ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LINE Channel」最新記事一覧

「LINE」にグループコミュニケーションサービス「LINE BAND」追加
写真や動画、スケジュールや地図などを手軽に共有。(2013/1/22)

LINEのスタンプショップに「エヴァンゲリオン」や「アイルー」など7種類のスタンプ追加、ホーム・タイムラインへのスタンプ投稿ほか「auスマートパス」会員限定バージョンのLINE公開など
LINEにエヴァやアイルーのスタンプが追加された。(2012/8/31)

石野純也のMobile Eye(8月6日〜24日):
デュアルコアで勝負するTI/加速するLINEのSNS化/ドコモ通信障害の原因と対策
8月6日から24日は、お盆期間だったこともあり、モバイル業界のニュースは比較的少なかったが、いくつかの動きも見られた。今回はTexas Instrumentsのチップセット戦略、LINEの新サービスやBlackBerry対応、ドコモの通信障害について取り上げる。(2012/8/24)

「LINE」、Android版で仮想通貨「LINEコイン」導入へ 「LINE占い」先行公開
「LINE Channel」提供サービスとして「LINE占い」を開始。LINE上で流通する仮想通貨「LINEコイン」も導入した。(2012/8/21)

LINEに仮想通貨「LINEコイン」導入
「LINE」上で利用できる仮想通貨「LINEコイン」がまずAndroid版に導入された。「LINE占い」など、有料コンテンツの支払いに利用できる。(2012/8/21)

LINEと連携 公式お絵かきアプリ「LINE Brush」
描いたイラストはLINE上の友人やグループに送信可能。(2012/7/27)

石野純也のMobile Eye(6月25日〜7月6日):
品質向上に期待の富士通スマホ/通信の負荷軽減も目指す「LINE」/音楽との出会いを増やす「Music Unlimited」
夏商戦が本格化し始める中、富士通が新機種発表会を開催。スペックだけでなく使い勝手の良さをアピールした。プラットフォーム化を目指すLINEはKDDIとの提携も話題を集めた。ソニーが日本で開始した「Music Unlimited」は、新しい音楽の出会いを増やす仕掛けを充実させた。(2012/7/6)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
ケータイのエコシステムをスマホ上に再現する「LINE」
7月3日にNHN Japanが開催したLINEカンファレンス「Hello, Friends in Tokyo 2012」で、コミュニケーションアプリ「LINE」がプラットフォームへと進化するロードマップが示された。そのモデルは、ドコモの「iモード」が生み出した“ケータイビジネスモデル”によく似ている。(2012/7/4)

「Facebookを超えたい」──SNS&ポータル化へチャレンジする「LINE」
世界4500万ユーザーをかかえるLINEが、プラットフォーム化に大きくかじを切った。「Facebookを超える存在になりたい」という。(2012/7/3)

LINEはFacebookを超えるか プラットフォームへ進化する2年目、1億ユーザーへの道
KDDIとの業務提携、新プラットフォームサービス「LINE Channel」……LINEのビジネスカンファレンス「Hello, Friends in Tokyo 2012」は盛りだくさんの内容でした。基本機能とあわせて総ざらいしましょう。(2012/7/3)

スマホユーザーの44%がDL――「LINE」、プラットフォーム化、SNS機能を発表
NHN Japanは無料メッセージングアプリ「LINE」の本格事業化に向けた新構想を発表した。パートナー企業と協力してLINEユーザーにデジタルコンテンツを提供するプラットフォーム展開をしていく。(2012/7/3)

「LINE」がプラットフォームに進化 タイムライン搭載、ソーシャルゲームや仮想通貨も
「無料メッセンジャーソフト」だったLINEがプラットフォームに進化。タイムラインの搭載でSNSに踏み出し、ソーシャルゲーム配信や仮想通貨によるコンテンツ購入も行える「LINE Channel」がスタート。(2012/7/3)

【速報】LINE、ソーシャルプラットフォーム「LINE Channel」を近日公開 世界4500万、国内2000万ユーザーの巨大SNSへ
世界4500万ユーザーを誇る「LINE」が、いよいよ本格的なソーシャルサービスへと進出する。(2012/7/3)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。