術の粋をもって「空の境界」の高みを表現した特殊装丁仕様。(2017/9/6)

ソシャゲに偏見を持つ私が1日4時間プレイするほど熱中した「Fate/Grand Order」について
(2017/3/10)

テレビアニメ「活撃 刀剣乱舞」に登場する新たな刀剣男士を初披露 JR新宿駅に大型ポスターが掲出
主ー、「花丸」も続編製作決定だって!(2017/2/6)

「BLACK LAGOON」広江礼威&「Fate/Zero」あおきえい監督によるテレビアニメ「Re:CREATORS」が発表 2017年内に放送
制作は「アルドノア・ゼロ」「櫻子さんの足下には死体が埋まっている」のTROYCA。(2016/12/19)

大ヒット小説「戯言シリーズ」が、あえて「OVA」でアニメ化されるワケ
西尾維新の大ヒット小説「戯言シリーズ」が、待望のアニメ化を果たす。テレビアニメではなく、あえてOVAでアニメ化されるのはなぜなのか? 「西尾維新アニメプロジェクト」を生み出し、現在はアニプレックス社長に就任している岩上敦宏さんに聞いた。(2016/10/29)

「Fate/Zeyo」「テイルズオブカネサン」 アニメ「刀剣乱舞」PVは神作画なのに不思議な感想が飛び交う
「自害せよ」はufotableのせいじゃないから!(2016/9/19)

アイオニオン・ヘタイロイ! 「Fate/Grand Order」カルデア放送局Vol.2はFate/Zeroイベント特集
ついに、あの“征服王”イスカンダルが実装へ! 公式ニコ生で詳細発表。(2016/4/19)

過去のファイナリストが集結! 「アニソンのど自慢G〜天下一アニソン武闘会〜」が3月27日に放送決定
ゲストは、LiSAさんとKalafina。(2016/2/8)

新世代カメラを楽しむ:
スマホ合体プレミアムコンデジ「LUMIX CM1」を行楽のお供に
ゴールデンウィークである。行楽シーズンなので、行楽にぴったりなデジカメを紹介したい。スマホとデジカメのどちらにもこだわりたい人はぜひ手に取ってほしいプレミアムコンデジ「LUMIX CM1」だ。(2015/5/2)

TYPE-MOONの新作はスマホ向けRPG「Fate/Grand Order」 トレーラーがよくわかんないけどかっこいい(小並感)
別に、トレーラーで考察しまくっても構わんのだろう?(2014/8/13)

出版社が運営するWebコミックサイトまとめ
出版社が運営する無料で読めるWebコミックサイトをまとめてみました。お気に入りのサイトや作品がきっと見つかるはず。(2015/1/8)

「yomel.jp」が講談社の人気作品約3000点配信開始
スマートフォン/タブレット向け電子書籍読み放題サービス「yomel.jp」に、講談社の人気の作品、約3000点が追加された。(2014/2/10)

劇場版「空の境界」、ニコ生で一挙放送
劇場版7章を13話に編成したものを配信する。(2013/11/23)

ニコニコで夏もアニメざんまい 7月から「Free!」「私モテ」「<物語>シリーズ2nd」など28作品を配信
「ニコニコ生放送」と「ニコニコチャンネル」で配信されるラインアップが発表!(2013/6/27)

アニメビジネスの今:
『鉄腕アトム』の最大の功績は何か――50周年のテレビアニメを振り返る
2013年はテレビアニメ『鉄腕アトム』が放映開始してから、ちょうど50周年にあたる年。日本のテレビアニメの基礎を築いた『鉄腕アトム』の意味を改めて考えてみたい。(2013/1/8)

アニメビジネスの今:
宮崎駿氏は71歳だけど……アニメ監督の高齢化は進んでいるか?
日本を代表するアニメ監督である高畑勲氏や宮崎駿氏が70歳を超えても制作を続けていることや、若手の労働環境が厳しいものがあるため高齢化が進んでいると言われるアニメ業界。実際はどうなのか調べてみた。(2012/6/26)

