ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「アワード」最新記事一覧

ダメだ、もう耳から離れない! ピコ太郎の歌う「ペンパイナッポーアッポーペン」が世界中でヘビロテ
2016年口ずさみ大賞かも。(2016/9/27)

東京ゲームショウ2016 日本ゲーム大賞:
大賞は「Splatoon」に 最も売れたゲームは330万本「モンスターハンタークロス」
日本ゲーム大賞2016の結果が9月15日、東京ゲームショウ2016で発表された。年間作品部門の受賞作、経済産業大臣賞、ゲームデザイナーズ大賞の受賞作とコメントをご紹介しよう。(2016/9/16)

“スマート杖”から“音の顕微鏡”まで、「JDA 2016」国内審査通過5作品を発表
一般財団法人ジェームズ ダイソン財団は、国際エンジニアリングアワード「第11回 ジェームズ ダイソン アワード 2016」(以下、JDA)の国内最優秀作品、および国内審査通過作品を発表した。(2016/9/9)

中小企業のIT活用:
PR:中小企業だからこそ生きるIT活用、IVIアワードを受賞した「つながる町工場」
中小製造業のIT活用は遅れているといわれている。売上高に対する投資負担が重いためだ。しかしそこを果敢な挑戦で切り抜けようとする町工場グループがある。東京都足立区の今野製作所を中心としたグループは、第1回の「IVIつながるものづくりアワード2016」を受賞。IT活用で新たな価値を切り開く町工場グループの取り組みを紹介する。(2016/9/5)

Best of Show Awardグランプリを受賞:
PR:このスイッチが、データセンターのプロを喜ばせる理由
Interop Tokyo 2016のBest of Show Awardで、ジュニパーネットワークスの「QFX10008 データセンター スパインスイッチ」がグランプリを獲得した。独自開発チップ「Q5」を搭載するこのスイッチは、データセンターのプロをどう喜ばせるのか。(2016/9/1)

技術の壮大な無駄遣いはIoTや人類の未来を示すのか〜「おばかIoTアプリ選手権2016 Summer」レポート
おばかアプリとIoTが出会ったら何が起きるのか――厳正な審査を通過した10作品のプレゼンと表彰式の模様をお伝えする。(2016/8/31)

自社のファンをどう増やしていくか:
「アンバサダープログラムアワード」受賞企業が語るコミュニティー運営の課題と可能性
アジャイルメディア・ネットワークはファンの口コミの活性化や共創的な取り組みを重視している企業の活動を表彰する「アンバサダープログラムアワード」の表彰イベントを実施した。(2016/8/30)

IIJmioとFREETEL SIMが総合満足度で最優秀――イードの「格安SIMアワード2016」
イードが「格安SIMアワード2016」を発表。総合満足度は「IIJmio」と「FREETEL SIM」が同率で最優秀を獲得した。通信速度では「UQ mobile」が最優秀となった。(2016/8/15)

リオ五輪の「君が代」に内村選手「すごくゆっくり」 JOC「実は意図してテンポを遅くした」
体操の内村航平選手が表彰台で流れた「君が代」に「すごくゆっくり流れた」発言、ネットでも共感の声。JOCに本当に通常よりテンポが遅いのか聞いてみた。(2016/8/9)

「歯ブラシ立て?」 表彰式での音声がガッツリ拾われる白井健三選手 → めっちゃ拡散されてトレンド入りを果たす
白井選手かわいい。(2016/8/9)

個人の活動を評価:
マルケト、ユーザー表彰制度「Japan Marketo User Group Champion Program」を導入
マルケトは同社が発足したユーザーコミュニティー「Japan Marketo User Group」を対象にユーザーを表彰する「Japan Marketo User Group Champion Program」を開始すると発表した。(2016/8/4)

「パブリック・ベスト」はメルセデス・ベンツ:
あの“スマホジャック縦型MV”のアイドルも登場、「コードアワード 2016」贈賞式
D2Cはデジタルマーケティングの広告賞「コードアワード 2016」の贈賞式を開催。一般投票で選出した「パブリック・ベスト」も発表した。(2016/8/1)

