ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「不正アクセス」最新記事一覧

車載セキュリティ:
ECUの個体差をセキュリティに応用、なりすまし見抜いて不正アクセス阻止
ハンガリーのナビコアソフトベンダーであるNNGが、車載セキュリティの取り組みについて説明した。提案を強化しているのは、ECUの個体ごとに異なる電気信号の波形を利用した車載セキュリティだ。(2017/11/14)

身に覚えのない商品が勝手に注文されていた―― 「Amazonで不正アクセスされた話」がTwitterで注目集める
おかしな注文に気付いたら、すぐにカスタマーセンターへ連絡を。(2017/11/2)

不正アクセスでの盗撮を“物理的”に防ぐレンズ貼り付け用セキュリティシール
サンワサプライは、外部からの不正アクセスによる盗撮を防止できるセキュリティシール「SL-6H-3」を発売した。(2017/10/24)

政府機関や公益企業を狙う執拗なサイバー攻撃、米政府機関が対策を解説
米国土安全保障省と連邦捜査局は、攻撃側が使う手口や不正侵入の兆候を発見する手段、ネットワーク防御のための対策などについて具体的に解説し、業界に対策を促している。(2017/10/24)

TOKYO MXに不正アクセス 30万人以上の個人情報流出の可能性
Webサイトの番組のコメント投稿フォームなどから投稿された氏名やメールアドレスが流出した可能性がある。(2017/10/5)

「TOKYO MX」公式サイトに不正アクセス 視聴者のメアド最大37万件流出か
TOKYO MXの公式サイトに不正アクセス。視聴者のメールアドレスなど最大37万件が流出した可能性があるという。(2017/10/5)

不正アクセスを検知できず:
Equifaxの情報流出は「人為ミスと技術的失敗」、前CEOが証言
Equifaxのセキュリティ部門が行ったスキャンではApache Strutsの脆弱性を発見できず、同社のセキュリティツールも不正アクセスを検出できなかった。(2017/10/4)

「のぞき見できる」他人の人事情報に不正アクセス 市役所の甘いセキュリティ
別の職員になりすまし、市役所の内部ネットワークにアクセスしたとして、大阪府富田林市の職員2人が摘発された。事件を通じて見えてきたのは、やろうと思えば簡単に内部情報にアクセスできてしまう市の管理体制の甘さだった。(2017/9/27)

gumi子会社に不正アクセス 「無償石を不正配布される」などの被害
業績への影響は軽微とのこと。(2017/9/26)

社内システム侵入とソースコード流出:
gumi、海外子会社に不正アクセス 無償石の不正配布
gumiの海外子会社に不正アクセス。公式サイトの改ざんと運営タイトル内での「無償石」の不正配布があったという。(2017/9/26)

市職員連続立件の背景:
「のぞき見できるものなら……」他人の人事情報に禁断の不正アクセス
別の職員になりすまし、市役所の内部ネットワークにアクセスしたとして、大阪府富田林市の職員2人が8〜9月、不正アクセス禁止法違反の疑いで、大阪府警サイバー犯罪対策課に相次いで摘発された。(2017/9/26)

米信用情報機関の個人情報大量流出、Strutsの脆弱性放置が原因
今回悪用されたApache Strutsの脆弱性は、3月に修正パッチが公開されていた。Equifaxがこの脆弱性を突く不正アクセスの被害に遭ったのは5月中旬だった。(2017/9/15)

米個人情報機関最大手Equifax、1億4300万人の社会保障番号など漏えい
米個人情報機関Equifaxが、7月にサービスへの不正アクセスがあり、約1億4300万人の米国顧客の社会保障番号などの個人情報が流出したと発表した。一部顧客についてはクレジットカード番号も盗まれた可能性があるとしている。(2017/9/8)

エネルギー業界を狙う攻撃が急増、妨害工作に発展の恐れも
「Dragonfly」と呼ばれる集団はエネルギー業界を狙って攻撃を仕掛け、不正アクセスを確立。そのアクセスを足掛かりとして妨害工作を仕掛ける可能性もあるとSymantecは予想する。(2017/9/7)

Instagramの情報流出、一般ユーザーにも被害
Instagramの一部ユーザーの電子メールアドレスと電話番号が、たとえ非公開にしている場合でも、APIのバグを利用して不正アクセスされた可能性があるという。(2017/9/4)

Instagramの著名人アカウントがハッキング被害、個人情報が流出
Instagram APIのバグが悪用され、複数の著名Instagramユーザーの個人情報が何者かに不正アクセスされた。(2017/9/1)

米FDA、心臓ペースメーカーのリコール発表 脆弱性を突かれ患者に危害が及ぶ恐れ
脆弱(ぜいじゃく)性を悪用されれば、患者のペースメーカーに他人が不正アクセスしてプログラミングコマンドを改ざんできてしまう恐れがある。(2017/8/31)

