ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「番号ポータビリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「番号ポータビリティ」に関する情報が集まったページです。

トリプルカメラ搭載の「HUAWEI P20 Pro」、ドコモが6月15日に発売 MNPなら実質2万円台半ば
ドコモが「HUAWEI P20 Pro」を6月15日に発売する。ライカと共同開発したトリプルカメラを搭載している。価格は一括10万円台だが、MNPなら実質2万円台半ばまで割り引かれる。(2018/6/11)

総務省が「モバイルサービス・端末」と「MNP」のガイドライン改定案を公表 意見募集中
総務省が「モバイルサービスの提供条件・端末に関する指針」「電気通信事業法の消費者保護ルールに関するガイドライン」「携帯電話・PHSの番号ポータビリティの実施に関するガイドライン」の改定案を公表。これに伴い、6月7日から各案について意見(パブリックコメント)を募集している。(2018/6/7)

ドコモ夏モデルの価格をチェック 「P20 Pro」はMNPなら実質2万円台に
ドコモが2018年夏モデルを発表。ハイエンドモデルが中心のため、一括価格は10万円前後が多い。中でも割り引き額の多さが目を引くのは「HUAWEI P20 Pro」だ。(2018/5/16)

Mobile Monthly Top10:
2017年のモバイル業界を振り返る(6月編):孫社長の「訪日旅行客向けWi-Fi」不要論/キャリアの「MNP優遇」再び……?
ソフトバンクグループの孫正義社長の「訪日外国人向けWi-Fiサービスは不要」という旨の発言が注目を集めた6月。賛否両論を集めましたが、海外旅行中の通信手段についていろいろ思いを巡らせるきっかけになりました。(2017/12/25)

iPhone Xを安く買った ソフトバンクのMNP引き止めポイントで
MACお宝鑑定団によるiPhone X購入体験記。(2017/10/27)

LINEモバイルがMNP転入可能事業者を拡大 開通手続き時間も大幅短縮
11月14日から、LINEモバイルに番号ポータビリティ(MNP)転入可能なMVNOが追加される。それに先立ち、10月24日からMNP転入手続きにかかる時間を短縮した。(2017/10/27)

ソフトバンクのiPhone 8/8 Plusは実質1万円台後半(税込)から 新規とMNPがお得
ソフトバンクが「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の価格を発表。新規契約とMNPは、機種変更よりも安く設定されている。半額サポート for iPhoneを適用すれば、実質価格が半額になる。(2017/9/15)

Y!mobile、「データ容量2倍オプション無料キャンペーン」を実施 機種変更も対象
Y!mobileのオプションサービス「データ2倍オプション」が2年間無料になるキャンペーンが9月1日から始まる。主に機種変更ユーザーが対象となるが、MNPを含む新規契約も一部異なる条件でキャンペーンを適用できる。(2017/8/24)

「Pocket WiFi 601ZT」も:
Y!mobileのストレートケータイ「Simply」、8月10日発売 新規かMNPなら実質0円
ソフトバンクがY!mobile向けに「Simply」と「Pocket WiFi 601ZT」を8月10日に発売する。Simplyは通話やメールが主な用途という人に向けたケータイ。601ZTはコンパクトなモバイルWi-Fiルーター。(2017/8/3)

石川温のスマホ業界新聞:
NTTドコモが夏商戦モデルを一括1万5000円で早くも投げ売り――新料金プランによって、端末の売れ行きに変化到来か
NTTドコモがMNP契約限定で「Galaxy S8」と「Xperia XZ Premium」の端末購入サポートによる販売を開始した。12カ月間の縛りがあるとはいえ、約1万6000円程度で最新のハイエンド端末を購入できてしまうこの事態は、何を意味するのだろうか。(2017/7/28)

8月31日まで:
ドコモの「Xperia XZ Premium」と「Galaxy S8」、MNPなら一括1万円台に
8月31日まで、ドコモの「Xperia XZ Premium」「Galaxy S8」「Xperia X Compact」が端末購入サポートの対象になる。Xperia XZ PremiumとGalaxy S8はMNPなら一括1万5552円(税込)に。ただし12カ月以上同じ機種を使うことが条件。(2017/7/24)

ソフトバンク、他社ケータイからのMNPで3年間1000円割引になる「ガラケー通話し放題割」
ソフトバンクは、他社フィーチャーフォンからソフトバンクの4Gケータイ/3Gケータイに乗り換えると毎月の通話定額基本料から3年間1000円割引になる「ガラケー通話し放題割」を提供開始した。国内通話も24時間無料となる。(2017/6/30)

