ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ロボット に関する記事 ロボット に関する質問

「ロボット」最新記事一覧

・こちらもご覧ください
「ロボット」特集− MONOist

絶対に勝てない「勝率100%のじゃんけんロボット」がすごい
勝ちたい……。(2014/10/23)

滝田勝紀の「白物家電、スゴイ技術」:
ルンバとはなにもかも違うアプローチ、ネイト ロボティクス「ボットバック」
「ルンバ」と同じ米国発でありながら、そのアプローチはまったく違う。むしろアイロボットの対極にあるようなメーカーが、ネイト・ロボティクスだ。同社の技術とロボット掃除機「ボットバック」の使い勝手について、同社CEOであるマリーニ・ジャコモ氏に聞いた。(2014/10/23)

ほのぼのするおそうじタイム スヌーピーのロボットクリーナーが頼もしくてかわいい
バッテリーが少なくなったら小屋に戻るよ。(2014/10/21)

紙パック不要:
お掃除ロボットでは届かない場所に――「紙パック不要 サイクロン式 ハンディクリーナー」
上海問屋が、紙パック不要のサイクロン式掃除機を発売した。価格は4999円。(2014/10/20)

組み込み開発ニュース:
何に使うか「Edison」、ロボット制御や小型IoTエッジデバイスなどインテルが紹介
米Intelの日本法人であるインテルは展示会「ITpro EXPO 2014」において、国内販売の決定した超小型コンピュータ「Edison」とその利用例を紹介している。(2014/10/17)

こいつ、動くぞ……:
リアル巨大変形ロボット「J-deite」変形現場を目撃(動画あり)
東京五輪の開催年、2020年に5mの巨大変形ロボット完成を目指す「Project J-deite」。先行試作機にあたる「J-deite Quarter」の詳細を、プロジェクトリーダーの石田賢司氏に紹介してもらった。(2014/10/17)

「バクテリアよ、さようなら」――ダイソンが除菌する「エアマルチプライアー」を発表?
ダイソンが再び新製品の登場を予告するティーザー動画を公開しています。前回はロボット掃除機が発表されましたが、今回は?(2014/10/16)

約1000フレーズの会話:
タカラトミーが新型ロボット「Robi jr.」を発表――その特徴は?
デアゴスティーニ・ジャパンの人気シリーズ「Robi」の弟分となる「Robi jr.」が、タカラトミーから2015年1月に発売される。子どもだけでなく子育てが終わったシニア層もターゲットにしている「Robi jr」の特徴は……。(2014/10/16)

メガトロンは16-BITだった?:
「プレステ」と「メガドライブ」がトランスフォームするとこうなる
今年30周年を迎える「トランスフォーマー」と、20周年のソニー「プレイステーション」がコラボ。ゲーム機からロボットに変形するオリジナルアイテムが登場した。(2014/10/15)

「今日も平和だねー」 おしゃべりロボット「Robi jr.」、タカラトミーから
約1000フレーズのおしゃべりを楽しめる家庭用ロボット「Robi jr.」が1月に発売される。声は「ロビ」と同じく大谷育恵さん。(2014/10/15)

デアゴスティーニの“ロビくん”が会話機能に特化してタカラトミーから登場 「Robi jr.」は4億通り話せるおしゃべり上手
ディアゴスティーニの雑誌付録を組み立てて作る人気ロボット・ロビくんに新しい仲間が! 担当者さんの運勢を占ってくれたよ。(2014/10/15)

ヒトとロボット、どっちに接客される方がうれしい? ヒト型ロボット「NEXTAGE」にコーヒーを入れてもらった
ロボットが入れてくれたコーヒーおいしかった。(2014/10/15)

幼いロビ:
まだ歩けないけど、たくさんお話します! タカラトミーから「Robi jr.」が登場
タカラトミーは、パーソナルロボット「Robi jr.」(ロビジュニア)を来年1月末に発売する。二足歩行などの機能は省き、音声認識や人感センサーを活用するコミュニケーション機能に特化した。(2014/10/15)

マジで動くぞ!! 巨大変形ロボットをほんとに建造しちゃう「Project J-deite」の第1弾公開
車からロボにトランスフォーム!!!!(2014/10/15)

