ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「マイクロアド」最新記事一覧

アプリ上での適切なコミュニケーションで離脱防止:
マイクロアド、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供開始
マイクロアドは、アプリ内コミュニケーションエンジン「MicroAd ENGAGE」の提供を開始したことを発表した。(2016/5/25)

ドローンウォッチャーが読み説くアドテク企業の新事業:
ドローンでスマートフォンの次のメディアを作るという“ハイパー”な発想
マイクロアドがドローンを使って仕掛ける新メディア事業「Sky Magic」。これを「斜め上を行く発想」と評するのは、ドローンに関する著書のあるコンサルタント小林啓倫氏。何が画期的なのか。(2016/4/24)

資本・業務提携を発表:
ソフトバンクとマイクロアドがスマートデバイス向け広告事業で協業
ソフトバンクとマイクロアドは資本提携およびスマートデバイス向けの広告事業での業務提携を発表した。(2016/4/21)

光と音で空間をデザイン:
マイクロアドが高城 剛氏とドローンを使った広告メディア開発
マイクロアドは、新プロジェクト「MicroAd Magic!」を発表。第1弾として、ドローンを使って光と音で空間をデザインする「Sky Magic」の提供を開始する。(2016/4/20)

ドローンの光をつないで空間を巨大ディスプレイに――“21世紀の広告”「Sky Magic」始動
LED搭載のドローンが“点”となって編隊飛行し、巨大なディスプレイを作り出すプロジェクト「Sky Magic」を、ネット広告事業を手掛けるマイクロアドが発表した。(2016/4/20)

企業と求職顕在層をマッチング:
マイクロアド、人材採用特化型ターゲティング広告サービスを提供開始
マイクロアドは、採用活動を行う企業向けに、採用特化型ターゲティング広告サービス「BLADE Hunt」の提供を開始すると発表した。(2016/3/31)

日系企業のインド国内でのEC販売を支援:
マイクロアド、インド越境ECパッケージを提供開始
マイクロアド・インディアは、インドへ進出する日系企業に向けて、インド国内でのEC販売を可能にしたマーケットプレース型のインド越境ECパッケージのサービス提供を開始した。(2016/3/17)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
進化か? 衰退か? 2016年のアドテクはこうなる!
成長が続く一方でネガティブに語られることも増えてきたアドテクノロジー。2016年はどうなるのか。広告主側とパブリッシャー側双方の事情をよく知るマイクロアド COMPASS事業部 部長 福田裕也氏が解説。(2016/2/3)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
買いたたかれる広告枠、アドテクはメディアの敵か味方か
ネット広告の発展は良質なコンテンツ供給と健全な収益化の仕組みがあってこそ。2011年よりSSP事業に従事するマイクロアド 中野伸飛氏が、望まれる次世代の「メディア」と「広告枠」の在り方について解説します。(2016/1/27)

ブランド効果をリアルタイムに計測:
マイクロアド、アンケートバナー配信サー ビス「LinX」を提供開始
マイクロアドは2016年1月14日、Web広告での態度変容効果をリアルタイムに計測可能なアンケートバナー配信サー ビス「LinX」の国内提供を開始したと発表した。(2016/1/14)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
ネット広告は“リターゲティング無間地獄”からどう脱却するか?
広告配信を最適化する一方、エンドユーザーには時に「うっとうしい」印象を与えかねないリターゲティング広告。問題解決の手段として期待される「データフィード」の可能性をMicroAd DFs取締役の井上茂樹氏が解説。(2016/1/13)

アドテク業界の「どうなってるの?」に答える(2016年版):
毎年叫ばれる「動画広告元年」は本当に来ているのか?
マイクロアド執行役員で動画広告事業の責任者でもある西山明紀氏が、動画広告市場における現状の課題と2016年の課題展望について解説します。(2016/1/6)

リアルタイムに多彩なコンテンツを配信:
屋外のデジタルサイネージにネット経由でコンテンツを配信、「外テレ」提供開始
マイクロアドの関連会社であるマイクロアドデジタルサイネージは2015年12月16日、屋外広告の配信およびコンテンツの一元配信管理を可能にするサービス「外テレ」の提供を開始した。(2015/12/17)

動画広告においてブランド性の高いクリエイティブを実現:
マイクロアド子会社が編集スタジオ設立、動画広告の企画制作から配信までワンストップで提供へ
マイクロアド子会社のマイクロアドプラスはCRAZY TVと提携し、動画広告の企画制作を行う編集スタジオ「BLADE VIDEO STUDIO」を設立した。(2015/12/8)

