ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LINE」最新記事一覧

ChatOpsで進化するIT部門のコミュニケーション【第1回】
メールからチャットへ――「Slack」「LINE」が変える情報共有と開発手法
業務における情報伝達手段がメールからチャットに変化している。同じく開発・運用の現場でも、チャットをハブとして利用し、情報共有の効率化やITの自動化を進める「ChatOps」という考え方が浮上している。(2016/5/24)

新入生の98%が「LINE」利用 東京工科大調査 女子の「iPhone率」は7割超に
今年の新入生の98%はLINEを利用している――東京工科大学が行ったコミュニケーションツールの利用状況調査でそんな結果が。(2016/5/18)

即席!3分で分かるITトレンド:
コレ1枚で分かる「bot(ボット)」
今、ユーザーと自動対話する技術「bot(ボット)」が注目を集めています。その仕組みと、botを活用したサービス展開を解説します。(2016/5/18)

なかなか絶滅しないガラケー 首位パナが次々新機能、スマホより優位に?
ガラケーの出荷台数が堅調に推移している。いったんはスマホに流れたものの、ガラケーに戻ってくる“出戻り需要”も市場を下支えしている。(2016/5/10)

10人に4人が利用:
スマホより優位に? 絶滅しない「ガラケー」
急速に普及するスマートフォンの影で、従来型の携帯電話の出荷台数も堅調に推移している。法人や高齢者の底堅い需要に加え、電池持ちを含めた使い勝手の良さやスマホの約半額という維持費の安さが市場を支えている。(2016/5/9)

@ITセキュリティフォーラムGW特別企画:
GW中に読みたいサイバーセキュリティ関連記事まとめ
本稿では、2016年1月〜4月に@IT「Security & Trust」で公開した記事の中から、「各月最も読まれた記事トップ3」を発表します。(2016/5/6)

格安SIMでLINEは使えるの?
(2016/5/1)

携帯販売ランキング(4月18日〜4月24日):
総合ランキングトップの座をソフトバンクがauから奪還、7週ぶり
総合ランキングトップはソフトバンク版「iPhone 6s(64GB)」。6週連続でトップだったau版「iPhone 6s(64GB)」を逆転。(2016/4/30)

「LINE」ユーザー伸び悩み続く 業績は堅調 1〜3月期
LINEのグローバルのMAUは伸び悩みが続いている。1〜3月期の業績は堅調だ。(2016/4/28)

学校が知るべき「家庭内IT」の今【前編】
中高生の家庭では「LINE禁止」「ネット制限」は“常識”ではない
教育機関がIT活用やIT教育を進めるためには、学習者の家庭でのIT環境も考慮する必要がある。保護者によってIT活用の考え方は異なり、家庭内IT環境はさまざまだ。今回は筆者の家庭での実例を紹介する。(2016/4/26)

本音で議論、学生×教員IT活用座談会【第3回】
「LINEで先生とやりとり」「ネット利用禁止」は是か非か? 現役大学生の意見は
教員と学習者の双方が納得できるITの使い方や制限の仕方とは。先駆的なIT活用校である玉川大学とデジタルハリウッド大学の教員と学生が議論する。(2016/4/25)

格安SIMではキャリアメールは使えない? 代わりに何を使えばいい?
(2016/4/24)

発売記念レビュー:
ビジネスだけではなくプライベートも“加速”する?――「VAIO Phone Biz」の注目機能をチェック
VAIO自ら手がけたスマートフォン「VAIO Phone Biz」が、まもなく出荷開始となる。「ビジネスを加速させるスマートフォン」は、ビジネス以外のパーソナルな面も“加速”できるのだろうか。(2016/4/22)

佐野正弘のスマホビジネス文化論:
MVNOだけではない、LINEの大きな戦略転換 プラットフォーム事業を再定義か
LINEがリアル決済や格安SIMへの参入を発表した。既存のプラットフォーム事業も見直しが進んでいる。その背景には何があるのか、昨今の動向から今後を見通した。(2016/4/21)

アプリで遊んで環境保護 Appleがアースデイのチャリティ・キャンペーン
特典もらって楽しくお勉強。(2016/4/19)

LINE、売上全額を義援金として寄付する「熊本地震 被災地支援スタンプ」販売開始
LINEは、4月18日にLINEドネーションスタンプ「熊本地震 被災地支援スタンプ」を販売開始。熊本地震の被災地支援として、売上全額を日本赤十字社を通じて寄付する。(2016/4/18)

モバイルファースト時代の難題に挑む:
PR:「モバイルWebもネイティブアプリも」ではリソースが足りない、どうする?
「Webサイトをアプリにしたいが、社内にアプリの開発者がいない」。多くの企業が解決を迫られているこの難題に、どんな手段があるだろうか。(2016/4/22)

