ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「小島秀夫」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「小島秀夫」に関する情報が集まったページです。

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
ゲームクリエーター小島秀夫が認めた、最先端の映像表現を支えるマシンとは?
ゲーム界のトップクリエーター、小島秀夫氏の表現する魅力的なゲーム世界は、どのように制作されているのか。同氏へのインタビューを通じて、その創作の哲学から、最先端のクリエイティビティを支える制作環境までを明らかにする。(2018/5/17)

レノボ・ジャパン提供ホワイトペーパー
ゲームクリエーター小島秀夫が認めた、最先端の映像表現を支えるマシンとは?
ゲーム界のトップクリエーター、小島秀夫氏の表現する魅力的なゲーム世界は、どのように制作されているのか。同氏へのインタビューを通じて、その創作の哲学から、最先端のクリエイティビティを支える制作環境までを明らかにする。(2018/2/14)

【画像80枚】マッツ・ミケルセン「ハンニバルは不滅です」 東京コミコンSPステージでマッツスマイルを連発!
スターウォーズ、スタートレック、スーサイド・スクワッド、キャッスルのキャストがひとつのステージに集うという奇跡。(2017/12/2)

日経報道「関東ITソフトウェア健保」申請書受理拒否、コジマプロダクション否定せず 健保理事長はコナミ取締役
コジマプロダクションは現在、全国健康保険協会に加入中。(2017/6/15)

小島秀夫監督「生きていけない」 カールの中部以東販売終了に広がる悲しみの声まとめ
もっと早く……気付いてあげたかった……。(2017/5/26)

「マッツ・ミケルセンです。こたつに入っています」 “北欧の至宝”にバラエティー枠のようなムチャ振りをする公式動画がシュール
真剣にがんばるマッツかわいい。(2017/2/5)

マッツ・ミケルセンいつの間にか日本に上陸 小島監督がデート写真を連投、楽しげな姿にファン合掌
ファン「マッツいつ来るのかな?(そわそわ)」→小島監督「すでにオレの隣にいるよ」(2017/1/25)

「KONAMIがSILENT HILLSを中止したのはバカなこと」 ギレルモ・デル・トロ監督がツイート
ギレルモ・デル・トロ監督は小島秀夫監督とともに開発していたホラーゲームについて、コナミが中止したことを批判しました。(2016/12/3)

小島秀夫監督、「MGSV」開発の最後の半年間はチームから隔離されていた 盟友Geoff Keighly氏が当時の状況を明かす
「チームのいる場所とは違う階の離れた部屋に閉じ込められ、メンバーと話すことすらできなかった」とGeoff氏。(2016/12/2)

小島秀夫監督「THE GAME AWARDS 2016」で悲願の受賞 会場で新作のトレーラーを公開
トレーラーにはデル・トロ監督やマッツ・ミケルセン風キャラも登場。(2016/12/2)

レトロゲームの黄金期:
ゼビウス! ダライアス! スペースハリアー!「あそぶ!ゲーム展 stage2」はアーケード/ファミコン全盛期特集で遊びきれない!
2015年の10月から2016年の2月にかけて、埼玉県西川口のSKIPシティ映像ミュージアムで開催されていた「あそぶ!ゲーム展 stage.1 デジタルゲームの夜明け」の終了から半年。9月から「あそぶ!ゲーム展 stage.2 ゲームセンター VS ファミコン」が開催中だ。(2016/11/25)

「メタルギアにゾンビなんて出るわけない」 小島秀夫、TGSで「METAL GEAR SURVIVE」についてコメント
ニコ生では「よく言った」などのコメントが弾幕のように流れました。(2016/9/18)

小島監督や宮本茂のソックリさんがゲーム業界の“偉い人”と戦うゲーム、Kickstarterで出資募集中
宮本茂のそっくりさんはストレッチゴール達成で追加予定だそう。(2016/9/9)

メタルギアシリーズ最新作「Metal Gear Survive」発表 → ゾンビ風の敵が登場するなど謎のバイオ感に批判の声も
小島秀夫さん退社後初のメタルギアシリーズです。(2016/8/17)

小島秀夫監督、PS4向け最新作「DEATH STRANDING」トレーラー公開 独立後初タイトル
「メタルギア」シリーズの小島秀夫監督の独立後初タイトル「DEATH STRANDING」(PS4向け)が発表された。(2016/6/14)