Mobile Weekly Top10:
ついに「Galaxy S8/S8+」発売/「iOS 11」が2017年秋に登場
サムスン電子の「Galaxy S8」「Galaxy S8+」がNTTドコモとau(KDDI・沖縄セルラー電話)から発売されました。特にドコモ向けについては、MNP利用時の料金割引の金額が大きいようで……。(2017/6/12)

FREETELの「KIWAMI 2」が3万9800円に値下げ 最大1万円キャッシュバックキャンペーンも実施
FREETELのフラッグシップスマートフォン「KIWAMI 2」の販売価格が3万9800円(税別)に値下げされた。FREETEL SIMと一体で提供する「スマートコミコミ+」でKIWAMI 2を含む指定端末を購入した新規契約者(MNPを含む)に対するキャッシュバックキャンペーンも始まる。(2017/6/9)

ドコモの「Galaxy S8」「Galaxy S8+」も6月8日発売 MNPなら実質価格1万円台に
NTTドコモの「Galaxy S8 SC-02J」「Galaxy S8+ SC-03J」の発売日が6月8日に決まった。一括価格はSC-02Jが9万円台半ば、SC-03Jが12万円弱となっているが、両者ともにMNPで契約すると実質負担額が1万円台になる。(2017/6/5)

DTI SIMへの乗り換えが約15分で完了する「いますぐMNP転入」機能を提供開始
DTIは、モバイル高速データ通信サービス「DTI SIM」に約15分で乗り換えできる「いますぐMNP転入」機能を提供開始。また、5000円のキャッシュバックと最大20GBのデータ容量をプレゼントする「春のキャッシュバックキャンペーン」を期間延長&拡大する。(2017/3/27)

楽天モバイルで「ドコモ回線へのりかえキャンペーン」開催 アンケートに答えると5000円バック
楽天は、楽天モバイルにおいて「ドコモ回線へのりかえキャンペーン」を開催する。NTTドコモ回線以外を利用する通信サービスから楽天モバイルの通話SIMにMNPで乗り換えた上でアンケートに答えると、先着順に5000円分のポイントバックまたはキャッシュバックをプレゼントする。(2017/3/7)

ドコモの「はじめてスマホ割」、他社ケータイからのMNPも対象に
ドコモがFOMAからXiへの契約変更者を対象に提供している「はじめてスマホ割」が、他社のケータイ(フィーチャーフォン)からのMNP契約者も対象となる。適用(契約)に当たっては、他社でケータイを利用していたことを証明する必要がある。(2017/3/3)

月額2980円からスマホが使える「auスマホはじめるプログラム」改定 MNPと18歳以下の新規契約も対象に
auの「スーパーカケホ」と「データ定額1」をセットで月額2980円(税別)で利用できる「auスマホはじめるプログラム」が、3月から他社ケータイからのMNPや18歳以下の新規契約でも適用可能となる。適用期間も「最大3年間」から「次回機種変更時まで」に変更される。(2017/2/23)

デュアルカメラ搭載の「V20 PRO L-01J」、2月17日発売 新規やMNPなら一括1万円台に
ドコモが「V20 PRO L-01J」を2月17日に発売する。一括8万4888円(税込)だが、新規契約だと端末購入サポートが適用され、1万5552円まで割り引かれる。(2017/2/15)

「Disney Mobile on docomo DM-01J」、2月9日発売――新規・MNPなら一括1万円台に
「Disney Mobile on docomo DM-01J」が2月9日に発売される。一括価格は5万8320円(税込)だが、新規・MNPなら一括1万5552円に割り引かれる。(2017/2/7)

SIM通:
LINEモバイル、エントリーパッケージがAmazonで購入可能に
LINEモバイルは、SIMエントリーパッケージをAmazonで販売開始した。購入後、Amazonから送られたコードを利用してWeb上で手続きを行うと、SIMが発送される仕組み。12月31日までに申し込むとMNPにも対応可能とのこと。(2016/12/14)

ソフトバンクの「スマ放題ライト」が3Gケータイでも契約可能に 「データ定額S」は加入対象を拡大
1回5分以内の国内通話が定額となるソフトバンクの「スマ放題ライト」が、3Gケータイでも契約可能となる。合わせて、従来はMNP契約時のみ契約可能だった「データ定額S」が、新規契約、機種変更やプラン変更時にも申し込めるようになる。(2016/11/29)

ドコモ、VoLTEケータイ「P-smart ケータイ P-01J」を11月4日発売 新規・MNPだと実質0円に
パナソニック モバイルコミュニケーションズとしては初めてとなるAndroidベースのケータイ(フィーチャーフォン)が、NTTドコモから登場する。VoLTEによる高音質通話に対応して、価格は約3.4万円程度となる。(2016/11/1)

