ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  L

  • 関連の記事

「LINE」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

コード決済どれを選ぶ? 主要5サービスを総まとめ
2018年にはスマホ決済、特にコード決済が大きな注目を集めた。一方、どのサービスを使うべきか分からないという人も多いだろう。そこで今回は「楽天ペイ」「LINE Pay」「d払い」「PayPay」「Origami Pay」のメジャーな5サービスの違いを解説する。(2019/1/14)

今日のリサーチ:
台湾とタイではどのSNS広告がクリックされるのか――アウンコンサルティング調べ
アウンコンサルティングは、台湾とタイのWeb広告に関する意識調査を実施しました。(2019/1/9)

コード決済、利用者トップは「楽天ペイ」 話題の「PayPay」は…… ICT総研調査
ICT総研が「モバイルキャッシュレス決済の市場動向調査」の結果を発表した。最も利用者の多いコード決済サービスは「楽天ペイ」だった。(2019/1/7)

京都で働ける……LINEの開発拠点に海外から応募殺到
LINEが京都市に設置した新たな開発拠点の採用に、外国人の応募が殺到した。応募者1千人中、約8割が海外からの申し込みだったという。なぜ、海外からの関心が集中したのか。(2018/12/25)

PR:総務部門注目の「LINE WORKS」 ワークスタイル変革の“切り札”となる4つの理由とは?
ワークスタイルの変革をサポートする存在として、総務担当者が注目しているのが、ビジネスチャットツール「LINE WORKS」だ。LINEがなぜ変革の切り札になるのか。そこには、LINEならではの4つの理由がある。実際に現場でどのように活用できるのか、ソリューション提供を担うKDDIに聞いた。(2018/12/25)

Mobile Monthly Top10:
2018年のモバイル業界を振り返る(4月編):3キャリアがRCSベースの「+メッセージ」導入へ/楽天のキャリア参入決定
2018年の各月に読まれた記事トップ10を集計。4月は大手キャリアの「+メッセージ」導入や、楽天のキャリア参入決定が大きな話題となりました。(2018/12/22)

NHK Eテレ正月特番「平成ネット史(仮)」詳細決定 伝説のテキストサイト「侍魂」管理人インタビューも
Win95・テレホ・2ch・ニコ動・ミク・iモードと、約30年を2夜かけて振り返ります。(2018/12/20)

単月黒字化を達成:
「TONE SIM(for iPhone)」が進化 YouTubeやLINEも制限OK、AIが子どもを守る機能も
トーンモバイルが12月19日、iPhone向けの通信サービス「TONE SIM(for iPhone)」をバージョンアップ。同社がネットワークを制御することで、プリイン以外のアプリも制限できるように。AIが子どもの異常な動きを検知して親に緊急通知をする機能も追加した。(2018/12/19)

「視覚障害者の父のために」 耳に指を当てて通話できる指輪型デバイス「ORII」発売
スマートフォンと連携し、音声アシスタントを操作できる指輪型デバイス「ORII」の一般販売が始まった。装着した人差し指を耳に当てるだけで、通話やメッセージのやりとりが可能になる。(2018/12/18)

20年末には普及率78.8%:
SNS利用動向、「TikTok」の利用者急増 「Facebook」は個人情報流出などの影響で低調
ICT総研は12月18日、2018年度の日本国内におけるSNS利用動向に関する調査結果を発表。SNSのアクティブユーザー数は着実に増加しており、18年末には7523万人に達する見込み。(2018/12/18)

お顔スッキリいい感じ 「プリウス」がマイナーチェンジ、デザイン一新・コネクテッドカーに進化
価格は251万8560円から。(2018/12/18)

「プリウス」がコネクテッドカーに進化 トヨタがマイナーチェンジ
トヨタ自動車が12月17日、マイナーチェンジした「プリウス」を発売した。専用通信機「DCM」を全車に標準搭載し、コネクテッドカーに進化。(2018/12/17)

鈴木淳也の「Windowsフロントライン」:
Windows 10の“おせっかい機能”はマネタイズのため?
Windows 10では、従来からユーザーが意図しない形でアプリケーションが“勝手に”導入されていた。今回、新たにLINEアプリなどが加わったことで物議を醸しているようだ。(2018/12/12)

