ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「コンテスト」最新記事一覧

第16回レスキューロボットコンテスト:
レスキューロボットで「優しく安全に素早い災害救助活動」の実現を目指す
災害対応にはロボット技術の活用が期待されており、研究者や技術者の育成を目的とした「レスキューロボットコンテスト」が毎年夏に開催されてる。ここでは2016年8月6〜7日に実施されたコンテストの概要と結果をお届けする。(2016/8/23)

モノだけじゃない! 日本のモノづくり(10):
PR:クラウドファンディングは可能性いっぱいのモノづくりインフラ
クラウドファンディングサイト「Makuake」は、親会社のサイバーエージェントによる新規事業コンテスト「あした会議」で採用されたのがきっかけで2013年5月に設立。自らも新規プロジェクトとして走りながら考え、市場を広げている。資金調達手段として知られるクラウドファンディングは、作り手とユーザーのマッチングの場を超えた、可能性いっぱいのインフラだった。(2016/8/22)

メカ設計 メルマガ 編集後記:
コンテストの審査を通りやすくするには?
コンテストの審査って大変です……。(2016/8/9)

3Dプリンタニュース:
ぶっ飛んだアイデアも待ってるよ! 大人も子どもも楽しめる「ファブ3Dコンテスト 2016」を開催
ファブ地球社会コンソーシアムが3Dプリンタによるモノづくりコンテスト「ファブ3Dコンテスト 2016」を開催する。小学生・中学生の部、家族の部、フリースタイルの部、プロ/セミプロの部の4カテゴリを設け、幅広い層から作品を募る。(2016/8/5)

福岡県飯塚市主催の「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2016」 エントリー受け付け中
協賛企業から出題されたテーマに沿った作品を募集する、スマートフォンアプリのコンテスト「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015」が今年も開催される。グランプリ賞金は30万円。(2016/7/14)

“メインフレーム”を使いこなせ:
IBM、学生向けプログラミングコンテスト「IBMメインフレーム・コンテスト2016」開催
日本IBMが、メインフレーム人材の育成や認知を目的とした学生向けコンテスト「IBMメインフレーム・コンテスト2016」を開催する。応募期間は2016年7月11日〜9月2日。(2016/7/12)

ロームが自社デバイス利用のアイデアコンテスト、FabCafeのロフトワークとも連携
ロームは同社製デバイスを利用したアイデアコンテストを実施する。「FabCafe」や「MTRL」を運営するロフトワークと連携することで、より幅広い層によるアイデア創出のサポートを狙う。(2016/7/11)

どれも力作だ……! プロ写真家からアマチュアまで参戦したドローン写真コンテスト、上位入賞作品発表
ドローンってすごい。(2016/7/7)

世界一醜い犬を決めるコンテスト2016の優勝犬が決定! ブスカワってレベルじゃない
今年もインパクト強烈なワンちゃんがたくさん。(2016/6/27)

カクヨムWeb小説コンテストの大賞が発表 横浜駅が自己増殖する「横浜駅SF」の書籍化が決定
あらすじの段階で印象的すぎた“あのSF小説”です。(2016/6/24)

息子の頭部の手術痕そっくりなタトゥーを入れた男性 がんを患う子どもの父親を表彰するコンテストで優勝
子どもの自信を守るために、おそろいの手術痕。(2016/6/22)

アニメ「ふらいんぐうぃっち」と弘前市「ねぷたまつり」とのコラボコンテスト開催
ねぷたまつりは8月1日から!(2016/6/3)

セキュリティ・アディッショナルタイム(8):
地雷を踏み抜き、失敗から学べ! 運用力を磨く「情報危機管理コンテスト」
「サイバー犯罪に関する白浜シンポジウム」の会場で同時開催される「情報危機管理コンテスト」は、技術力だけでなく、コミュニケーション能力やマネジメント能力も含んだ総合的な運用力を問うユニークな腕試しの場だ。昨年に続き、その模様をお届けする。(2016/6/3)

キンコン西野さん、五輪エンブレム落選作から選ぶ「負けエンブレム展」結果発表
コンテストを開催した結果、最終候補の4作が残った理由が分かったとコメント。(2016/4/25)

「フェイクって悲しいよね」 ドイツのアニメファンイベント、海賊版対策に動く 「最もひどい海賊版コンテスト」実施
アニメグッズなどの海賊版が流通するドイツの現状を変えたいと立ち上がったドイツ人にインタビューしてきました。(2016/4/15)

みんな、助けてあげて! 早川書房がPOPコンテストを開催 → 現在までの応募総数が1件で偉い人からのガン攻めが近づく
マジで助けてあげてほしい。(2016/4/13)

テーマは「生活者の変化が広告にもたらすもの」:
野村総合研究所が 「マーケティング分析コンテスト2016」を開催
野村総合研究所は、「生活者の変化が広告にもたらすもの」をテーマとして、「マーケティング分析コンテスト2016」を開催する。(2016/4/12)