ヒト型の是非:
「ヒト型ロボットは最適ではない」IEEEフェロー広瀬氏が語るロボット開発の方向性
ヒト型をしたロボットは強いインパクトを持つことから、ロボット=ヒト型というイメージを抱く人もいる。ただ、150体以上のロボットを製作し、現在もロボット開発の第一線に立つIEEEフェローの広瀬茂男氏は「ヒト型がロボットの将来ではない」とイメージ先行の未来に警鐘を鳴らす。(2014/10/14)

宇宙ビジネスの新潮流:
“現代版ゴールドラッシュ”に沸く惑星探査ロボットビジネス
人類移住や資源開発などを目的に、ロボット技術を駆使した無人惑星探査ビジネスが始まりつつある。実際に関連法案の議論が米国では進んでいるのだ。(2014/10/11)

CEATEC 2014:
IoTで何気ない家庭内のやりとりを助ける「BOCCO(ボッコ)」
IoTで家族の何気ないやりとりを楽しいものにする、ユカイ工学が2015年3月の販売開始を予定している「BOCCO(ボッコ)」はそんなロボットだ。(2014/10/10)

トランスフォーマー公認:
男子興奮!5mの巨大変形ロボット建造プロジェクト始動!
まさに“リアルトランスフォーマー”。本家公認の巨大変形ロボット建造プロジェクト「Project J-deite」が始動した。こいつぁカッコいいぜ!(2014/10/10)

オムロンの卓球ロボットがハイテク 人間が打ちやすいよう瞬時に計算、ラリーを継続
ロボットハンドをウィンウィン動かし、軽々と両面打ちを披露。(2014/10/10)

CEATEC 2014:
オムロンが「卓球ロボット」で訴えたかったもの
「CEATEC JAPAN 2014」で大きな注目を集めているオムロンの「卓球ロボット」。ロボットそのものを製造しているわけではないオムロンが、なぜ卓球ロボットを出展したのだろうか。卓球ロボットが製造技術にもたらす価値について考察する。(2014/10/10)

CEATEC 2014:
最新の接続技術を結集した恐竜ロボットの狙いは人命救助!?――タイコ エレクトロニクス
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)」において、恐竜ロボット「TEサウルス」のデモンストレーションや、非接触接続を実現するコネクタ技術「ARISO」などの展示を行った。(2014/10/9)

CEATEC 2014:
まさにSFの世界、外骨格ロボットスーツ「スケルトニクス」に乗れるぞ!
ヒトの動作を拡大する人力外骨格ロボットスーツ「スケルトニクス」の最新機が幕張に登場。5指の表現も豊かになったスケルトニクスと幕張で握手!(2014/10/8)

CEATEC 2014:
熟練マッサージ師の施術を自宅で、慶応大桂研究室がヘルスケアロボットを展示
慶應義塾大学 理工学部 桂研究所は、「CEATEC JAPAN 2014(CEATEC 2014)」にて離れた場所へ“力加減”を伝達できる「ハーモニアヘルスケアロボット」を展示している。(2014/10/8)

CEATEC JAPAN 2014:
透明板とLED1個で実現する“浮かぶ3D映像” その仕組みは
オムロンは透明なプレートとLEDを使って立体映像を浮かび上がらせる「透明プレート型空間投影技術」や卓球ロボットを出展している。(2014/10/7)

FAニュース:
躍進続く産業用ロボット市場、2017年まで年平均12%成長――中国がけん引
国際ロボット連盟(IFR)は、全世界のロボット市場の中期予測について発表。それによると2014年のロボット市場は少なくとも15%以上の成長が予測され、2015〜2017年については年平均12%の成長率を維持する見込みだという。(2014/10/7)

CEATEC 2014:
オムロンの「ラリー継続卓球ロボット」は相手を気づかいながらラケットを振るう
CEATECのオムロンブースでは、卓球のラリーを継続する「ラリー継続卓球ロボット」が披露されている。打ったボールを“同じぐらいの強さ”で打ち返してくれる、気づかいにあふれたラケットさばきを見せてくれる。(2014/10/7)

CEATEC JAPAN 2014:
「人間らしい」リアルなロボット「地平アイこ」 手話でごあいさつ【動画】
CEATEC JAPAN 2014で、人間のリアルな表情や動きを再現したコミュニケーションロボット「地平アイこ」を東芝が公開している。(2014/10/7)