小島秀夫監督、E3で新作「DEATH STRANDING」発表
小島監督がステージに上がると観客からは歓声が。(2016/6/14)

パチスロ「メタルギア ソリッド」発表でまたも海外ファンの怒りが爆発 コメント欄が「Fu○Konami」だらけに
パチスロ「サイレントヒル」の時に見た光景。(2016/6/3)

小島秀夫監督、“ゲームのアカデミー賞”殿堂入り
「メタルギア」シリーズで知られる元コナミのゲームデザイナー、小島秀夫氏が、コンピュータゲーム界のアカデミー賞とみなされるAIASのD.I.C.E. Awardに殿堂入りする。(2016/1/7)

小島秀夫監督の新スタジオ「コジマプロダクション」が公式通販サイトをオープン いったい何が始まるんです?
公式グッズの予約は12月21日から。(2015/12/17)

小島監督の新スタジオ、アニメーターなど23職種を募集
小島秀夫監督が新設したコジマプロダクションが、アニメーターやゲームデザイナーなど23の職種を募集している。(2015/12/17)

SCE、小島監督と契約締結を発表 新作はPS4独占に
コナミを退社した小島秀夫さんがスタジオ「コジマプロダクション」を新設し、SCEと契約。(2015/12/16)

小島秀夫監督の新スタジオとの契約、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発表
小島監督が新たに設立する「コジマプロダクション」の第1作目はPS4向けとなる。(2015/12/16)

小島監督がコナミを退社 「契約期間満了」
「メタルギア」シリーズを手掛ける小島秀夫さんが、コナミデジタルエンタテインメントを正式に退社した。(2015/12/16)

小島秀夫監督がKONAMIを退職 契約期間満了につき
新会社を設立し今後は新作開発へ。(2015/12/16)

小島秀夫監督「THE GAME AWARDS 2015」授賞式に出席せず 「KONAMI法務が参加を許さなかった」と司会者が伝え大ブーイング
またしてもTwitterが「F○ckonami」一色に……。(2015/12/5)

「メタルギア」の小島秀夫監督、コナミを退社したと米媒体報道 コナミは否定、「長期休暇中です」
米国メディアが、「メタルギア」シリーズの小島監督がコナミを退社したと報じて話題になっていますが……。(2015/10/20)

開発中止になった小島秀夫監督の「サイレントヒル」新作に伊藤潤二さんが参加予定だった ギレルモ・デル・トロ監督が明かす
伊藤潤二さんは誘いに対して「感謝しかない」とコメント。(2015/9/28)

パチスロ「サイレントヒル」発表で海外ファンが怒り爆発 「ひどい悪夢だ」「『SILENT HILLS』は開発中止にしておいて……」
動画の評価が大変なことに……。(2015/8/6)

予告編公開! ドキュメンタリー映画「ビデオゲーム THE MOVIE」
約40年……。いくつ覚えている?(2015/5/13)

どういうことだよ!? 小島秀夫監督、なぜかヤギゲー「Goat Simulator」スタッフロールに掲載
狂っているとしか思えないヤギゲーを作ったスタッフも、小島秀夫さんを応援しています。(2015/5/8)

海外のファンが決起 「サイレントヒル」新作の開発継続を求めるネット署名が始まる
「ヒデオとギレルモへ。」(2015/5/7)

小島秀夫監督による「サイレントヒル」新作が開発中止に KONAMI日本サイドからも「開発中止」と正式コメント
プレイアブルティーザー「P.T.」は4月29日で配信終了へ。(2015/4/28)

ゲーム40年の歴史に迫るドキュメンタリー映画「ビデオゲーム THE MOVIE」日本公開が決定
インタビューには、ATARI社の創立者であるノーラン・ブッシュネルさん、「メタルギアソリッド」開発者の小島秀夫さん、「バイオハザード」開発者の小林裕幸さんら、古今東西の業界関係者が登場。(2015/4/27)

待たせたな! 声優・大塚明夫による初の著書『声優魂』が発売
大塚明夫が「声優だけはやめておけ」と発信し続けるその理由とは。(2015/3/25)

週アスPLUSの「MSX30周年企画」が電子書籍に、コナミのMSXゲーム54本を大特集
「グラディウス」や「メタルギア」「悪魔城ドラキュラ」に「スナッチャー」まで。(2015/3/19)

