ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小説・詩」最新記事一覧

人工知能が書いた小説「賢人降臨」、出版 福沢諭吉と新渡戸稲造の著作をディープラーニング
賢人から学んだAIは賢人となるか。(2016/8/24)

女子中高生の約8割がiPhoneユーザー――100人の街頭インタビューから
スターツ出版の運営するケータイ小説サイト「野いちご」は、首都圏の女子中高生100人へ街頭インタビューを実施。約8割がiPhoneを使用し、フィルタリング設定をしているユーザーは30人。利用率の高いアプリは「LINE」「twitter」「instagram」となった。(2016/8/10)

「著作権はユーザーのもの」と明記 小説・イラスト投稿サイト「Caravel」規約修正 「誤解を招いた」
ビジュアルワークスの小説・イラスト投稿サイト「Caravel」の利用規約に、「誤解を招く表現があった」とし、同社は3日、規約を修正した。(2016/8/4)

「ソードアート・オンライン」、ハリウッドで実写ドラマ化 原作者・川原礫さん「思いがけない展開に興奮」
小説「ソードアート・オンライン」が米ハリウッドで実写ドラマ化される。(2016/8/3)

「ソードアート・オンライン」、ハリウッドで実写ドラマ化
アニプレックスは、KADOKAWA「電撃文庫」発行の人気小説「ソードアート・オンライン」が米国ハリウッドで実写化されると発表した。原作に沿ったストーリーでテレビドラマを製作するという。(2016/8/3)

月額980円で読み放題 日本版「Kindle Unlimited」提供スタート 
Amazon.co.jpが、電子書籍の定額読み放題サービス「Kindle Unlimited」を日本国内で提供スタート。月額980円(税込)で小説や雑誌、コミックなどが読み放題になる。(2016/8/3)

ファンタジー小説のドラゴンにちなんで命名 背中にトゲある新種のアリが小さいのにむっちゃ強そう
トゲの中には筋肉がみっちり。(2016/7/28)

ビジネス著者が語る、リーダーの仕事術:
リーダーこそ「小説」を読もう!!
経営者やリーダーの職についている人は読書をする機会も多いだろうが、先日『アクションリーディング』を上梓した赤羽雄二さんは、リーダーこそ「小説を読んだほうがよい」と提案する。また、コミュニケーションに関する本についても勧めている。その理由はどこにあるのだろうか?(2016/7/28)

小説もブログも Web上の作品を登録して作家デビューを目指す「ツギクル」β版公開
無料でWeb上の作品を発表し閲覧できるポータル「ツギクル」のβ版がオープン。先行して小説とブログの登録受付を行い、16年秋の正式オープンからAIによる作品分析などの各種機能提供を予定する。(2016/7/26)

司書メイドの同人誌レビューノート:
欅坂46も挑戦した「ポエトリーリーディング」って? 世界大会まである奥深き詩の世界
ただ読むだけじゃないんです。(2016/7/24)

セミナー「小説投稿サイトの現在」:
“出版不況の中でも売れる本”を生み出す「ウェブ小説」の仕組みとは?
出版不況の中でも、毎年ベストセラーは生まれている。映画化もされた川村元気『世界から猫が消えたなら』は累計100万部、又吉直樹の次に売れている新人作家・住野よるの『君の膵臓をたべたい』は累計55万部を突破した。「出版不況でも売れる本」に隠された「ウェブ小説」の秘密とは?(2016/7/15)

懐かしの名作が蘇るかも! ハヤカワ文庫の海外SF小説をアンケートにより電子書籍化する「デジタル化総選挙」
特設サイトには全591作品の書影がズラリ。見応えある。(2016/7/11)

EU離脱の日に出版された「1ポンド硬貨と恋に落ちてタイムトラベルするゲイ経済SF小説」が何だかすごいと話題に
ハリポタ作者「何か手に負えないものの中に笑いを見出した」。(2016/7/11)

小説が無料で読める「LINEノベル」開始 投稿小説の受け付けも
連載小説が無料で読める「LINEノベル」が11日にスタート。第1弾として、月9ドラマのノベライズ版を放送日の夜から配信する。(2016/7/8)

青春小説の金字塔「バッテリー」、巧と豪があなたの名前を呼んでくれるかも! アニメ記念プロジェクトスタート
期間限定で絶賛募集中です!(2016/7/2)