データフィードの作成・運用から広告配信まで一元的にサポート:
データフィード広告専業の新会社、マイクロアドが設立
マイクロアドは2015年11月11日、データフィードを用いたインターネットマーケティングの支援を専門的に行うMicroAd DFsの設立を発表した。(2015/11/11)

ユーザー属性に合わせたターゲティング配信:
マイクロアド、10億通りのターゲティングが可能な動画広告サービス「BLADE VIDEO」を提供
マイクロアドは2015年11月9日、マルチデバイスに対応した動画アドネットワークサービス「BLADE VIDEO」の国内提供を開始した。(2015/11/10)

クロスデバイスユーザーへのリーチを拡大:
ビズリーがマイクロアドと業務提携
ビズリー ジャパンは2015年8月11日、マイクロアドと業務提携したことを発表した。(2015/8/11)

台湾にリピート通販文化を:
台湾越境EC支援事業でマイクロアドとペンシルが業務提携
マイクロアドとペンシルは2015年8月4日、台湾越境EC支援事業における業務提携に合意したことを発表した。(2015/8/4)

日本最大規模の広告在庫へ広告を配信可能に:
AdRollがマイクロアドのSSP「MicroAd COMPASS」とRTB接続
AdRollは2015年6月11日、マイクロアドが運営するSSP「MicroAd COMPASS」とRTB接続を完了し、広告配信取引を開始した。(2015/6/11)

多彩な配信プラン提供へ:
ニューステクノロジー、スマートフォン特化型の動画アドネットワーク「TRAILERS」を提供
ニューステクノロジーは2015年4月22日、スマートフォンに特化した動画アドネットワーク「TRAILERS」の提供を開始した。(2015/4/22)

ニュース映像コンテンツを配信:
総合PRのベクトル、マイクロアドデジタルサイネージと業務提携
総合PR会社のベクトルは2月12日、デジタルサイネージ事業でマイクロアドデジタルサイネージ(以下、MADS)と業務提携したことを発表した。これにより、MADSが提供するデジタルサイネージアドネットワーク「MONOLITHS(モノリス)」を通じ、ニュース映像コンテンツの配信を開始する。(2015/2/12)

ターゲットセグメント×エリア:
ジオフェンシング技術でスマホユーザーを温泉施設に誘引――広告配信サービス最前線
GPSをオンにしていなくても、ユーザーの現在地や過去にいた場所を特定できるAdnearのジオフェンシング技術。大江戸温泉物語の事例を元に、スマホ向け広告配信サービスの最前線を紹介する。(2015/2/6)

配信ニュース活用検討:
PR会社のベクトル、アドテク領域でJX 通信社と資本業務提携
総合PR事業を営むベクトルは12月15日、ニュース記事解析/配信ネットワーク「Vingow XWire(ビンゴー・クロスワイヤ)」を運営するJX 通信社と資本業務提携を行ったことを発表した。ベクトルはJX 通信社が実施する第三者割当増資を引き受け、JX 通信社の株式の一部を取得し、Vingow XWireを活用した事業を共同で進めていく。(2014/12/15)

RTBに対応した広告配信へ:
ソネット・メディア・ネットワークスのDSP「Logicad」、マイクロアドのSSPと連携
ソネット・メディア・ネットワークスは11月20日、同社のDSP(広告主の広告配信効果を最適化するためのプラットフォーム)「Logicad」とマイクロアドが運営するSSP(広告媒体社の広告収益を最大化するためのプラットフォーム)「MicroAd COMPASS」を連携し、RTB(インプレッションごとにリアルタイムで入札が行われる形式)に対応した広告配信を開始した。(2014/11/20)

オンライン動画の視聴/拡散を促進:
ニューステクノロジーがDSPを活用した「BLADE PR for Video」の提供を開始
ニューステクノロジーは11月13日、広告主のオンライン動画をターゲットユーザーの興味関心に合わせた形で視聴/拡散を促すサービス「BLADE PR for Video」を開始した。(2014/11/13)

【連載】インサイトをめぐる冒険:
第5回 コンテンツマーケティングの未来予想図――潜在興味を追求する冒険は続く
広告会社が生き残るにはどうすればよいのでしょうか。広告会社本来の機能を見つめ直し、テクノロジーに対して適切な対応をしたうえで、アナログ的なスキルを磨くことが必要です。その時に最も重要な鍵となるのがデータなのです。(2014/10/2)

