ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「小説・詩」最新記事一覧

日清食品、復刻販売した「ラ王焼そば」の巨大アスキーアート公開 約2万字の商品紹介文がびっしり
「ケータイ小説風」「ビジュアル系バンド風」などに書き分けた長〜い紹介文。(2017/8/9)

「美を讃えた麺の上で、静謐のおあげに出逢う」 日清がどん兵衛の“マンションポエム”っぽい広告を駅などに展開
夜景のなかで美しく輝くくっそでかいどん兵衛。(2017/8/7)

小説家になろうに怪作登場 「異世界転生ラノベは息子を亡くした母が書いてる説」に基づいた「序文『息子へ。』」
場外から重い設定を投げ込むのヤメロォ!(2017/8/3)

マストドンつまみ食い日記:
藤井太洋さんの小説「巨象の肩に乗って」が描くちょっと先のマストドン
マストドンに少しでも関わっている人は必読の小説だ。(2017/7/25)

あれから10年、「ケータイ小説」が急速に廃れた理由とは? 現役女子高生に『恋空』を読んでもらった
何がケータイ小説を“終わらせた”のか。(2017/7/18)

コザキユースケ×藤咲淳一の強力タッグで話題の小説「火星ゾンビ」 クラウド目標達成で8月5日に一般発売!
プロデューサーは元GONZOの村濱章司さん。(2017/7/17)

新潮社、すごすぎてコピーが書けない「すごい小説」を発売前に異例の全文公開 Twitter等でのキャッチコピー案募集へ
「ルビンの壺が割れた」という新人作家の小説のコピーを募集しています。(2017/7/15)

東大ラノベ作家の悲劇――鏡征爾:私は“奇跡”をタイプした――それが本当の地獄の始まりだと誰が気付くだろう?
誰にも愛されず、誰も愛することのできなかった少年が、小説にめぐり逢い、棺桶にいれられるまで。(2017/6/13)

マストドンつまみ食い日記:
Qiitaユーザー向けのインスタンス「Qiitadon」が試験的に公開 コードブロック記法をサポート
コードブロック形式が楽しい。ポエムも書ける。(2017/5/29)

論文でpixivのR-18小説を「わいせつ表現」として引用、作者名も公開 モラル欠く“さらし上げ”と批判殺到
ピクシブも論文の発表元へ、対象ユーザーとの問題解決を要請しました。(2017/5/25)

そこにポエムを書くな! Tumblrアプリのアップデート説明が中二病ぽくて好き
「生まれたバグはすべて壊滅した」って。(2017/5/25)

pixivのR-18小説を「有害な文」 学会が論文取り下げ 「検討するため」
人工知能学会で発表された立命館大学の論文にネットで批判が集まり、学会が公開を中止した。(2017/5/25)

驚異の読みやすさ:
漫画が無料「フリーブックス」被害100億円
漫画や小説など5万点をネット上で無料で読むことができた海賊版サイト「フリーブックス」が、閉鎖後も出版関係者らに波紋を広げている。(2017/5/17)

「異世界転生以外ならオールジャンルOK」の小説コンテスト KADOKAWAがスタート
KADOKAWAの小説レーベル「NOVEL 0」が、「大人が読みたいエンタメ小説コンテスト」の募集を6月1日にスタートする。(2017/5/16)

小説執筆などに使えそう! 状況描写の方法をコンビニから核シェルターまで紹介する「場面設定類語辞典」
特に実体験できない場所を扱うときには、便利なはず。(2017/5/12)

どういうことなの……? 米KFCが「カーネルおじさん」のラブロマンス小説をKindleで無料配信中
フライドチキンを持った女性がヒロイン?(2017/5/6)

最新作「ウルトラマンジード」主演に濱田龍臣、シリーズ構成は小説家の乙一
ゼロの宿敵・べリアルの息子役に。(2017/4/27)

「朝起きると夢から覚めていた」 書籍化記念で「あたりまえポエム」を声優・梶裕貴さんが朗読する動画が謎の説得力
良い声によってステキ感がアップしちゃってます。(2017/4/13)

