ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「世界初」最新記事一覧

人とくるまのテクノロジー展2016:
小糸製作所が世界初のオートレベリングシステム、加速度センサーで光軸を制御
小糸製作所は、「人とくるまのテクノロジー展2016」において、「世界初」(同社)とする加速度センサーを使ったオートレベリングシステムを披露した。ダイハツ工業の軽自動車「キャスト」などに採用されている。(2016/5/26)

フンボルトペンギンの凍結精子を使った人工授精に成功 山口県の海響館
フンボルトペンギンでは世界初、ペンギン類では世界で2例目とのこと。(2016/5/26)

8K試験放送専用機:
世界初、8K SHV放送チューナーをシャープが開発――技研公開2016で展示
シャープは、NHKが8月1日にスタートする8Kスーパーハイビジョン(SHV)試験放送の専用チューナーとして高度広帯域衛星デジタル放送受信機を開発した。(2016/5/25)

世界初の8K放送受信機、シャープが開発
8Kスーパーハイビジョン放送に対応した受信機をシャープ世界で初めて開発した。(2016/5/25)

NHK技研公開2016で展示へ:
シャープ、「世界初」8K放送受信機を開発
シャープは2016年5月25日、8K(スーパーハイビジョン)放送の受信機を開発したと発表した。(2016/5/25)

AI搭載ドローンで遭難者捜索 世界初のレスキューシステム実用化へ
世界初となる、AIを搭載したドローンを使って遭難者を捜索するレスキューシステムの実証実験が行われる。(2016/5/24)

80年代の高級車:
夢のトヨタソアラに敗れた“世界初”の日産レパード
80年代、日本車に新たな価値を与えようと日産は新型車の開発を進めていた。レパードは一定の地位を得たものの、ブランドを構築できず市場から姿を消した。(2016/5/23)

手書きの数式を解いてくれるアプリが登場 みんな、テストで使っちゃダメだぞ
手書き対応は世界初とのこと。(2016/5/23)

シャキーーーン! 世界初となる「フリスク」のコスメ誕生! ボディソープなど全6アイテム
爽快感がすごそう。(2016/5/13)

自然エネルギー:
浮体式の洋上風力4基目が福島沖へ、発電能力5MWで年内に運転開始
福島沖で進む世界初の浮体式による洋上風力発電プロジェクトの実証設備が2016年内に完成する見通しになった。最後の4基目になる発電能力5MWの「ふくしま浜風」の浮体部分の組み立てが終わり、7月から現地で設置作業に入る予定だ。直径126メートルの大型風車が洋上から電力を供給する。(2016/5/13)

ノキアの取り組みで探る5G最前線(1):
世界初の試験運用を目指す韓国、冬季五輪が勝機に
研究開発が加速し、さまざまな実証実験が進む5G(第5世代移動通信)。目標とされる一部商用化の開始は、2020年――。あと5年もないのである。標準化はようやく開始されたが、それ以外では実際のところ、どこまで進んでいるのだろうか。本連載では、5G開発に取り組むノキアが、韓国、中国、欧州、米国、日本の各エリアにおける“5G開発の最前線”を探っていく。(2016/5/12)

ニコニコ超会議2016:
ぎょろ目と太いしっぽが特徴的 シン・ゴジラ1号雛型が世界初公開!
思わず写真を撮る人が続出。(2016/4/29)

TECHNO-FRONTIER 2016:
無線充電の今、大電力の本命は?
さまざまな非接触給電・充電(無線充電)システムの展示が「TECHNO-FRONTIER 2016」(2016年4月20〜22日/幕張メッセ)に集まった。ダイフクは電動フォークリフト向けの非接触充電システムを展示。世界初の実用化だと主張する。メートル単位の電力伝送が可能な「磁界共鳴方式」との違いなど、技術の内容を中心に特徴を紹介する。(2016/4/27)

北京モーターショー2016:
ホンダが新型SUVで中国攻略へ、「Type R」のターボエンジンや8速DCTを搭載
ホンダは、「北京モーターショー2016」において、ホンダとAcura(アキュラ)の両ブランドでそれぞれ新型SUVを世界初公開した。ホンダの中国市場におけるフラッグシップSUVとなる「AVANCIER(アヴァンシア)」は「シビック Type R」と同じ排気量2.0lの直噴ターボエンジンを、アキュラの小型SUV「CDX」は8速DCTを搭載する。(2016/4/26)