次世代のスマホ広告マネジメント機能を搭載したSSP「MicroAd COMPASS」リリース
マイクロアド9月9日、サプライサイドプラットフォーム(SSP)「MicroAd AdFunnel(マイクロアド アドファネル)」を刷新し、スマホメディアの収益向上機能を大幅に強化した「MicroAd COMPASS(マイクロアド コンパス)」をリリースしたと発表した。(2014/9/9)

アドテク最前線:
相次いで発表されるネイティブアド関連事業――定義を巡る議論も活発に
その定義や基準を巡って現在、アドテク業界を中心に活発な議論が行われている「ネイティブアド」。「広告との線引きをいかにして明確にするか」等、さまざまな議論が行われる一方で、事業者サイドはネイティブアド関連事業を矢継ぎ早に発表する。(2014/9/5)

niconicoなどに表示された偽Flash Player広告 米国Yahoo!の広告サービスから混入
不正な広告は米国のYahoo!の広告枠取引サービスに混入し、マイクロアドの広告配信サービス経由でniconicoなどのサイトに配信された。(2014/6/21)

偽の更新通知でマルウェア感染――古典的攻撃でもだまされる危険性
「ニコニコ動画」の画面に表示されたFlash Playerの偽の更新通知をクリックすると、マルウェアに感染する事件が起きた。海外では2000年代後半に登場した古いタイプの攻撃だが、日本で拡大する事態も想定される。(2014/6/20)

「ニコニコ動画」閲覧者に偽Flash Player更新通知 マイクロアドの広告ネットワークが原因
「niconico」内で19日未明から、Flash Playerの更新を促す偽の通知が表示され、マルウェアをダウンロードさせられるという報告が相次いでいたが、原因はマイクロアドの広告ネットワークだったという。(2014/6/20)

niconicoなどのサイトに不正プログラムへの誘導広告 マイクロアドの広告配信サービス経由で表示
Flash Playerの更新通知に見せかけ、不正なソフトをダウンロードさせる広告がniconicoなど一部のWebサイトに表示されていた。(2014/6/20)

事例 データ分析基盤:
マイクロアド、データ分析基盤をPivotal HDベースに刷新――導入はCTC
オンライン広告配信会社であるマイクロアドがデータ分析基盤を刷新。HAWQを採用することで既存分析アプリケーションを生かした刷新を図った。(2014/3/19)

【連載】デジタルサイネージが変える広告の未来:
第1回 届けたい時、届けたい人に、届けたい情報を。ネットワーク化で街中の広告が変わる
注目されるデジタルサイネージ市場。これからの10年、果たしてデジタルサイネージ広告はインターネット広告が辿った成長曲線を描けるのだろうか?(2014/2/28)

Pivotalジャパン、ビッグデータ処理基盤の新製品 処理性能を数百倍に
Pivotalジャパンは、Hadoopディストリビューション「Pivotal HD Enterprise」と、Pivotal HD上で高速なSQL処理を行う「HAWQ」を発売した。(2014/2/4)

専門スタッフがマネジメント:
電通、運用型広告サービス「トレーディング・デスク・サービス」の提供開始
電通は12月19日、リアルタイム自動入札(RTB:Real Time Bidding)を利用した運用型広告を最適に管理し、パフォーマンスを最大化する新サービス「トレーディング・デスク・サービス」の提供開始を発表した。(2013/12/20)

「ダイナミックリターゲティング広告」:
ブレインパッドの「Rtoaster Ads」とマイクロアドのDSP「MicroAd BLADE」を連携
データ分析サービスを提供するブレインパッドと、広告プラットフォーム業を手掛けるマイクロアドは12月10日、両社の提供する広告配信ソリューションを連携することを発表した。(2013/12/11)

ビッグデータ活用:
マイクロアド、広告ソリューション「BLADE-LIFT」の提供開始
ビッグデータの高速分析して抽出した結果を基に、ユーザーの特性と行動を分析し、自社ブランドの価値測定や、効果的なマーケティング活動を支援するサービス。(2013/11/28)