DVDだけではないビジネスを模索したい――フジ・ノイタミナプロデューサーが語るアニメの今
フジテレビの木曜深夜で、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』など、数々のヒットアニメを送り出してきた“ノイタミナ”。設立時からプロデューサーとして参加している山本幸治氏は業界セミナーで、現状のDVD販売のみを軸としたアニメビジネスから脱却したいと語った。(2011/7/20)

「Fate」が「BRS」が「攻殻」が「空の境界」が! 「2011徳島阿波おどりポスター」が豪華すぎる
今年も阿波踊りの季節がやってきた。阿波踊りをPRするアニメポスターが今年も製作され、人気アニメ作品がこれでもかと描かれている。(2011/7/19)

講談社が大型電子書籍キャンペーン「夏☆電書」
講談社が夏の電子書籍キャンペーンを展開。「ちはやふる」「聖☆おにいさん」など電子書籍・コミック200作を13の主要電子書店で提供する。(2011/7/1)

『東のエデン』『ピンポン』のアスミック・エース社長が語る劇場配給ビジネス
『ピンポン』などの実写映画の配給で知られるアスミック・エース エンタテインメント。同社は『茄子 アンダルシアの夏』以降、アニメ映画も積極的に手掛けているが、配給面から見たアニメ映画のメリットとは何なのだろうか。配給ビジネスの裏側を豊島雅郎社長が語った。(2011/5/27)

徳島の自衛隊募集ポスターが今年も萌えていた
今年の徳島地方オリジナル自衛隊募集ポスターもかわいい。(2011/4/11)

Kalafina:
ワンマンライブ「Kalafina LIVE 2010 “輝く空の静寂には”」開催記念 第2弾――Wakana単独インタビュー
12月10日、11日、渋谷・C.C.Lemonホールにて2day’s公演を開催するKalafina3人へのインタビューを掲載する。第1弾はWakanaさん。(2010/11/18)

Kalafina:
ワンマンライブ「Kalafina LIVE 2010 “輝く空の静寂には”」開催記念 第1弾――Keiko単独インタビュー
12月10日、11日、渋谷・C.C.Lemonホールにて2day’s公演を開催するKalafina3人へのインタビューを掲載する。第1弾はKeikoさん。(2010/11/17)

「TOKYO INTERNATIONAL MUSIC MARKET」アニメソングライブ「Kalafina」ステージ先行リポート
10月28日に品川ステラホールにて開催された「TIMM アニメソングライブ」の「Kalafina」ステージに注目してみました。(2010/11/1)

DRMフリーで新作漫画や小説公開、HTML5で構築 講談社子会社の「最前線」
講談社の100%子会社・星海社は、新作の小説や漫画などを無料で公開するWebサイト「最前線」をプレオープンした。コンテンツは原則、すべてDRMフリー。サイトはHTML5で構築した。(2010/9/15)

原宿からフランス、そして世界へアニソンを発信!! 「Anime Songs Night in Harajuku〜 Jump to the world 〜」リポート
Kalafina、米倉千尋、ELISA、喜多修平、Daisy×Daisy、TOKYO BRASS STYLEらが出演したアニソンシンガーを集めたライブイベントの様子をお伝えする。(2010/9/15)

Kalafinaが新たなスタートを切った!! 「Kalafina LIVE 2010 “Red Moon” at JCBホール」
2ndアルバム「Red Moon」のタイトルを冠したKalafinaのツアー「Kalafina LIVE 2010 “Red Moon”」の最終公演がJCBホールで開催された。(2010/9/8)

「Kajiura Produce 3rd Anniversary LIVE TOUR」〜Kalafina LIVE 2010 “Red Moon”〜 ライブリポート
アニメ「黒執事」や「ソ・ラ・ノ・オ・ト」などに楽曲を提供するユニット、Kalafinaの全国ツアー「〜Kalafina LIVE 2010 “Red Moon”〜」が開幕した。5月29日に横浜BLITZで開催されたライブの模様をお送りする。(2010/7/2)