北京モーターショー2016:
マツダの新型SUV「CX-4」が狙う「真の豊かさを模索する」中国の若者たち
マツダは、「北京モーターショー2016」において、新型クロスオーバーSUV「CX-4」を世界初公開した。SUV市場の成長が著しい中国のユーザーをターゲットに開発したモデルだ。全長が「CX-5」よりも長く、全高は「CX-3」よりも低いプロポーションが特徴となる。現時点では中国のみでの生産/販売となるが、グローバル展開も視野に入れている。(2016/4/26)

北京モーターショー2016:
日産インフィニティの今後の「QXシリーズ」はスポーツクーペ「Q60」似に
日産自動車は、「北京モーターショー2016」において、次世代のインフィニティブランドのビジョンを示すSUVのコンセプトカー「QX Sport Inspiration」を世界初公開すると発表した。(2016/4/15)

技術革新の現場に潜入:
世界初公開! ダイソンの空調製品研究施設を見てきた
ダイソンの空調家電に関する研究開発を行っている、シンガポールのDyson Operations Pte.Ltd,(DOPL)研究施設を訪ねた。この施設の奥にまで報道関係者が立ち入るのは初だ。(2016/4/13)

北京モーターショー2016:
「CR-V」「HR-V」の次は「DR-V」!? ホンダが中国でSUVラインアップ強化
ホンダは、「北京モーターショー2016」において、中国市場専用車種となるSUVコンセプト「Concept D」を基にした市販モデルを世界初公開する。Acura(アキュラ)ブランドからも新型の小型SUVを披露し、中国市場に向けたSUVのラインアップを強化する。(2016/4/8)

世界初のマンガ・アニメの百科事典サイト「マンガペディア」正式リリース 記事配信に雑談スレッドも追加
マンガの情報検索の王道となるか。(2016/4/7)

水曜インタビュー劇場(流れ星公演):
あなたの“願い”はかなう? 世界初の「人工流れ星」に驚き
2018年、人の手で流れ星が流れるかもしれない――。こんな話を聞くと「本当に?」と思われるかもしれないが、宇宙ベンチャーの「ALE(エール)」が開発しているという。「人工流れ星」とは、一体どんなモノなのか。岡島CEOに話を聞いた。(2016/4/6)

電気自動車:
テスラの“格安”電気自動車「モデル3」公開、走行距離346kmで価格は390万円
Tesla Motorsは、電気自動車の5人乗り新モデル「モデル3」を世界初公開した。価格は3万5000米ドル(約390万円)で、同社の高級セダン「モデルS」の3分の1程度まで引き下げた。走行距離は215マイル(約346km)で、急速充電に対応した。自動運転機能は標準装備とした。納車は2017年から。(2016/4/1)

世界初Ubuntuタブレットの予約開始 出荷は4月の予定
初のUbuntuタブレット「Aquaris M10 Ubuntu Edition」のオンライン予約が始まった。日本からも購入できる。価格はWXGA版が約3万3000円、FHD版は約3万8000円だ。(2016/3/29)

ニューヨークモーターショー2016:
マツダ「ロードスターRF」の電動ハードトップ、開閉速度は従来モデルと同等!?
マツダは、「ニューヨークモーターショー2016」(一般公開日:3月25日〜4月3日)において「Mazda MX-5 RF(日本名:マツダ ロードスター RF)」を世界初公開する。2015年6月に発売された4代目ロードスターのグレードにリトラクタブルハードトップモデルとして追加される。ソフトトップと同等の荷室容量を確保するとともに、走行中の開閉にも対応した。(2016/3/24)

2016年秋の発売を目指す視線追跡型VRHMD「FOVE」 総額12.3億円の資金調達で開発体制を強化
世界初のアイトラッキング機能を搭載採用するVR HMDの「FOVE」が、Colopl VR Fundらから12.3億円の第三種割当増資を獲得した。(2016/3/23)

電気自動車:
「電池なし」の電気自動車で有人走行、道路を電化しタイヤから送電
豊橋技術科学大学と大成建設は一般的なアスファルト舗装に近い構造で道路を電化し、その上をバッテリーレスの電気自動車で有人走行することに成功した。道路に埋設した電極からタイヤを通じて送電する仕組みで、バッテリーレスの電気自動車を使った有人走行の事例は世界初になるという。(2016/3/23)

