ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小説・詩」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小説・詩」に関する情報が集まったページです。

リンダパブリッシャーズ:
「おっぱいバレー」原作本を手掛けた出版社、破産 ヒット作が続かず
映画「おっぱいバレー」の原作となった同名小説を手掛けた出版社、リンダパブリッシャーズが破産。ドラマ「恋する日曜日 私。恋した」の原作本も手掛けていた。近年はヒット作に恵まれていなかった。(2018/9/14)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第8話:全滅(前編)
「ひまわり海洋エネルギー」新生CSIRT結成から数カ月。ようやくインシデント対応に慣れ始めたチームに緊急事態の一報が入る。会社の幹部が所有する端末が繰り返していた“異常な通信”とは一体……?(2018/9/14)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第7話:協調領域(後編)
「従業員の心得」「コンプライアンス」「ハラスメント防止」――忙しい業務に加わる“講習三昧”に苦情の声をあげる社員たちに、一体どうすればセキュリティ教育を真剣に受けてもらえるの? 悩みぬくCSIRTの教育担当に、ベテランがくれたアドバイスとは。(2018/9/7)

小説『ダーティペア』、11年ぶりの新作を高千穂遙が自ら告知 「安彦良和さんがイラストを絶賛作画中」
タイトルは『ダーティペアの大跳躍』。(2018/9/6)

『レ・ミゼラブル』より「五時が鳴った。」 小説の一節を引用して時間を伝える“小説時計”が面白い
風情を感じる。(2018/9/1)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第7話:協調領域(前編)
企業にとってのセキュリティ脅威。それは攻撃者から届く怪しいメール、そして何より、それを無邪気に開いてしまう社員たちだ――数々のサイバー攻撃を受けたひまわり海洋エネルギーでは、CSIRTの教育担当が“難題”に挑む。セキュリティ担当者なら涙と頭痛なしには読めない、その内容とは?(2018/8/31)

「君の名は。」のオーディオブック配信開始 声優・朴ろ美さんが原作小説を読み上げ
KADOKAWAとAudibleが「君の名は。」のオーディオブック「小説 君の名は。」の配信を始めた。「新海誠作品オーディオブック プロジェクト」の第1弾で、君の名は。の原作小説を声優の朴ろ美さんが読み上げる。(2018/8/29)

ワタシハ人間デス:
「火の鳥」の「ロビタ」を、2018年のテクノロジーで解説しよう
スピルバーグが、横山光輝が、そして全世界の子どもたちがあのころ夢見たテクノロジーは、2018年現在どこまで実現できているのだろうか?――映画や漫画、小説、テレビドラマに登場したコンピュータやロボットを、現代のテクノロジーで徹底解説する「テクノロジー名作劇場」、第4回は手塚治虫先生の「火の鳥」だ。(2018/8/27)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第6話:海にて(後編)
あらゆる攻撃に対処するCSIRTのメンバーに必要なものは、特殊能力でもカリスマ性でもなく、「側線」――それは一体? 海岸にたどり着いたメイの目の前で、この小説のタイトルでもある「側線」の意味が明らかに。(2018/8/24)

講談社、小説投稿サイトもオープン 漫画、イラストに続き
講談社が小説投稿サイト「NOVEL DAYS」のβ版を8月末に公開する。未来創造の「トークメーカー」を引き継ぎ、「ILLUST DAYS」などの兄弟サイトに位置付ける。(2018/8/20)

大人向け“なろう小説”書籍化 講談社新レーベル「レジェンドノベルス」創刊
「小説家になろう」をはじめとする小説投稿サイトに投稿された作品の出版に特化した専門レーベル「レジェンドノベルス」を、講談社が10月5日に創刊する。「大人」を主なターゲットしているという。(2018/8/20)