コンテンツ東京2016:
「君はダメな子だね」「かわいいね……」 “感情を持つ”AI「レイシア」とおしゃべり(動画あり)
人工知能が感情を持ち、人を愛するようになったら――そんな未来を想定したデモが「コンテンツ東京2016」に登場。小説「BEATLESS」のキャラ、レイシアがモニターに現れ、会話に応じてリアクションしてくれる。(2016/7/1)

「都知事になってほしいキャラクター」1位は島耕作 女性スキャンダルに不安の声も
漫画や小説のキャラクターで都知事になってほしいのは? BookLive!調べ。(2016/6/27)

カクヨムWeb小説コンテストの大賞が発表 横浜駅が自己増殖する「横浜駅SF」の書籍化が決定
あらすじの段階で印象的すぎた“あのSF小説”です。(2016/6/24)

なんだこの組み合わせ 「インデペンデンス・デイ」×「ガンダムUC」のコラボポスターが爆誕してしまう
小説版の著者・福井晴敏さんいわく「二作品はソウルブラザー」。(2016/6/17)

小説家やミュージシャン、金正恩も登場 「著名人がカップ焼きそばの作り方を書いたら」がブーム なぜ書かせた
糸井重里さんに至っては本人が降臨。(2016/5/25)

小説家の岡野麻里安さん亡くなる ライトノベルで活躍、「鬼の風水」「少年花嫁」シリーズなど
講談社X文庫ホワイトハート編集部が公式サイトで発表。(2016/5/18)

古代ギリシャの夜空の詩、いつ書かれた? 天文学ソフトで米大学が研究
サッポーの「Midnight Poem」がどの時期に書かれたのかを米テキサス大学が研究しました。(2016/5/15)

美少女VRゲームや対戦相手になってくれるアンドロイド 未来のゲーム事情を描くSF小説がカクヨムに登場
「22世紀のレトロゲームレビューサイト」の体裁で、架空のゲームを評価する。(2016/4/25)

電気料金の新プラン検証シリーズ(31):
「ご当地電力」が四国にも、「坊っちゃんプラン」で電力会社より安く販売
電力の地産地消を推進する「ご当地電力」が全国に広がってきた。四国では地元を舞台にした有名な小説から名づけたメニューで電力を販売する。標準の「坊っちゃんプラン」は月間使用量が200kWh以上の家庭で四国電力よりも割安になる。「マドンナプラン」や「赤シャツプラン」もある。(2016/4/13)

人工知能は人類の味方?それとも脅威? いまや「人生ゲーム」マス目にも登場
囲碁のコンピューターソフトが最強クラスの棋士に勝ち、短い小説をコンピューターが書いてコンテンストに応募し一次選考を通過してと、人工知能(AI)の進化をめぐるニュースで賑わっている。(2016/4/11)

おそ松クラスタ歓喜! 「ダ・ヴィンチ」5月号で小説版「おそ松さん」掲載 入野自由さん、小野大輔さんへのインタビューも
キャストインタビューや描き下ろしイラストなど、ファン必見の内容!(2016/4/4)

対談集をほぼ一人で作る:
酒井若菜さんが“物書き”として伝えたいこと
女優の酒井若菜さんが文筆家としての一面も持っていることをご存じだろうか。これまでに小説やエッセイを出版し、先月には初の対談集「酒井若菜と8人の男たち」を上梓した。酒井さんが文章を書くことで伝えたい思いとは何だろうか――。(2016/3/30)

内村光良、読売新聞夕刊で長編小説「金メダル男」連載へ
内村さんの一人舞台「東京オリンピック生まれの男」の感動が再び。10月には映画化も。(2016/3/30)

星新一ワールドが現実間近 「人造小説家」の次は?
AIが書いた小説はコンテストの一次予選を通過した。一方で、過去の小説家が自作の朗読をしてくれるかもしれない。(2016/3/24)

「小説家になろう講座」の名称、差し止め求めた理由は 「小説家になろう」運営元に聞く
「小説家になろう」運営元のヒナプロジェクトが、山形で19年間続く「小説家になろう講座」に名称の使用差し止めを求めたことに批判が集まっている。差し止めを求めた理由を運営企業に聞いた。(2016/3/22)

不朽の名作小説「バッテリー」が20年の時を超えてアニメ化! ノイタミナほかにて7月より放送開始
キャラクター原案は志村貴子さん。メインキャストに内山昂輝さん、畠中祐さん。(2016/3/17)