LINE QUICK GAMES、再開を再延期 「調整に時間がかかっている」
「LINE」上で遊べるゲームサービス「LINE QUICK GAMES」の再開が再延期。12月11日日正午から順次再開予定だったが、「調整に時間がかかっている」という。【追記あり】(2018/12/11)

実店舗でバーコードを読み取るとLINEポイントがもらえる「SHOPPING GO」開始
LINEは、実店舗での商品購入時に「LINE」内へ表示される専用のバーコードを読み取ると「LINEポイント」がもらえる新サービス「SHOPPING GO」を提供開始した。まずはファッションブランド「earth music&ecology」国内286店舗で導入し、年内に「ビックカメラ」「コジマ」「ソフマップ」も対応する予定。(2018/12/8)

今日のリサーチ:
「スクリーンタイム」調査で分かった10代の「Safari」利用率の低さ――テスティー調べ
テスティーはiOS 12の新機能「スクリーンタイム」に関する調査を実施しました。(2018/12/6)

LINEモバイルで機種変更が可能に Webから手数料・送料無料で手続きOK
LINEモバイルは、12月3日に機種変更へ対応。これまで端末の購入は申し込み時または回線変更時のみ可能だったが、マイページの「機種変更」から手数料・送料無料で手続きを行えるようになる。端末はAPN設定の一部や「LINE」「i-フィルター」「いつでも電話」などのアプリの初期設定が完了した状態で配送される。(2018/12/3)

最大5万円相当のプレゼントもあり 「LINE Payでわりかん」12月1日に開始
LINE Payは、12月1日から「LINE」のトーク上で簡単に割り勘できる独自機能を活用したキャンペーン「LINE Payでわりかん」を実施。「LINE Pay」を利用していなくても参加でき、参加者全員に配布される割り勘くじに当たった場合は最大1万円相当、抽選で毎日100人の幹事には最大5万円相当のLINE Pay残高をプレゼントする。(2018/11/30)

LINE、みずほと共同で新銀行設立検討へ 利用しやすい「スマホ銀行」目指す
まずは準備会社を立ち上げ、設立に向けた準備・検討を進めていくとのこと。(2018/11/27)

LINEとみずほが「LINE Bank」設立へ なぜ2社が新銀行を作るのか
LINEとみずほフィナンシャルグループが、新銀行「LINE Bank」を設立する計画を発表。2020年の開業を目指す。なぜ、2社は新銀行設立で協業することを決めたのか。(2018/11/27)

LINE、信用スコア事業に参入 第1弾は個人向けローン
LINEが、ユーザーの信用を数値化する「信用スコア」事業に参入する。(2018/11/27)

大規模イベントや街頭広告、交通機関などその場にいる人を対象に:
LINE、位置連動型リアルタイム調査の提供を開始
LINEは「LINEリサーチ」において、「LINE Beacon」を利用した位置連動型リアルタイム調査「ビーコン調査」の提供を開始した。(2018/11/22)

LINE Pay、Androidで「QUICPay」に対応 初回登録で1000ポイントをプレゼント
LINE Payは、11月21日にAndroidユーザー限定で非接触電子マネーサービス「QUICPay」での支払いへ対応。「Google Pay」に初回登録したユーザーへ「LINEポイント」1000ポイントをプレゼントする。(2018/11/22)

シャープの「ネットワークプリント」がLINEと連携 トークルームに写真を送信するだけで印刷可能に
シャープのマルチコピー機向けサービス「ネットワークプリント」が、LINEアプリと連携する。LINE@アカウントを友だちに追加した上で、写真をトークルームに送信して手順通りに操作すると、その写真をコンビニなどで印刷できる。(2018/11/21)

スキャンマンの取り組み:
PR:総務はたったの1人? 「何でもデジタル化すればいいわけではない」
派遣型スキャン代行サービスを提供する「スキャンマン」は2013年設立当初からバックオフィスのデジタル化に積極的に取り組み続けてきた。これまでどのような試行錯誤を重ねてきたのか。杉本社長にそのノウハウについて話を聞いた。(2018/11/20)

au Design projectの「INFOBAR xv」、11月29日発売 5万1840円(税込)
KDDIが「INFOBAR xv」を11月29日に発売する。初代「INFOBAR」の発売から15周年を記念したモデルで、深澤直人氏がデザインを手掛けた。LINEや+メッセージも利用できる。(2018/11/19)

