ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「世界初」最新記事一覧

クリップ、誕生100年で初めて「軽く開けるように」改良 なぜこのタイミング? 「固いのが不便という自覚なかった」
固定概念を覆す、世界初の改良――開発したプラスに取材した。(2018/2/22)

トヨタ、モーター用の新磁石開発 高価レアアース使用半減、電動車普及に弾み
省資源を実現しながら、高温環境でも磁力を高く保てる磁石は世界初という。(2018/2/21)

ジュネーブモーターショー2018:
レクサスの新型クロスオーバー「UX」を世界初公開、コンセプトはどこまで継承?
トヨタ自動車は「ジュネーブモーターショー 2018」において、レクサスブランドの新型クロスオーバー「UX」を世界初披露する。(2018/2/21)

新クロスオーバー:
レクサスの新コンパクトSUV「UX」世界初披露へ
トヨタは、「レクサス」ブランドの新型車となるコンパクトSUV「UX」を世界初披露する。(2018/2/20)

PRQA AUTOSAR C++コンプライアンスモジュール:
「世界初」のAUTOSAR C++コーディングガイドライン適合評価ツール
2017年に策定された「AUTOSAR C++コーディングガイドライン」への適合度を評価する、「世界初」の静的解析ツールが販売開始される。(2018/2/5)

ハイテク装備満載:
メルセデス、新型「Aクラス」間もなく世界初披露へ
メルセデスはコンパクトカー「Aクラス」の4代目となる新型を2月2日に世界初披露する。(2018/1/29)

SME、アナログレコードの自社生産を復活 第1弾は大滝詠一とビリー・ジョエル
2人は世界初の商業用CDを発売したアーティストでもあります。(2018/1/27)

世界初「石けんで洗って読む絵本」誕生 カンボジアの子どもたちに石けんと一緒に届ける
手を洗って病気を予防すれば未来が変わるんだよ。プロジェクトには誰でも参加可能(2018/1/21)

ウェアラブルEXPO:
生地にセンサーを埋め込んだ“新しい素材” ジーンズに埋め込み、ゲームなどへの活用も
第4回ウェアラブルEXPOで、生地にセンサーを埋め込んだ“新しい素材”が世界初展示されている。(2018/1/18)

日産、SUVコンセプト「Xmotion」世界初公開 日本建築から着想
日産自動車が、3列シートのSUVコンセプトカー「Xmotion」を世界初公開。日本建築や伝統工芸品からヒントを得たデザインを採用したという。(2018/1/16)

目的地までクルマが運転操作 SUVコンセプト「Lexus LF-1 Limitless」世界初公開
トヨタ自動車が、自動運転技術を採用するクロスオーバーSUVのコンセプトカー「Lexus LF-1 Limitless」を世界初公開。(2018/1/16)

アウディ、夏前にも自動運転車投入 国内市場に新型A8 「高齢化に対応」
A8は、緊急時を除いて車に運転を任せる「レベル3」の自動運転を可能とする世界初の量産車で、昨年11月に欧州で発売された。(2018/1/12)

電気自動車:
世界初の量産電気トラック、三菱ふそうが欧州へ初投入
三菱ふそうトラック・バスは2017年12月14日、同社製の量産電気トラック「eCanter」を、欧州市場の顧客へ初めて納車したと発表した。北米、日本市場に続く投入となり、計14台を納車する。(2017/12/26)

デンソー&ブラックベリー&インテル:
デンソーとBlackBerryとIntelが世界初の「統合HMIプラットフォーム」
デンソーとBlackBerryは、カーナビやメーター表示などを行うデジタルクラスタなどの製品を統合的に管理できる「統合HMIプラットフォーム」を開発した。Intelも開発に協力している。2019年以降、車両に搭載される予定。(2017/12/25)

蓄電・発電機器:
メタノールで直接発電する新型燃料電池、NTTドコモの基地局を支える
NTTドコモが通信基地局に、フジクラが開発を進めている新型燃料電池を実証導入。メタノールで直接発電する世界初をうたう燃料電池だ。太陽光発電などと連携運用を行い、緊急時でも基地局を稼働できるようにする。(2017/12/22)

