ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

ロボット に関する記事 ロボット に関する質問

「ロボット」最新記事一覧

・こちらもご覧ください
「ロボット」特集− MONOist

OpenEL:
ロボットハードウェア抽象化「OpenEL」、2.0が今夏公開予定
組込みシステム技術協会(JASA)はロボットおよび組み込みシステム向けのハードウェア抽象化レイヤー「OpneEL」の現状について報告した。最新版「2.0」の公開が近づいている他、国際標準化も進んでいる。(2015/5/22)

産業用ロボット:
人と一緒に働ける人間協調ロボ、ポイントは安全性だけでなく“簡単さ”
人間協調型の産業用ロボットベンチャーであるデンマークのユニバーサルロボット(UNIVERSAL ROBOTS)が日本向けの事業説明会を開催。新たに注目を集める人間協調型ロボットだが、同社は安全性とともに簡易設定が重要であることなどを強調した。(2015/5/22)

3次元の「初音ミク」遠隔操作 表情や歌声、リアルタイムに 関学大院生がロボット開発
「初音ミク」の表情や歌声を遠隔操作で表現できるロボットを、関学院生が開発した。初音ミクの表情や歌を3次元でリアルタイムに楽しむことができる。(2015/5/22)

Apple、iBeacon搭載ロボットでインドアマップデータ収集中──9TO5Mac報道
Appleが、Googleマップの「インドアマップ」に相当する屋内地図を「マップ」に追加するために、ルンバのような自走式小型ロボットを使っていると、9TO5Macが報じた。(2015/5/22)

ロボット開発ニュース:
Palmi開発者は「ロボットのある暮らし」をどう想像するか、トークイベント開催
ツブヤ大学がロボットをテーマとしたトークイベントを開催する。「Palmi」開発者やよしもとロボット研究所 チーフクリエーター、ガジェット雑誌編集長など、それぞれの立場で考える「ロボットのある暮らし」とは。(2015/5/20)

ロボット開発ニュース:
Pepperを教材導入、「ロボットカレッジ」開校
ヒューマンアカデミーはロボット市場を担う人材育成を目的とした「総合学園ヒューマンアカデミー ロボットカレッジ」を2016年4月に開校する。ソフトバンク「Pepper」を教材として導入する。(2015/5/19)

未来のロボット産業を技術・ビジネス視点からひも解く、『日経Robotics』7月創刊
毎月10日発行、年間購読のみ受け付けており、購読料は4万5000円(税別)。(2015/5/18)

組み込み開発ニュース:
ロボットやセンサーなど組み合わせはアイデア次第、「住宅向けアプリ」コンテスト
大和ハウス工業が、住宅用APIや家庭用ロボット、各種センサーなどをスマートハウスで活用するアプリ開発コンテスト「家CON-2015」の応募受付を開始した。(2015/5/18)

コストだけが問題ではない:
ロボット推進事業関係者が語る、「介護ロボット」が普及しない理由
近年深刻化する介護業界の人手不足を解決すると大きな注目を集めるのが「介護ロボット」だ。しかし、その期待とは裏腹に介護現場ではロボットの導入が進んでいない実情がある。(2015/5/14)

産業用ロボット:
「ロボット新戦略」が生産現場にもたらす革新とは?
日本再興戦略の一環として策定された「ロボット新戦略」は、2015年5月15日に新設される「ロボット革命イニシアチブ協議会」により、実現に向けた活動に入ることになる。本稿ではロボット新戦略が生産現場に何をもたらし、どういう方向性になるのかを解説する。(2015/5/14)

FAニュース:
産業用ロボット拡大の波に乗り“目”としての役割を広げるコグネックス
コグネックスは好調を続けるバーコードリーダ製品に加え、産業用ロボットの導入拡大に合わせマシンビジョンの成長に取り組む方針だ。画像処理技術の導入を加速させることでFA市場における自動化領域の拡大を促進する。(2015/5/13)

DeNA、「ロボットタクシー」実現へZMPと合弁会社
自動運転技術を使った「ロボットタクシー」事業の実現に向け、DeNAとZMPが合弁会社を設立。(2015/5/12)