星新一ワールドが現実間近 「人造小説家」の次は?
AIが書いた小説はコンテストの一次予選を通過した。一方で、過去の小説家が自作の朗読をしてくれるかもしれない。(2016/3/24)

Microsoft Innovation AwardとImagine Cup日本予選登壇者を3月末まで募集中:
PR:ビジネス拡大と人生を変えるほどのインパクトを体感せよ――前回優勝者に聞く、イノベーションコンテスト応募メリットとは
日本マイクロソフトが「Microsoft Innovation Award 2016」「Imagine Cup 2016 日本予選大会」の最終選考会を4月23日に同会場で開催する。これらに参加するメリットは何なのか、2015年度優勝者に聞いた。(2016/3/17)

玉ねぎを使ったスイーツが札幌のコンテストでグランプリに! 炒め玉ねぎの甘味とチーズムースが絶妙なバランス
玉ねぎがスイーツになるなんて。(2016/3/8)

よかと!:
九州初!ソニーストア「福岡天神」が4月1日オープン
ソニー直営店舗「ソニーストア福岡天神」が4月1日にオープンする。国内4店舗目、九州初のソニーストアだ。「αフォトコンテスト」など各種オープニングイベントを開催する。(2016/3/2)

NASA、“ISS勤務ロボットにより良い目を”コンテスト開催 賞金総額1万ドル
国際宇宙ステーションでテスト中の人型ロボット「Robonaut 2」に3Dの物体を識別できる目を与えるためのアルゴリズムを募集するコンテストをNASAが開催した。賞金総額は1万ドルだ。(2016/2/25)

写真展:
日本カメラ社「2015日本カメラフォトコンテスト展」
(2016/2/23)

ニッセンがねこの日にちなんで特設サイト「ニャッセン」を開設ニャ
2月22日〜29日の期間中にフォトコンテストを開催。(2016/2/22)

3Dモデラボ通信(36):
「カーデザイン コンテスト」に向けラストスパート! でも第1位は!?
残り1カ月を切った「3Dモデラボ カーデザイン コンテスト 2016」。まだアイデアを検討中の皆さん、今回の人気クリエータ&作品ランキングを参考にしてみてはいかがでしょうか。(集計期間:2016年1月21日〜2月21日)(2016/2/22)

かわいすぎる獣医学生は「NANA」を読んで大人の世界に憧れた
「ミス理系コンテスト」ファイナリストの飯島しずかさんに聞きました。(2016/2/13)

「攻殻機動隊の世界」を実現する、夢と英知の現在地
産学一体で“攻殻機動隊の世界の実現”を目指すプロジェクト「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」が、各地で開催してきたコンテストの最優秀賞を選出した。2029年のテクノロジーはどこまで“リアル”となったのか。(2016/2/12)

写真展:
日本写真企画:2015年度フォトコン月例コンテスト入賞作品選抜展
(2016/2/10)

カーデザイン コンテスト特別企画:
CAD経験ゼロのミニ四駆レーサーが、ミニ四駆“3Dモデラー”になるまで
「3Dモデラボ カーデザイン コンテスト 2016」の開催を記念し、「Autodesk Fusion 360」を活用してオリジナル「ミニ四駆」ボディーを製作する圓田歩さんと、Fusion 360のエバンジェリストである藤村祐爾さんの対談をお届けする。(2016/2/8)

車両デザイン:
デザインコンテスト優勝の「コペン アドベンチャー」を3カ月で実車化できた理由
ダイハツ工業の「コペン」は「売れ続ける」ためにさまざまな施策を展開している。その1つが、デザインコンテスト「DRESS-FORMATION Design Award」のグランプリ作品である「コペン アドベンチャー」の実車化だ。実車化にかかった期間は通常1年のところを約3カ月で完了した。果たしてどのようにして実現したのだろうか。(2016/2/2)

ニコンアプリのフォトコンテストで合成写真が受賞 炎上して合成写真の大喜利状態へ
肉眼でも分かる違和感。(2016/1/31)

開発支援から資金調達まで、村田製作所バックアップのIoTアイデアコンテスト
村田製作所とクラウドファンディング「Makuake」が共同で、開発支援から資金調達までをサポートするハードウェア製作支援プログラムを実施する。(2016/1/26)

3Dモデラボ通信(35):
「ミニ四駆」ブーム到来か!? と思いきや「お姉さん」強し
ついに始まりました「3Dモデラボ カーデザイン コンテスト 2016」。特別審査員は、znug designの根津孝太氏です! 皆さまのオリジナルカーデザイン楽しみにしています!! ということで恒例の人気クリエータ&作品ランキングをお届けします。(集計期間:2015年12月21日〜2016年1月20日)(2016/1/21)

ロシア、38歳の美女を“世界一美しいおばあちゃん”を決めるコンテストに送り込む
地元メディアによると優勝候補。(2016/1/13)

何これスケスケでかっこいい……! 海の生物を水中撮影した写真コンテスト、入賞作品が発表
最優秀賞は体が透き通って見えるカワミンタイをとらえた1枚。(2016/1/12)