デトロイトモーターショー 2018:
ホンダ「インサイト」が4年ぶりに復活、HVシステムは1モーターから2モーターに
ホンダは、「北米国際自動車ショー2018」において、5人乗りハイブリッドセダン「インサイト」のプロトタイプを世界初公開すると発表した。(2017/12/21)

シビックの上位モデルに:
ホンダ、「インサイト」4年ぶり復活 米国で初公開へ
ホンダは、2018年1月20日〜28日に米国で開かれる北米国際自動車ショーで、ハイブリッドセダン「INSIGHT」のプロトタイプを世界初公開すると発表した。2014年春の生産終了から4年ぶりの復活となる。(2017/12/20)

世界初、「マフラー型マスク」登場
マフラーとマスクを一体化させた世界初の製品が登場した。口を覆うように着用すると、飛沫や花粉防止などの効果を期待できる。(2017/12/19)

VAIO、東映、クラフターが世界初のVR映画事業を開始へ
VAIOは、VRを映画館で楽しめる共同事業「VRCC(VR Cinematic Consortium)」を東映およびクラフターとの3社で開始すると発表した。(2017/12/19)

質実剛健のオフローダー:
メルセデス、新型「Gクラス」を1月に世界初公開へ
メルセデス-ベンツは、オフローダー「Gクラス」の新型を世界初公開する。(2017/12/18)

割れても直る“自己修復ガラス”、東大が開発
東京大学大学院の研究グループが、世界初の自己修復ガラスを開発した。室温で破断面を押し付けておくと修復し、再利用が可能になるという。(2017/12/18)

車載情報機器:
デンソーとBlackBerryとIntelが世界初の「統合HMIプラットフォーム」を開発
デンソーとBlackBerryは、カーナビゲーションシステムやメーター表示などを行うデジタルクラスタ、ヘッドアップディスプレイ(HUD)といったHMI製品を統合的に管理できる「統合HMIプラットフォーム」を共同開発した。Intelも開発に協力している。2019年以降、車両に搭載される予定。(2017/12/15)

電力供給サービス:
人工島に水素を使う熱電供給システム、神戸市で世界初の実証へ
神戸市に水素を利用して電力と熱を供給するコージェネレーションシステムの実証プラントが完成。市街地への導入は世界初という。CO2を排出しない水素から生み出した電力と熱を周辺施設に供給し、環境性と経済性の両立を図る。(2017/12/13)

世界初の「着うた」対応! 動画撮影も充実した「A5302CA」(懐かしのケータイ)
auから2台目の動画撮影対応ケータイとして登場した「A5302CA」。楽曲の一部をダウンロードして、着信音などとして利用できる「着うた」に初対応したケータイでした。(2017/12/9)

ごみを丸ごとエタノールに変換 世界初の技術、積水化学など開発
ごみを丸ごとエタノールに変換する生産技術の開発に、積水化学工業などが世界で初めて成功したと発表。「まさに“ごみ”を“都市油田”に替える技術」だとアピールしている。(2017/12/6)

JOLEDがテレビ向け有機ELパネルを作らない理由
ソニーとパナソニックの技術を継承したJOLED(ジェイオーレッド)が、世界初のRGB印刷方式による有機ELパネルの量産を開始した。テレビ向け大型パネルの製造技術も確立しているが、製造する予定はないという。(2017/12/5)

世界初の印刷方式有機ELパネル、JOLEDが出荷開始 大型パネルはパートナーと
JOLEDが世界初となるRGB印刷方式による21.6型の4K有機ELパネルの出荷を開始した。大画面テレビ向け大型パネルについては自社で製造せず、パートナーに技術供与する方針。(2017/12/5)

12月発売:
SUV「レクサスRX」3列シートのロングバージョン、世界初公開
「レクサス」ブランドの高級SUV「レクサスRX」の新ラインアップとして、3列シートを備えたロングバージョンが世界初公開された。(2017/11/30)

ロサンゼルスオートショー 2017:
スバルの3列SUV「アセント」は2018年夏発売、インプレッサと同じプラットフォーム
SUBARU(スバル)は、「ロサンゼルスオートショー」において、新型3列シートSUV「アセント」を世界初公開した。スバルのラインアップでは最大サイズで、北米市場専用モデルとなる。2018年初夏の発売を予定している。(2017/11/30)

