ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「桃井はるこ」最新記事一覧

高橋名人8ビットサウンドもハイレゾ化だ:
「STEINS;GATE」からPCエンジン「卒業」まで、「5pb.Records」レーベルのハイレゾ音源配信を開始
アニメ・ゲーム音楽専門レーベル「5pb.Records」のハイレゾ音源配信が始まった。第1弾は「STEINS;GATE VOCAL BEST/VA」など4タイトルで、e-onkyo musicとmoraにて行われる。(2014/10/22)

宴のはじまりだ!! コミケで流れるジングル 受賞作が決定
審査会にはゲスト審査員に田中公平さん・桃井はるこさんが参加し、白熱した議論になったそうです。(2013/5/23)

eufonius菊地さん、炎上ツイートきっかけで活動自粛へ
復帰時期は未定。eufoniusは今後、ボーカルのriyaさんを中心に活動していく。(2012/9/9)

アニメ「ココロコネクト」が炎上 悪趣味すぎるドッキリ企画に「いじめ・パワハラ」の声
eufonius・菊地創さんの不用意発言から飛び火し、ついにはアニメ自体まで炎上する事態に。(2012/9/1)

桃井はるこさん、夏野剛さんらが今年のネットを振り返る テレ東「ドリームクリエイター」
ネットで活躍するクリエイターを紹介するテレビ東京の番組「ドリームクリエイター」の収録風景をライブ配信する。声優の桃井はるこさん、ドワンゴの夏野剛取締役らをゲストに迎え、今年のネットの出来事の振り返りと来年の展望を徹底討論する。ほかの出演者は「AKB48」の石田晴香さん、ミュージックビデオ製作者の三重の人さんなど。配信は12月24日23時30分〜。(2011/12/22)

「耳car」と一緒に車の未来を考えよう! 桃井はるこさんも出演
これまで「どんなクルマが世界を変えていくか」という街の声を集めてきた「東京モーターショー2011」(12月3〜11日、東京ビッグサイト)のキャンペーンカー「耳car」。番組では同イベントの開催に先駆け、「耳car」とともに、声優の桃井はるこさんなど出演者らが車の未来と楽しさを伝える。配信は11月24日21時30分〜。(2011/11/24)

ニッポン放送主催「アニメ紅白歌合戦」、2012年2月開催
ニッポン放送のアニソンイベント「アニメ紅白歌合戦」がおよそ10年ぶりに開催。紅組司会は声優の豊崎愛生さんだ。(2011/11/24)

ニコニコ大会議を振り返ろう まとめ本発売記念、桃井はるこさんも登場
「ニコニコ大会議」のこれまでをまとめた書籍「ニコニコ動画めもりある〜ニコニコ大会議編〜」が11月2日に発売するのを記念し、執筆者でライターの広田稔さんが内容をひと足先に「ちら見せ」する。声優の桃井はるこさんをゲストに迎え、大会議の思い出や裏話などのトークも。配信は10月26日20時30分〜。(2011/10/21)

パリ「JAPAN EXPO」2日目 ニコ動ブースを生中継 桃井はるこさんも登場
日本のポップカルチャーなどを紹介する「JAPAN EXPO」(フランス・パリ、6月30日〜7月3日)の会場から、ニコニコ動画ブースの2日目の様子を伝える。配信は7月1日18時から。18〜20時は声優の桃井はるこさんがMCとして出演する。(2011/6/28)

「萌えろ!日本」とNHK アキバで無料イベント、「萌え絵師大喜利」も
NHKが秋葉原で無料イベント。「MAG・ネット」や「エレうた!」の公開収録などを行う。(2011/6/24)

パリで「JAPAN EXPO」、ニコ動ブースの様子は 桃井はるこさんも登場
日本のポップカルチャーなどを紹介する「JAPAN EXPO」(フランス・パリ、6月30日〜7月3日)の会場から、ニコニコ動画ブースの様子を伝える。配信は6月30日18時から。18〜20時は声優の桃井はるこさんがMCとして、21時ごろからはグッドスマイルカンパニーがゲスト出演する。(2011/6/23)

遠藤諭の「コンテンツ消費とデジタル」論:
『けいおん!』やメイドカフェに萌えているのは誰か――「萌え」の構造と「擬人化」
小惑星探査機「はやぶさ」さえも擬人化して萌えてしまう日本人。誰が何に萌えているのか? カワイイと萌えはどう違うのか? ネット行動やコンテンツ消費を調査すると、「萌え」の構図が見えてくる。(2011/6/8)

MMOPRG「ルーセントハート」、新テーマソング「ラグランジュ☆ポイント」とのタイアップキャンペーンを5月24日より開始
アキバ発のアイドルとしてブレイク寸前の小桃音まいが歌う「ラグランジュ☆ポイント」、が、MMORPG「ルーセントハート」のテーマソングに。タイアップキャンペーンも5月24日よりスタートする。(2011/5/24)

