ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LINE」最新記事一覧

エンプラこぼれ話:
オタク化しつつある女子高生AI「りんな」、アパレルのバイトで“おしゃれ”を目指す
TwitterやLINEでユーザーと自然言語で会話ができる、日本マイクロソフトの女子高生AI「りんな」がアパレル大手と組んで、オンラインショップの店員に。その裏には“オタク化”しつつあるりんなを、より“女子高生っぽく”したいという狙いもあったようだ。(2017/2/27)

女子高生AIりんな、アパレルショップ「WEGO」でアルバイトを始める
(2017/2/27)

やしろあずきの調査―― 今の若者ってSNSをどう使ってるの? インタビューから見えた光と闇(成人編)
クラスLINE? リア垢? ……なに言ってるか全然分からん!! 教えて!!!(2017/2/26)

LINE、グループトークで@メンション機能に対応 360度写真も
複数人のトークで、メッセージの宛先を強調できる。(2017/2/22)

AI×スマホ×生命保険が実現する未来:
ライフネット生命 岩瀬大輔氏、LINE 田端 信太郎氏が語る「若者が求める顧客接点」
ライフネット生命の新サービス説明会に同社代表取締役社長 岩瀬大輔氏、LINE 上級執行役員 田端 信太郎氏、森・浜田松本法律事務所 増島雅和氏が登壇。スマホを活用したデジタルビジネスの可能性を語った。(2017/2/21)

Sensuで始めるクラウド時代のシステム監視
今、話題の監視ツール「Sensu」とは?――基本的な構成、監視の仕組みを理解する
新たなクラウド監視ツールとして注目され始めている「Sensu」の活用方法を解説。Sensuの基本的な構成や監視の仕組み、利用するメリットなどを紹介する。(2017/2/24)

「LINEグルメ予約」終了へ 「他サービスに注力するため」
飲食店予約サービス「LINEグルメ予約」が3月21日に終了。予約受け付けは3月21日午後2時に終了する。(2017/2/20)

機動力を高めるツール活用術:
PR:多様化する「社内コミュニケーションツール」 企業が抱える導入の課題点とは?
企業の生産性を高める上で欠かせない「社内コミュニケーションツール」――。メールを始め、グループウェアやファイル共有、社内SNS、ビジネスチャットなどさまざまなツールを導入したのの、うまく活用できていないケースも見られるようだ。ツールを有効活用するためにはどうすればいいのか。(2017/2/20)

週刊「調査のチカラ」:
「LINE」「トランプ」「Instagramの新アイコン」、ソーシャル好き過ぎる人たちの傾向
その情報、信じて大丈夫? 「LINE」や「Facebook」「Twitter」が生活インフラとして定着し、そこから得られる情報の取捨選択のセンスが問われる時代。「SNSのそこが知りたい」を探る。(2017/2/18)

日本ブランドの価値ランキング:
「LINE」も初ランクイン、インターブランドジャパンが「Best Japan Brands 2017」を発表
インターブランドジャパンは、日本発のブランドを対象にブランド価値を換算したランキング「Best Japan Brands 2017」を発表した。(2017/2/20)

期待ほどではなかった企業も:
「Pepper」置けば大成功……とはいかず 工夫も必要に
Pepperを置けば大成功……ということはないようだ。Pepperを導入して成果が出た企業もあれば、いまいちだった企業もある。(2017/2/17)

ラーニングバリューが高い――フランスのスマホメーカー「Wiko」の日本デビュー戦略
2011年にフランスのマルセイユで創業し、ヨーロッパを中心に販売網を広げているスマートフォンメーカー「Wiko(ウイコウ)」が、日本法人を通して日本のスマートフォン市場に参入する。どのような戦略をもって、日本市場に乗り込むのだろうか。(2017/2/14)

