ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ロボット に関する記事 ロボット に関する質問

「ロボット」最新記事一覧

・こちらもご覧ください
「ロボット」特集− MONOist

スタミナもあります:
ドイツ生まれの賢いロボット掃除機、ミーレ「Scout RX1」
ドイツの高級家電ブランド“ミーレ”から初のロボット掃除機が登場した。賢いナビゲーションシステムとスタミナが特徴のニューフェースだ。(2014/7/30)

FAニュース:
安川電機、産業用ロボットMOTOMANのための2Dビジョンパッケージを製品化
2Dビジョンシステム専用のペンダントやPCで行っていた設定や画像確認などが、標準のロボット用ペンダントで設定可能。これにより、省スペース・省配線となった他、設定作業が効率的にできる。(2014/7/29)

萌えフィギュアのロボット骨格に「スイスのエロゲ王」も登場 ワンフェス2014[夏]フォトリポート
人気アニメ・ゲームのフィギュアが多数展示されていたワンフェス2014[夏]。開催前から話題だった動くフィギュアのロボット素体も見てきました。(2014/7/28)

FAニュース:
三菱電機、腐食耐性・洗浄性などを向上した医薬品・食品向け産業用ロボット発売
特殊コーティングと特殊シールにより、酸・アルカリ洗浄液への耐性を強化。特殊形状ボルトと滑らかな表面形状にすることで、異物混入・残留を防ぎ、日々の洗浄を容易にしている。(2014/7/28)

「公園の遊具」だけど難易度高め:
ロボット親子が公園の「遊具」で遊ぶ!――NHK大学ロボコン2014
大学生がロボット作りの技術力や戦略を競う「NHK大学ロボコン」が開催された。親と子、2台のロボットを上手に「公園の遊具」で遊ばせることができたのはどこの大学か?(2014/7/25)

FAニュース:
オリエンタルモーター、「AZシリーズ」に4種のギヤードタイプを追加
複数の歯車で構成される機械式センサーを採用。個々の歯車の角度を認識して位置情報を検出することで、バッテリーを不要にした。産業ロボットや液晶、半導体製造装置、自動車製造設備、工作機械、物流搬送などの用途を想定している。(2014/7/24)

“動くフィギュア”登場へ ロボット技術と融合
ロボット技術を活用した「モーションフィギュアシステム」をスピーシーズが開発した。好きなキャラの外装をつけることで動くフィギュアが実現できるという。(2014/7/24)

TECHNO-FRONTIER 2014:
“ふしぎなおどり”はMPのためじゃない! ――安川電機のロボット同期制御デモ
安川電機は、「TECHNO-FRONTIER(テクノフロンティア) 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、2台のロボットを高精度に同期制御し、完全に一致した動きを取ることで“両者が持つシャープペンシルの芯が折れない”というデモを行った。(2014/7/24)

嫁が動く未来キタァ!!! AIBO開発者の企業が“萌えフィギュアのロボット骨格”を開発しててヤバい
21世紀の勝利!!!!!!!!(2014/7/24)

TECHNO-FRONTIER 2014:
ワタシガツヅキヲツクリマス! ――双腕ロボットが人の代わりに生産する時代
THKインテックスは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、人の動きを完全にカバーする双腕ロボットによる生産作業のデモを行った。機器とロボットを制御システムで接続する必要がなく、生産ラインの人間の作業をそのまま代替できることが特徴。(2014/7/23)

目玉のおやじみたいなファミリーロボット「JIBO(ジーボ)」がかわいい
クラウドファンディングで資金調達中。(2014/7/20)

TECHNO-FRONTIER 2014 開催直前情報:
あんな所にも使われている! アバゴが最新のモーター制御技術を展示
アバゴ・テクノロジーは、「TECHNO-FRONTIER 2014」(2014年7月23〜25日、東京ビッグサイト)で、さまざまな所で使われているモーター制御技術を中心に展示する。高いシェアを誇るエンコーダでは、電動アクチュエータや人型ロボットといった新しい分野を狙う。(2014/7/18)

FA メルマガ 編集後記:
愛ロボット
愛があれば分かり合える……のか!?(2014/7/18)