PR:モモーイも納得、名刺管理の達人が使う“ヒミツ兵器”
「わー、これがあれば名刺の整理も簡単ですね」――と言うのは、元祖アキバ系アイドルのモモーイこと桃井はるこさん。名刺管理の達人が使う“ヒミツ兵器”とは、はたしてどんなものなのでしょうか?(2011/4/15)

「クイーンズゲイト SC」にワンダーモモが登場! キスができる新要素も紹介
(2011/3/22)

エイベックスのCD音源、ニコ動で利用可能に EXILEに浜崎あゆみも
ニコ動とニコ生で、エイベックスとドワンゴ・ミュージックエンターテインメントが原盤権を持つCD音源を利用できるようになった。(2011/3/1)

テーマソング&イメージソングを熱唱! さらに驚きの新情報が解禁!!「WONDERFUL HOBBY LIFE FOR YOU!!12 STEINS;GATEコーナー」in ワンダーフェスティバル2010[夏]
ガレージキットの展示・即売イベント「ワンダーフェスティバル2010[夏]」での「STEINS;GATEコーナー」の模様をリポート。(2010/9/3)

アニメロ2010:
“進化”は止まらない――「Animelo Summer Live 2010 -evolution-」2日目最速リポート!
常に“進化”を我々に見せつけ圧倒する「Animero Summer Live」が今年もさいたまスーパーアリーナで開催された。アニメの祭典2日目の様子をどこよりも早くお伝えする。(2010/8/30)

【お知らせ】「ネットのスターは不滅です」――NHK「ねとすた」最終回、Twitter活用
ネットで人気のコンテンツや人を紹介するNHK BS2の番組「ザ☆ネットスター!」(ねとすた)が2月5日深夜の放送で最終回を迎える。(2010/2/4)

アキバの“駅むこう”では?:
「業界の活性化につながると期待している」――Windows 7発売記念イベント
10月22日にWindows 7が発売され、秋葉原のヨドバシカメラ マルチメディアAkibaでカウントダウンイベントが開催された。桃井はるこさんや矢口真里さんなどもゲストとして駆けつけ、新OSの登場を祝った。(2009/10/22)

ねとらぼ:
TVBros表紙に「ラブプラス」のヒロイン 「萌えるな! 悶えろ!」
テレビ雑誌「TVBros」の表紙に、ラブプラスの「高嶺愛花」の姿がデカデカと描かれ、コンビニや書店のテレビ雑誌コーナーで異彩を放っている。萌え特集の中身も濃い。(2009/9/30)

生声テスターCD付属:
モモーイ監修の限定ヘッドフォン、フォステクスより
フォステクスカンパニーは桃井はるこさん監修のヘッドフォン「mh256」を発売する。「桃井はるこ生声テスターCD」が付属。(2009/9/1)

タイの強豪「%自演乙%」がコスプレ参戦! 長島☆自演乙選手、キックボクシングイベントをプロデュース
長島☆自演乙がプロデュースするキックボクシングイベントが7月に大阪で開かれる。タイ人のキックボクサー「マット%自演乙%魁塾」もコスプレ姿で参戦する。(2009/6/11)

「ウィッチテイル 見習い魔女と7人の姫」発売記念イベントでリデルと握手
(2009/5/21)

歴代「テイルズ オブ」シリーズの頂点に君臨するのは誰だ!? 「テイルズ オブ バーサス」
バンダイナムコゲームスが2009年夏に贈る、いわば「テイルズ オブ」シリーズのお祭り的ソフトがPSPで発売される。13作品のキャラクターが対決するその先には?(2009/4/17)

「ぶっぱなすわ自演砲♪」――長島☆自演乙選手の入場テーマをモモーイが制作、CD化
コスプレ入場で知られる格闘家の長島☆自演乙選手のテーマソングのCDが発売される。長島選手が「神」とあがめるモモーイが、作詞・作曲し、歌う。(2009/3/25)

長島☆自演乙選手がニコ生に モモーイと対談
コスプレ入場で知られる格闘家の長島☆自演乙選手がニコニコ生放送に登場する。(2009/3/24)

今日は何の日? 萌え曜日!:
国内最大級のアニソンライブ“アニサマ”開催!! 今年も熱いドラマを魅せた興奮の2daysをリポート!
注目のニューカマーからアニソン界の重鎮まで、現在のアニソンシーンをけん引するアーティストが集まり、2日間に渡って行われたライブ「Animelo Summer Live 2008 -Challenge-」。今回の萌え曜日では、ライブ2日目の模様をお伝えする! 5時間以上にもおよんだ大興奮のライブの空気を感じてほしい。(2008/9/12)