【連載】誰も教えてくれなかった中国的電子市場動向 第1回:
中国版LINE「WeChat(微信)」は14億人のデジタルインフラ
14億人の巨大なデジタルマーケットで今、何が起こっているのか。中国におけるインターネットマーケティングの世界を、経験豊富なエキスパートが解説する。(2017/2/14)

“質実”あふれる姿に好印象――UNiCASEオリジナルiPhone 7ケース「acroma Texture case」を試す
今までのUNiCASE(CCCフロンティア)のオリジナルiPhoneケースは、どちらかというと女性向けのものが多い印象です。しかし、2017年12月に発売した「acroma Texture case for iPhone 7」は、男性を意識して作られたケースだそうです。どのあたりが「男性向け」なのでしょうか?(2017/2/10)

PR:シンプル、だけど立体的――男性向けiPhoneケース「acroma」開発ストーリー
CCCフロンティアが新ブランド「acroma」を立ち上げ、iPhone 7向けのケースを発売した。acromaのケースは白黒の2色のみで、シリコンとポリカーボネートという2つの素材を組み合わせた。差別化のポイントはどこにあるのだろうか?(2017/2/10)

エンジニアを愛し、エンジニアに愛されたイベント!:
空前絶後のAI、VR、IoT、そしてYouTube! 全ての技術を使ったマッシュアップの産みの親! 超絶怒涛のMA2016決勝戦!!
全国の「ネタ好き」エンジニアにとって、もはや1年を締めくくる恒例行事となった感がある「Mashup Awards」のファイナルステージ(決勝戦)が、2016年12月17日に東京・品川の寺田倉庫で開催された。本稿では、決勝戦でプレゼンが行われた全14作品の概要と審査結果をお伝えする。(2017/2/9)

件名は「LINE--安全認証」 LINEかたるフィッシングメール再び “いたちごっこ” 続く
「LINE-Corporaionut」「LINE--安全認証」という件名の不審なメールが出回っていると、フィッシング対策協議会が注意喚起。(2017/2/6)

LINEとつながる新サービス:
ビジネス用チャット「LINE WORKS」 何が違う?
LINEとワークスモバイルが、ビジネスチャット「LINE WORKS」を提供開始する。LINEと相互接続し、社内コミュニケーションと顧客対応の両方で使用可能だ。(2017/2/3)

要注意:
来年「お年玉はがき」そのままでは使えない?
郵便料金改定で、29年6月1日から通常はがきは52円から62円に値上げとなる。年賀はがきは52円のまま据え置きとなったが、投函できる期間が限定される。30年からは、1月8日以降に年賀はがきを出す場合、10円切手を貼って出す必要があるという。(2017/2/3)

「LINEは使っていません」という人たちが考えていること
(2017/2/3)

「仕事でLINEを使いたくない」声に対応――ビジネス向け「LINE WORKS」提供の狙い
“ビジネス版LINE”の「Works Mobile」が「LINE WORKS」として生まれ変わり、新たに個人アカウントとメッセージをやり取りできるようになった。(2017/2/2)

来年の年賀状は要注意 お年玉はがきがそのまま使えない!?
今年6月からはがきが現在の52円から62円に値上げ。年賀はがきは値段が据え置かれたが、そのまま投函できる期間が限定される。(2017/2/2)

「佐賀県情報漏えい事件」で再考する学校セキュリティ【後編】
予算がなくても最低限やってほしい、学校のセキュリティ対策「3つのポイント」
佐賀県の情報漏えい事件をきっかけに、セキュリティ対策の検討を進める教育機関は少なくないだろう。予算的にも人的にも制約がある中、教育機関が実現できる現実的なセキュリティ対策とは何か。(2017/1/30)

“中の人”が明かすパソコン裏話:
問い合わせの“電話”が激減でコールセンターが無くなる!? サポート窓口の未来を予測
メーカーの中の人だからこそ知っている“PCづくりの裏話”を明かすこの連載。今回はPCと働き方の未来を考えます。(2017/1/26)