CEATEC 2014:
自然!「地平アイこ」さんの手話とおしゃべりを見てきた
東芝が“自然さ”に重点を置いて開発したコミュニケーションロボット「地平アイこ」(ちひらあいこ)さん。CEATECの同社ブースでは、「まだまだ未熟ですが……」とはにかみながら、手話を披露してくれる。(2014/10/7)

東芝、「人間らしい」ロボット開発 腕や手が自然に動く 来年度実用化へ
東芝は、人間らしい容姿で腕や手が自然に動くというコミュニケーションロボットを開発した。来年度には受付窓口や展示会の案内係用のロボットとして実用化を目指す。(2014/10/6)

東芝、人間型コミュニケーションロボット開発 上半身が自然に動く
お辞儀や簡単なあいさつ、手話などの動作ができる。(2014/10/6)

CEATEC 2014 開催直前情報:
東芝、上半身が自然に動く“人間らしい”ロボットで介護福祉市場へ
東芝が「人間らしい容姿で腕や手が自然な動きをするコミュニケーションロボット」を開発、「CEATEC JAPAN 2014」にて参考展示する。2020年をめどに、介護福祉分野へ投入する。(2014/10/6)

モノづくり×ベンチャー インタビュー(1):
革新的な製品を作り続ける――パナソニック出身者が立ち上げた家電ベンチャーの新戦略
家電やロボット、自動車などさまざまなモノづくりの分野でベンチャー企業が躍進している。2007年創業のCerevo(セレボ)もその1つだ。インターネットと連動するさまざまな家電の開発によって注目を集める同社社長の岩佐琢磨氏にインタビューした。(2014/10/2)

国内ロボットベンチャー、「医療・介護」分野がトップに 課題は資金力
活用分野は「医療・介護・福祉」がトップ――帝国データバンクが国内ロボットベンチャー企業の経営実態調査を発表した。(2014/10/1)

NEDOロボットベンチャーショー:
網膜に直接映すスマートグラス! 産業・医療用途で2015年に実用化へ
次世代を狙うベンチャー企業とのビジネスマッチングを行う展示会「NEDOロボットベンチャーショー」が開催。その中でQDレーザは、網膜に直接映すレーザアイウェアを出展し、注目を集めた。同社では2015年に産業向けの作業支援用途、医療向けの視覚補助用途で実用化を目指しているという。(2014/9/29)

FAニュース:
岡野電線、産業ロボット用可動極細径LANケーブルの開発に成功
ロボットケーブルと極細径LANケーブルで培った技術を生かし、外径4.0mmの極細径の産業ロボット用LANケーブルを開発。90度の屈曲試験を1000万回以上クリアした高耐久性が特長となっている。(2014/9/29)

Uplinq 2014:
スマートグラス、3Dカメラ、ロボット――Qualcommの「Snapdragon」が目指す新しい世界
Qualcommが、開発者向けのイベント「Uplinq 2014」を、米カリフォルニア州サンフランシスコで開催。ロボティクスやスマートグラスなど、モバイルの次を見据えた技術を披露し、技術の進化のすごさを垣間見ることができた。(2014/9/26)

“Dシェイプ”で部屋の隅までキレイに――シリコンバレーからやってきたロボット掃除機「ネイト ボットバック」
米Neato Roboticsが日本法人の設立と国内向けの全自動ロボット掃除機「ネイト Botvac」(ボットバック)シリーズ2機種を発表した。“Dシェイプ”により、部屋の隅まで吸引力が届くという。(2014/9/26)

ルンバに挑む:
お掃除ロボ競争激化、米Neato RoboticsがSLAM搭載ロボ掃除機で日本参入
米Neato Roboticsが掃除機ロボットで日本市場に参入する。搭載するセンサーでマッピングと自己位置推定を行うSLAM(Simultaneous Localization and Mapping)技術で効率的に掃除し、競争力ある価格で勝負する。(2014/9/26)

ロボットがゆらゆらボールを乗りこなす! 「村田製作所チアリーディング部」がちびっ子カワイイ!
応援してほしい。むしろ応援したい!(2014/9/26)

セイサク君、セイコちゃんの“妹分”が6年ぶりに誕生:
高精度のセンサー制御で一糸乱れぬマスゲーム! 村田製作所の玉乗りロボット
2014年9月25日、村田製作所が6年ぶりに新ロボットを開発した。今回は、コーポレーションカラーのユニフォームを着た玉乗りをする女の子ロボット10体だ。3軸ジャイロセンサーを搭載し、920MHz帯を利用した高度な群制御で見事なチアリーディングを披露した。「ムラタセイサク君」や「ムラタセイコちゃん」とはまったく異なる今回の玉乗りロボットについて、開発担当チームに聞いた。(2014/9/26)