「マンガ大賞2017」大賞は柳本光晴「響〜小説家になる方法〜」に
受賞イラストも公開されています。(2017/3/28)

ガンダム新作アニメ「機動戦士ガンダム Twilight AXIS」発表 6月からアプリで先行配信
「矢立文庫」で連載中の小説をアニメ化。(2017/3/24)

未完の小説「続き」を公募 内田康夫さん休筆 「眠っている才能、後押しできれば」
脳梗塞の後遺症で執筆が難しくなったとし、作家の内田康夫さんが、浅見光彦シリーズ最新作「孤道」の続きを書いてくれる作家を公募している。(2017/3/21)

「リゼロ」がアニメ・ラノベ部門で2冠獲得! 「SUGOI JAPAN Award2017」結果発表
マンガ部門1位は「僕のヒーローアカデミア」、エンタメ小説部門1位は「小説 君の名は。」に。(2017/3/17)

「大丈夫 明日はきっと翌日だよ」 Twitterで流行した「あたりまえポエム」まさかの書籍化
当たり前のことをあたかもステキなことを言っているかのように錯覚させる「あたりまえポエム」が書籍として発売されます。(2017/2/26)

福島の“いま”を描く 山本寛監督の新作アニメプロジェクト「薄暮」、クラウドファンディングが開始
原作となるWeb小説が無料公開中。(2017/2/26)

又吉直樹、新作小説「劇場」を3月7日発売の「新潮」で発表! “女の子苦手芸人”が恋愛物に挑戦
主人公は女の子苦手なのかな?(2017/2/13)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(16):
最終話 俺はプログラマーだ。最後まで見届けさせてくれ
クリスマスツリーが消失した!? 生ける死者「Z」との準戦時下状況で、クリスマスパーティーを開くべく奮闘したJSPKF第1分隊のメンバーたち。全ての物資がそろい、ミッション終了と誰もが思っていたが――エンジニアライフの人気エンジニア小説「ひいらぎ飾ろう@クリスマス(fromハローサマー、グッドバイ)」のコミック版、堂々の最終回。(2017/1/27)

トランプ報道官の「オルタナティブ・ファクト」で大喜利 「1984」との類似点も
#Alternativefactsというハッシュタグでトランプ政権のねじ曲げた真実を笑い飛ばすツイートが流行っている。しかし、笑ってばかりもいられない。ディストピア小説「1984」そのものではないか。(2017/1/24)

ワープロ専用機「OASYS」で小説家になれると思っていた中学生
自分の才能+ワープロ=小説家誕生。そう信じていた時期がありました。(2017/1/17)

“火星人”や“どろぼう”から届く物語 自分で封を切る新感覚手紙小説「何者からかの手紙」が読書通をうならせる
一読の価値あり。(2017/1/14)

漫画版「Press Enter■」オペレーション☆ひいらぎ(13):
第1話 「オペレーション☆ひいらぎ」始動せよ
エンジニアライフで人気のITエンジニア小説「Press Enter■」コミック化第3弾は、近未来ITホラー小説「ハロー、サマーグッドバイ」からのスピンアウト小説「オペレーション☆ひいらぎ」だ。元プログラマー 谷少尉が率いるJSPKF 第1部隊は、無事ミッション コンプリートできるのか?(2017/1/6)

せりふを考えるだけで小説が作れる「トークメーカー」公開 現役ラノベ作家が開発
キャラクターにせりふを付けて小説を作成できるWebサービスを、現役小説家の至道流星さんが社長を務めるベンチャーが公開。複数人の作家で共同創作できる機能も。(2016/12/19)

「夜は短し歩けよ乙女」アニメ映画化 “先輩”役に星野源さん、主題歌はアジカン
ベストセラー小説「夜は短し歩けよ乙女」のアニメ映画が4月に公開。主人公の声優には星野源さんを起用した。(2016/12/15)

「真田丸」振り返り4コマ(12月11日放送分『前夜』)
伊達と真田の密約、事実は小説より奇なり。(2016/12/13)