「LINE家計簿」アプリ公開 「今日使える金額」を自動計算
LINE Payが「LINE家計簿」の提供を始めた。収支から「今日使える金額」を自動計算する機能など、貯金をサポートする機能を備える。(2018/11/13)

LINE、アプリの「ニュースタブ」や公式アカウントで緊急時の避難情報や国民保護情報を通知
今までも「LINE」のトークリスト上で通知するといった取り組みを行っていた。(2018/11/8)

日本初の“傘”シェアリングサービス、12月から渋谷で開始 特殊傘を1日70円〜月420円で借り放題
スタート時の加盟数は40〜50カ所。2020年に全国3万カ所を目指すとしています。(2018/11/1)

LINEウォレット、ポイントカードやクーポンを一括管理できる機能を追加
LINEウォレットへ、新機能「マイカード」と「LINEクーポン」が登場。ポイントカードや会員証の情報を一括して管理できるほか、全国の店舗で展開するクーポンを集約して利用することができる。(2018/10/31)

「まとめサイト」賠償命令 サイト側、求められる一層厳格な権利確認
ネット上に「まとめサイト」などがあふれる中、著作権侵害の可能性があるイラストや画像などの無断転載は横行している。経済的な損失が不明確な無料コンテンツの転載についても賠償を認める司法判断が出されたことで、サイト側にはより厳格な権利確認が求められそうだ。(2018/10/30)

LINE×エン・ジャパン:
求人情報がLINEで届く「LINEキャリア」始動 狙うユーザーは“窓際族”?
LINEとエン・ジャパンの合弁会社LENSAが始動。LINEを使った転職求人情報の配信サービス「LINEキャリア」を始めた。トークを活用した面接対策の配信や、面接日のリマインド配信などにも対応する。(2018/10/22)

テクノロジーは「推進役」にすぎない
HR Tech(HRテクノロジー)が「無意識の偏見」を明らかにする
「#MeToo」の動きに促された人事部はハラスメントの問題に取り組んでいる。有力な手段としてHR Techが脚光を浴びつつあるが、当然ながらソフトウェアにはできることと、できないことがある。(2018/10/22)

ドコモ、10月17日に2018年冬〜2019年春モデルの発表会を開催
ドコモが10月17日に、2018年冬〜2019年春商戦の新商品発表会を開催。発表会はYouTubeでライブ中継する。「Xperia XZ3」や「Galaxy Note9」が登場するかもしれない。(2018/10/10)

アニメに潜むサイバー攻撃:
「敵とは何か」 SNSの未来を描く「ガッチャマン クラウズ」のメッセージを解く
そう遠くない未来、現実化しそうなアニメのワンシーンをヒントに、セキュリティにもアニメにも詳しい内閣サイバーセキュリティセンター(NISC)の文月涼さん(上席サイバーセキュリティ分析官)がセキュリティ対策を解説します。第4回のテーマは「ガッチャマン クラウズ」です。 (2018/10/12)

チャットbotで煩雑さが劇的に減少
今まさに広がりつつあるAI人材選考、人間による評価とのすみ分けは
有望な求職者を見極める採用活動にAI技術を取り入れる動きが、企業の間で広がっている。だが注意しなければならない幾つかの落とし穴が存在する。(2018/10/3)

女性の半数が海外旅行の通話に「LINE」を利用、男性は「国際ローミング」「SIMフリー」
エアトリは、9月28日に「海外でのスマートフォン・携帯電話の使用状況」に関するアンケート結果を発表。データ通信時には「Wi-Fiルーターのレンタル」がもっとも多く、「国際ローミング」「SIMフリー」の利用は女性よりも男性の割合が高い。主に利用する音声通話では、女性の半数以上が海外での音声通話に「LINE」を使用していることが分かった。(2018/9/28)

いつでも顧客とつながることができる
LINEで軽々超える顧客との距離 カスタマーサポートの進化最前線
コンタクトセンターにLINEを導入し、電話やメールとは違った新しい顧客体験を提供する企業が増えている。成功企業の取り組みを紹介する。(2018/9/27)