ロボット関連ニュース:
パナソニックが介護ロボット、2016年度中に製品化
パナソニックが高齢者向けの介護支援ロボット「自立支援型起立歩行アシストロボット」を開発した。2016年度中の製品化と販売開始を目指す。(2014/9/25)

ムラタロボット4代目:
10体のロボットがボールに乗りながら踊る「村田製作所チアリーディング部」発足
村田製作所はロボット「村田製作所チアリーディング部」を発表した。10体のロボットからなる“部”はボールにのりながら、鮮やかなフォーメーションダンスを披露する。(2014/9/25)

無料で学べる「gacco」に山中教授監修のiPS解説、石黒教授のロボット講義
無料で高等教育が受けられるMOOCサービス「gacco」に、京都大学の山中教授が監修するiPS細胞に関する講義が登場する。(2014/9/25)

やくしまるえつこの曲で踊る:
村田製作所チアリーディング部結成
「ムラタセイサク君」、「ムラタセイコちゃん」に続く村田製作所のロボットは10人編成のチアリーダー「村田製作所チアリーディング部」。10月7日開催のCEATEC Japanでデビューする。(2014/9/25)

NEDOロボットベンチャーショー:
ばら積みロボットピッキングが可能に! 透明部品も読み取る3次元ビジョンセンサー
次世代を狙うベンチャー企業とのビジネスマッチングを行う展示会「NEDOロボットベンチャーショー」が開催。三次元メディアは、輪郭とともに点群での計測を加えることでばら積み部品のロボットによるピッキングが可能な、3次元ビジョンセンサーによるソリューションを提案した。(2014/9/25)

何が始まるんです? 京都の和菓子屋が巨大ロボを操る昭和風アニメ 2015年新春に放送
京都×和菓子×ロボット!(2014/9/24)

いよいよ始動:
「クリエイティブにいじり倒して欲しい」――第一歩を踏み出すPepperのこれから
パーソナルロボット「Pepper」の開発者向けイベント「Pepper Tech Festival 2014」が開催され、SDK提供を含む技術情報や料金プランが公開された。開発拠点もオープンし、Pepperは第一歩を踏み出そうとしている。(2014/9/24)

FAニュース:
ヤマハ発動機、フルストローク最高速での動作が可能な短軸ロボット拡充
サポート部品を複数配置し、ポールネジの振動を抑える同社独自の「最適サポート機構」を採用したことで、全ストロークでの最高速の動作を可能にした。位置検出器には、磁気式のレゾルバを使用し、耐環境性・信頼性が向上した。(2014/9/24)

これぞ漢のスタンド スマホがロボになる「部品戦記 ボルトギア -ダルケン-」
無骨なロボット風のスマホスタンドがかっこいい。(2014/9/23)

CEATEC 2014 開催直前情報:
オリジナルハローキティに、スマホで操る恐竜が登場
タイコ エレクトロニクス ジャパンは、「CEATEC JAPAN 2014」(シーテック ジャパン/2014年10月7〜11日、幕張メッセ)で、最先端のコネクティング製品や技術を生活家電、電力、ヘルスケア、自動車、航空宇宙、通信ネットワークなどの産業別に幅広く紹介する他、スマートフォンで操作可能な恐竜ロボットのデモを行う予定だ。(2014/9/22)



Windows 9と噂されていた次世代Windowsの名称は、1つ飛ばしてWindows 10に決まった。発売は2015年後半を予定。タッチU/Iの取り込みに苦労しているWindowsだが、高速起動など基本的な面での改善もバージョンを経るごとに進んでおり、文字通り世界レベルでの影響を持つリリースになる。

音楽CDを超える音質を持つデジタルオーディオデータ、略して「ハイレゾ」。その再生に対応した機器が増加しており、対応したスマホの増加などを機に、今後更なる注目の高まりも期待される。

ソフトバンクモバイル初のXperiaシリーズとして発売が決まり、3キャリアが揃って取り扱う人気機種となった。モバイル事業で減損が発生するなど不調が伝えられるソニーであるが、グローバルスマホ市場での生き残りに向けて、これからが正念場だろう。