人気連載まとめ読み! @IT eBook(43):
YOU、読んじゃいなよ――小説で学ぶシステム開発トラブル解決法「コンサルは見た!」、待望の電子書籍化
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第43弾は「コンサルは見た! Season1 与信管理システム構築に潜む黒い野望」。粗い要件定義書、荒ぶるユーザー担当者、銀行業務に明るくないシステム開発会社――箱根銀行のシステム開発プロジェクトのトラブルを若手コンサルタントが解決する痛快IT小説だ。(2018/8/17)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第6話:海にて(前編)
あなたは「今の日本に本当に必要なセキュリティ人材」って、どんな人だと思いますか? サイバー攻撃のことなら何でも知っている人? プログラミングが得意な人? それとも……。夏休みスペシャルの今回、ひまわり海洋エネルギーのCSIRTメンバーがビーチで語る、意外なようで実はとっても「リアル」なお話。(2018/8/17)

雨にも負けず、ビッグサイトの熱気にも負けず――宮沢賢治調コミケ漫画のように、私はなりたい
原文の魅力もあって、詩がとても心にしみる。(2018/8/10)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第5話:時限装置(後編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――メタンハイドレート関連の貴重な技術を保有する、ひまわり海洋エネルギーの新生CSIRT。新たなインシデントに直面した若手メンバーが、ベテランに追い付きたい一心で引き起こした「思わぬ事態」とは……?(2018/8/10)

吉田寮ツアー:
退去か継続か 京大・吉田寮の「百年戦争」、最終局面へ
 大正2(1913)年建築の京都大「吉田寮」(京都市左京区)は、小説家・梶井基次郎やノーベル賞を受賞した赤崎勇博士も暮らした、国立大で現役最古の学生寮だ。その吉田寮が揺れている。(2018/8/3)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第5話:時限装置(前編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――メタンハイドレートを商業化する貴重な技術を保有するひまわり海洋エネルギーの新生CSIRT。ベテランに追い付こうと必死な若手メンバーは、新たなインシデントの一報を受け取って、これまでと違う行動に出る。それは一体?(2018/8/3)

「平手さんも響も、ウソがつけない人」 漫画『響 〜小説家になる方法〜』作者が語る平手友梨奈と主人公の魅力
柳本先生の「涼太郎は理想の彼氏像」発言に平手さんもビックリ。(2018/8/1)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第4話:インテリジェンス
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――メタンハイドレードを商業化する貴重な技術を保有するひまわり海洋エネルギーの新生CSIRT。度重なるインシデント対応に奔走したばかりの若手メンバーは、知識不足や経験不足を痛感したことで“ある行動”に出た……。(2018/7/27)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第3話:妨害工作(後編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――イベントを告知したばかりの「ひまわり海洋エネルギー」を、突然の同時多発インシデントが襲った。社内の各部署やマスコミへの対応を求められ、新生CSIRTがとった行動とは……?(2018/7/20)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第3話:妨害工作(前編)
企業を守るサイバーセキュリティの精鋭部隊「CSIRT」のリアルな舞台裏を目撃せよ――メタンハイドレード関連の貴重な技術を持つ「ひまわり海洋エネルギー」のCSIRTは、次々と仕掛けられる攻撃を迎え撃つ。前回のインシデントでは、社内に無数の「セキュリティなきIT機器」が見つかった。担当チームが社内の各部門を奔走した矢先、今度は全社をかけたイベントに新たな脅威が……?(2018/7/13)

作者は「心からおわび」:
芥川賞候補作「美しい顔」、既刊本と一部記述が類似 震災への向き合い方と表現のあり方問う
東日本大震災を題材にした芥川賞候補作「美しい顔」の一部記述が既刊本の表現と類似している問題が波紋を広げている。既刊本への配慮を欠いていたとの批判とともに、被災者の記録を扱う小説表現のあり方を問う声が上がっている。(2018/7/12)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第2話:縄張り(後編)
一般社会で重要性が認識されつつある一方で、その具体的な役割があまり知られていない組織内インシデント対応チーム「CSIRT」。その活動実態を、小説の形で紹介します。読み進めていくうちに、セキュリティの知識も身につきます。(2018/7/6)