特撮界のレジェンド、金城哲夫の名を冠した賞が創設 ウルトラを超える逸材発掘目指す
大賞は100万円、受賞作品は円谷プロが映像化をサポート。(2016/7/7)

“スマートフォンの次”が見えた――「モバイルプロジェクト・アワード2016」表彰式
モバイルビジネスの発展に貢献した個人とプロジェクトチームを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2016」の表彰式が行われた。16年は「GearVR」「ロボホン」「SORACOM」「AbemaTV」などが選ばれた。特に変化を感じたのがハードウェア部門だった。(2016/7/5)

「サンリオキャラクター大賞」はポムポムプリンが2連覇 2位は惜しくもシナモロール
なでまわした時間は4605時間11分52秒。(2016/7/2)

「ITの進化で変わる未来の旅行」をテーマにアイデアを募集する「TRAVEL×IT CONTEST」開催
JTBパブリッシング、大日本印刷、DNPデジタルコムは、ITを使った未来の旅行がどのように変わっていくかアイデアを募集する「TRAVEL×IT CONTEST」を9月10日に開催。大賞には50万円分のJTB旅行券が贈られるほか、事業化検討も行う。(2016/7/1)

「モバイルプロジェクト・アワード2016」結果発表――「AbemaTV」「Gear VR」などが受賞
「モバイルプロジェクト・アワード2016」の受賞プロジェクトが決定。モバイルコンテンツ部門、モバイルプラットフォーム・ソリューション部門、モバイルハードウェア部門の最優秀賞・優秀賞のほか、社会貢献賞が選出された。(2016/6/29)

漫画投稿サイト「少年ジャンプルーキー」で”矢吹健太朗賞”が創設 全ジャンルの漫画が審査対象
大賞の賞金は50万円、「少年ジャンプ+」掲載の権利も。(2016/6/28)

カクヨムWeb小説コンテストの大賞が発表 横浜駅が自己増殖する「横浜駅SF」の書籍化が決定
あらすじの段階で印象的すぎた“あのSF小説”です。(2016/6/24)

「SPAJAM2016」の本選・表彰式をニコ生で中継――視聴者参加のアイデアソンも開催
「スマートフォンアプリジャム2016」の本選と表彰式のニコニコ生放送が決定。最終日の表彰式の模様のほか、オープニングパーティも中継する。(2016/6/23)

息子の頭部の手術痕そっくりなタトゥーを入れた男性 がんを患う子どもの父親を表彰するコンテストで優勝
子どもの自信を守るために、おそろいの手術痕。(2016/6/22)

ウィリアムズF1がピットストップで2秒の壁を突破 1.92秒を記録し表彰を受ける
これまでピット作業の所要時間は、トップチームでも2秒台といわれていました。(2016/6/21)

スマートフォンやIoTを活用した秀作が続々:
国内有数のデジタル広告賞「コードアワード2016」の受賞12作品が決定
D2Cは、「コードアワード2016」の最終審査を行い、ファイナリスト29作品の中から受賞作品12作品を決定したと発表した。(2016/6/15)

Interop Tokyo 2016速報:
2016年のInterop Tokyo、Best of Show Award受賞製品・サービスが決定
千葉・幕張メッセで開催中のInterop Tokyo 2016で、優秀展示製品を選ぶBest of Show Awardの受賞製品が決定した。(2016/6/8)

日本おもちゃ大賞 2016:
2015年度に最も売れたおもちゃは「仮面ライダーゴースト」変身ベルト、特別賞に「ウルトラマン」
6月7日に日本おもちゃ大賞 2016授賞式が行われた。前年度ヒットセールス賞は「仮面ライダー」の変身ベルト、特別賞は「ウルトラマン」シリーズに贈られた。写真レポをお届けする。(2016/6/7)

ITエンジニアの未来ラボ(9):
VR、人工知能、画像/音声/動画解析、IoTの最先端16事例が披露されたMicrosoft Innovation Day 2016
Microsoft Innovation Day 2016では、先進的な技術やサービスを提供する企業やスタートアップを表彰するInnovation Award 2016のファイナルピッチと表彰式が行われ、日本のスタートアップの最新の取り組みが明らかになった。本稿ではファイナリストたちが発表した優れたアイデアや最先端のサービスの一端をお届けする。(2016/6/3)