社会問題をロボット技術で解決:
NEDOが「ロボット白書」発行、社会問題の解決にロボット技術の導入を提案
新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は ロボット産業振興を目的とし、各種ロボットの現状と課題、今後の提言をまとめた「NEDO ロボット白書 2014」を公開した。「社会的課題のロボット技術による解決」を多数、例示する。(2014/7/17)

MITメディアラボの研究者が開発する家庭用アシスタントロボット「Jibo」、499ドルで予約受付中
「Jibo」は家族の顔を覚えてそれぞれの相手に必要なタイミングで適切な対応をするアシスタントロボット。MITメディアラボのブリジール氏が立ち上げたJibo.comはこのロボットを2015年12月に499ドルで発売する計画だ。(2014/7/17)

日本人が主役のディズニーアニメ映画「Big Hero 6」予告公開 ロボット「Baymax」がカワイイ!
Baymaxがマシュマロマンみたいでキュート。(2014/7/16)

ロボット開発:
JASA、ロボット向けオープンライブラリの国際標準化を提案
組込みシステム技術協会(JASA)は2014年7月16日、ロボットおよび組み込みシステム向けのハードウェア抽象化レイヤーの国際標準化を提案した結果JASAの提案が採択され、今後はOMGが国際標準化を進めていくことになったと発表した。(2014/7/16)

SoftBank World 2014 レポート:
人間とロボットの共存が日本を救う ソフトバンク・孫代表
長引く不況などに苦しむ日本。復活の道はあるのか。そうした問いに対する解決策として、孫正義氏が掲げる方程式が「生産性×労働人口=競争力」だ。(2014/7/15)

短期集中連載「人工知能と生きる」第1回:
ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」――今、人工知能で人の感情はどこまで分かるのか?
ソフトバンクがパーソナルロボット「Pepper」を発表した。感情認識機能が目玉のようだが、実際にロボットは人間の感情を認識できるのだろうか。(2014/7/15)

スマホで操縦できる超小型ドローン&高速2輪走行ロボ「Rolling Spider」「Jumping Sumo」 日本発売
スマートフォンで操作できる仏Parrotの超小型ドローン「Rolling Spider」と高速2輪走行ロボット「Jumping Sumo」が8月に日本で発売へ。(2014/7/11)

ソフトバンクの「Pepper」と同じOSを搭載:
アルデバラン、ヒューマノイドロボットの最新モデル「NAO EVOLUTION」販売
ソフトバンク子会社の仏Aldebaran Robotics(アルデバラン・ロボティックス)は、ヒューマノイドロボット「NAO(ナオ)」の第5世代モデル「NAO EVOLUTION」の販売を開始した。(2014/7/11)

ロボット制御学習に最適!!:
マウス操作でも動かせる卓上型ロボットアーム「アカデミック スカラロボット」
ヴイストンは、水平多関節(SCARA)構造の卓上型ロボットアーム教材「アカデミック スカラロボット」を発表。現在、クラウドファンディングサービス「Makuake」で量産資金の調達を行っている。(2014/7/11)

「会話ロボット」広がる市場 介護施設など導入、人手不足追い風
人手不足が日本経済の懸念材料となる中、介護などの現場で人とコミュニケーションをするロボットの活用が広がっている。(2014/7/11)

ロボットセル:
製造の未来を切り開くロボットセルの価値と課題
ロボットが多能熟練工になる!? ――。装置型産業における生産の自動化が進む一方、人手による作業が多かった組み立て生産領域の自動化が急速に進もうとしている。そのキーワードとなっているのが「ロボットセル」だ。ロボットがセル生産を行う「ロボットセル」はどのような価値をもたらし、どのような課題を残しているのか。日本ロボット学会会長の小平紀生氏が解説する。(2014/7/11)

ロボット関連ニュース:
橋やトンネルの維持にロボット活用、NEDOがプロジェクト着手
新エネルギー・産業技術総合開発機構は、老朽化の進む橋やトンネルの状態を把握するモニタリングシステムと、このシステムに連動する維持管理ロボットの開発に着手した。(2014/7/10)