9×6の54文字の超短編小説「54字の物語」の投稿がTwitterで盛り上がる どれもすごい!
54文字で話を作るの、すごく難しそう。(2018/7/5)

ド直球タイトルな小説『夫のちんぽが入らない』が連ドラ化、石橋菜津美と中村蒼のW主演で
NetflixとFODで2019年に配信。地上波では難しいか……?(2018/7/1)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第2話:縄張り(前編)
一般社会で重要性が認識されつつある一方で、その具体的な役割があまり知られていない組織内インシデント対応チーム「CSIRT」。その活動実態を、小説の形で紹介します。読み進めていくうちに、セキュリティの知識も身につきます。(2018/6/29)

中島美嘉の楽曲「雪の華」が映画化! 中条あやみと登坂広臣、W主演で冬のラブソングがラブストーリーに
監督は映画「orange-オレンジ-」の橋本光二郎さん、脚本は連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)などの岡田惠和さん。(2018/6/28)

「AIへの信頼」不可欠に SF作家・長谷敏司さん、「BEATLESS」の世界語る
人間より賢いAI(人工知能)が誕生した時代では、人間はAIを理解できなくても信頼するしかない。SF小説「BEATLESS」の作者・長谷敏司さんが、AI・ロボット時代の人間の在り方について語った。(2018/6/28)

AIが小説執筆、電子出版ベンチャーが大学と連携 「商業出版目指す」
電子出版ベンチャーのBooks&Companyが、AIによる小説執筆プロジェクトでカンボジアのキリロム工科大学と提携。商業出版できるレベルの小説の完成を目指す。(2018/6/25)

マンガ出張掲載:
「彼の逮捕の事からお話しましょう」 “世紀の大怪盗”はここから始まった 「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」1話
神出鬼没な怪盗紳士「アルセーヌ・ルパン」。ミステリーファンを中心に世界中で愛されてきたルパン小説を忠実にコミカライズした「怪盗ルパン伝 アバンチュリエ」1話を出張掲載!(2018/6/24)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第1話:針(後編)
一般社会で重要性が認識されつつある一方で、その具体的な役割があまり知られていない組織内インシデント対応チーム「CSIRT」。その活動実態を、小説の形で紹介するCSIRT小説「側線」、第1話の後編です。メタンハイドレードを商業化する貴重な技術を持つひまわり海洋エネルギーにインシデントの予兆が……。(2018/6/22)

CSIRT小説「側線」:
CSIRT小説「側線」 第1話:針(前編)
一般社会で重要性が認識されつつある一方で、その具体的な役割があまり知られていない組織内インシデント対応チーム「CSIRT」。その活動実態を、小説の形で紹介します。読み進めていくうちに、セキュリティの知識も身につきます。(2018/6/15)

藤澤恵麻が第1子妊娠、出産は秋ごろ予定 連続テレビ小説「天花」のヒロイン役など
出演ドラマ「セシルのもくろみ」の放送期間中に結婚していました。(2018/6/14)

西尾維新の作品かどうか物議醸した「小説家になろう」の投稿作 ユーザー退会により削除される
投稿主は「メディアワークス文庫より書籍化」「劇場アニメ化予定」と告知していましたが、KADOKAWAは否定していました。(2018/6/4)

「小説家になろう」で「西尾維新」名乗る作品、物議醸す 書籍化・アニメ化告知するもKADOKAWAは否定
小説投稿サイトに投稿された西尾維新さん名義の作品が、本当に本人の作品なのかどうか注目を集めています。(2018/6/4)

銀河英雄伝説からビジネスリーダーは何を学ぶべきか?:
ヤン・ウェンリーが込めた思い 組織のためではなく、自分のために働け
SF小説「銀河英雄伝説」は組織の戦略や戦術などが深く学べるとあって、バイブルにしているビジネスパーソンも多い。本連載では、作品に登場するさまざまな名言を題材に、現代のビジネスシーンや企業組織にどう落とし込んでいくのかを考えていく。(2018/6/1)