格安SIM定点観測:
特定サービスの通信料無料に潜む課題――2016年3月音声通話編
昨今シェアを伸ばしつつあるMVNOが、特定サービスのみ通信料を無料にするサービスを導入した。MVNOサービスの差別化の軸となりうるサービスだが、法的には“大きな”課題がある。(2016/4/16)

【注意】熊本県の地震を受けて「LINE Out」「Viber Out」が無料に――ただし発信は控えるべき
熊本県の地震発生を受けて、携帯電話と固定電話あてに電話をかけられる「LINE Out」が1回あたり10分まで、「Viber Out」が条件なしで無料化となった。ただし着信側は固定回線/携帯回線で受けるため、回線の混雑を助長してしまう。利用は極力控えたい。(2016/4/15)

LINEに水滴が…… LINEのアイコン変更で水滴を拭き取ろうとする人が続出
拭き取りたいけど拭き取れない。(2016/4/15)

LINEのアイコンが変更 「スマホに水こぼした?」 拭こうとするユーザーも
iOS版「LINE」のアイコンに水滴の描写が加わり、「スマートフォンに水をこぼしたかと思って拭こうとしてしまった」と告白するユーザーが続出している。(2016/4/15)

SIM通:
LINEがMVNO事業「LINEモバイル」を今夏スタート
LINEが今夏をめどにMVNOサービス「LINEモバイル」をはじめると公表。月額500円からを予定し、LINE、Facebook、Twitterの閲覧などのデータ通信はカウントしないのが特徴。(2016/4/13)

料金が安くなるなら「携帯電話税」に前向きが4割――ジャストシステムの月次定点調査
ジャストシステムは、4月8日に「モバイル&ソーシャルメディア月次定点調査(2016年3月度)」の結果を発表した。ユーザーの4割が、料金が安くなるなら「携帯電話税」に前向きな意向を示していることが分かった。(2016/4/8)

「既読」マークをつけない方法も 意外と知らないLINEの小技5選
既読スルーに誤爆? コミュニケーションのトラブルを防ぎ、便利さを生かすためのさまざまなLINEの小技を知っておきましょう。(2016/4/6)

LINE・Twitterの“見えない”いじめ防止 千葉県柏市、監視アプリの実証実験へ
子どものSNS投稿内容を監視し、危険を感知すると保護者に連絡――千葉県柏市が中学生の保護者向けにいじめ防止アプリの実証実験を実施する。(2016/4/4)

本田雅一のクロスオーバーデジタル:
「コンピュータとの会話が日常になる未来」を示したMicrosoft
世界的に人工知能が注目を集める中、Microsoftが開発者会議で示した未来のコンピューティング像は「ハードウェアに依存しない、会話でさまざまな問題がスマートに解決する世界」だった。(2016/4/3)

アンバサダーの発見・分析・コンタクトがワンストップで展開可能に:
AMN、新アンバサダープラットフォームをリリース
アジャイルメディア・ネットワークは、アンバサダーの発見・分析・コンタクトがワンストップで可能な「アンバサダープラットフォーム」をリリースした。(2016/4/1)

Facebookメッセンジャー初のボットはKLMの旅客アシスタント
MicrosoftがSkypeボットを発表した同日、Facebookがメッセンジャーで稼働する初のボット型パーソナルアシスタントを発表した。KLMオランダ航空のボットが、フライト情報やチェックイン情報をメッセンジャー上で知らせる。(2016/3/31)

Microsoft、人工知能ボット作成フレームワークを公開
Microsoftが年次開発者会議「Build 2016」で、アプリの人工知能ボットを開発するためのフレームワークやランタイムを発表した。Skypeで動くボットのプレビュー版も公開した。(2016/3/31)

R25スマホ情報局:
LINEの格安スマホ「これで十分」の声も
今夏から始まるLINEの格安SIMは月額500円からで、LINEやTwitterなどのデータ通信はカウントしないという。(2016/3/30)

LINE、公式キャラにSNS女子「チョコ」登場 Instagramで日常を発信
LINEの公式キャラにブラウンの妹「チョコ」が加わった。日常をInstagramで発信していく。(2016/3/29)

Mobile Weekly Top10:
「iPhone SE」発表/LINE、夏に格安SIMを発売
ついに発表された「iPhone SE」。3月21日から3月27日のアクセスランキングでは、TOP10に関連記事が8本入りました。(2016/3/28)

潮晴男の「旬感オーディオ」:
安くて音と使い勝手のいいレコードプレーヤーが欲しい!――そんなわがままな人にVOXOA「T-50」
最近、若い人達にも新鮮なメディアとして受け入れられているアナログレコード。今回はレコード入門層にも最適なレコードプレーヤー、VOXOA「T-50」の使用記&試聴記をお届けしよう。(2016/3/28)