もはや映画宣伝に“王道”はない――『東のエデン』に学ぶ、単館上映ビジネス(後編)
近年、テレビアニメの放映数が減少傾向にある中、劇場アニメが注目されている。中でも数館から数十館規模の劇場公開から大きく注目されるような作品も表れており、その代表となっているのが『東のエデン』だ。劇場アニメの小規模公開ビジネスについてキーパーソンたちが語ったシンポジウムの後編をお伝えする。(2010/4/9)

デジタル化した世界で、人の嗜好はアナログ化する――『東のエデン』に学ぶ、単館上映ビジネス(前編)
近年、テレビアニメの放映数が減少傾向にある中、劇場アニメが注目されている。中でも数館から数十館規模の劇場公開から大きく注目されるような作品も表れており、その代表となっているのが『東のエデン』だ。劇場アニメの小規模公開ビジネスはどのように行われているのか、キーパーソンたちが語った。(2010/4/8)

鈴村健一初のツアーが大成功のうちに閉幕! 「KENICHI SUZUMURA 1st Live Tour 2010“Becoming”」
人気声優、鈴村健一さんのライブが開催された。(2010/2/24)

Kalafina――大躍進した2009年の集大成を魅せつけたLIVE 2009 “progressive”
人気ユニットKalafinaのライブ「Kalafina LIVE 2009 “progressive”」が横浜BLITZで開催された。(2010/2/12)

今年最後のmorphライブ開催! Kalafinaが空の境界主題歌を全曲披露したライブ「progressive」
「空の境界」など様々な作品の主題歌を歌うKalafinaのライブイベントがmorph-tokyoで開催された。4月から毎月開催されてきたmorphでのライブも今年はこれがラスト。当日の模様をリポートする。(2009/12/25)

Keikoが考える、メンバーに似合うハロウィンの衣装とは? Kalafinaライブ「fairytale」
アニメ「空の境界」の主題歌をきっかけに結成され、様々な領域へと活動の幅を広げているKalafinaが、10月15日に開催されたライブイベント「fairytale」に出演した。(2009/12/24)

桑島法子と岡村明美がufotableを絶賛していたOVA「テイルズ オブ シンフォニア テセアラ編」先行上映会
OVA「テイルズ オブ シンフォニア テセアラ編」第1巻の完成を祝し、先行上映会が開催された。プレセア・コンバティール役の桑島法子さんと、藤林しいな役の岡村明美さんが駆けつけた12月16日の模様をお送りする。(2009/12/21)

空の境界の楽曲だけでなく、新曲もお披露目――kalafinaライブ「Heaven & Earth」
アニメ「空の境界」の主題歌などを歌うkalafinaが9月15日に開催されたライブイベント「Heaven & Earth」に登場した。人気曲のオンパレードとなった一夜をリポートする。(2009/10/9)

坂本真綾、鈴村健一、保志総一朗、Kalafinaが登壇し、奈須きのこ氏のメッセージも――「空の境界 第7章 殺人考察(後)」初日舞台挨拶
劇場7部作として制作がスタートし、2007年に第1章が公開された「空の境界」がついに最終章を迎えた。公開初日には舞台挨拶が行われ、豪華メンバーが駆けつけた。(2009/9/1)

Amazon.co.jpの2008年販売ランキング 初音ミクフィギュア人気
Amazon.co.jpの2008年の各ストアランキングが発表された。おもちゃ&ホビーストアでは「初音ミク」関連の商品が人気だ。(2008/12/2)

今日は何の日? 萌え曜日!:
オタクの祭典「コミケ74」開催! 祭りの模様とともにコスプレイヤーたちの姿をご覧あれ!
オタクの“祭典”や“聖戦”とも称される同人誌即売会「コミックマーケット」(通称コミケ)が開催されました。今回はコミケの模様をリポートしつつ、萌えコスプレイヤーをご紹介しますよ!(2008/8/19)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。