ロサンゼルスオートショー 2017:
日産の「世界初」可変圧縮比エンジンは新型「QX50」に、旧モデルから燃費3割改善
日産自動車は、「ロサンゼルスオートショー」において、インフィニティブランドのSUV「QX50」の新モデルを披露した。新開発のプラットフォームと、「世界初」(日産自動車)の可変圧縮比エンジン「VCターボ」を搭載した。(2017/11/30)

市販薬として販売:
ED治療薬のバイアグラ、英国で世界初の「市販薬」販売へ
勃起不全(ED)治療薬「バイアグラ」について、英国当局が処方箋なしでの販売を認めた。(2017/11/29)

「鉄筋」ってそもそも何? 世界初の「鉄筋の博覧会」開催
「鉄筋」は見えないところで私たちを支えてくれています。(2017/11/23)

クラタスと戦った米ロボットチーム、世界初の「巨大ロボット・トーナメント」開催を目指す
日本のクラタスと戦ったMegaBotsチームが企画を再び立ち上げました。(2017/11/18)

ロサンゼルスオートショー 2017:
マツダ「CX-9」のガソリンターボが新型「アテンザ」に、気筒休止も採用
マツダは「ロサンゼルスオートショー」において、「Mazda6(日本名アテンザ)」の新モデルを世界初公開する。(2017/11/17)

「8Kしか撮れない業務用カメラ」シャープが開発 “約30年ぶり”市場参入の理由は
シャープが8Kに対応した業務用ビデオカメラを発売する。単体で収録からライン出力まで行える製品は世界初という。(2017/11/16)

矢口真里が公認! みんなで楽しく”炎上”を遊んで学べるカードゲーム「大炎笑」が支援募集中
世界初の「炎上」を疑似体験できるカードゲームです。(2017/11/14)

月面探査レース 「HAKUTO」が審査に合格
世界初のロボット月面探査レースに挑む日本の民間月面探査チーム「HAKUTO」は、東京都内でレース主催者による審査に合格した。(2017/11/14)

蓄電・発電機器:
燃えず高性能な次世代電池、室温駆動に世界初成功
日本電気硝子は、結晶化ガラスを正極材に用いた全固体ナトリウムイオン二次電池を試作し、室温駆動に成功したと発表した。結晶化ガラスを正極材に用いた成功例としては、世界初になるという。(2017/11/10)

Google系列のWaymo、完全自動運転タクシーを米国で試験提供へ
Google系列の自動運転車企業Waymoが、世界初の運転席無人の公道走行をアリゾナ州フェニックスで実施した。同地で一般人が利用できる無人配車サービステストを開始する計画だ。(2017/11/8)

NEDO/大阪大学 接合科学研究所:
世界初の純銅を積層造形できる3Dプリンタ、高輝度青色半導体レーザー開発で実現
NEDOプロジェクトにおいて、大阪大学 接合科学研究所 教授の塚本雅裕氏らの研究グループが「世界初」をうたう純銅を積層造形できる3Dプリンタを開発した。純銅粉末を溶融させるために、出力100Wの高輝度青色半導体レーザーを開発。近赤外線レーザーを用いた3Dプリンタでは困難だった、純銅を用いた加工部品などの造形が可能となる。(2017/11/2)

東京モーターショー 2017:
ターボのタービンハウジングを板金化、二重構造による空気断熱で熱容量を削減
カルソニックカンセイは「第45回東京モーターショー 2017」において、ターボチャージャーのタービンハウジングを板金化した新製品「CK-SMITH」を公開した。間もなく市販されるディーゼルエンジン車への採用が決まっており、既に量産に入っている。タービンハウジングの板金化は、ディーゼルエンジン車向けでは「世界初」となる。(2017/10/30)

東京モーターショー 2017:
スバルの2020年の高度運転支援システムは次世代「アイサイト」とミリ波レーダー
SUBARUは「第45回東京モーターショー 2017」において、高度運転支援技術を搭載したスポーツセダンのコンセプトモデル「VIZIV PERFORMANCE CONCEPT(パフォーマンスコンセプト)」を世界初公開した。(2017/10/27)