日本の匠が産み出した「世界初のロリータ包丁」に驚きの声 「完全にメンヘラの武器」「刺されたら傷口がハート形になりそう」
日本の伝統と文化が、奇跡のコラボレーションを果たしました。(2016/3/20)

シャープ、世界初の「蚊取空清」を発売
シャープは、蚊取り機能付きの空気清浄機「蚊取空清」を発表した。蚊の習性と空気清浄機の吸引力を利用し、薬剤を使わずに蚊取りシートで捕獲するというものだ。(2016/3/17)

秘密基地みたい! 4人分の寝室がX型につながった世界初のテント「クレイジーエックス」がワクワクする
おしゃべりが弾みそう。(2016/3/17)

世界初! 馬のために仕立てた本気のツイードスーツがSo British
ウマすぎる着こなし。(2016/3/15)

MSI、世界初“視線入力”デバイスを搭載ゲーミングノート「GT72S 6QE Dominator Pro G Tobii」
エムエスアイコンピュータージャパンは、視線入力(アイトラッキング)機能「Tobii」を搭載したハイスペックゲーミングノートPC「GT72S 6QE Dominator Pro G Tobii」の販売を開始する。(2016/3/14)

ホンダ、世界初の10速AT エンジン車の「多段階化」、開発競争加速
ホンダは前輪駆動車向けで世界初の10速ATを開発した。北米を中心として大型車に搭載する見込みだ。(2016/3/14)

R25スマホ情報局:
世界初!?スマホケース投げ世界大会
スマホグッズ販売企業がスマホケースを投げて飛距離を競う世界大会を3月19日(土)に小田原城山競技場で開催することを発表した。「もしもし!」と叫びながら、好きなフォームでスマホケースを投げる。(2016/3/14)

R25スマホ情報局:
世界初!VR映画館に「日本も早く」
オランダ・アムステルダムに、世界初のVR(仮想現実)専門映画館がオープンしたことが、ネット上で話題だ。今回のアムステルダムを皮切りに、マドリッド、ベルリン、パリ、ロンドンにも近くVRシネマをオープンさせる予定。(2016/3/10)

マチュピチュ遺跡で世界初のドローン撮影に成功 TBS「世界遺産」で放送
この10年間、すべての空撮が禁止されてきた。(2016/3/9)

HDDではない! 世界最大「15TB SSD」がSamsungから
韓国Samsung Electronicsが、世界初となる15.36TBの2.5型SSDを発表した。(2016/3/4)

Samsung、世界初15.36TBの2.5インチSSD「PM1633a」の出荷開始
Samsung Electronicsが2.5インチSSDとしては世界最大容量の15.36TBの「PM1633a」を発表した。V-NAND採用で、シーケンシャルな転送速度はSATA SSDの2倍以上としている。(2016/3/4)

ジュネーブモーターショー2016:
トヨタのTNGA第2弾はクロスオーバーSUV、「C-HR」量産モデルが登場
トヨタ自動車は、「ジュネーブモーターショー2016」において、新型クロスオーバーSUV「TOYOTA C-HR」を世界初披露した。「TOYOTA C-HR Concept」の量産モデルとなる。日本では2016年中に、欧州では2017年初めに発売する。日欧以外にもグローバルで販売を計画している。(2016/3/2)

ジュネーブモーターショー2016:
ホンダの次期「シビック ハッチバック」、1.0lダウンサイジングターボを初採用
ホンダは、「ジュネーブモーターショー2016」において、次期「シビック ハッチバック」のプロトタイプを世界初公開した。同モデルのパワートレインには、新開発の排気量1.0l(リットル)直噴ターボエンジンなど3種類を設定する。排気量1.0lの直噴ターボエンジンは中国でも搭載する。(2016/3/2)

電気自動車:
水素で走る「燃料電池バイク」を公道へ、国交省が世界初の安全基準を策定
次世代エコカーとして注目が集まる燃料電池車。世界の中でも日本企業が強みとしている領域だが、それは四輪だけでなく二輪も同様だ。複数の国内メーカーが水素で走る“燃料電池バイク”の開発を進めている状況を受け、国土交通省は世界に先駆けて燃料電池二輪自動車の安全基準を策定した。(2016/2/26)

世界初「アイスコーヒーサーバー」を開発、ネスレ日本
ネスレ日本は、夏に冷えたアイスコーヒーを手軽に飲みたいという「ネスカフェアンバサダー」のリクエストに応えて、世界初となるペットボトルコーヒー専用の「アイスコーヒーサーバー」を開発した。(2016/2/25)