【連載】インターネットはブランド広告を変えるのか?:
第2回 DSPデータとインバナーサーベイの回答結果を掛け合わせて見えたもの――ネットブランディング計測の可能性
「第1回 ネット広告でブランドコミュニケーションは無理!!(なのだろうか?)」では、ブランディングにおけるインターネット広告の可能性を考えました。今回はさらに一歩踏み込んで、インターネット広告がブランディングに及ぼす影響を測定するための実験的な取り組みをご紹介します。(2013/10/9)

「プレミアムな在庫」を謳う:
「Microsoft Advertising Exchange」国内展開開始、後発ゆえに「プレミアム在庫」がウリ
日本マイクロソフトは9月18日、広告主がリアルタイム入札システムでオンラインのプレミアム広告を購入できる「Microsoft Advertising Exchange」を日本国内で開始すると発表した。(2013/9/18)

【連載】インターネットはブランド広告を変えるのか?:
第1回 ネット広告でブランドコミュニケーションは無理!!(なのだろうか?)
「ブランド認知」「イメージ理解」といった消費者の意識変容をインターネット広告はどのように計測するのだろうか。インターネット広告におけるブランディング効果の可能性を探る新連載。(2013/9/17)

デジタルサイネージ市場拡大へ:
マイクロアド、デジタルサイネージへの広告配信に特化した新会社を設立
マイクロアドは8月29日、デジタルサイネージへの広告配信に特化した専門会社「マイクロアドデジタルサイネージ」を設立したことを発表した。(2013/9/2)

スマホで無料:
マイクロアド、アドテク業界が学べる「アドテク・ラーニング」を開始
日本最大級の広告ネットワーク・プラットフォーム「MicroAd BLADE」などを展開するマイクロアドは8月21日、スマートフォンで最新アドテクノロジーについてさまざまな事柄を学べる学習サービス「アドテク・ラーニング」の提供を開始した。(2013/8/22)

【連載】デジタルマーケティングとトラディショナルマーケティングが融合する時:
後編 デジタルマーケターとトラディショナルマーケター、データを巡る「ちょっとした」視点の違い
デジタルマーケターとトラディショナルマーケターでは数字を見る視点が異なります。その違いは些細なものですが、そんな「ちょっとした」視点の違いがそれぞれを“遠い存在”として認識させてしまっているのです。(2013/7/8)

【連載】デジタルマーケティングとトラディショナルマーケティングが融合する時:
前編 結果ありきのデジタルマーケター、抽象化したがりのトラディショナルマーケター
デジタルマーケティングとトラディショナル(アナログ)マーケティング、その根本的な違いは? 両者が分かりあえると何が起こるのか? マーケティングデータ分析のスペシャリストの視点から考えてみたいと思います。(2013/6/4)

外部企業参加型のマーケットを構築:
マイクロアド、「BLADE Open App Market(ブレード オープン アップマーケット)」を創設
マイクロアドは4月2日、ディスプレイ広告の統合管理プラットフォーム「MicroAd BLADE(マイクロアド ブレード)」をオープン化し、「BLADE Open App Market(ブレード オープン アップマーケット)」を創設すると発表した。(2013/4/3)

広告配信対象ユーザーの流れをリアルに体感:
「MicroAd BLADE Simulator」、WebGLを駆使した広告技術可視化サービス
マイクロアドは、同社が運営するディスプレイ広告配信ツール「MicroAd BLADE(マイクロアド ブレード)」のターゲティング技術を可視化するサービス「MicroAd BLADE Simulator」を公開したと発表した。(2013/3/18)

連携が進むSSPとDSP:
モーションビートのスマートフォン向けSSP「AdStir」がフリークアウトDSP「FreakOut」と連携開始
モーションビートは同社スマートフォン向けSSPをフリークアウトのDSPと連携させると発表した。同社はスマートフォン向けのSSPとしては国内最大級のRTBマーケットを提供できるとアピールする。(2012/11/6)

【連載】田中弦のアドテクノロジーで吠える!:
第2回 なぜ田中は「アドテクアドテク」とワーワー言っているのか
アドテクノロジーの進化がインターネット広告市場にもたらすのは、「ネットワーク効果などのネットビジネスの概念」による価値の増大である――。アドテクが注目される意味を独自の視点で解き明かすFringe81 田中氏の連載コラム第2回。(2012/9/26)

RTB経由のディスプレイ広告市場規模を予測:
2016年のRTB市場規模は2011年の16倍超へ――マイクロアド調べ
マイクロアドによると、RTB経由による国内のディスプレイ広告市場は、2016年で1000億円超に達する見通し。(2012/8/8)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。