ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PALRO」最新記事一覧

鉄腕アトムと友だちになる日は近い? 「ロボットと暮らす未来」を考える特別展開催
横浜人形の家にて。(2016/7/16)

シード・プランニング ロボット市場予測:
介護や見守りで普及が見込まれるコミュニケーション&テレプレゼンスロボット
シード・プランニングは、「コミュニケーション&テレプレゼンスロボット」に関する調査を実施し、結果レポートの概要を発表した。(2016/6/29)

「ロボットが雰囲気を察する世界」NTTが商用化に向かう
NTTが同社のクラウド対応インタラクション制御技術「R-env:連舞」を用いた、デバイス連携サービスの商用化を推進する。ハッカソンや各社との連携を通じ、“機械がヒトを察して動く”世界の実現を目指す。(2016/2/16)

ロボット「PALRO」が地銀に“入行”
奈良県に本店を構える南都銀行に、ロボット「PALRO」が“入行”した。向こう3カ月で研修を済ませ、将来は店頭での活用も視野に入れる。(2015/12/28)

富士ソフト「PALRO」にロボット特区出身モデル
さがみロボット産業特区などで検証の続けられていた、PALROの高齢者福祉施設向けモデルが製品化される。モーションやアクチュエータの追加で、高齢者の健康寿命延長やQOL向上を支える。(2015/12/18)

対Pepper:
ロボット「Palmi」開発環境が公開、Visual Studioでアプリ開発可能に
富士ソフト「Palmi」の開発環境が公開される。Visual Studio上でのアプリ開発が可能とすることで開発者の参入を促し、開発者と利用者、双方の裾野を広げる考えだ。(2015/9/17)

Palmi:
ロボット「Palmi」をイオンで販売、期間限定
富士ソフト製コミュニケーションロボット「Palmi」が、大手スーパーチェーン「イオン」にて販売される。イオンカード会員特典の5%OFFも受けられる。(2015/8/28)

介護医療ロボット:
「ロボット大国」日本のロボットは世界を席巻できるか
産業用(製造用)に次ぐロボットの用途として有望視されているのが、医療と介護福祉の領域だ。特に後者は高齢者人口増の見込まれていることもあり、今後5年で1兆円近い市場を形成するという予測もある。その中で日本のロボットは存在感を示せるだろうか。(2015/5/7)

ロボットキャリア:
DMM.comがロボット事業で「2015年売り上げ30億円」を掲げる理由
「ロボットキャリア」を掲げ、DMM.comがロボット関連事業に乗り出す。2015年に30億円、2017年に100億円の売り上げを目指すビジネスモデルとは?(2015/1/28)

組み込み開発ニュース:
1日限りのテクノロジー・ジャーニー、インテルの現在・明日・未来を垣間見る
インテルは2014年11月14日、「現在」「明日」「未来」をテーマに、同社最新製品と技術を紹介するイベント「インテル フューチャー・ショーケース」を開催した。その“テクノロジージャーニー”から、明日」と「未来」を中心にお伝えする。(2014/11/14)

ロボット関連ニュース:
富士ソフト、人間型ロボット「PARLO」の活用アイデアコンテスト
富士ソフトはコミュニケーションロボット「PALRO」の活用アイデアとアプリケーションを募集する「第2回PARLOコンテスト」を9月1日より実施すると発表した。(2014/8/28)

表彰式は両国国技館!!:
パートナーロボット「PALRO」を活用したアイデア&プログラミングコンテスト開催、富士ソフト
富士ソフトは、同社のコミュニケーションパートナーロボット「PALRO(パルロ)」を題材にした、アイデア&プログラミングコンテスト「第1回PALROコンテスト」の開催を発表した。優勝者には、賞金10万円とPALROが授与される。(2013/6/13)

動画で見る「全日本ロボット相撲全国大会」:
鉄の土俵でガチンコ勝負! 自立型は69歳が初制覇、ラジコン型はベスト3を高校生が独占
相撲の聖地、両国国技館で開催された「第24回 全日本ロボット相撲全国大会」の模様を多数の動画を交えながらリポート。鋼鉄の土俵の上で“ロボット力士”が激しくぶつかり合う様子は、ホンモノの相撲以上の迫力がある!(2012/12/25)

テクノロジー最前線(3):
人間型ロボットPALROがソフト基盤オープン化で目指すもの
富士ソフト「PALRO(パルロ)」は、ロボットの世界では珍しいIAベースのオープンアーキテクチャを採用した人間型ロボットだ。さらにソフトウェア基盤をオープン化することにより、知能化技術モジュール、ロボットアプリケーションの集積を目指している。(編集部)(2010/10/27)

富士ソフト、ヒューマノイドロボ「PALRO」発売 知能化技術の応用狙い
富士ソフトは、コミュニケーションと自律移動ができる小型ヒューマノイドロボット「PALRO」を発売する。デジタル家電用組み込みソフトなどに知能化技術を応用し、ビジネスに生かす狙いだ。(2010/2/2)

知能化技術を統合:
富士ソフト、小型2足歩行ロボット「PALRO」販売開始
富士ソフトが、同社の知能化技術を統合させたヒューマノイドロボット「PALRO」を開発。教育機関向けモデルを先行販売する。(2010/2/1)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。