ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ロボット」最新記事一覧

・こちらもご覧ください
「ロボット」特集− MONOist

太陽光:
太陽光モジュールを自走式ロボで洗浄、発電量アップに
発電量の低下につながる太陽光モジュールの汚れ。ネクストエナジー・アンド・リソースはこうした太陽光モジュールの洗浄を行うサービスを全国展開する。自走式の洗浄ロボットを活用することで、作業時間やコストを削減できるという。(2017/2/24)

メカゴジラ×エヴァ×メタルギア! 「ネルフ対G専用決戦兵器」を目撃
シン・ゴジラとエヴァの世界が融合した巨大ロボット「NERV 対G専用決戦兵器 紫龍 試作初号機」の実物サンプルがワンフェスで公開されました。(2017/2/23)

床拭きロボットが猫カフェをお掃除! 花粉を気にせず猫ちゃんとくつろげそう
すっきりニャ。(2017/2/23)

漫画「鉄腕アトム」から生まれたロボット「ATOM」に秘められた、もうひとつの話
このデザインを見て、気付く人は気付くだろう。その技術に迫った。(2017/2/23)

猫にも花粉症の可能性!? 床ふきロボットを導入した猫カフェ
吉祥寺の猫カフェが床ふきロボット「ブラーバ380j」を導入。新しい下僕に興味津々の猫たち。そして獲物を狙う体勢に入った猫も……。(2017/2/22)

雑誌にパーツが付属、全70号:
AIで話すロボット作れる「週刊鉄腕アトム」発売
講談社が、「鉄腕アトム」をモデルとした対話型ロボット「ATOM」のパーツが付属するパートワーク雑誌(全70号)を創刊。「ATOM」は、AIの顔認識技術と自然対話技術を活用し、ユーザーとの高度な対話ができるという。(2017/2/22)

“分身ロボット”で遠隔地から結婚式“参列” 「OriHimeブライダル」正式スタート
結婚式に参列できない人が、分身ロボット「OriHime」を使って式に“参加”できるサービスが正式にスタートした。(2017/2/22)

ジヤトコ、ロボ活用し生産自動化拡大 日産・三菱自提携で部品共用化期待
変速機大手ジヤトコは20日、富士第1地区工場を報道陣に公開し、ロボットの活用による生産の「自動化」などで費用低減を進める方針を明らかにした。(2017/2/21)

ベンチャーニュース:
大手システム開発会社、自律移動型ロボット開発ベンチャーに出資
TISは、新たなロボットサービスの市場創造を目指すため、同社のベンチャー投資制度「コーポレートベンチャーキャピタル」を通じて自律移動型ロボット開発ベンチャーのSEQSENSEに出資することを発表した。(2017/2/21)

ロボット開発ニュース:
会話の難易度を脳血流量から判定する手法を提案
国際電気通信基礎技術研究所は、会話の難易度を脳血流量から判定する手法を提案した。今後、この提案手法を拡張することで、ロボットと対話することによる脳の活性化が期待される。(2017/2/21)

FAニュース:
双腕スカラロボットと人型ロボットの連携で新たな使い方を提案
川崎重工業は、ソフトバンクおよびソフトバンクロボティクスと共同で、ロボットの適用範囲拡大に向けた提案を開始する。双腕スカラロボット「duAro」と人型ロボット「Pepper」を組み合わせ、人の指示で作業するロボットの使い方を提案する。(2017/2/21)

製造業IoT:
これぞ現場のIoT、RRIが中堅中小企業のIoT活用事例公開
経産省などが主導するロボット革命イニシアティブ協議会(RRI)が募集していた「第1回 中堅・中小製造業のIoT活用事例」の結果がこのほど発表され、約40件の事例が認定された。(2017/2/20)

コウモリのように翼をはためかせて飛行する小型ドローン「Bat Bot」の試作機が完成
バットケーブに住んでいるのは実はこういうロボットだったりしないだろうか。(2017/2/20)