UQ mobile向け折りたたみ型ケータイ「DIGNO Phone」――防水、おサイフ、ワンセグに対応
UQ mobileが、折りたたみ型ケータイ「DIGNO Phone」を3月下旬に発売する。防水、防塵(じん)、耐衝撃性能をサポート。おサイフケータイとワンセグも利用できる。(2017/1/25)

SIM通:
LINEモバイル「MUSIC+プラン」開始 LINE MUSICがカウントフリーに
LINEモバイルは、主要SNSに加え「LINE MUSIC」のデータ通信量もカウントフリーにする「MUSIC+プラン」を開始した。なお、対象の音楽ストリーミングサービスは順次拡大予定であるとのこと。(2017/1/25)

LINEでコンビニ決済 LINE Payがローソンに対応
「LINE Pay」の決済機能「コード決済」が、ローソンの全店舗に対応。スマホ画面でコードを表示し、レジで提示すれば決済できる。(2017/1/24)

女子高生の約8割がiPhoneを所有、利用アプリは全世代でLINEが最多――MMDの調査
MMD研究所は「女性のスマートフォン利用実態調査」を実施。定期的に利用しているアプリ・サイトは全世代で「LINE」が最多回答となった。(2017/1/23)

中途半端に規制をすると“シャドーIT”がはびこる――ビジネスチャットが企業に必要な理由
LINEのように、スマートデバイス上で手軽かつリアルタイムにコミュニケーションが取れるチャットがビジネスシーンでも求められている。しかし、LINEをそのまま使うのは情報セキュリティ上のリスクになる。この問題を解決するには、ビジネスチャットの導入が必要だ。(2017/1/20)

App Annieが「2016年アプリ市場総括レポート」を発表:
LINE、ゲーム以外のアプリ世界収益ランキングで2年連続首位に
App Annieは、世界のアプリ市場動向を総括した「2016年アプリ市場総括レポート」を発表した。(2017/1/19)

キリン、LINEでポイントがためられる自販機 東京・大阪で今春から
LINEのビーコンに対応し、専用アプリをインストールする手間を省く。(2017/1/19)

LINEモバイルで「LINE MUSIC」がカウントフリーの対象に 30日間無料キャンペーンも実施
LINEモバイルは、新たに登場した「MUSIC+プラン」で「LINE MUSIC」をカウントフリーの対象とする。また、MUSIC+プランを新規契約したユーザー全員が「LINE MUSIC」を30日間無料で利用できるキャンペーンを実施する。(2017/1/18)

トップは:
社長に聞く、2017年に注目している企業は?
あなたが注目している会社はどこですか? 従業員10人以上の企業経営者に聞いたところ……。(2017/1/18)

LINEをかたるフィッシングメールに注意
「異常ログインがあったため検証してほしい」として、偽のサイトに誘導するメールが出回っています。(2017/1/10)

LINEをかたるフィッシングメール、再び 件名は「LINE Corporation」「LINE」
LINEを偽装したフィッシングメールが出回っているとして、フィッシング対策協議会が注意を呼び掛けている。(2017/1/10)

日本での独占販売権を取得:
トランスコスモス、bot構築・運用管理プラットフォーム提供の米Replyと資本・業務提携
トランスコスモスは、Replyと資本・業務提携し、同社が開発するbot構築・運用管理プラットフォーム「Reply.ai」の日本での独占販売権とアジアにおける優先販売権を取得したと発表した。(2017/1/10)

週刊「調査のチカラ」:
若者は「恋愛離れ」も「車離れ」もしていない――2017年の新成人調査まとめで分かったこと
2017年第1回の更新となる週刊「調査のチカラ」。今回は1月9日の成人の日にちなみ、新成人にまつわるデータをピックアップしました。(2017/1/7)

Apple、2017年元日のApp Store売上高が記録更新の2億4000万ドルに
Appleが年頭恒例のアプリストア実績を発表。2017年1月1日の売上高が2億4000万ドルで1日の売上高として過去最高を更新した。2016年に最もダウンロードされたのは「Pokemon GO」だった。(2017/1/6)