「日本人が優しすぎるから」――ニコ動で“育つ”香港の歌姫
歌は下手だと思ってた。ただ日本人の優しさに感動し、その気持ちを伝えたくて「ニコニコ動画」で歌い始めた。「私には歌うことしかできないから」――香港に住む18歳。歌で思いを届けようともがく。(2008/9/5)

日々是遊戯:
懐かしのアニメソングがファミコン音源で蘇る! 「ファミソン8bit」シリーズ
最近では「アイドルマスター」とのコラボレーションにより、ますます話題を集めている5pb.の「ファミソン8bit」シリーズ。すでにご存知の人も多そうですが、まだ知らない人のために、あらためて紹介したい。(2008/4/9)

ゲームミュージックイベント「EXTRA」のライブアルバムが発売に
(2008/3/24)

今年も「アルケ祭2008」――4月12日に開催
(2008/3/7)

新たに6体のキャストが参戦――「武装神姫BATTLE RONDO」
(2008/2/20)

「7人の審査員」と「不特定多数の住民」の間で――第1回「ニコニコ映画祭」騒動
「ニコニコ動画」で初めて開かれた「ニコニコ映画祭」の審査に批判が集まる騒動があった。不特定多数のユーザーが主導して盛り上げてきたサービスで、少数の審査員が作品を選ぶという試みには難しさもあったようだ。(2007/11/30)

「日本人と仲良くなりたい」――「ニコ動」でアニソン歌う、韓国人の女の子
「ニコニコ動画」に海外からの参加者が増えている。ある韓国人の女の子は「らき☆すた」の曲を日本語で熱唱して投稿。韓国嫌いの一部ユーザーからひどい中傷を浴びて傷ついた。だが応援してくれたユーザーの声に応え、また新しく1曲歌って公開した。(2007/11/5)

「バルドバレット イクリブリアム」レビュー:
鉄と硝煙の匂い漂う戦場で育まれる純愛物語――人気美少女ゲームシリーズがPS2に登場
熱いロボットバトルと、女の子たちとの恋愛が楽しめることで人気を博したPCゲーム「バルドバレット リベリオン」が、PS2ゲーム「バルドバレット イクリブリアム」となって移植された。新要素をこれでもかと盛りこんだ本作がどこまでパワーアップしているのか確かめてみました。(2007/10/31)

「アニメ検定」のトークセッションを開催――第1回講師は桃井はるこさん
(2007/7/30)

「バルドバレット イクリブリアム」発売日が10月25日に決定
(2007/7/6)

ヘンテコヒーローがドミノを倒して世界を救う!?――「GO!GO!ミノン」
サクセスは6月21日、スーパーヒーロー「ミノンくん」が街の困っている人を助けるドミノアクション「GO!GO!ミノン」をWiiで発売する。(2007/5/25)

新作2タイトルも発表――「アルケ祭2007」
今年で3回目となったアルケミストのファンイベント「アルケ祭2007」が東京・新木場にあるSTUDIO COASTにて開催された。ステージでは「この青空に約束を」関連の話題や新作2タイトルについても発表。そしてあの“ウソ企画”も真実であったことが……。(2007/4/23)

ステージに折笠愛さん、こおろぎさとみさんが登場――「アルケ祭2007」
(2007/4/13)

「アルケ祭2007」ステージ内容・出演者の一部が公開に
(2007/3/30)

5年待ったかいがありました――ファンのための「テイルズ オブ ファンダム Vol.2」
2002年に発売された「テイルズ オブ」ファンのためのディスクが、最新作「ジ アビス」キャラまでの藤島氏デザインキャラを網羅し、今年夏に発売されることが分かった。(2007/2/23)

シリーズ伝統の「リニアモーションバトルシステム」はさらに自由度がアップ――「テイルズ オブ ジ アビス」
「テイルズ オブ」シリーズ10周年を記念して制作されているプレイステーション 2用ソフト「テイルズ オブ ジ アビス」。今回は藤島康介氏の描く新キャラクターたちと、シリーズ伝統の「リニアモーションバトルシステム」の詳細が明らかになった。(2005/9/9)

「バルドフォースエグゼ」おまけ音楽CDの収録内容を公開――アルケ祭2005の追加情報もある
(2005/3/25)

「バルドフォースエグゼ」販売店テレカ絵&アルケ祭2005開催情報公開
(2005/3/11)

「バルドフォースエグゼ」の新オープニング曲&ムービーを入手――新システムの情報もある
新オーニングをのせたオープニングムービーがついに完成した「バルドフォースエグゼ」。さらに今回は、これまで明かされることがなかったプレイステーション2版ならではの要素も判明した。(2005/2/25)

“ラグスタ”の詳細が発表〜ラジオの公開録音やトークショーなど
(2004/6/8)

「ラグナロクオンライン THE RADIO」3月30日より放送開始
(2004/3/17)

テレ東で放送する「アニメ版ラグナロク」製作発表
「オンラインゲームそのものをアニメ化するのは、初めての試み」。(2004/3/11)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。