米テレビ局がハッキング被害、「Game of Thrones」の脚本など流出
何者かがHBOのシステムに不正侵入して、1.5TB分のデータを盗み出し、Game of Thronesの脚本などをネットに掲載したと主張しているという。(2017/8/1)

仮想通貨マイニング目的か 不正アクセスで採掘プログラム仕込まれる ソフトバンク・テクノロジー
ソフトバンク・テクノロジーに不正アクセス。マルウェアとして仮想通貨採掘プログラムが仕込まれていたという。(2017/7/25)

調査レポートを読み解く:
産業用ロボットがハックされる!? トレンドマイクロがサイバー攻撃のリスクを検証
トレンドマイクロとミラノ工科大学は共同で、産業用ロボットのセキュリティに関する調査を実施し、産業用ロボットへの不正アクセスの可能性について検証した。その調査レポートを踏まえながら、産業用ロボットのセキュリティリスクについて、トレンドマイクロの上田勇貴氏に話を伺った。(2017/7/25)

韓国軍の機密情報漏えいとATM不正引き出しに関連性――カスペルスキーが報告
Kaspersky Labが、2016年の韓国軍に対する不正アクセス事件と2017年のATM不正引き出しとの関連性を指摘している。(2017/7/13)

ホテル予約システムから利用客情報が流出、Hard RockやLoewsで被害
米Sabreの予約システムが何者かに不正アクセスされ、暗号化されていないクレジットカード情報や個人情報が流出した。(2017/7/11)

産業制御システムのセキュリティ:
産業用ロボットへのサイバー攻撃5つのパターンと対策
トレンドマイクロはミラノ工科大学と共同で、産業用ロボットへの不正アクセスの可能性を検証。損害を生みだす5つのパターンを確認した。(2017/7/11)

自動運転車の事故でも保険支払い 損保ジャパン日本興亜
自動運転機能を持つ車が欠陥や不正アクセスなど、運転者に責任がない状況で事故を起こした場合でも保険が支払われる「被害者救済費用特約」を新設する。(2017/6/23)

スマホゲーム「剣と魔法のログレス」で不正アクセス 運営元Aimingの従業員逮捕
ゲーム内アカウントがリアルマネートレードサイトに出品される問題が起きていました。(2017/6/21)

国交省への不正アクセス、個人情報流出なし
国交省のWebサイト「土地総合情報システム」が不正アクセスを受けたが、個人情報の流出は確認されず。(2017/6/15)

登記情報など最大で約20万件流出か:
国交省サイトに不正アクセス 「Apache Struts2」脆弱性
国土交通省の「土地総合情報システム」に不正アクセス。登記情報など最大約20万件が流出した可能性があるという。被害が相次いで報告されている「Apache Struts2」の脆弱性を悪用したもの。(2017/6/6)

国交省に不正アクセス 不動産登記情報など約20万件流出か
国交省のWebサイト「不動産取引価格アンケート回答」が、「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受けた。(2017/6/6)

シングルサインオンのOneLoginに不正アクセス、顧客情報に被害
OneLoginは顧客宛ての通知で、「米国のデータセンターを使っている全顧客が影響を受ける。暗号化されたデータを複合できる能力も含め、顧客データが被害に遭った」と説明している。(2017/6/2)

Webの生命線を守る、アカマイ×ラック協業の中身
「脆弱性対策」と「DDoS攻撃対策」を丸ごとお任せできる簡単な手段とは?
Webサイトは今や、企業の顔だけでなくビジネスの生命線だ。脆弱性を突く不正アクセスやDDoS攻撃など多様な脅威にさらされているWebサイトをどう保護すればよいのか。(2017/5/30)

不正利用被害は880万円:
ぴあのクレカ情報流出、新たに6500件確認
ぴあ運営のB.LEAGUE関連サイトで不正アクセス。個人情報が流出した可能性がある問題について、新たにクレカ情報6500件が対象になると発表。合計で約3万9000件に上るという。(2017/5/19)

ぴあ、Bリーグ不正アクセス問題 新たにカード情報6500件の流出可能性を発表 計4万件弱に
5月8日時点で、不正使用が判明しているのは379件(被害額約880万円)。(2017/5/18)

ぴあ、新たにカード情報6500件流出の恐れ チケットサイトが不正アクセス被害
B.LEAGUE公式チケットサイトなどが不正アクセスを受けた件で、さらにクレジットカード情報が6508件流出した可能性が発覚。公表済み件数と合わせると3万8695件。クレジットカード決済機能の復旧は「困難な状況」。(2017/5/18)