Wired, Weird:
GUGENに挑戦! “点滅記憶回路”を使った点滅ライト
今回は、2015年末に行われた電子工作コンテスト「GUGENコンテスト2015」に出品したオリジナル回路『点滅記憶回路』を使ったLED点滅ライトを紹介する。便利な2端子回路であり、さまざまな応用が期待できる。コンテスト参加の裏話も含めて、点滅記憶回路の仕組みをみていこう。(2016/1/8)

“ベスト・オブ・お尻”はどれ? お尻の祭典「ハイサワー美尻コンテスト」に今年も強豪尻が集う
美しすぎる18のお尻がここに集ケツ!(2016/1/5)

グエーッ! ナショジオ写真コンテストのペンギンが未知の生命体すぎる
ペンギンって、こんなにどう猛だったんだ……。(2015/12/28)

ケンブリッジ大学が毎年恒例「お尻コンテスト」開催 男も女も全裸になって自慢のプリケツを披露
超名門大学の皆さん何やってるんですか。(2015/12/28)

2次創作公認の小説投稿サイト「カクヨム」スタート 総額700万のコンテストも
KADOKAWAとはてなの小説投稿サイト「カクヨム」が、投稿の受け付けを開始した。(2015/12/25)

MAは開発者のM-1になったのか:
マッシュアップもIoTへ――「下手な芸人より面白い」「狂気を感じる」「絶句した」な12作品が集まった #MA11 決勝戦まとめ
全国の開発者が、自らの技術力と、世の中に公開されているさまざまなAPI、ハードウエア、センサーなどを「マッシュアップ」して、新たな作品を作り出すコンテスト「Mashup Awards」(MA)が今年も開催。同コンテストの最優秀作を決定する最終プレゼンテーション「ファイナルステージ」と、各賞の発表が、11月18日に東京の渋谷ヒカリエで行われた。(2015/12/25)

アプリ開発コンテスト「家CON-2015」:
人工知能/自動化が家庭を変える――IoTとしての「家」は開発者にとってのフロンティアか
「スマートハウス」が持つ機能と、他のさまざまなデータを組み合わせることで、新たなサービスを生み出そうというコンテスト「家CON-2015」が開催され、10月下旬に審査結果が発表された。(2015/12/24)

帰宅する、父さん迎える、掃除ロボ
公開されたAPIを用いてロボット掃除機の新しい可能性を開拓するコンテスト(公式)でグランプリに輝いたのは、ロボットがまるでペットのように、家族の一員のように振る舞うアプリだった。(2015/12/22)

「コンテスト慣れ」しているほど不利?:
実際のサイバー攻撃を摸したセキュリティコンテスト――アジア決戦を制したのは
トレンドマイクロは、2015年11月21〜22日の2日間にわたり、同社としては初の試みとなるセキュリティコンテスト「Trend Micro CTF Asia Pacific & Japan 2015 Final」を開催した。本稿では、同イベントのリポートをお届けする。(2015/12/22)

どうやってスマホへの買い換えを促す?――ソフトバンク接客No.1グランプリ2015
ソフトバンクは12月16日、ソフトバンクショップ店員の接客コンテスト「ソフトバンク接客No.1グランプリ2015」の全国決勝大会を開催した。「フィーチャーフォンからスマートフォンへの買い替え」をテーマに、ファイナリスト14名がロールプレイングに臨んだ。(2015/12/17)

第6回 Device2Cloudコンテスト 決勝大会レポート:
「IoTも伝えるスキルがなければ価値はない」――クラウドネイティブな学生がIoTを企画すると?
デバイスとクラウドを活用したシステムの企画からプレゼン、開発までを競う学生競技会「第6回 Device2Cloudコンテスト」の決勝大会が開催された。本稿では、上位チームのプレゼン内容を中心に決勝大会の模様をお伝えする。(2015/12/15)

ここが知りたい 税のあれこれ知恵袋:
社内コンテストの賞金は「給与所得」になるの?
ちょっとしたところで迷ってしまう税のあれこれ。身近な質問に現役税理士が答えます。(2015/12/14)

主戦場は「フロア」へ――ドコモショップ応対コンテスト2015
ドコモショップ店員の接客スキルを競うコンテストが2015年も開催された。「カウンター」から「フロア」に舞台を移したコンテストは、非常に白熱した戦いとなった。(2015/12/2)

e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015:
九工大生のチームが開発した結婚式用イベント管理アプリがグランプリ受賞
福岡県飯塚市が、スマートフォンアプリのアイデアやデザイン、技術力などを競うコンテスト「e-ZUKAスマートフォンアプリコンテスト2015」の最終審査会と表彰式を開催。開催4回目にして初めて九州工業大学の学生がグランプリを獲得した。(2015/11/25)

経沢香保子の「ベンチャー魂は消えない」:
私の慢心を打ち砕いたベンチャーコンテスト LaunchPadへの挑戦
2度目の起業ということでマイペースにコツコツやれば、きっといつかは……。そんな私の気持ちを打ち砕くきっかけとなったのが、スタートアップ企業の登竜門、LaunchPadへの出場だった。(2015/11/25)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。