石野純也のMobile Eye(3月14日〜25日):
“LINE無料”を打ち出した「LINE MOBILE」の衝撃――業界には大きな課題も
LINEが3月24日に「LINE CONFERENCE TOKYO 2016」を開催した。そこで披露された大きなサプライズが、MVNO事業の「LINE MOBILE」だ。月額500円から、LINEのサービスが使い放題となるというインパクトのある内容だが、課題も残っている。(2016/3/26)

LINE、格安SIMに今夏参入 月額500円からで「LINE」アプリの通信量は“ノーカウント”
FacebookとTwitterのデータ通信量もカウントしない。(2016/3/24)

月額500円 LINE、「LINE MOBILE」を発表
LINE・Facebook・Twitterで発生する通信量がフリー。(2016/3/24)

LINE、最大200人で同時に音声通話できるグループ通話機能を提供
「LINE」で、グループトークや複数人トークのメンバーと同時に音声通話ができるグループ通話機能が登場。最大200人まで同時に音声通話を行うことができるようになった。(2016/3/23)

LINE、最大200人まで同時に音声通話ができる「グループ通話機能」提供開始
もちろん無料。(2016/3/23)

R25スマホ情報局:
LINEは7位!? 海外のメッセージアプリ事情
日本ではすっかり定着しているメッセージングアプリ「LINE」だが、世界で最もユーザー数の多いメッセージングアプリは「WhatsApp」。手軽さから「Facebook Messenger」も、日本を含め世界で人気だ。(2016/3/15)

LINEの偽アカウントがサービス障害の原因を「サーバの上で味噌汁をこぼしたため」とデマ拡散 公式が注意喚起する事態に
メッセージやスタンプの送受信が不安定な状態でした。(2016/3/11)

LINEに不具合 メッセージが送りにくい状態に
11日午後6時ごろからLINEに障害が発生し、メッセージが送りにくい状態になっている。(2016/3/11)

【復旧】LINEでサービス障害発生中 公式アカウントでは「正常に利用できない状態」「復旧にむけて対応をしております」
メッセージやスタンプの送受信が不安定な状態に。※復旧しました(2016/3/11)

申し込み不要:
FREETEL、「FREETEL SIM」でメッセンジャーアプリの通信料を一部無料化 LINEを含む3アプリが対象
FREETEL SIMにおいて、「LINE」「WhatsApp」「WeChat」のテキストやスタンプ・絵文字のやりとりに関する通信が無料化される。一部の例外を除き全ユーザーが対象で、3月9日以降の通信に自動適用される。(2016/3/9)

PR:部下の遅刻に「ゆとり乙w」、上司にスタンプも当たり前 社会人たちの“お仕事チャット”の中身がすごかった
(2016/3/1)

高校生の男子8割、女子7割が「ネットで小遣い稼いだ経験がある」
男子高校生の8割、女子高校生の7割が「ネット上で小遣いを稼いだ経験がある」――10〜18歳の子どものスマホ利用についての調査結果をデジタルアーツが発表した。(2016/2/23)

LINE、プロフィール画面にBGMを設定できるように 「LINE MUSIC」と連携
LINEのユーザープロフィール画面に「LINE MUSIC」収録曲から好きな楽曲をBGMとして設定できる機能が追加された。(2016/2/22)

2020年に向けた病院内のIT化を推進する取り組みとは
iPhone 3200台導入の東京慈恵会医科大学、情報共有の在り方を一新
Appleの「iPhone」3200台を導入するなど、2015年からモバイル端末を中心としたIT環境を着々と構築している東京慈恵会医科大学。同大学が目指す医療ITのビジョンとは。(2016/4/11)

ソフトバンクとY!mobileの「DIGNOケータイ」、2月26日に発売
ソフトバンクが、LTE対応のフィーチャーフォン「DIGNOケータイ」を2月26日に発売する。(2016/2/18)

ソフトバンク、シニア向け「かんたん携帯9」を2月25日に発売
ソフトバンクは、シニア向けフィーチャーフォン「かんたん携帯9」を2月25日に発売する。(2016/2/18)

転換期を迎えた企業のデジタルマーケティング:
テクノロジーの進化で個客マーケティング時代が幕を開ける【前編】
矢野経済研究所では、国内の主要ECサイト事業者18社の協力を受け、各社のデジタルマーケティングに関する取組動向と展望を集計・分析したレポートを上梓している。本稿はそこで解説しきれなかった部分を補足しつつ、2回にわたってお伝えする。(2016/2/18)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。