B.LEAGUEチケットサイトなどから個人情報のべ15万件超が流出の恐れ Apache Struts2の脆弱性が原因
ぴあが運営を受託していたプロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」のチケットサイトとファンクラブ受付サイトに不正アクセスがあった。個人情報のべ15万件超が流出した可能性があり、クレジットカード番号とセキュリティコードも3万2000件あまりが盗まれた可能性がある。(2017/4/25)

15.5万件余りの個人情報流出か プロバスケリーグ、チケットサイトの不正アクセスについてぴあが謝罪
Twitter上ではクレジットカードの不正利用を疑う声があがっていました。(2017/4/25)

ぴあ、チケットサイトから個人情報15万件流出か カード情報も
「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセスを受け、ぴあが運営するB.LEAGUEのチケットサイト、ファンクラブサイトから個人情報が流出。(2017/4/25)

不正利用は197件630万円:
ぴあ、最大3万2000件のクレカ情報流出
ぴあが最大約15万5000件の個人情報(うち、クレジットカード情報約3万2000件)が流出した可能性があると発表。運営を受託しているB.LEAGUEのチケットサイトとファンクラブ受付サイトが不正アクセスを受けた。(2017/4/25)

Struts 2の脆弱性悪用 総務省サイトから個人情報2万件超流出のおそれ
Struts 2の脆弱性を悪用した不正アクセス被害がまた判明した。(2017/4/14)

Gyazo発明者のGyazo・Twitterアカウントに不正アクセス、原因はパスワード使い回し 公式ブログにおわび掲載
第三者が公開した画像は「弊社に一切関係のない画像」。(2017/4/12)

「JINS」に不正アクセス 個人情報75万件流出の可能性 Struts 2の脆弱性悪用
「Apache Struts 2」の脆弱性を悪用した不正アクセス事件がまた。(2017/3/27)

国際郵便マイページサービスからメアドなど約3万件流出の恐れ Struts 2の脆弱性を利用した不正アクセス
日本郵便が提供する「国際郵便マイページサービス」に不正アクセスがあり、送り状やメールアドレスの情報が流出した可能性があることが判明。「Apache Struts 2」の脆弱性を利用した不正アクセスだった。(2017/3/14)

日本郵便、「国際郵便マイページサービス」に不正アクセス 約3万件個人情報流出のおそれ
情報流出した可能性のあるユーザーには個別に連絡するとのこと。(2017/3/14)

Apache Struts2の脆弱性:
国際郵便サイトに不正アクセス 送り状など流出か
日本郵便の「国際郵便マイページサービス」サイトに不正アクセスがあり、送り状データなどが流出した可能性。(2017/3/14)

半径300メートルのIT:
GMO子会社のクレカ情報漏えい事件、“褒められる対応”を考えた
約70万件の情報が漏えいしたとみられるGMOペイメントゲートウェイの不正アクセス事件。100%情報漏えい事故を防ぐことはできない時代、事件を起こした企業がすべき“褒められる対応”を考えてみました。(2017/3/14)

都税と住宅金融支援機構のクレジット支払サイトに不正アクセス 個人情報流出の可能性
ソフトの脆弱性を悪用した不正アクセスにより、70万件を超える個人情報が流出した可能性がある。(2017/3/11)

GMOペイメントゲートウェイに不正アクセス クレジットカード情報など約72万件が流出した可能性
GMOペイメントゲートウェイが提供する決済サービスに不正アクセスがあり、東京都の都税クレジットカードお支払いサイトと、住宅金融支援機構の団体信用生命保険特約料クレジットカード支払いサイトから、クレジットカードなどの情報約72万件が流出した可能性がある。(2017/3/10)

不正アクセスで:
都税支払いサイトからカード情報6万件超が流出か
東京都の都税支払いサイトと、住宅金融支援機構の団体信用生命保険特約料支払いサイトに不正アクセスがあり、クレジットカード番号などが流出した可能性。(2017/3/10)

ぬいぐるみから80万人のユーザー情報が流出、つながる玩具に警鐘
「ほかにも多数のつながる玩具に深刻な脆弱性が存在しているのは間違いない。メーカーや保護者の知らないうちに不正アクセスされ、データが盗まれているかもしれない」と研究者は警鐘を鳴らしている。(2017/3/2)

「お名前.comレンタルサーバー」でWAFを標準提供:
PR:GMOインターネット×ラック対談――「Webサーバ防御の課題」とは
脆弱なWebサーバ、特に「WordPress」の脆弱性を狙った不正アクセスが後を絶たない。そんな中GMOインターネットでは、サービス事業者として「安心して利用できる環境」の実現を目指し、ジェイピー・セキュアの「SiteGuard」を用いてデフォルトでWAF機能の提供を開始した。(2017/2/20)

米Yahoo!のアカウントに不正侵入の可能性、ユーザーに通知
2016年に発覚したユーザー情報の大量流出に関連して、偽造cookieを使ってアカウントが不正アクセスされた可能性があることが分かった。(2017/2/16)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。