ソフトバンクの「Xperia XZ」も11月2日発売――MNPだと実質約1万円
ドコモとau版と同じく、ソフトバンクの「Xperia XZ」も11月2日に発売される。一括価格は9万3120円。SoftBank SELECTIONで周辺機器も販売する。(2016/10/31)

Y!mobile、対象機種の下取りで月額利用料金を割引する「下取りプログラム」11月1日から開始
Y!mobileが、利用していた携帯電話を下取りする「下取りプログラム」を開始する。新規・機種変更・MNPいずれも対象で、下取り機種に応じて月額利用料金を割り引く。(2016/10/27)

Y!mobileのAndroid Oneスマホ「507SH」、7月29日発売 一括5万円台前半
Y!mobileのAndroid Oneスマートフォン「507SH」が、7月29日に発売される。発売後18カ月間(最低1回)はOSのバージョンアップが保証されている。一括価格は5万1840円(税込)で、実質価格はMNPで1万2960円(+108円の頭金)から。(2016/7/21)

PR:さまざまな利用スタイルにフィットする――「エキサイトモバイル」を使うべき理由
「毎月の通信量にムラがあっても損をしたくない」「家族で安く済ませたい」「MNPですぐに乗り換えたい」――そんな要望に応えてくれる格安SIMが「エキサイトモバイル」だ。7月1日にリニューアルした同サービスの魅力をひもといていこう。(2016/7/19)

SIM通:
データプランは格安SIMの独壇場!キャリアとの価格比較
最近はMNPを見据えた「通話プラン」が注目されがちですが、今回はタブレット利用者や「LINEがあれば十分」という方向けに、データ専用プランに注目して料金を比較します。(2016/7/12)

一括9万3120円で6月24日発売 写真で見るソフトバンク版「Xperia X Performance」
ソフトバンクが「Xperia X Performance」を6月24日に発売する。一括価格は税込9万3120円。割引適用後の実質負担額は新規・機種変が4万2720円から、MNPが1万6080円。(2016/6/21)

従量課金/定額の2コースを用意:
月額500円から利用できる格安SIM「エキサイトモバイル」、7月1日から提供
エキサイトが、新たな格安SIMサービス「エキサイトモバイル」を7月1日に開始する。毎月の通信量に応じて料金が変わるプランと、毎月の料金が決まっている定額プランを用意。最大5枚のSIMカード追加や不通期間なしのMNPにも対応する。(2016/6/20)

SIM通:
ソフマップで「BICモバイルONE」通話SIMの即時発行が可能に
ソフマップ秋葉原本館にて、「BICモバイルONE」の即時発行ができるようになった。新規契約やMNP転入手続きが最短30分で可能という。(2016/6/7)

SIM通:
新しい百貨店「枚方 T-SITE」に「TONE」ショップオープン
トーンモバイルは、「枚方 T-SITE」内に専用カウンターをオープンした。新規・MNPの即日渡しが可能で、タッチアンドトライスペースも設けられている。(2016/6/2)

Y!mobile、新規&MNPユーザーの基本使用料を1年間毎月1000円割引する「ワンキュッパ割」
Y!mobileが、「スマホプラン」に新規またはMNPで契約すると基本使用料を1年間毎月1000円割引する「ワンキュッパ割」を6月にスタート。(2016/5/30)

楽天モバイル、ユーザーの自宅で申し込みをサポートする「出張申込サポート」提供開始
楽天モバイルは、スタッフがユーザーの自宅を訪れて新規契約やMNPのサポート、スマートフォンの基本的な使い方をレッスンする「出張申込サポート」を提供開始。利用料金は8300円(税別)。(2016/5/23)

楽天モバイルがオプションサービスを拡充――MNP不通解消や公衆無線LAN、データ復旧サービスを提供
楽天モバイルが新たなオプションサービスとしてMNP転入の不通期間解消、Wi-Fiスポットの提供、データ復旧サービスを発表した。(2016/4/26)

KDDI、MNP転出手数料を1000円値上げ 5月17日から2000円→3000円に
5月17日から。(2016/4/22)

U-mobile、ユーザーサポートを強化――MNPセンター拡大&出張設定サポートを提供
U-mobileは、MNPの即日引き渡しが可能な「MNPセンター」を拡大。また、自宅に訪問して設定をサポートする「モバイル簡単セットアップサービス」も提供開始した。(2016/4/14)

楽天モバイル、W10M搭載「VAIO Phone Biz」の取り扱い開始 「VAIO S11」も
楽天モバイルは、4月4日にSIMロックフリーのスマートフォン「VAIO Phone Biz」とモバイル向けPC「VAIO S11」の取り扱いを開始した。出荷とMNPの受付、SIMカードとのセット販売は4月22日から行う。(2016/4/4)