日本航空電子工業 KN01シリーズ:
耐環境性を要する産業機器に適した防水コネクター
日本航空電子工業は2017年2月、角型防水コネクター「KN01」シリーズを発表した。ロボット、自動機、工作機器など耐環境性が求められる産業機器に適しているという。(2017/2/20)

ビル・ゲイツ氏、「働くロボットへの課税で人間を守るべき」
Microsoftの共同創業者で慈善事業家のビル・ゲイツ氏が、人間の労働者に置き換わるロボットに課税することで置き換え速度を抑制し、人間のための職を創るべきだと語った。(2017/2/19)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
ソニー初のロボットプログラミング教材「KOOV」で学んでみた
ソニー・グローバルエデュケーションからロボットプログラミングの学習ツール「KOOV」(クーブ)が発売された。今回は開発者インタビューと、タッチ&トライの両方でKOOVの魅力に迫る。はたしておっさんはブロックアーティストになれるのか?(2017/2/19)

Microsoft Focus:
街のラーメン屋でも導入できる “月額3万円のAIロボット”の働きぶりは
AIやロボットというと、「大企業が多額の投資をして使うもの」というイメージがあるが、2017年はそれが覆るかもしれない。街の小さな店舗でも気軽に導入できる月額3万円のAIロボットが注目を集めている。(2017/2/18)

シミュレーターで研究開発を効率化、GitHubで公開:
マイクロソフト、ロボットやドローンの“AI訓練と開発”を支援する「Aerial Informatics and Robotics Platform(β版)」をリリース
マイクロソフトが、AI搭載ロボットやドローンの効率的な開発を支援するオープンソースプラットフォーム「Aerial Informatics and Robotics Platform(β版)」を開発者向けにリリース。GitHubで公開した。(2017/2/17)

FAニュース:
AI搭載自動搬送ロボットの販促を強化、自社工場にも導入
オムロンは、AI搭載型の自動搬送モバイルロボット「LD」シリーズの販促を強化する。(2017/2/17)

Microsoft、ドローンのAI学習シミュレーターをオープンソース公開
Microsoftが、ドローンやロボットなどのAI学習用のシミュレーション環境「Aerial Informatics and Robotics platform」のβ版ツールをオープンソースで公開した。高価な端末を壊さずに、自立運行のテストと学習を行える。(2017/2/16)

ロボット開発ニュース:
遊びながらロボット・プログラミングが学べるキット
ソニー・グローバルエデュケーションは、ロボット・プログラミング学習キット「KOOV(クーブ)」を発売する。ブロックと電子パーツを立体的に組み合わせて多種多様な「ロボット」を作ることができ、遊びの中でプログラミングが学べる。(2017/2/16)

ロボットのアイドルは人間を超えるか? 「ニコ生」で育つ「アンドロイドルU」誕生 「ぐぬぬ」もその場で学習
「アイドルは、人間よりアンドロイドの方が適しているのかもしれない」――ニコ生に“生主”として出演し、ユーザーとの対話で賢くなっていくアンドロイド「U」が誕生した。(2017/2/15)

人工知能ニュース:
官民が連携し、先進型AI技術の研究ラボを設立
パナソニックと産業技術総合研究所は、「パナソニック―産総研 先進型AI連携研究ラボ」を設立した。対話技術やロボット技術による業務支援、AI技術を応用する上での課題解決などをテーマとした研究開発に、共同で取り組む。(2017/2/15)

スタッフの業務負担を軽減:
「Pepper」は介護業界の人手不足を解消するのか
「Pepper」が介護現場で効果を発揮し始めている――。ロボットの活用が思うように進まない介護業界だが、「Pepper」はどのようなシーンで役立っているのだろうか。(2017/2/14)

R2-D2の“2代目中の人”が「STAR WARS: THE LAST JEDI」に出演とカミングアウト
「スター・ウォーズ」シリーズの最新作「THE LAST JEDI」でロボット「R2-D2」を演じるのは、昨年8月に亡くなったケニー・ベイカーさんの教えを受けたジミー・ヴィーさんであると、ヴィーさんの所属プロダクションが発表した。(2017/2/14)