TGS2014:
日本のユーザーはゲーム実況に消極的? KADOKAWA浜村氏が語る「ゲーム実況」の現状と課題
今やニコニコの中心的コンテンツとも言える「ゲーム実況」。しかし浜村氏は「海外に比べると全然」だと言う。海外と日本のゲーム実況シーンの違いとは?(2014/9/19)

第2回「ハヤカワSFコンテスト」 大賞は『ニルヤの島』
早川書房が主催するSF新人賞「ハヤカワSFコンテスト」の受賞作が決定。大賞は綿谷翔太さんの『ニルヤの島』。(2014/9/10)

「メタルギアソリッドV」の情報端末「iDROID」がiPhoneケースに カッコよすぎるぅぅぅ!!
気分はスネーク。(2014/4/8)

電子書籍新刊情報
BookLive!の新刊電子書籍情報をリストでお届け。あなたが読みたかった作品も電子書籍で購入できるようになっているかも。(2013/12/24)

「メタルギアソリッドV」のプロローグ「グラウンド・ゼロズ」来春発売
「メタルギアソリッド V グラウンド・ゼロズ」がPS4、PS3、Xbox One、Xbox360向けに国内発売へ。(2013/11/15)

「メタルギア」シリーズ最新作、「METAL GEAR SOLID V GROUND ZEROES」来春全世界発売決定
スネークッ!(2013/11/15)

TGS2013:
これがPS4だ! 東京ゲームショウ2013に降臨
2014年2月に発売される「プレイステーション 4(PS4)」の実機がTGS2013で披露された。(2013/9/19)

TGS2012:
「メタルギア」初のソシャゲーがGREEブースで体験できる! スネークもいるぞぉぉ!
GREEブースは前回に続き、最大規模。(2012/9/20)

開幕まであと1週間!――東京ゲームショウ2012、各社出展タイトル&イベント情報
あと1週間となったTGSに向けて、各社から出展タイトルやステージイベントの情報が続々と公開中です。そこで、現在までに発表となっているものについてまとめてみました。(2012/9/13)

「メタルギア」25周年:
ハリウッド実写映画化や、新世代エンジン「FOXエンジン」デモなどが公開された「METAL GEAR 25th ANNIVERSARY PARTY」をリポート
「メタルギア」の25周年を祝して開催されたプレミアムイベント。小島秀夫監督魂(スピリット)が詰め込まれたイベントの様子と、シリーズの新情報をお伝えする。(2012/8/31)

ユニクロ銀座店限定デザインも3種類――メタルギア生誕25年を記念したTシャツが、ユニクロで4月下旬発売
今年で25周年を迎えるKONAMIの「メタルギア」シリーズとユニクロ「UT」とのコラボTシャツの発売が決定。3月16日オープンのユニクロ銀座店限定モデルも登場する。(2012/3/7)

小島秀夫監督の新しい名刺は「キレキレ」だった!
KONAMIの小島秀夫監督が、Twitterで新しくした名刺を公開。そのデザインは次回作「メタルギア ソリッド ライジング」にふさわしい「斬奪」なものだった。(2011/12/8)

東京ゲームショウKONAMIブースからスペシャルステージやイベントを生中継
東京ゲームショウのKONAMIブースからステージや各コーナーの情報を配信。「戦律のストラタス スペシャルステージ」、小島秀夫氏の「Kojima Productions SPECIAL STAGE」などが予定されている。生放送の詳細なタイムテーブルは特設サイト(http://www.konami.jp/tgs/)に掲載。配信は9月18日10時45分〜9月18日16時45分。(2011/9/16)

東京ゲームショウKONAMIブースからスペシャルステージやイベントを生中継
東京ゲームショウのKONAMIブースからステージや各コーナーの情報を配信。「戦律のストラタス スペシャルステージ」、小島秀夫氏の「Kojima Productions SPECIAL STAGE」などが予定されている。生放送の詳細なタイムテーブルは特設サイト(http://www.konami.jp/tgs/)に掲載。配信は9月17日10時45分〜9月17日16時45分。(2011/9/16)

SCEJ Press Conference:
クリエイターへの挑戦状でありSCEとしての決意 PlayStation Vita、ローンチ26タイトル
日本国内において12月17日に発売されると発表されたPS Vita。同日には26タイトルものソフトウェアが提供される。NTTドコモによるプリペイドデータプランなど、何が発表されたのか。(2011/9/14)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。