東京モーターショー 2017:
電動化に舵を切るホンダは“らしさ”を発揮できるのか
ホンダは「第45回東京モーターショー 2017」において、次世代のコンパクトスポーツカーを目指した電気自動車「Honda Sports EV Concept」を世界初披露した。ロー&ワイドなスタイルを持ち、人とクルマが1つとなったような操る喜びを提供するという。(2017/10/27)

東京モーターショー 2017:
日産のビジョンを具現化――完全自動運転EV「ニッサン IMx」
日産自動車が「東京モーターショー2017」で、完全自動運転(レベル5)のコンセプトEV「ニッサン IMx」を世界初公開。着々と実現に向かっている同社のビジョン「ニッサン インテリジェント モビリティ」を具現化するクルマだ。(2017/10/26)

自然エネルギー:
発電に不向きな“竹”を利用、「世界初」の専焼バイオマス発電所が山口県に
豊富に存在するものの、バイオマス燃料には不向きとされている竹。この竹を燃料に利用する「世界初」をうたうバイオマス発電所の建設が山口県で始まった。(2017/10/26)

東京モーターショー 2017:
ヤマハ発動機は“自律”と“自立”2台のロボットで二輪車の可能性を切り開く
ヤマハ発動機は、「第45回東京モーターショー 2017」において、世界初公開となる参考出展車と技術展示を一挙に6台披露した。中でも、二輪車の可能性を切り開くべく開発を進めている2台の“ロボット”に注目が集まった。(2017/10/26)

東京モーターショー2017:
「夢のエンジン」実用化へ マツダが2台のコンセプトカーを世界初公開
マツダが「東京モーターショー2017」で世界初披露のコンセプトカー2台を展示。次世代のガソリンエンジン「SKYACTIV-X」を搭載した「マツダ 魁(かい) CONCEPT」と、同社のデザイン哲学「魂動」を次のステップに“深化”させたという「マツダ VISION COUPE」だ。(2017/10/25)

東京モーターショー2017:
カワサキ、レトロスポーツ「Z900RS」世界初公開
カワサキが新型レトロスポーツ「Z900RS」を発表。「東京モーターショー2017」で世界初公開した。(2017/10/25)

東京モーターショー2017:
三菱自動車、AI搭載コンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初披露
三菱自動車がAI(人工知能)搭載したSUVタイプのEVコンセプトカー「e-EVOLUTION CONCEPT」を披露。完全自動運転のように「クルマに任せる」のではなく、ドライバーをサポートすることで「走る楽しみ」を提供するという。(2017/10/25)

歌舞伎役者が“遠隔共演”「バーチャル連獅子」披露へ 映像リアルタイムに3D伝送
京都市内の2カ所の歌舞練場をリアルタイム3D伝送技術でつなぎ、役者が“バーチャル共演”する世界初の取り組みが先斗町歌舞練場(京都市中京区)で披露される。(2017/10/23)



Twitter&TweetDeckライクなSNS。オープンソースで誰でもインスタンス(サーバ)を立てられる分散型プラットフォームを採用している。日本国内でも4月になって大きくユーザー数を増やしており、黎明期ならではの熱さが感じられる展開を見せている。+ こういったモノが大好きなITmedia NEWS編集部を中心に、当社でもインスタンス/アカウントを立ち上げました! →お知らせ記事

意欲的なメディアミックスプロジェクトとしてスタートしたものの、先行したスマホゲームはあえなくクローズ。しかしその後に放映されたTVアニメが大ヒットとなり、多くのフレンズ(ファン)が生まれた。動物園の賑わい、サーバルキャットの写真集完売、主題歌ユニットのミュージックステーション出演など、アニメ最終回後もその影響は続いている。

ITを活用したビジネスの革新、という意味ではこれまでも多くのバズワードが生まれているが、デジタルトランスフォーメーションについては競争の観点で語られることも多い。よくAmazonやUberが例として挙げられるが、自社の競合がこれまでとは異なるIT企業となり、ビジネスモデルレベルで革新的なサービスとの競争を余儀なくされる。つまり「IT活用の度合いが競争優位を左右する」という今や当たり前の事実を、より強調して表現した言葉と言えるだろう。