NHK「ブラタモリ」制作スタッフが「測量の日」功労者に 国土地理院が表彰を決定
理由は「視聴者が地図や地理に興味を持つきっかけとなっている」から。(2016/5/20)

キーワードは「モダナイズ」「ソフトウェア志向」:
PR:EMCがパートナーとともに築き上げていく「次世代ビジネスプラットフォーム」の姿
EMCジャパンによる、2015年度に優れた実績を上げたパートナー企業を表彰し、2016年度の製品・ビジネス戦略をパートナーへ示すイベント「EMC Business Partner Day 2016」が開催された。クラウド、ビッグデータ、IoT技術が普及し、取り扱うデータ量が爆発的に増えていく今後のデジタルビジネス時代に向け、EMCとEMCのパートナーは、その解決策をどう示し、どのように提供していくのだろうか。(2016/5/19)

写真展:
Sony World Photography Awards 2016 日本部門賞授賞式
(2016/5/13)

革新的なマーケティングサービスやテクノロジーを表彰:
Facebook、「2016 Innovation Spotlight Award」にアライドアーキテクツ子会社など3社を選出
Facebookが革新的なマーケティングサービスやテクノロジーを選出する「2016 Facebook Innovation Spotlight」を発表した。(2016/5/3)

第20回手塚治虫文化賞、大賞に「よつばと!」「鼻紙写楽」が異例のW受賞 短編賞には「じみへん」
清新な才能を持つ作家に贈る「新生賞」は安藤ゆきさんに。(2016/4/27)

ハノーバーメッセ2016:
モジュラー型生産ライン“最後のカギ”、ハーティングの「MICA」が技術賞
ドイツ ハーティングの統合基盤向けインタフェース「MICA」が、ハノーバーメッセ2016の「HERMES AWARD 2016」を受賞した。(2016/4/26)

写真展ニャ:
猫だらけのフォトブックコンテスト「Photoback ねこアワード展」
ねこねこねこ〜(訳:ねこの写真がいっぱい)(2016/4/23)

喪黒福造にハクション大魔王、ダース・ベイダー 声優の大平透さんが逝去 86歳
声優アワードの第1回で功労賞も受賞した名声優でした。(2016/4/14)

トップ10に入っているのはどのキャラ? 「2016年サンリオキャラクター大賞」初日速報発表
昨年、優勝した「ポムポムプリン」は今年も大人気!(2016/4/12)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
麻倉’s eyeで視る“ブルーレイのアカデミー賞”、第8回ブルーレイ大賞レビュー(後編)
前編に引き続き、「第8回DEGジャパン・アワード/ブルーレイ大賞」のレビューをお届けしよう。後編は音質・画質のほかに、Blu-ray Discならではのパッケージ性という点が評価されたタイトルがそろった。(2016/4/4)

「モバイルプロジェクト・アワード2016」応募・推薦受付がスタート
モバイルビジネスの発展に寄与した個人やプロジェクトチームなどを表彰する「モバイルプロジェクト・アワード2016」の応募・推薦受付がスタートした。(2016/3/30)

「第1回 セキュリティ・キャンプアワード」レポート:
セキュリティ・キャンプが修了生の「今」を表彰する新たな取り組みに迫る
若者たちが合宿形式でセキュリティ技術を学ぶ「セキュリティ・キャンプ全国大会」の修了生向けに、“現在の”取り組みや研究成果などを表彰するイベント「セキュリティ・キャンプアワード」の最終審査と表彰式が3月4日、「セキュリティ・キャンプフォーラム2016」内で行われた。(2016/3/30)

ヒンナ! 「マンガ大賞2016」大賞は野田サトル「ゴールデンカムイ」に
「このマンガがすごい!2016」では「ダンジョン飯」の後塵を拝していましたが……!(2016/3/29)