自己増殖する横浜駅が日本列島を制圧…… カクヨム小説「横浜駅SF」があらすじだけで読者の腹筋を粉砕
中身は本格的で、出オチでないところがすごい。(2016/3/9)

漫画版「Press Enter■」エンジニア探偵ミスズのIT事件簿(5):
第1話 婚活サイトハッキング事件
結婚相談所のシステムが何者かにハッキングされた? 誰が、何のために、どうやって???――ITエンジニア小説「Press Enter■」コミック化第二弾は、女性エンジニア「高村ミスズ」が探偵になって事件解決に挑む「エンジニア探偵ミスズのIT事件簿」だ。(2016/3/4)

「KADOKAWAと契約したのに本が出ない」 KADOKAWAの「カクヨム」開設初日に核爆弾級の小説が投稿される
ジャンルは「ホラー」。(2016/3/1)

2次創作公認の小説投稿サイト「カクヨム」オープン レーベル公式アカウントで試し読みも
KADOKAWAとはてなの小説投稿サイト「カクヨム」がオープン。投稿作品の閲覧が可能になった。(2016/2/29)

「涼宮ハルヒの憂鬱」など多くの二次創作小説が閲覧可能 KADOKAWAとはてなが共同開発した「カクヨム」にネット民ざわざわ
待ってた……!(2016/2/29)

「薔薇の名前」のイタリア人作家、ウンベルト・エーコ死去 遺作「ヌメロ・ゼロ」の国内発刊が決定
河出書房新社より今秋発刊。ミラノの新聞社の腐敗したジャーナリズムに迫るミステリー小説となります。(2016/2/22)

10月28日、日米同時公開! 「ダ・ヴィンチ・コード」シリーズ第3弾、映画「インフェルノ」はダンテの叙事詩の暗号に迫る
世界を魅了した「謎」ふたたび。(2016/2/19)

写真展:
「グラデーション・フォトワークショップ/三人三色展」ディレクション/中道順詩
(2016/2/17)

異世界「イヴァ=ラキ国」で国土調査に挑む――「統計」テーマのファンタジー小説、茨城県がWeb連載
茨城県が県内のクリエイターとコラボし、「統計」をテーマにした異世界ファンタジー小説「異世界統計数唄」をWeb連載している。(2016/2/16)

CAPCOMx矢野隆x村田雄介=最強 小説版「STREET FIGHTER」が3月22日に発売
その名も、「俺より強いやつは何処にいる」。(2016/2/13)

「amazarashi」秋田ひろむ、「別冊文藝春秋」に詩を寄稿 編集部が文学性にほれ込み依頼
辻仁成さん、町田康さんに続く「ロック文豪」の爆誕か。(2016/2/12)

「俺妹」高坂桐乃に新たな依頼、今度は総務省「18歳選挙」のキャンペーンモデルに
伏見つかささんの書き下ろし小説で選挙の仕組みをレクチャー。(2016/2/10)

小説原稿を2年間放置? 一迅社が謝罪 著者が「らちがあかない」とTwitterで訴え
2年前に原稿を送った小説がいまだ刊行予定も明らかにされないとして著者が怒りの声。出版元の一迅社は「管理不足」と謝罪し、制作を進めるという。(2016/2/5)

一迅社、小説の刊行遅れを謝罪 執筆者が原稿を送ったのは約2年前
「メールで初稿を送付した段階で止まっている」とノベライズ版執筆者がTwitterで明かしていた。(2016/2/5)

「アブなすぎる」「倫理的にやばい」と評判の「幼女戦記」、アニメ化決定!
「GATE」「オーバーロード」などと同じく、小説投稿サイト「Arcadia」から。(2016/2/3)

なんだこれ! ドナルド・トランプ氏が主役のゲイ小説、Amazonでバカ売れ
さすが「自由の国アメリカ」の大統領選候補。(2016/1/29)

宇多田ヒカル、5年ぶりの活動再開へ! 新曲はNHK連続テレビ小説主題歌
シン・エヴァンゲリオン劇場版の曲もきっと……(願望)。(2016/1/21)

映画「バケモノの子」DVD&BD スペシャル版特典は細田守監督書き下ろしのスピンオフ短編小説
丸太と熊徹たちが帰ってくる!(2016/1/18)

10月スタートのNHK連続テレビ小説は「べっぴんさん」 神戸生まれのヒロインが子ども服作りに打ち込む物語
宮内庁御用達の洋服を作った人がモデル。(2016/1/13)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。