ロボット開発ニュース:
重機のようにロボットを操縦できるコックピット型コントローラー
アスラテックは、建設機械操縦用人型ロボット向けの新しいコックピット型コントローラーの開発に協力したと発表した。同社のソフトウェアと回路基板を搭載した同コントローラーは、ショベル車のコックピットを改造したもので、直感的な操縦ができる。(2017/2/14)

4月ごろに:
トヨタ、小型ロボット「KIROBO mini」先行販売延期
トヨタ自動車は、小型ロボット「KIROBO mini」の先行販売を4月ごろに延期すると発表。(2017/2/13)

トヨタの小型ロボット「KIROBO mini」発売延期に
トヨタのコミュニケーションロボット「KIROBO mini」の発売時期が4月ごろに延期。(2017/2/13)

指示通り動く家庭用ロボットアームがクラウドファンディングで人気 目標額の約30倍となる3億円以上の出資集まる
最大500グラムの物を自由に持ち上げ。モジュールの交換でレーザー彫刻など多彩な仕事を果たします。(2017/2/13)

ロボット開発ニュース:
ロボティクス世界市場、2020年までに起こる10のこと
2020年に向けて、高速動作が可能な協働ロボットが新規導入されるロボットの30%を占め、物流や医療などの非製造業の主要企業の35%がロボットの活用を検証し始める。一方で、人材不足や雇用維持をにらんだロボットの導入規制も導入されそうだ。(2017/2/13)

二足歩行の“下半身ロボット”「キャシー」発売へ(どつかれる動画あり)
オレゴン州立大学からスピンオフした新興企業Agility Roboticsが、二足歩行で“人間が歩くところならどこでも”歩けるというロボット「CASSIE」(キャシー)を発表した。近く“腕”も追加する予定だが、現行モデルは下半身だけが歩いているように見える。(2017/2/10)

ヒューマノイドロボットが3カ国語で“おもてなし” 日立ら3社が実証実験
日立のヒューマノイドロボット「EMIEW3」の多言語対話機能と自律走行機能を活用した店舗案内サービスの実証実験が、2月17日「ダイバーシティ東京 プラザ」で実施される。(2017/2/10)

これはかわいい! タブレットに描いたイラストをリアルタイムにトレースしてお絵かきしてくれる超小型ロボットアーム「Line-us」
これならお絵かきするのが楽しくなりそう!(2017/2/10)

FAニュース:
発電機の保守を簡単に、厚み19.9mmの薄型点検ロボット
三菱電機は、厚み19.9mmの発電機用薄型点検ロボットを開発した。発電機内部を短期間で高精度に点検でき、保守点検のコスト抑制や、信頼性・稼働率向上に貢献する。(2017/2/10)

人の皮膚感覚を再現できる?:
圧力と温度を同時に多点検出するシートセンサー
新エネルギー・産業技術総合開発機構と次世代プリンテッドエレクトロニクス技術研究組合は、印刷技術を用いて圧力と温度を同時に多点検出できるフレキシブルシート型センサーを開発した。他のセンサーと組み合わせることができれば、将来は人間の皮膚感覚を備えたロボットスキンを実現することも可能となる。(2017/2/10)

人工知能ニュース:
ロボットによる地域情報の発信や接客案内の実証実験を開始
大日本印刷は、AIの活用によって人とロボットとの円滑なコミュニケーションを支援する「知能コミュニケーションプラットフォーム」の実証実験を開始した。(2017/2/9)

沖電線 ORP-MIXサービス:
高屈曲ロボットケーブルの短納期・少量生産を実現するオーダーメイドサービス
沖電線は、高屈曲ロボットケーブル「ORPケーブル・シリーズ」をベースとした、短納期・少量生産のオーダーメイドサービス「ORP-MIXサービス」を2017年2月1日から開始すると発表した。(2017/2/9)

IoTロボット掃除機が5万円から! ネイト「Botvac Connected」シリーズに2つの普及モデル
ネイトロボティクスから「Botvac Connected」シリーズの新製品2機種が登場。一部の機能と付属品を見直してリーズナブルな価格を実現したという。価格は5万円から(税別)。(2017/2/7)