Librettoにときめいたあの日:
“あこがれの名機”で振り返る、東芝ノートPC 30年の歴史
ノートPC事業30周年の節目の年から1年、「PC事業の譲渡」という大きな決断を下した東芝。“世界初のラップトップ”をうたうノートPCを皮切りに、数々の名機を生み出した同社の“PC開発の歩み”を振り返る。(2016/2/24)

LGが世界初のモジュール合体スマートフォン「LG G5」を発表 パーツ交換でスマホの機能を拡張
モジュールの付け替えで、写真撮影やハイレゾ音楽鑑賞がはかどりそう。(2016/2/23)

Mobile World Congress 2016:
Samsung、防水・防じん対応スマホ「Galaxy S7 edge」「Galaxy S7」とVRカメラ「Gear 360」を発表
Galaxyシリーズのフラッグシップモデルの第7世代が登場する。IP68等級の防じん・防水性能を備えたほか、スマートフォンとしては世界初となるデュアルピクセルCMOSカメラを搭載するなど、基本性能も大幅にスペックアップしている。また、同時にVRカメラ「Gear 360」も発表した。(2016/2/22)

自然エネルギー:
木質バイオマスの正確な成分量計測、世界初の新手法で実現
京都大学 理工学研究所と理化学研究所らの共同研究グループは木質バイオマス中のさまざまな成分物質量を正確に決定する手法の開発に、世界で初めて成功したと発表した。木質バイオマスからバイオエネルギーや製品原料を獲得する工程の確立に貢献するという(2016/2/19)

ジュネーブモーターショー2016:
「LC500h」の世界初ハイブリッド、4速ATでエンジンとモーター2個を自在に制御
トヨタ自動車は、レクサスブランドのフラッグシップハイブリッドクーペ「LC500h」に搭載する「マルチステージハイブリッドシステム」について発表した。現行の「2段変速式リダクション機構付のTHS-II」に4速ATを追加して、エンジンと2個のモーターという3つのパワーソースを自在に制御できることが特徴。(2016/2/19)

世界初! 刀剣をプリントした「刀剣タイツ」販売開始
完成いたしました。お納め下さい。(2016/2/18)

男の子ってこういうのが好きなんでしょ?:
持ち運び用のスーツケースまで付属! 世界初の水冷式ゲーミングノートPCがASUSから登場 
世界初となる水冷式ゲーミングノートPCがASUSから登場した。取り外し可能な水冷ユニットなど、気になるギミックが目白押しのマシンだ。(2016/2/18)

水曜インタビュー劇場(小さい穴公演):
眼鏡がいらなくなる? 世界初の「ピンホールコンタクトレンズ」にびっくり
近視や老眼をコンタクトレンズ1枚でカバーできる「ピンホールコンタクトレンズ」をご存じだろうか。現在、臨床研究を進めていて、2017年度中の商品化を目指しているという。どのような原理でできているかというと……。(2016/2/17)

ジュネーブモーターショー2016:
レクサスの最高峰クーペ「LC」が世界初の「マルチステージハイブリッド」搭載
トヨタ自動車は、「ジュネーブモーターショー2016」において、2016年1月の「北米国際自動車ショー2016」で披露したレクサスブランドのフラッグシップクーペ「LC500」のハイブリッドモデル「LC500h」を初公開する。「世界初」(同社)をうたうレクサスの次世代ハイブリッド「マルチステージハイブリッドシステム」を搭載しているという。(2016/2/15)

「重力波」世界初の直接観測に成功 宇宙の謎解明に期待
アインシュタインの一般相対性理論を証明する大きな“予言”。(2016/2/12)



7月29日で無料アップグレード期間が終了する、Microsoftの最新OS。とんでもないレベルで普及している自社の基幹製品を無料でアップグレードさせるというビジネス上の決断が、今後の同社の経営にどのような影響をもたらすのか、その行方にも興味が尽きない。

ドイツ政府が中心となって推進する「第四次産業革命」。製造業におけるインターネット活用、スマート化を志向するもので、Internet of Things、Industrial Internetなど名前はさまざまだが、各国で類似のビジョンの実現を目指した動きが活発化している。

資金繰りが差し迫る中、台湾の鴻海精密工業による買収で決着がついた。寂しい話ではあるが、リソースとして鴻海の生産能力・規模を得ることで、特にグローバルで今後どのような巻き返しがあるのか、明るい話題にも期待したい。