ビートたけし「“日本一のクソゲー”を作ったことありまして」 「龍が如く6 命の詩。」披露試写でも“たけし節”さく裂
まさか、あの伝説のゲームの話題まで飛び出すとは。(2016/12/8)

村上春樹、2017年2月に新作の長編小説 「1Q84」から約7年ぶりの複数冊刊行
待ってました。(2016/11/30)

作家・村上春樹さん、3年ぶりの長編小説 来年2月に刊行
作家・村上春樹さんの新作長編小説が2017年2月に刊行される。原稿用紙2000枚分の内容で、全2冊の構成になるという。(2016/11/30)

君の前で息を止めると呼吸ができなくなってしまうよ すてき感を錯覚させる「あたりまえポエム」で脳が混乱する
普通のこと言ってるだけじゃないですか!(2016/11/24)

大ヒット小説「戯言シリーズ」が、あえて「OVA」でアニメ化されるワケ
西尾維新の大ヒット小説「戯言シリーズ」が、待望のアニメ化を果たす。テレビアニメではなく、あえてOVAでアニメ化されるのはなぜなのか? 「西尾維新アニメプロジェクト」を生み出し、現在はアニプレックス社長に就任している岩上敦宏さんに聞いた。(2016/10/29)

「鬼平犯科帳」テレビアニメ、来年1月放送スタート
時代小説「鬼平犯科帳」をテレビアニメ化した「鬼平」が2017年1月から放送開始。主人公・鬼平の声は堀内賢雄さんが務める。(2016/10/21)

コミック アース・スター×ねとらぼ:
新感覚漱石ゾンビアクション「こころ オブ・ザ・デッド」出張連載 七幕「祇園ゾンビ!死霊山鉾大虐殺!!」
コミック アース・スターでの漫画版の連載がいったん休止となるため(架神恭介さんによる小説は継続)、ねとらぼでの連載もここで休止とします。(2017/2/3)

森博嗣のミステリー小説「すべてがFになる」の犀川創平がbotに
犀川創平のような発言をするTwitter bot(@SAIKAWA_AI)が登場した。(2016/10/16)

内田恭子の「いつもそばに本があった」:
怖がりでも大丈夫、後味の良いホラー小説のススメ
幼いころからオバケが出てくる怪談が大の苦手だという内田恭子さん。そんな怖がりの内田さんでも安心して読めるホラー小説とは……?(2016/9/22)

ねとらぼレビュー:
「君の名は。」外伝小説は“もう1人の主人公”を描いた名作 三葉のブラジャーの好みが知りたいやつも読め!
映画本編では詳しく描かれなかったシーンがここに。(2016/9/16)

小説「君の膵臓をたべたい」映画化決定! 北村匠海&浜辺美波のW主演で2017年夏公開
キミスイ、第2のセカチューに?(2016/9/13)

「BLOOD+ 10周年ファンミーティング」レポート&キャラデザ箸井地図インタビュー
新作小説「BLOOD♯」などの発表も行われました!(2016/9/11)

アニメ「BLOOD+」の続編小説が2017年に発表へ 過去篇朗読劇も上演予定 
9月10日に開催された放送終了10周年記念イベントでの電撃発表です!(2016/9/10)

「ボトムズ」から「ポプテ」大川ぶくぶまで! サンライズに眠る企画をお蔵出し「矢立文庫」プレオープン
「ゼーガペイン」の小説も!(2016/9/9)

イケメン鬼平のビジュアル公開! 時代小説「鬼平犯科帳」アニメ化決定
私が知ってる鬼平じゃない(褒め言葉)。(2016/8/31)

「飛騨市始まりすぎてる」とネット騒然 飛騨市図書館の「官能小説朗読ライブ」担当者に開催の意図を聞いた
意外にも反対する声はほとんどなかったそう。(2016/8/30)

人工知能が書いた小説「賢人降臨」、出版 福沢諭吉と新渡戸稲造の著作をディープラーニング
賢人から学んだAIは賢人となるか。(2016/8/24)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。