企業動向:
「クルマがロボットになる時代、設計は変わる」 メンターが独XS Embedded買収
Mentor Graphicsが車載システムアーキテクチャとリファレンスボードを手がける、ドイツのXS Embeddedを買収した。ワンストップの車載システム開発を提供する狙い。(2014/7/10)

次世代社会インフラ用ロボの現場検証対象技術決定:
アスラテックの「V-Sido OS」が建設機械操作ロボットの実現をサポート
国土交通省は、公募を行っていた「次世代社会インフラ用ロボット技術・ロボットシステム(災害応急復旧技術)」の「現場検証対象技術」が決定したと発表した。(2014/7/9)

陶器ロボットのクオリティが高すぎ! ジブリ作品に出てきそう
今にも動き出しそう。(2014/7/7)

32本足でぬるぬる歩くロボットの動きがロボットとは思えないほど素晴らしい
ぬるぬるぬるぬるぬるぬるぬる。(2014/7/5)

産業用ロボット:
人手不足の物流現場を救うのは「かるがも」!?
ZMPは機械部品メーカーのTHK、日本電産シンポ、東京藝術大学と共同で、汎用台車型ロボット「CarriRo(キャリロ)」を開発したと発表した。運搬負荷を軽減するアシスト機能や、作業員を自動で追従する機能が搭載されおり、物流現場の作業員不足の解消や生産性の向上を図るという。ZMPは2015年中の販売を予定している。(2014/7/4)

転がるロボット「スフィロ」と「宇宙」の意外な関係
東京ドームシティにオープンする宇宙ミュージアム「TeNQ」には、球形ロボット「sphero」(スフィロ)で遊ぶ、来場者参加型ゲームが設けられる。そのお披露目に、スフィロのソフトウェア開発を担当したアダム・ウィルソン氏が登場した。(2014/7/4)

7月からロボットがヒッチハイクでカナダ横断に挑戦 理由は「お金ないし免許もらえないから」
ん? 道端でだれか親指を立ててる……ってロボットぉぉぉぉ!?(2014/7/3)

ハンディにもなるロボット掃除機:
自動でごみ回収もするロボット掃除機「Deebot D79」――ハンディタイプにも変形
エコバックスジャパンは7月2日、自動でごみの回収もするロボット掃除機「Deebot D79」を発表した。ごみ回収ユニットは付属アダプタによってハンディ掃除機にもなる。(2014/7/2)

ロボット漫画『タンク・タンクロー』ほか故・阪本牙城作品が電子書籍で復刻
eBookJapanは、ロボット漫画『タンク・タンクロー』ほか『ジャンケンポンチャン』『がらがら先生』など故・阪本牙城作品を電子書籍で復刻。(2014/7/2)

ロボット漫画のルーツ「タンク・タンクロー」、電子書籍になる
アトム、ドラえもん前夜の漫画世界に触れられます。(2014/7/2)

ルンバに続くお掃除ロボ第2弾「ブラーバ」は床拭き専用 今回もペットとしても愛でられる?
今度は水拭き・乾拭きができるお掃除ロボット登場。(2014/7/1)

「ルンバ」に続く第2弾は雑巾掛けロボット「ブラーバ」 から拭き/水拭き、どちらもOK
から拭き/水拭き、どちらもOKの床拭きロボット「ブラーバ380j」が発売される。「ルンバ」に続く、iRobotのお掃除ロボ第2弾だ。(2014/7/1)

拭き掃除もロボットにおまかせ! iRobotの「ブラーバ380j」日本上陸
セールス・オンデマンドは、米iRobotの家庭用掃除ロボット第2弾「ブラーバ380j」を発売する。から拭きと水拭きの両方に対応した床の拭き掃除専用ロボットだ。(2014/7/1)

出川哲朗リアクションフィギュア化計画始動 受注数5000人突破でリアルガチで商品化
ロボット出川や超合金出川など様々な候補が。(2014/6/30)

「Pepper」開発者向けに先行販売へ 9月の開発者イベント、事前登録スタート
ソフトバンクの人型ロボット「Pepper」の開発者イベントが9月20日開催。Pepper先行販売の予約を同イベントで受け付ける。(2014/6/30)