改正ストーカー規制法施行 「Twitterやブログに執ような書き込み」も規制対象に
Twitterやブログのコメント欄などに執ようにメッセージを送るなどネット上の“付きまとい”を新たに規制対象にした改正ストーカー規制法が施行された。(2017/1/5)

iPhoneの容量不足を解決するテクニック10選
iPhoneを使い続けていると、いつの間にか容量がいっぱいになってしまう。快適に使うには定期的なデータの整理が必要だ。iPhoneユーザーが知っておきたい、10の“データ断捨離術”を紹介しよう。(2016/12/28)

ライフサイエンス企業のCIOが描く成長戦略【第2回】
製薬企業の営業・マーケ部隊をITで支援する2つの方向性とは?
MR(医薬情報担当者)の多くは、顧客である医師と5分以内の面談時間で情報提供をしているというデータがある。このような制約下で営業・マーケティング部隊の生産性を高めるためにITが貢献できることは何だろうか。(2017/1/10)

「あけおめLINE」はWi-Fi使って――LINEが注意喚起 通信キャリアの負担を懸念
LINEが、元日に「あけおめ」メッセージを送る際、スマホの通信回線ではなくWi-Fiを利用するよう注意喚起。(2016/12/27)

変わるWindows、変わる情シス:
第16回 使われないWindowsのアプリストア、何かメリットあるの?
マイクロソフトの新OS「Windows 10」。もう使ったという人も、まだ試していないという人もいると思うが、あらためてそのポイントを“マイクロソフトの人”に解説してもらおう。今回は嫌われ者(?)のWindowsストアについてのお話。(2016/12/26)

SIM通:
主要SNSが使い放題のLINEモバイル 他MVNOと違うところは?
LINEが、MVNO事業に参入してスタートさせた「LINEモバイル」。MVNOに今まで関心が無かった人からも注目を集めている。いったいどんな特徴や利用者メリットがあるのでしょうか?(2016/12/22)

LINEモバイル、サービス開始3カ月の利用動向を公開――契約者・利用者の中心は30代後半〜40代前半
LINEモバイルは、サービスを開始した9月5日〜11月30日までの3カ月の利用動向を公開した。契約者・利用者に30代後半〜40代前半が多くみられ、月別の申し込みプランの割合では「コミュニケーションフリープラン」が6割弱まで上昇している。(2016/12/21)

FREETEL、訪日旅行客向けプリペイドSIMの容量ラインアップを拡充 既存容量もパッケージ一新
FREETELのプリペイドSIMカード「FREETEL Prepaid Data SIM for Japan」に、新たに3GBと5GBのパッケージが登場する。既存の1GB・2GBパッケージもデザインを一新し、全パッケージにパッケージデザインと同一の絵柄を用いたポストカードを新たに付属する。(2016/12/15)

LINE、「グループビデオ通話」に対応 同時表示は4人まで
一度に表示できるビデオは自分を含めて4人まで。表示するユーザーは自由に切り替えられる。(2016/12/14)

LINEのハッシュタグ、未成年が“出会い”に利用 LINE「厳格に対応したい」
LINEの「ハッシュタグ」を、未成年が出会い目的に利用している。LINEは「問題は把握している」といい、「早急に厳格に対応したい」としている。(2016/12/13)

富士フイルムがLINEからプリント注文できるサービス開始 画像を選んで公式アカウントに送るだけ
出来上がったコラージュはギフトとしても贈れますよ。(2016/12/8)

SIM通:
FREETELが新機種発表会 新プラン「スマートコミコミ」を発表!
プラスワン・マーケティングは、「FREETEL 新製品・新サービス発表会」を開催。新製品として、低価格なSIMフリースマホ「Priori 4」、Wi-Fiルーター「ARIA 2」、そして、半年以上利用で残金不要で機種変できる新プラン「スマートコミコミ」を発表した。(2016/12/7)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。