小説「家族輪舞曲(ロンド)」がヒット:
作家・椎名桜子氏の個人事務所「オフィシャル・タブー」破産
椎名桜子氏が代表を務める編プロ「オフィシャル・タブー」が破産。椎名氏は小説「家族輪舞曲(ロンド)」のヒットで知られる。以降はヒット作に恵まれなかった影響で経営が悪化していたという。(2018/5/30)

司書メイドの同人誌レビューノート:
9回裏まで一球入魂! 児童向けから成人向けまで、野球小説オンリーのレビュー本が熱い
野球らしく9回裏まで全18冊をレビューしています。(2018/5/27)

効能「小説の世界に入り込めます」 本を薬袋に入れて売る学芸大生協の“本の処方箋”がステキ
用法用量お守りください。(2018/5/25)

2040年、ARでよみがえった亡き夫と食事? 総務省の若手官僚が描いた未来小説の中身
総務省では若手官僚らが未来予測に取り組み、行政文書としては異例の小説としてまとめた。そこで示されたのは、想像以上に激変した日本社会の姿だ。(2018/5/21)

広がる「リアル謎解きゲーム」……「アニメの聖地」活性化にも一役
「リアル謎解きゲーム」が人気を集めている。街中やビル内を歩き回り、主催者から与えられたヒントをもとに謎を解き明かす。参加者は小説の主人公よろしく、謎を解いて“ゴール”にたどり着く。(2018/5/14)

メールチェックするように小説を読む 「青空文庫」の文学作品を小分けにして毎日メールで配信する「ブンゴウメール」登場
現在登録を受け付けています。(2018/4/27)

19時「メロスは激怒した」 約3日間のメロスの旅がリアルタイムで進行する読書アプリ「実時間小説 走れメロス」
Twitterには、導入後メロスの激怒を待ち焦がれる人々が。(2018/4/26)

総務省がSF小説創作 AIが家族に溶け込む2030年代の未来描く
家庭向けの人型AIロボット、仮想的に自由に遠隔地へ行けるVRウェア、100歳でも登山できる補助外部骨格など、2030年代までに実現を目指す技術が実生活に溶け込んだ近未来を描く小説を、総務省が4月17日に公開した。(2018/4/17)

庵野秀明「本当にエヴァですね…」 鷺巣詩郎のバスルームに出現した“奇跡のエヴァ”がシンクロ率100%
ファン「風呂、再起動! 水温が400℃を越えています! とか言いそう」(2018/4/12)

小説家の剛しいらさん、4月1日に病死 BL作品などで活躍
今後についてはまたあらためて案内するとのこと。(2018/4/5)

「君の物語(ストーリー)で世界(ネット)を救え!」――サイバーセキュリティの小説コンテスト始まる
日本ネットワークセキュリティ協会(JNSA)とKADOKAWAは、「サイバーセキュリティ小説コンテスト」を3月31日から開催する。(2018/3/30)

葵から「青い」へ 葵わかな、永野芽郁に朝ドラヒロインをバトンタッチ
NHK朝の連続テレビ小説の新ドラマ「半分、青い。」は永野芽郁さん主演。(2018/3/15)

1000万部級のヒットも:
新たに開けた「小説×世界」のマーケット 講談社の挑戦
出版社が注目している海外市場。講談社文芸第三出版部で編集長を務める河北壮平さんは「ここ数年で大きな変化が起こっています」と語る。「日本の小説×世界市場」でいま何が起こっているのか?(2018/2/26)

pixiv、登録ユーザー3000万人突破 開始から10年半 海外ユーザー増加
小説を投稿できるSNS「pixiv」の登録ユーザー数が3000万人を突破。米国・中国など海外のユーザーも増えている。(2018/2/13)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。