北海道地震被災者のレポ漫画がためになる 「ラジオとSNSが救いに」「モバイルバッテリーはいっぱい用意」
道具や食料を備蓄する大切さがあらためてよく分かります。(2018/9/25)

今日のリサーチ:
イマドキ女子のスマホプライムタイムは「22時」――インテージ調べ
インテージは、15〜24歳“イマドキ”女子のスマートフォンの利用実態を調査しました。(2018/9/21)

電話などの手間省く:
福岡市、粗大ごみ収集を「LINE」で受付 公式アカウントにトークで申請
福岡市は2018年9月19日〜19年2月28日にかけて、「LINE」を活用して粗大ごみ収集を簡単に申し込めるサービスの実証実験を実施する。福岡市民であれば同実験に誰でも参加可能。(2018/9/20)

総投票数80万票:
ジョージア「復刻してほしい缶コーヒー」1位 98年発売「ル・カフェ」が復活
コカ・コーラシステムは、2018年初頭に実施した「復刻してほしい缶コーヒー選手権」で第1位に選ばれた「ジョージア ル・カフェ」を9月24日に全国発売。総投票数は80万5331票だった。(2018/9/18)

応募者最年長は105歳:
「シルバー川柳」入選作品が発表 「『インスタバエ』 新種のハエかと 孫に問い」など選出
全国有料老人ホーム協会が「シルバー川柳」の入選作品を発表した。シニア世代の様子を的確に表現した計7872作品が寄せられ、その中から20作品が入選した。(2018/9/18)

製造ITニュース:
IoTプラットフォームとビジネス版LINEを連携、PTCなど3社協業で
PTCジャパン、ワークスモバイルジャパン、日本システムウエアの3社は、製造業向けIoTサービスの提供で協業すると発表した。ビジネス版LINEである「LINE WORKS」とIoTプラットフォームを連携させて、製造現場のIoTをさらに使いやすくする。(2018/9/13)

女子高生AI「りんな」の地方応援プロジェクトがスタート 「りんなちゃんに群馬の救世主になってもらえたら」
日本マイクロソフトが地方自治体などと連携し、女子高生AI「りんな」を活用する地方応援プロジェクトを開始した。りんなのLINEアカウントから使える3つのメニューを用意した。(2018/9/12)

女性から“攻めた”ほうが勝率高い:
50〜60代の独身男女、4割が「数年以内に異性にときめいた」経験あり LINEで告白する人も
結婚相手紹介サービスを手掛けるオーネットの調査で、50〜60代独身男女の約4割が、2〜3年以内に異性に「ときめいた」経験があることが分かった。気になる異性にアプローチした人は4割で、交際につながった人はその半分だった。「LINE」で気持ちを伝えた人もいた。(2018/9/12)

今日のリサーチ:
LINEとゲーム以外に使われているアプリとは?――三菱東京UFJ&コンサルティングなど調査
三菱東京UFJ&コンサルティングは、スマートフォンの利用実態を実際の操作データを基に分析しその結果を発表しました。(2018/9/6)

「波平と出川哲朗さんは同い年」:
「カツオは将来、社長になる」 サザエさん好きの慶大名誉教授と考える、磯野家の未来
かつてのベストセラー「サザエさん」のトリビア本「磯野家の謎」の続編が四半世紀ぶりに出版された。著者は慶應義塾大学 名誉教授の岩松研吉郎さん(74)らのグループ。数十年にわたって同作品を愛し続ける岩松さんに、書籍を通じて現代人に伝えたいことを語ってもらった。(2018/9/5)

IFA 2018:
LINEで自在にIoTデバイスを操る「LINE Things」
「IFA 2018」にLINEが初出展。開発中のIoTプラットフォーム「LINE Things」を披露した。メッセンジャーアプリの「LINE」を使って各種IoTデバイスの管理や操作が行える。担当者に狙いを聞いた。(2018/9/3)

U&Iターンの理想と現実(48):
そうだ、京都に行こう――LINEが京都の街中に開発拠点を作る、たった1つの理由
どんな経緯で移住し、どのように暮らしているのか――LINE KYOTOで働くにエンジニア2人に話を伺った。(2018/9/3)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。