ロボットカー:
ZMPとDeNAが「株式会社ロボットタクシー」設立、自動運転の実用化目指す
ZMPとディー・エヌ・エー(DeNA)が自動運転の実用化を目指して「株式会社ロボットタクシー」(仮名)を設立した。(2015/5/12)

イカ型ロボットが異星の海を探査──NASA構想
イカ型ロボットが木星の衛星・エウロパの海を探索する──こんな構想をNASAが採択した。(2015/5/11)

スポーツカー? いいえ、芝刈機です 黒いボディのロボット芝刈機「Automower」がかっこいい
機能面も充実!(2015/5/8)

ロボット開発ニュース:
中古車買い取りにPepper活用、ガリバーが導入
中古車販売のガリバーインターナショナルが、ソフトバンクのロボット「Pepper」を自動車買い取りの受け付け業務に導入する。(2015/5/8)

ロボット開発ニュース:
三井住友銀行がロボットスーツ「HAL」導入、現金の持ち運びに
三井住友銀行の子会社であるSMBCデリバリーサービスがサイバーダインの装着型ロボットスーツ「HAL 作業支援用(腰タイプ)」を導入。重量物である現金の集配金時に、作業者の負荷を軽減する。(2015/5/8)

三井住友銀、現金の持ち運びにロボットスーツ「HAL」活用 金融機関初
三井住友銀子会社が、「ロボットスーツHAL」を金融機関として初めて導入。重い現金を持ち運ぶ際の腰への負担を減らす。(2015/5/7)

ロボット開発ニュース:
ロボットやスマートハウスの市場狙う、ソフトバンクとヤマダ電機が提携
ソフトバンクとヤマダ電機が提携。国内事業活性化のため、ヤマダ電機のスマートハウス事業とソフトバンクのロボットや自然エネルギー事業を組み合わせるとしている。(2015/5/7)

組み込み開発ニュース:
高齢者向け歩行アシストカートをIoTで支援、富士通がシステム提供
富士通が介護支援ロボット事業を展開するRT.ワークスに、IoTと介護ロボットを融合するインフラシステムを提供。利用者の歩行距離や歩行速度といったデータから健康状態を把握し、注意を促すこともできる。(2015/5/7)

介護医療ロボット:
「ロボット大国」日本のロボットは世界を席巻できるか
産業用(製造用)に次ぐロボットの用途として有望視されているのが、医療と介護福祉の領域だ。特に後者は高齢者人口増の見込まれていることもあり、今後5年で1兆円近い市場を形成するという予測もある。その中で日本のロボットは存在感を示せるだろうか。(2015/5/7)

ハノーバーメッセ2015 リポート(中編):
インダストリー4.0は人間の仕事を奪うのか
ハノーバーメッセ2015のメインテーマとなった「インダストリー4.0」。本連載では、現地での取材を通じて、インダストリー4.0に関する各社の動きを3回にわたってお伝えしている。中編の今回は「ロボットと人間との協調」への取り組みの紹介と、人間の果たすべき役割の変化について考察する。(2015/5/7)

医療機器ニュース:
障害物回避先導ロボットを改良、自動誘導案内機能を新たに搭載
日本精工は、室内用「ナビゲーション機能付き障害物回避先導ロボットLIGHBOT」を改良した。ナビゲーション機能を強化し、ユーザーの選んだ目的地までロボットによる自動誘導案内を可能にした。(2015/5/6)

ロボットが結婚する時代に 6月27日、東京・青山でロボットの挙式
ドレスコードは正装です。(2015/5/1)

電子ブックレット(ロボット):
酸素犬ロボットが救う生活
人気記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、在宅酸素療法を受ける患者の生活の質を向上させる「酸素犬ロボット」の取り組みを紹介します。(2015/5/1)

ロボット開発ニュース:
ロボットがモデルルームを案内、NTT都市開発がつくば市で実施
つくば市のマンションギャラリーに「ロビ」の高橋智隆氏が開発したロボット登場。来場者と話しながら物件を案内する。(2015/5/1)