麻倉怜士の「デジタル閻魔帳」:
麻倉’s eyeで視る“ブルーレイのアカデミー賞”、第8回ブルーレイ大賞レビュー(前編)
“Blu-ray Disc界のアカデミー賞”こと「ブルーレイ大賞」が今年も行われ、昨年発売された中でも特に上質なBlu-ray Discソフトが選出された。今年も審査委員長を務める麻倉怜士氏に審アワードの意義や裏側を、大いに語り尽くしてもらおう。(2016/3/29)

世界よ、これが日本のポップカルチャーだ! 「SUGOI JAPAN Award2016」に「ワンパンマン」「屍者の帝国」など
日本国民が「世界中の人々にも紹介したい!」作品が決定。(2016/3/23)

今年もカオスな予感!? 「サンリオキャラクター大賞2016」に謎のキャラクターが参戦
今年もツッコミたくなるキャラクターが豊富です。(2016/3/20)

第7回 ATTTアワード発表 最優秀賞はメルセデス・ベンツ日本の「インテリジェントドライブ」
7回目を迎えた国際通信技術展で、ATTTアワードが発表された。今年もクルマと情報通信の融合から生まれる新しいビジネスの創出に貢献した技術や製品が受賞した。(2016/3/18)

大賞は「パソ消して 消える美少女 映るデブ」 「オタク川柳大賞」結果発表
なお大賞受賞者は選考期間中に3次元の嫁を得たそう。(2016/3/18)

バンダイナムコ、2次利用オープン化対象に「塊魂」など4タイトル追加 エントリー期間も2年延長
バンダイナムコエンターテインメントが「カタログIPオープン化プロジェクト」の大賞タイトルを追加し、エントリー期間を2年延長すると発表した。(2016/3/17)

Microsoft Innovation AwardとImagine Cup日本予選登壇者を3月末まで募集中:
PR:ビジネス拡大と人生を変えるほどのインパクトを体感せよ――前回優勝者に聞く、イノベーションコンテスト応募メリットとは
日本マイクロソフトが「Microsoft Innovation Award 2016」「Imagine Cup 2016 日本予選大会」の最終選考会を4月23日に同会場で開催する。これらに参加するメリットは何なのか、2015年度優勝者に聞いた。(2016/3/17)

適切なインシデント対応と情報公開には、適切な評価を:
EmEditorや「オバQの毛」に気付いたeBookJapanに見る、「有事」のあるべき姿勢とは
セキュリティインシデントに遭遇した後、優れた対応を取った企業や組織を表彰することで、適切な事後対応に取り組むモチベーションとしてもらうことを目的とした「セキュリティ事故対応アワード」の表彰式が2016年2月24日に行われた。(2016/3/15)

第10回声優アワード、ダンまちコンビが主演賞に 神谷浩史さんは殿堂入りへ
助演男優賞、パーソナリティ賞を受賞した鈴村健一さんは「松来未祐さんが背中押してくれたお陰」とコメント。(2016/3/13)

新海誠監督「秒速5センチメートル」NHK BSプレミアムで放送 3月8日夜に
「秒速5センチメートル」「言の葉の庭」は3月20日に「東京アニメアワードフェスティバル2016」の招待作品としても上映。(2016/3/8)

面白いローカル番組はコレだ!――GYAO!「第1回ご当地番組大賞」発表
映像配信サービス「GYAO!」にて「第1回ご当地番組大賞」4部門が決定。再生数部門では広島ホームテレビ「アグレッシブですけど何か?」が受賞した。(2016/3/7)



7月6日に米国等で、遅れて22日に日本でも配信を開始したスマホ向け位置情報ゲーム。街でスマホを持つ人がすべてポケモンGOプレイヤーに見えてしまうくらいの大ブームとなっているが、この盛り上がりがどれだけ継続するのか、この次に来る動きにも注目したい。

Oculus Riftに続く形で各社から次々と発表されたVRゴーグル。まだマニア向けという印象だが、ゲーム用途を中心に実用段階に進んでおり、決定打になるようなコンテンツが出てくれば、一気に普及が進む可能性もある。

ソフトバンクが買収を発表した半導体企業。既にスマホ市場では圧倒的なリーダーだが、今後IoTの時代が到来することで、ネットにつながるデバイスが爆発的に増加することが予測されており、そこでもスマホ同様のシェアを押さえられるのなら、確かにその成長性には期待が持てる。