Pepperが受け付け、ロボットアームがiPhoneの画面に保護フィルムを貼ってくれる時代
コミュニケーションが得意な人型ロボット「Pepper」と産業用ロボットアーム「duAro」を組み合わせて、店舗や事務所などでのロボット活用の可能性を摸索する取り組みがスタート。(2017/2/7)

エイチ・アイ・エス、ロボット事業でベンチャー設立
旅行大手のエイチ・アイ・エスは、ロボット技術の開発と企業向けのコンサルティングを手掛けるベンチャー企業「hapi-robo st(ハピロボ)」を設立した。(2017/2/7)

歌って踊れる萌えフィギュア、受注開始 消費者が考案した新規ロボットアイドルもオーダー可能
「嫁が踊る未来」がすぐそこに。(2017/2/6)

スリムで静かに踊る“ロボットアイドル”「高坂ここな」発売 「MikuMikuDance」対応
全身の関節をワイヤーで駆動させ、繊細な動きができるロボット「高坂ここな」が発売。スリムな外観と静かな動作音を実現したという。(2017/2/6)

週刊「調査のチカラ」:
ロボットが職場にやってくる時代、ビジネスパーソンに求められるスキルとは
人工知能は仕事を奪うのか。はたまた人口減少に向かう日本の救世主となるのか。これからの時代にビジネスパーソンが身に付けるべきスキルとは?(2017/2/4)

NECネッツエスアイ Relay:
米国で実績持つ自律搬送ロボット、NECが国内販売
NECネッツエスアイは米Saviokeの搬送ロボット「Relay」に関して、日本国内での販売契約を締結した。2017年上半期中の提供開始を予定している。(2017/2/3)

「超合金の生みの親」 ロボット玩具デザインの第一人者・村上克司初のデザイン画集が発売
仮面ライダー・宇宙刑事ギャバン・スパイダーマンなども。(2017/2/1)

初代「INFOBAR」と「トランスフォーマー」がコラボ スマホ連携もできる変形おもちゃに
INFOBARがロボットに変形する玩具を、クラウドファンディング経由で発売する。(2017/2/1)

ブロックを組み立ててロボットのプログラミングが学べる「KOOV」、ソニーが発売
ソニー・グローバルエデュケーションがプログラミング学習キット「KOOV」(クーブ)を発売する。半透明のカラフルなブロックと、動きや表現を加える電子パーツを組み合わせ、ロボットなどを作成できる。(2017/2/1)

「携帯モード」から「ロボットモード」にトランスフォームというロマン 「au×TRANSFORMERS PROJECT」始動
人間にも“運命(情報)”を選ぶ権利はある。(2017/2/1)

山本敦の「体当たりッ!スマート家電事始め」:
変形ロボットとプロジェクターが合体!? わが家に「Tipron」がやってきた
国内ベンチャーの雄、Cerevo(セレボ)からプロジェクターを搭載する可変型ホームロボット「Tipron(ティプロン)」がついに発売された。どんな製品なのか。その実力を検証すべく、いつもの体当たりを試みた。(2017/2/1)

ベスパのメーカーが荷物運搬ロボットを開発 自律走行とコミュニケーション機能で外出をサポート
約18キロの荷物を積み、最高時速約35キロで走ります。(2017/2/1)



多くの予想を裏切り、第45代アメリカ合衆国大統領選挙に勝利。貿易に関しては明らかに保護主義的になり、海外人材の活用も難しくなる見込みであり、特にグローバル企業にとっては逆風となるかもしれない。

携帯機としても据え置き機としても使える、任天堂の最新ゲーム機。本体+ディスプレイ、分解可能なコントローラ、テレビに接続するためのドックといった構成で、特に携帯機としての複数人プレイの幅が広くなる印象だ。

アベノミクスの中でも大きなテーマとされている働き方改革と労働生産性の向上。その実現のためには人工知能等も含むITの活用も重要であり、IT業界では自ら率先して新たな取り組みを行う企業も増えてきている。