FA メルマガ 編集後記:
自律型ロボットの到達点は「生き物」になるのか!?
未来の工場の姿は“動物園”なのか?(2015/5/1)

インタビュー:
ロボット産業の立ち上げには、「ロボットのエコシステム構築」が必要だ
政府「ロボット新戦略」の実現に、官からの起爆剤を求める声もある。経産省所轄の新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が手掛ける、ロボット革命実現に向けての取り組みを聞いた。(2015/5/1)

FAニュース:
多機能型卓上ロボットの機能と継承した直交ロボットを発売
蛇の目ミシン工業は、多機能型卓上ロボット「JR3000シリーズ」の機能を継承した直交ロボット「JC-3シリーズ」を発売した。最大可搬質量が従来の4kgから8kg(3軸両持ち仕様)に向上している。(2015/5/1)

BOJ、ロボットレストランと提携したパッケージと割引特典付きプリペイドSIMを販売開始
BOJは「ロボットレストラン」と提携し、ディナーコースプランや体験型プログラムをパッケージしたプランを提供開始。同時に最大7000円分の割引特典をセットにした「BOJ mobile Prepaid SIM」も販売する。(2015/4/28)

超会議ロボットまとめ:
“攻めた”Pepperが集合「ニコニコ超会議2015 超ロボットエリア」の熱気
2015年のニコニコ超会議に用意された「超ロボットエリア」。開発者というネ申が多く参加した、このエリアの様子をPepper関係を中心に紹介しよう。(2015/4/28)

「COCOROBO<黒執事Ver.>」予約受付開始! 小野Dボイスでしゃべってくれる夢のロボット掃除機爆誕
セリフは小野大輔さん録りおろし!(2015/4/27)

ロボットは「神」になり得るのか
ニコニコ超会議にみる「ロボット」の可能性。(2015/4/27)

ROS(Robot Operating System)概論(2):
ロボットに使われる分散処理、なぜ「ROS」が好まれるのか
ロボットの制御には集中管理よりも分散処理の方が都合が良く、さまざまなものが登場しているが、その中で一番有名なのが「ROS(Robot Operating System)」である。ではなぜROSが有名なのか。(2015/4/27)

ロボット開発ニュース:
「セグウェイ」など公道での実証実験容易に
国土交通省がセグウェイなどの搭乗型移動支援ロボットについて、公道での実証実験事業を全国で展開できるよう保安基準などを改正する方針を明らかにした。(2015/4/27)

セバスチャン(小野D)がいつでも愛の言葉と掃除を……「黒執事」モデルの「COCOROBO」を見てきました
シャープのロボット掃除機「COCOROBO」が「黒執事」とコラボ。日常会話だけでなく、「愛してる」「キスしよう」など愛の言葉にも応えてくれる。(2015/4/27)

医療機器ニュース:
長時間の手術で医師の手を疲れさせない、モーター不使用の手術支援ロボット
デンソーは、手術時に医師の腕を支え、生理的に生じる手のふるえや疲れを軽減する手術支援ロボット「iArmS(アイアームス)」の販売を開始した。(2015/4/27)

ハノーバーメッセ2015:
なんだコイツら、動くぞ! 生物型ロボット最前線
ハノーバーメッセ2015では工場の未来像の一端として、生物の動きを模した最先端ロボットの出展が数多く行われた。最先端ロボットの動向を取り上げる。(2015/4/26)

ニコニコ超会議2015:
イングラム超会議会場に立つ! 全長10メートルで目立ちまくり
超ロボットエリアの看板的存在。(2015/4/25)

週刊デジ押し:
30秒で分かるぞうきんがけロボット「ブラーバ380j」の魅力
動画で話題の製品を紹介する「週刊デジモノ押しの逸品」。その魅力に、思わず欲しくなってしまうかも!?(2015/4/25)

ニコニコ超会議2015:
かわいくて簡単! 3Dプリンタで作れるロボット「PLEN2」がニコニコ超学会βに登場
なんかちっちゃかわいい。(2015/4/25)