「UQ mobile」、毎月のデータ量を2倍にするキャンペーンを実施
UQコミュニケーションズが、格安SIMサービス「UQ mobile」のデータ容量を2倍にするキャンペーンを実施する。ぴったりプランは1GBから2GB、たっぷりオプションは3GBから6GBに増量可能。au以外からMNPをした人が対象。(2016/3/28)

ソフトバンク、「iPhone SE」の価格を発表 実質価格は2モデルとも税込1万円台
実質価格は16GB/64GBとも税込1万円台。価格は新規契約、機種変更、番号ポータビリティ(MNP)利用を関わらず全て同じ。(2016/3/25)

「DTI SIM」、音声プランのMNP即日開通を開始
モバイル高速データ通信サービス「DTI SIM」の音声プランが、番号ポータビリティ(MNP)の即日開通を開始した。(2016/3/22)

格安SIM定点観測:
大手キャリアと似た“売り方”になっていく?――2016年2月音声通話編
MNPの即日対応・リモート対応が進み、契約しやすくなった通話対応の格安SIM。しかし、それでもまだ購入(契約)へのハードルが高いといわれている。3月の“かき入れ時”に備えて、2月はその改善を目指す動きが見られた。(2016/3/18)

SIM通:
DMM mobile、自宅で即日MNPできる「おうちで乗り換え」開始
DMM.comは、「DMM mobile」にて自宅での即日MNP転入サービス「おうちで乗り換え」を開始すると発表した。(2016/3/15)

PR:MNPの利便性がさらに向上――「DMM mobile」が“業界最安”の次に目指すもの
「業界最安」の看板をひっさげて華々しく格安SIMサービスをスタートさせた「DMM mobile」。サービス開始から1年がたったが、実は当初から戦略を変更したのだという。この1年で見えたこととは? そして、今後はどのようなサービスに進化させていくのだろうか。(2016/3/8)

DMM mobile、好きなタイミングでMNP転入できる「おうちで乗換」開始
DMM.comが、任意のタイミングで「DMM mobile」にMNPで転入できるサービス「おうちで乗換(MNP)」を開始する。新しいSIMが届くまでの不通期間を解消できる。(2016/2/24)

イオンがMVNOに――月480円で1GBから、MNP即日対応、解約金&2年縛りなし
イオンリテールがMVNOとなり、2月26日から新たな通信サービスを開始する。プランは月480円で1GB〜の計29種類。店頭での預かり修理や初心者向けのサポートも充実させた。(2016/2/18)

MVNOの深イイ話:
格安SIMとMNPの関係
異なる携帯電話会社で同じ電話番号を利用できる「MNP(モバイル番号ポータビリティ)」は、MVNOでも利用できますが、幾つかの課題もあります。今回はMVNO(格安SIM)とMNPの関係について紹介します。(2016/2/12)

実質0円終了でスマホのMNP価格アップ 「適正化要請」も残る不公平感、実効性どこまで
総務省が端末販売の適正化を要請したことを受け、キャリア各社が実質0円でのスマホ販売を終了した。MNP契約時の端末価格がそろって値上がりした。(2016/2/1)

KDDI、「Xperia Z5」のピンクを1月28日発売 「AQUOS SERIE mini」は1月23日
「AQUOS SERIE mini」の実質負担額は新規と機種変更が3万4776円、MNPは1万8576円。(2016/1/21)



ビットコインの大暴騰、「億り人」と呼ばれる仮想通貨長者の誕生、マウントゴックス以来の大事件となったNEM流出など、派手な話題に事欠かない。世界各国政府も対応に手を焼いているようだが、中には政府が公式に仮想通貨を発行する動きも出てきており、国家と通貨の関係性にも大きな変化が起こりつつある。

Amazonが先鞭をつけたAIスピーカープラットフォーム。スマホのアプリが巨大な市場を成したように、スマートスピーカー向けのスキル/アプリ、関連機器についても、大きな市場が生まれる可能性がある。ガジェットフリークのものと思われがちだが、画面とにらめっこが必要なスマホよりも優しいUIであり、子どもやシニアにもなじみやすいようだ。

「若者のテレビ離れが進んでいる」と言われるが、子どもが将来なりたい職業としてYouTuberがランクインする時代になった。Twitter上でのトレンドトピックがテレビから大きな影響を受けていることからも、マスメディア代表としてのテレビの地位はまだまだ盤石に感じるが、テレビよりもYouTubeを好む今の子ども達が大きくなっていくにつけ、少なくとも誰もが同じ情報に触れることは少なくなっていくのだろう。