【速報】Pepper、プログラミング言語の知識がなくても開発可能 ドラッグ&ドロップで誰でも「ロボットクリエーター」に 「pepper tech festival」は9月20日開催
見つけちゃった。(2014/6/27)

ソフトバンクのロボット「Pepper」の主題歌(フルバージョン)がYouTubeで公開 「ソフトでバンクラガッタバンクラガッタ〜」って何!?
嫌いじゃないです。(2014/6/26)

頭脳放談:
第169回 ロボットがうちにやって来る!
ソフトバンクが感情を認識するロボット「Pepper」を発表。このPepperは、感情を認識したり、開発をオープン化したりとこれまでのロボットとは違っているようだ。(2014/6/25)

違いの分かる大人へ……:
「大人のための戦隊商品」、バンダイがトッキュージャーの限定商品を発売
「烈車戦隊トッキュージャー」といえば、列車が合体して大きなロボットになり、敵と戦う設定が人気の特撮テレビドラマだ。トッキュージャーを模した列車を販売しているバンダイは、「大人のための戦隊商品」と銘打って限定商品を発売する。(2014/6/24)

市場調査/予測:
どうする? 社会インフラ設備の老朽化対策――急がれるインフラ点検ロボット開発
矢野経済研究所は、インフラ点検ロボットメーカーおよび販売会社、研究機関、関連団体などを対象に、国内のインフラ点検ロボット市場についての調査を実施(2014年4〜6月)。結果をレポートとしてまとめ、その概要を発表した。(2014/6/24)

「情報革命の分野で世界を変える」――34年目のソフトバンクで孫氏が吹く「新しい大ぼら」
6月20日に開催された株主総会で、ソフトバンクグループの孫正義代表は、これからの目標は「世界を変える」ことであると話した。文字通りの「世界」では米国に進出し、人型ロボットも発表。孫氏は、34年目を迎えるソフトバンクの野望を株主たちに熱く語った。(2014/6/20)

マイコン1つで26個のモーターを制御!:
リアルなクモ型ロボットを制御する10米ドルマイコン「xCORE」
東京エレクトロン デバイス(TED)は2014年6月、英国のマイコンメーカーであるXMOS(エックスモス)と販売代理店契約を締結し、子会社のパネトロンを通じ、XMOSのマルチコアマイコン「xCORE」の取り扱いを開始した。多数のモーターをリアルタイム制御できるなどのxCOREの特長を生かし、産業機器や車載機器市場での拡販を行っていく。(2014/6/19)

自動でスナック菓子を食べさせてくるロボットアームが完全に凶器
ヤバイ。(2014/6/17)

まるでパシフィック・リム? 「人の動きをトレースして操縦するロボット」でロボ操縦の夢が広がる
「エルボーロケットォォォォォ〜〜〜!!!」と叫びたい。(2014/6/14)

東京おもちゃショー2014:
14年ぶりに帰ってきた! 犬型ロボット「プーチ」の最新版が登場
2000年にセガトイズが売りだした犬型ロボット「プーチ」は大きな話題を呼び、全世界で1200万台を売り上げる大ヒット作となった。あれから14年たったいま、プーチは大きく進化して戻ってきた。(2014/6/13)



バーチャルリアリティを楽しむためのヘッドマウントディスプレイ。初音ミクとの対面用と思われている節もあるが、それも含めて日本市場は重要視されている。Facebookが買収をしており、今後どのような用途が実現するのか楽しみにしたい。

LTE対応の端末でも音声通話については実は3Gが利用されていたが、それもいよいよLTEに切り替えられようとしている。ユーザーにはなにが違うのか伝わりにくいが、通信キャリアにとっては通信がIP化され、電波利用効率の高いLTE網を利用できるようになるなど、大きな変更になる。

タブレットといえばiPadかAndroidと思われていたが、ここに来てWindowsタブレットも存在感を見せている。艦これが動くから、という理由で売れているという話もあるが、MicrosoftがSurfaceブランドでより小型な端末を計画しているという噂が出るなど、8型前後のWindowsタブレットがひとつの製品分野として今後も注目を集めそうだ。