「ニコニコ超会議2015」開幕 「超プロレスリング」、ロボットエリア、警視庁など初登場
「ニコニコ超会議2015」が千葉・幕張メッセで開幕した。2日間で12万人を集めた昨年からさらに会場規模を拡大している(2015/4/25)

ニコニコ超会議2015:
最強将棋ソフト&最先端ロボットアームと対局できる! 「電王手さん」体験コーナーが激レア
ニコニコ超会議ならではの機会。(2015/4/25)

ロボット開発ニュース:
マッスルスーツ「軽補助モデル」、2015年夏に販売開始
イノフィスの装着型ロボット(装着型筋力増幅装置)「腰補助用マッスルスーツ」の「軽補助モデル」が2015年夏より販売開始される。(2015/4/24)

滝田勝紀の「白物家電スゴイ技術」:
ルンバの動きは“ランダム”か?――実は“臨機応変”タイプだった
ランダムタイプか、マッピングタイプか――最近、ロボット掃除機の動きを2つに分類する風潮もあるが、実はルンバはどちらにも該当しない。危険を素早く回避し、あくまでも掃除という目的を遂行するルンバの人工知能について、国内総代理店の技術担当者に話を聞いた。(2015/4/24)

江端さんのDIY奮闘記 EtherCATでホームセキュリティシステムを作る(1):
EtherCATって結局なに? 〜「ご主人様」と「メイド」で説明しよう
何十台ものロボットが高速、かつ正確に動き、次々とモノを製造していく――。このような、いわゆるファクトリオートメーション(FA)を支えるネットワーク方式の1つに、EtherCATがあります。EtherCATは、高速・高精度にマシンを制御する産業向けのネットワークですが、私は、無謀(?)にも、これを使って自宅のホームセキュリティシステムを構築してみようと思い付いたのです。本連載では、その“手法”の全てを公開します。(2015/4/24)

MEDTEC Japan 2015:
体に当てるだけで脈拍などが計測可能に、アルプス電気のウェアラブル近赤外分光センサー
アルプス電気は「MEDTEC Japan 2015」において、体に当てるだけで脈拍などを計測できるウェアラブル近赤外分光センサーや介護ロボット向けのフォースセンサーやBAW式ジャイロセンサーなどを展示した。(2015/4/23)

ロボット開発ニュース:
安川電機「ロボット村」オープン
安川電機は北九州市の本社事業所全体を「ロボット村」として整備、2015年6月2日にオープンする。緑地帯「YASKAWAの森」や見学施設「安川電機みらい館」なども設ける。(2015/4/23)

インタビュー:
「欲しいものがロボットだった」DMM.comが狙うロボット新市場創造
DMM.comが開始したロボット販売事業「DMM.make ROBOTS」では、「Palmi」や「Robi」などのロボットを販売する。「予想以上の手応えだ」という同社に、“ロボット販売プラットフォーム”の勝算を尋ねた。(2015/4/23)

電子ブックレット(組み込み開発):
政府「ロボット新戦略」とは何か(後編)
日本政府が有識者会議「ロボット革命実現会議」の議論結果として、2015年1月に発表した「ロボット新戦略」を前後編で読み解く。後編となる本稿では、「ロボットオリンピック」など、2020年の実現を掲げた目標について解説する。(2015/4/23)



普及の途上にあるウェアラブルデバイスの本命と見られるAppleのスマートウォッチ。ウェアラブルデバイスはどの製品も、明確かつ魅力的な用途を提案できていない感があるが、この製品をきっかけに市場が確立すると見る識者も多い。

Windows 10と同じく今年下半期にリリースが予定される次世代Office。Microsoftの主力製品としてWindows同様に常にユーザーの厳しい目にさらされており、その製品の出来が世界中の企業の生産性に影響するお化け製品だ。

大ヒットした艦これの要素を踏襲するように、日本刀を擬人化したブラウザゲーム。男性キャラばかりなので女性プレイヤーばかりかと思えばそうでもない。艦これの「提督」に対し、プレイヤーは「審神者(さにわ)」と呼ばれ、今やネット上では提督同様に目立っている。